Arsenal Rewind : Tactical Evolution - From W-M to 4-2-3-1 (Part I) By Amlan Majumdar

 アーセナルFCの何年にも亘る進化の旅は、ウーリッジに始まり、ハイベリー、そして最終的に華やかで魅力に溢れたエミレーツ・スタジアムに移った。ダイアル・スクエアからロイヤル・アーセナル、ロイヤル・アーセナルからウーリッジ・アーセナル、そして最終的に、ウーリッジ・アーセナルからアーセナルFCへの進化の旅。私たちは歴史のページに目を通す時、クラブを指導し、チャンピオンに変え、この進化を促した男を発見する。
 1886年のクラブ発足以来、サム・ハリスに始まり現在のアーセン・ヴェンゲルに至るまで、アーセナルは数々の素晴らしい戦術家をダグアウトに擁してきた。彼ら全ての中から、3人の際立った指導者がいる。何にもまして、ハーバード・チャップマン、ジョージ・グラハム、アーセン・ヴェンゲルがグラブにインパクトを与えた。彼らはアーセナルのプレーを変え、クラブが行った戦術的進化は驚異的だ。
 TheHardTacleは、3つの異なる時代のこれら3人の指導者の下、どのように戦術的進化を遂げたのかを考察する。

The Enigma of W-M

 ハーバート・チャップマンは最も影響力のある監督の一人であり、いままでの試合で確かに最高の一つであった。彼は1925年にクラブの手綱を引き継いだ。それはクラブの歴史において、最もエキサイティングな幕開けの一つだった。チャップマンはすぐに成功を見出せなかった;チャップマンは以前に残留争いをしていたチームの再建という困難な仕事に取り掛かった。彼は時間を掛け、選手を正しい方向へ導き、ゆっくりと着実にガンナーズをチャンピオンに変えた。
 1925年の夏、FAはオフサイドルールの変更を推進した。以前は3人の対戦相手がボールとゴールラインの間に必要だったが、それが2人に変更された。これはゲーム中に増す消極的な戦術の影響を減らし、試合をエキサイティングでオープンにするために行われた。この変更は、チームの戦術に大きな影響を与えた。チャップマンとアーセナルは当初は新しいルールの適応に失敗し、結果が悪かったためリーグで苦戦していた。
 他のヨーロッパ中のチームがこの変更に対抗する計画を思案している一方、チャップマンはまだ2-3-5の古いシステムを好んでいた。ニューカッスルに7-0で大敗し、目を覚ました。チャップマンの考えの変化に対して、信用を得なければならない他の人物はチャーリー・バカンだった。そのフォワードはチャップマンが最初に契約した選手の一人で、当時のアーセナルのスター選手だった。ルール変更に適応した他のチームと競うために、フォーメーションの変更が必要であることをチャップマンと議論した。彼はそうしないのであれば引退すると脅した。バカンはセンター・ハーフが相手の攻撃陣を妨害するために、より守備的な役割を果たす必要があると信じていた。チャップマンは当初、反論していたが、ニューキャッスル戦において、相手のセンターハーフだったチャーリー・スペンサーは本来の位置より深いポジションでプレーし、ほとんど全てのアーセナルの攻撃を粉砕したことに彼は気付いた。そのセンターハーフは前に進むためには殆ど役に立たなかったが、彼の守備の規律は、ニューカッスルがポゼッションを支配し、ガンナーズを完全に凌駕することを意味した。
 チャップマンはシステムの変更が必要であるという考えに同意したが、彼はまた、この変更のためにミッドフィールドに調整が必要なことも見越していた。センター・ハーフをより深い位置に置くことは、中盤の人数が不足することを意味した。そこで彼はインサイドフォワードをより中央の位置に下げ、一方でハーフ・バックをディフェンスの前に配置した。これは、前方を中心にプレーしていたフルバックが、相手のウィンガーを止める為にサイドに押し出されることを意味した。だから本質的には、ウィングを防ぐ2人と中央に1人、3人のフルバックが存在した。チャップマンはバカンの得点力を評価していたため、攻撃を助けるインサイドフォワードとしてプレイさせ、一方でアンディ・ニールが中盤を助ける後方のインサイドフォワードに配置された。ジャック・バトラーは彼の創造的な本能を抑制して、センターハーフのより深い位置の役割の任された。こうしてW-Mフォーメーションが実現され、チームにバランスをもたらし、すぐに結果が出始めた。

f:id:Zeljko:20181027221948p:plain
f:id:Zeljko:20181027221920p:plain
画像はwikiより

Herbert Chapman - As His System Started Working

 そのシーズンはハダースフィールドの後ろの2位でフィニッシュした。彼らはエキサイティングなフットボールをし、チャップマンの斬新な作品は、ほぼ完成した。苦しめられた殆どのチームがバトラーのディフェンダーとしての欠陥を上手く利用し始めた。彼は適任者でなく、ボロを出した。チャップマンは替え時だと判断し、そのポジションにしっかりとした男が必要だと理解していた。ハービー・ロバーツにその特徴があることを発見した。ロバーツはW-Mフォーメーションの欠けていたピースだった。彼はチームメイトほど足元の才能が無かった。彼の能力は明確だったし、それが彼の最大の強みだった。彼は派手なことは一切しないし、苦手だった。彼の仕事はシンプルで、中央でボールのインターセプトとそのボールをチームメイトに渡す事だった。彼はアーセナルディフェンスの柱になった。
 アーセナルのフォーメーションは相手に謎を残したままだったが、この3-2-2-3フォーメーションを活用したチームは徐々に崩壊した。バカンは引退したが、プレストンと契約していたアレックス・ジェームスは重要なメンバーだった。チャップマンはもう一度再建のプロセスを開始した。彼は最初に優勝するまで5年かかった。アーセナルハダースフィールドと戦いFAカップを勝ち取ったのは1930年だった。W-Mシステムは極めて順調に機能した。ハーフ・バックはウィングの代わりに相手のインサイドフォワードをカバーし、フルバックインサイドフォワードの代わりにウィングをマークした。センター・ハーフバックはセンター・バックに変化し、センター・フォワードを監視した。インサイドフォワードは深い位置に落ちてミッドフィールドになった。W-Mの進化が完了した。アーセナルは1930-31年と1932-33年のリーグタイトルを獲得した。バーナード・ジョイ(1935年にロバーツの代わりにアーセナルに加入)は後にこう記した:
 秘訣は攻撃ではなく、カウンター・アタックだ。私たちは各個人を最大限活用する事を計画していたので、ペナルティエリア内に絶えず余ってる人がいた。中盤を支配する事や相手のペナルティエリアに詰めかける事がゲームの目的ではない。アーセナルは、自陣にリトリートやじょうご状になることで相手をわざと引き込み、ペナルティボックスの限界で相手の攻撃を止め、それからウィングへ向けてロングボールを突き刺すことで目的を達成する。(ジョナサン・ウィルソンの「ピラミッドの反転」から抜粋)

・ディフェンスの間はハーフバックが深いポジションをとり、5バックを形成する。
・ウィングはポゼッションが失われたとき、いつでも元の位置に戻る必要があったため、高いフィットネスレベルが要求された。
・カウンター攻撃中、再びウィングが鍵を握る。インサイドフォワードは全員が攻撃に加わり、5人攻撃を行う。
・ハーフ・バックは中盤の支配の鍵で、今日の守備的ミッドフィールダーと同様の役割を果たした。
センターバックはロングボールを競るため空中戦に強くなければならない。

 チャップマンはアーセナルで革命を起こした。もし彼の予期せぬ死がなければ、すばらしい仕事がより多くのメダルをもたらしただろう。チャップマンは1934年に肺炎で死亡した。彼が構築したものは後世に残した彼の遺産だ。1933-34年、1934-35年とリーグタイトル獲得が続いた。フィールド外でも同様に彼はクラブに大きなインパクトを与えた。ジャージー、トレーニング施設、そして最も重要なクラブの将来の展望を近代化した。そのイギリス人はガンナーズの運命を変えた男として常に記憶される。

 

The legacy of Arrigo Sacchi By Michele Tossani

 イタリア代表が1992年の欧州選手権の出場を逃したとき、イタリアサッカー連盟は、ミランの伝説的なヘッドコーチ、アリゴ・サッキに1994年のワールドカップ予選でアッズーリの指揮を依頼した。
 いつものように、サッキは自分の明確なビジョンに従って仕事を引き受けた。彼は何人かの有名で愛されている選手、例えばインテルゴールキーパーのワルテル・ゼンガやユベントスフォワードのジャンルカ・ヴィアリ、を代表から外した為に批判を浴びた。シンプルに言って、彼らはサッキの4-4-2のやり方に適していなかったし、前ミランコーチの戦術的アプローチの要求にも応える事ができなかった。
 事実、サッキのフットボールは高度な要求がされた。彼が望むボール保持することでゲームをコントロールするために、選手達は継続的にハイプレッシャーを掛け、できるだけ早くボールを取り戻さなければならなかった。
 この完成度の高みに到達するために、サッキは常に日々の基本的な練習に重点を置いた。彼は選手達に、しばしばチーム全員が一緒になって動く、多くの練習メニューを経験させた。この方法は選手の考えを同じにするための時間が必要になるので、サッキはシーズン中に、アッズーリの特別なトレーニングキャンプ徴集の許可を各クラブに依頼する一方で、インターナショナルブレイクの間、細心の注意を払って彼らと共に練習を行った。
 サッキとコーチングスタッフ(カルロ・アンチェロッティに象徴されるようなアシスタントコーチ)は、自分たちを単にコーチというより教師、アッズーリをナショナルチームというよりクラブと考えた。それはサッキがワールドカップ前の期間中、異なるクラブから集まる選手達ではなく、ユニットして彼らに考えさせるために大量の戦術的コンセプトを導入しようと、多くの選手を試したことを意味する。
 戦術的な観点から、前に述べたようにサッキは4-4-2の形を好んだが、このシステムは当時、十分に流動的だった。ボールを保持しているときは、両端のプレーヤーの一人を(通常はジュゼッペ・シニョーリ、サッキが左ウィングにコンバートした最高のイタリア人ゴールスコアラーのうちの1人、)ロベルト・ハッジョとピエルルイジ・カジラギのトップの位置まで上げて、より4-3-3に見えた。

Roberto Baggio’s role
 ロベルト・バッジョはキーマンだった。彼はサッキの戦術的なアプローチで、ある程度の自由を享受したにもかかわらず、そのユベントスの選手は、チームのパターンに従って、フィールドの最後の3分の1を動き回らなければならなかった。だから、ロベルト・バッジョがいくつかのパスコースをカバーしたり、相手のラインの間でボールをかすめる為に下がってくるのは珍しいことだった。
 更に、ロベルト・バッジョはミッドフィールドと攻撃を、アウトサイドへのパスかそれとも最前線のもう一方のFWへスルーパスを供給することで、リンクさせた。基本的にロベルト・ハッジョは、自身がフォワードとしてプレイするためにファイナルサードをより高く押し上げる自由な攻撃的MFとしてプレイした。
 ロベルト・バッジョの動きは、ほかの動きと混ざり、イタリアが相手のディフェンス構造とコンパクトさを操ることができる複数の戦術パターンを生成した。これらのパターンは通常、両サイドを突破した。イタリアは、ウィークサイドあるいは相手のバックラインの背後への直接攻撃に適していた。

Arrigo Sacchi’s defensive approach
 イタリアの攻撃のもう一人のキーマンはベテランのフランコ・バレージだった。以前はリベロで、ミランでサッキにセンターバックにコンバートされたバレージは、アッズーリのバックラインからの組立ての中心だった。彼は、バックラインからボールを外側のサイドバックか、セントラルミッドフィールダーデメトリオ・アルベルティーニディノ・バッジョへパスを通すプロセスを開始するために、しばしばボールをゴールキーパーから受けた。バレージ、自分に近いサイドバック、セントラルミッドフィールドで三角形を生成した。しかし、バレージはチームに数的優位をもたらすスペアマンとして、中盤まで上がる事もできた。
 サッキはワールドカップを通して、この攻撃の哲学には忠実なままであったが、一方で守備の戦術に関しては同じではなかった。事実、アメリカでチームが直面した高温な気候はイタリアに守備のアプローチの変更を強いた。サッキは当初、自身が好むハイプレス戦術を繰り返すプランだったが、気象条件によって何らかの別の方法が必要なのは明らかだった。
 このため、ハイプレッシャーを時々取り止め、4列のうち2列がディフェンスに戻る4-4-2や、下がり目の4-5-1など慎重な守備的アプローチを取った。
 この攻撃と守備、両方の全体構造は、ロベルト・バッジョの個人の功績に主にフォーカスを当てた1994年のワールドカップの分析をするとき、しばしば目立たない。代わりに、サッキが同様のことを言ったが、チェンジオブプレイとロベルト・ムッシの右サイドのオーバーラップを受けて、自陣でコレクティブにプレイし始めたことが、ナイジェリア戦の終了間際のロベルト・バッジョの同点弾をもたらした。
 サッキのやり方をよりよく理解するために、2018年のFIFAワールドカップでアルゼンチンのホルヘ・サンパオリと比較することがでる。サンパオリは、アルゼンチンの攻撃の鍵となったリオネル・メッシに強く依存したチームを築いた。メッシはアルゼンチンの攻撃の問題を解決する役割を任されていたが、一方でチームメイトは自分のプレーをNo.10のポジションに合わせなければならなかった。
 サッキのアプローチは異なっていた。彼は決して1人のプレーヤー、ACミランルート・フリットマルコ・ファン・バステンでさえ、チームをリードすることを頼んだことはなかった。サッキによれば、選手は、個人のスキルが存在できる組織の一部に過ぎない。
Conclusion
 一人の選手に過度の依存をするチーム形態を好む戦術的な原則に忠実であり続けることは、ノルウェーに対して行ったサッキの断固とした決断が今では思い出される。この重要なグループステージの試合中、ゴールキーパージャンルカ・パリュウカが、バックラインがオフサイドを仕掛けようとして犯したミスをカバーしようとペナルティエリア外でボールを手で扱い退場させられたため、一人少ない状況を強いられた。
 パリュウカ退場の数秒後、控えゴールキーパーのルカ・マルケジャーニが交代の準備を行った。サッキは、カジラギシニョーリをピッチに残し、ロベルト・ハッジョとの交代を決断した。「9人の走れる選手が必要だった」。この勇敢で非常に不評な行動は、1-0の極めて重要な勝利を生み出すという効果をもたらした。
 その続きは有名な話。チームキャプテンバレージが膝の怪我に見舞われたにも関わらず、サッキは左サイドバックパオロ・マルディーニを中央に動かし、マウロ・タソッティ、ムッシ、アントニオ・ベナリーヴォのディフェンダー陣でバックラインの再編成をする事ができた。バレージはブラジルとの決勝戦で戻り、イタリアはPK戦までクリーンシートを維持した。

the ajax youth development scheme with co adriaance 13

Survival of the fittest
 アヤックスユースの選手は12歳に達した時点で、12歳から14歳のグループの第2ステージのトレーニングに入る。
 この年齢は多くの若手選手が肉体的成長の加速に直面する。この段階はコーチングスタッフがミスを犯す事が珍しくない。身体がとても小さく見えるが、非常に高いポテンシャルを持つ少年たちは、この時期、同じ年齢のグループで肉体的に競うことができないため、グラウンドに立てないことが良くある。逆の見方をすれば、身長が急に高くなるために、早熟な若手選手は、まるでこれ以上サッカーは出来ないかのようにしばしば見られる。このような理由から、アヤックスは、12歳から14歳のグループのサッカー育成における成長期の影響を後ろにずらす調査の始動を提唱している。
 また、この年齢のグループは、実戦形式でプレーする事が大きな役割となるため重要だ。13歳や14歳の少年たちは既に、強くてスピードもあるし、長い距離ボールを動かす事ができる。後者はアヤックスシステムにおいて肝心だ。12歳から14歳のグループの若者たちは既に、4年間アヤックスのトレーニングを経験している。彼らはゲーム中の判断に関しては、既にたくさん面白い方法で学んでいる。
 最も厳しい基準のセレクションが、U14の2年目の選手達に適用されている。アヤックスを去った若手選手たちは、ほかのクラブのスカウティングリストの最初のほうにあって、引っ張りだこである。アヤックスは彼らが後日戻ってくる可能性を除外していない。

Informatics
 数多くのアヤックスの若手選手が飛躍を遂げた一方で、多くの若手が最終段階の途中で脱落する。もちろんの事、私はこれを受け入れていない。私は詳細に調べ、原因を探り、内部セレクションとスカウティングの変更という結論に達した。
 新シーズンに向けてのセレクションに関して最終判断を下す場合、より確実性を要求するならば、大量のデータが必要になる。コーチによる観察や選手がアヤックスの型にフィットするかしないかの直感は、最も重要な基準のままだが、直感を事実で補う事ができなければならない。この事が全ての若手選手の詳細をコンピュータに貯えている理由だ。プログラマーと一緒に包括的なプログラムを開発している。毎週事務員が適切なデータを入力する。プログラムは160人の若手選手に関する利用可能な多くの分野を作った。毎試合後、私はそれぞれの選手に関するデータを受け取る。これは、コーディングされた基本情報(ポジション、ゴール、アシスト、レッドやイエローカード)や、試合における役割(スタメン、サブ、交代、途中投入、怪我で交代、出場停止、怪我のためプレーせず、病気)や、評価(悪い、平均、満足、とても良い)を含む。これらのデータは毎週入力される。ポジションに関しては、モニターがフィールドを表示するため、一目見れば選手がどのポジションで使われたか分かるようになっている。
 それぞれの選手のメディカルと学業の記録もまたコンピュータに貯えている。アヤックスが教育に高いプライオリティをおいているのは良く知られている。海外に行く場合は定期的にテスト演習の封筒を持った勉強のコーディネーターを連れて行く。我々は才能ある若手選手を同じ学校に入れる考えは持っていない。子供の個性の発育にとっては選手自らの環境で成長することが不可欠だからだ。この事は、自分の家族、自分の街、自分の友達、そして自分の選んだ学校で成長することを意味する。サッカー選手たちが1日中一緒に居つづけるということは、生き残りために集団に従わなければならないという、集団主義の出現につながる。これは常に個人の性格の発育にとって有害だ。そしてアヤックスが全寮制の学校の考えを決して好まない理由だ。我々はゲストファミリーシステムを行っているが、これらは海外の若手の実際の家族に似ている家庭を厳選している。
 良質な教育サポートは、日程と移動手段に関して、非常に膨大な創意工夫、思索と時間が要求される。しかし、これは絶対に必要だ。幸運にもアヤックスには長年、教育サポートの分野のエキスパートがいる。
 コンピュータプログラムは、この山のようなデータと我々の目的を組み合わせることを可能にし、数年後に才能ある若者が基準に達するかどうかの理由が分かる十分な情報を得る事ができた。しかしながら、この結論を若手個人に適用することは決してない。恐らく明らかになったのは、スカウティングの要素、セレクションの手順、特に注意が必要な育成だ。例えば、あるタイプの選手を上のカテゴリーへ昇格させる最適な時期や、アヤックスで成功する可能性が低いタイプの選手を示す。この様にしてアヤックススタンダードが明らかになるのだろう。

the ajax youth development scheme with co adriaance 12

Coaches

 子供たちに分かりやすく説明する能力は明らかにある種の才能だ。アヤックスが意識的に幼い世代の指導に若い能力のあるコーチを就けている理由だ。年齢のギャップは決して大きくなるべきではない。U-10,12のコーチは、彼らの世界や言葉、悩み事を理解できなければならない。アヤックスユースの育成哲学を充たしつつ、7歳から10歳の子供たちの世界に与えるドリルを作れるのは彼だけだ。これらのコーチは精神的にも肉体的にもコンディションがピークの必要がある。そして完璧なお手本を示さなければならない。例えばアヤックス哲学は、詳細に全てを説明するより実演する事によって、ウィール・クーバードリルをさらに上手く遣り遂げる事ができると謳われている。百聞は一見にしかずだ。
 このレベルのエキスパートを集めることは、アヤックスユースの育成ディレクターの私にとって、重要なタスクだ。基本原則として全てのアヤックスユースのコーチはチーム内の自分の地位に満足しなければならない。例えば、「今はU-12のコーチだが、14歳から16歳のコーチになりたい。なぜならそのほうが周りの受けがいい」といったようなことは考えてはならない。アヤックスにおいてトップにのし上がろうとする人間に場所はない。全てのコーチは、自分の地位に満足し、自分のタスクが大変重要であると認識することを望まれる。アヤックス上層部の考えとしては、8歳から10歳のコーチは16歳から18歳のコーチ同様に重要だ。U-18のコーチは、試合を分析できる能力があり、説得力のある話し方ができる必要がある。なぜ選手達が同じミスを繰り返し犯してしまうのかを、正確な言葉で説明できなければならない。またミスを正すのに役に立つ練習を考えられる能力も必要だ。この要求はU-10のコーチのスキルとは異なる。こういった訳で、アヤックス哲学において、U-10のコーチが数年後にU-18のコーチになるといった野心を抱くこともないし、ベテランコーチが8歳から10歳のコーチングを簡単だとは考えたりしない。それぞれが自身のやり方で野心を持ち続けなければならないが、ユースのコーチ陣が一緒になってチームを形成している。全ての異なるアヤックスのチームユニット、上層部、メディカルスタッフ、コーチングスタッフ、チームキャプテン、スカウティングチーム、にも同じことが言える。
 全てのコーチはアヤックスシステム内の行動の自由が制限される。まず第一に全体像を常に考えなければならない。試合が出発点であり、アヤックスシステムでプレーする事が基本だ。そしてそれはクラブ全体に糸を通すようだ。これは他のクラブの比較したときの主要な差異のうちの一つだ。他のサッカークラブは各部門で考える傾向がある。各部門は一緒に完成形を形成することを望まれる。例えばファーストチーム。彼らは開始する前に、建造者が完成形を全く分かっていない。
 アヤックスユースのコーチと選手は最初から正確に完成形を理解している。求められるシステムプレイを完全に理解している。コーチと選手たちは何時もシステムプレイに関して考えている。コーチたちは常に、システムプレーとポジショニングを関連付ける練習を作らなければならない。
 コーチたちに対するほかの要求もまた固まってきた。全てのトレーニングセッションには目的がなければならないし、選手達にとってハードワークであるが楽しくもなければならない。これは次に即興で応える能力が求められる。トレーニングセッション中に生じた様々な状況に直ちに対応できなければならない。アヤックス哲学は次のとおりだ。厚いコーチングドリルを暗記して学ぶより、正しい瞬間に行動する能力、正確に分析する能力、やるべきことを見せる能力の方がずっと重要だ。これが問題の核心だ!全ての選手、最も幼い選手からトップの11人までが、コーチが一番よく知ってるということを理解し受けれる事が重要だ。もしコーチが、間違ったタイミングや無意味な話で練習を中断してしまうと、選手の創造性をすぐに失わせてしまう。少なすぎる指示にも同じことが言える。正しいタイミングと建設的な意見だけが選手を改善する事ができる。これがアヤックスコーチ間の大半のディスカッションの主題だ。誰もがこれらのユースコーチングの特徴を欠いていたら、アヤックスでは上手くいかない。アヤックスの若手選手は常に、肉体的にも精神的にも、明敏でなければならない。これはアヤックスのコーチもそうである場合のみ可能だ。
 毎週、私はそれぞれのユースコーチと決まった時間に話し合いを行う。私は少なくとも2週間に1度それぞれのチームを観察する。ミーティングは大抵、選手個人に関するディスカッションだ。例えば、もしコーチがある選手はもはや特定のポジションでプレーできないと感じているならば彼の相談に乗る。仮に、彼は左のポジションだが、将来アヤックスシステム内で別のポジションができればチームが強くなるかもしれない。これが重要なことだ。そのようなケースでは、アヤックスにおけるチームの関心は常に個人の関心に従属しなければならない。
 1年に2度、全ての選手は40項目からなる評価を受ける。これらの評価は3段階に分けられる。
A-stay
B-doubtful (B/A doubtful/stay)
C-go (B/C doubtful/go)
私が、選手(8歳から10歳、10歳から12歳、12歳から14歳のグループについて、両親が出席する)と話し合い、この決定を行う。

The Question: why has 4-4-2 been superseded by 4-2-3-1? by jonathan wilson

 4-2-3-1の到来は4-4-2からの自然な進展であり、過去5年間でほとんどすべての戦術的革新はフォーメーションの発展であった。

 サンダーランドの監督ロイ・キーンの最後の記者会見で判明したのは、ボルトンに4-1で敗れた後、彼が4-4-2のフォーメーションに問題の一部があったことを認めた事だった。ケンワイン・ジョーンズジブリル・シセは、彼らのパワーとテンポによって、ディフェンスを怖がらせるFWのペアかもしれないが、たとえそうであろうがなかろうが、ボルトンの試合で起こったように、中盤の4人は、相手が5人の中盤を用いたため、数的不利になり、ボールを危険な領域に動かすことができなかった。

 中盤に5人を配置することは、長い間ネガティブな戦術とみなされていたが、それは5人の構成に完全に依存している。英国の一般的な評論家はいまだに、「two up」でプレイしないチームに関して話すときは否定的だ。しかし、チームシートを一見すると、それはナンセンスであることが明らかなはずだ。例えば、ユーロ2000ファイナルのフランスは、ユーリ・ジョルカエフジネディーヌ・ジダンそしてクリストフ・デュガリー、トップにティエリ・アンリ、或いは同じトーナメントのポルトガルは、ルイス・フィーゴルイ・コスタセルジオ・コンセイソン、トップにヌーノ・ゴメス 。ユーロ2008ファイナルのスペインは、フェルナンド・トーレスの後ろに、イニエスタ、セクス・ファブレガス、シャビ、ダビド・シルバを配置した。

 戦術上の問題と同じように、英国のサッカーが遅れているということだ。スペインでは、例えば、4-2-3-1は2000年までに一般的となり、数年の間にほとんどデフォルトになった。おそらくそれは驚くべきことではないだろう。なぜならスペインでは、フォーメーションが最初に4-4-2とは異なるものとして発展したからだ。

 プレイメーカーをセカンドストライカーとして使い始めた時点で(1986年のワールドカップで登場したトレンド)、4-2-3-1の登場は避けられなかった。当初は守備的MFがセカンドストライカーを捕まえるために配置された。(そのため90年代後半はマケレレロールを担える選手がブームとなった。)その時点でセカンドストライカーは、スペースを見つけるために幅広く動き始めた。仮に守備の選手が彼について行くと、中央にスペースが生まれる。だから更なる選手がカバーのためにより深いポジションに下がる。より多くの攻撃的MFに対して波及効果を伴った。

 或いは他の方向に由来する進化が起こった。4-4-2でプレイしている方では、ウィングを高く押し上げセンターフォワードの一人が深く落ちて、効果的に4-2-3-1をプレイしている。例えば、マンチェスター・ユナイテッドバルセロナを破った1991年のカップウィナーズカップ。彼らは、ブライアン・ロブソン、ポール・インスの守備的MF、リー・シャープ、マイク・フェランのワイド、ブライアン・マクレアーがマーク・ヒューズから落ちた位置だった。誰もがそれを4-4-2と言及したが、実際には4-2-3-1だった。

Self-conscious symmetry in Spain

 少なくともスペインのコーチング誌「Training Football」によれば、新フォーメーションを自ら意識して配置したのは、レアル・ソシエダのフアン・マヌエル・リージョ監督で、1991-92年にセグンダディビシオンクルトゥラル・レオネサを任されていた。「私の意図は、プレッシャーをかける事とボールを高い位置で奪おうとする事」と彼は説明した。「4人のフォワードでプレイするのが最も均整の取れた方法と私は気付いた。優れた利点の1つはフォワードを高くすることは、ミッドフィールダーディフェンダーも高い位置でプレーできること、つまり誰もが恩恵を受ける。しかし、あなたは適切な選手達を有していなければならない。彼らは非常に、非常に機動的でなければならないし、ボールを保持したときにプレーできなければならない。あなたは、彼らがプレッシャーをかける為にプレーしているのではなく、プレーする為にプレッシャーをかけていることを覚えておかなければならない」。

 レオネサでのリージョは、Sami、Teofilo Abajoを2ピボットとして(スペインでは「ダブルピボット」としてよく知られるシステム)、Carlos Nunez、Ortiz、Morenoが彼らの前、そしてLatapiaがワントップだった。システムの成功を見て、リージョはサラマンカで同様のシステムを用いた。Training Footballの論説によると、選手達の反応は「信じられないというような表情だった。なぜなら彼らは奇妙な方法だと考えていたためだ。;彼らが適応しなさいと言われたそのポジションとちょうど恐竜と向き合った人のような違和感や驚きと同じ感覚をともなうチームのそれぞれのラインの配置への反応だった。

 フォーメーションは急速に広まった。ハビエル・イルレタデポルティーボ・ラ・コルーニャで2000年にリーグタイトルを勝ち取る以前の2シーズンそれを用いた。そしてジョン・トシャックが1999年レアル・マドリードに戻ったとき、彼はジェレミとフェルナンド・レドンドを守備的MFとして、彼らの前にスティーブ・マクマナマン、ラウール、エルヴィル・バリッチ、アネルカフェルナンド・モリエンテスをワントップに置いた。

 イングランドへの4-2-3-1の伝来は、(少なくとも4-4-2とは異なるものと認識という観点)1999-2000のチャンピオンズリーグでホームでレアル・マドリードに明らかに敗れた時のマンチェスター・ユナイテッドに備わっており、アレックス・ファーガソンに、前年にトレブルを勝ち取るために採用したよりオーソドックな4-4-2はヨーロッパの戦いにおいて流行の終わりを確信させた。(彼は、いくつかの確信を持って、決して4-4-2でプレーせず、スプリットフォワードを常に用いることを維持したが)

Pro-active or reactive?

 2人の守備的MFを使用する大きな利点は、よりクリエイティブなプレイヤーが自分自身を表現できるプラットフォームを提供し、ドリブラーを効果的にゲームに戻せるようにすることだが、アリゴ・サッキのような純粋主義者にとっては逆行的なステップだ。1989年と1990年のヨーロッパカップを勝ち取った彼のACミランの方は、非常に流動的でコンパクトな4-4-2だった。「今日のフットボールは個人の特徴を管理することだ」と彼は言った。「そしてそれがスペシャリストの蔓延を目の当たりにしている理由だ。個人が集団に勝っている。しかしそれは弱点の表れだ。先回りでなく、後手だ」。

 ヴァレリー・ロバノフスキーやサッキのような監督は、もし選手達が複数のポジションをこなす能力があるのならば、個人の効力の積算よりも非常に大きな効果を持った、インタラクティブな「エネルギー・システム」を造ることができる、という普遍性の信奉者だ。2004年、レアル・マドリーのスポーツディレクターとしての短い間に、サッキはサッカーが自分の理想からどれほど遠ざかっているかを実感した。

 「計画が全く無かった。クオリティの利用だ。」彼は言った。「例えば、我々はジダン、ラウール、フィーゴが元の位置に戻らない事を知っている。だから4バックの前に選手を置かなければならなかった。しかしそれは保守的なサッカーだ。選手のクオリティが飛躍的に増殖しない。実質的な戦術のポイントは選手の能力にこの乗数効果を生むことだ。私のフットボールでは、レジスタ(プレイメーカー)は誰でもボールを保持する。しかし、もし(クロード・)マケレレがいるなら、彼はそれができない。彼にはそのアイディアがない。もちろんボールの奪取は非常に優れているが。スペシャリストが全てだ」。

 彼は核心をついている。現代の移籍の規則の下、そのような移動の自由を享受している今日の有名な選手たちは、サッキが要求するようなシステムに自らを昇華させることは決してないかもしれない。ミランのときでさえ、全ての成功のために、サッキはマルコ・ファン・バステンやルート・フーリットと結局はケンカするはめになった。

Offside considerations

 とにかく、今日同じ方法でサッキのスタイルが機能するかどうかという疑問がある。彼の理想は、センターバックセンターフォワードの間が、どの瞬間でも最大25mだが、そのプレッシングレベルは高いオフサイドラインが要求される。近年のオフサイドルールの自由化はそれを不可能にしているかもしれない。確かに、オフサイドトラップを扱うチームは、もはやほとんどいない。

 興味深いことにリージョは、彼のハイ-プレッシングゲームは古いオフサイドルールを生かして考えらていることを認めている。彼の考えは、サッキのものと異なるかもしれないが、彼はロバノフスキーの伝統と、オランダのトータルフットボールの一部と重なっている。違いはおそらく、4-2-3-1は高いディフェンスラインを可能にしている一方で、サッキの4-4-2スタイルはハイラインを必要とする。オフサイドルールの解釈の変更は、ディフェンスが近頃より深くプレーする傾向があることを意味し、それゆえ試合が10年前よりさらに間延びした。その事が、合理的にミッドフィールドを守備型と攻撃型に分けた。そして3よりむしろ4編成でプレーした。これは新しくはない。W-M、3-2-2-3システムもまた4編成のシステムである。

Recent developments

 我々がそれを何と呼ぼうと、多くの4-4-2が効果的な4-2-3-1だったかどうかという疑問を提起する。我々は本当にリージョをパイオニアとして認めるべきであろうか?彼の飛躍的な発明は自意識的に行われたことであるのに、既に起こっていた事に命名する?しかしながら区別と命名は、ウィトゲンシュタインが論じるように、非常に重要なステップだ。いったん十分に理解されるとシンプルな言葉(4-2-3-1)によって記述される。それから研究が進展し始める。この10年間初頭にスペインで起こった事は、(基本的なテンプレートの4-4-2から4-2-3-1への移動)、パラダイムシフトに他ならない。

 過去5年間のほぼすべての戦術的イノベーションは、4-2-3-1からの発展と見ることができる。それはローマやマンチェスター・ユナイテッドの0トップの試みだけでなく、今シーズンのバルセロナの流動的4-3-3にも当てはまる。

 3-5-2の大きなメリットの1つは、3人のセントラルミッドフィールダーの使用によってもたらされる柔軟性だ。スラベン・ビリッチは、1998年Wカップロベルト・プロシネチキズボニミール・ボバン、アリョーシャ・アサノビッチのクロアチアトリオの才能について未だに疑い深い態度で話す。準々決勝のドイツ戦、プロシネチキは遥かに守備的なズヴォニミル・ソルドに置き換わっていた。さらに2年後、イタリアの解釈は更に守備的な段階だった。3-2-4-1。デメトリオ・アルベルティーニとルイジ・ディ・ビアジョの守備的MF、ステファノ・フィオーレをプレイメイカー。

Midfield flexibility

 4-2-3-1における2人の守備的MFと中央の攻撃的MFのトライアングルは、主要な戦術修正なしにサイドのトーンを変えることができる点で似ている。1人の守備的MFを前に出し、4-1-4-1が作られた。2008年のユーロの準決勝、負傷のダビド・ビジャに変わってファブレガスを送り込んだ後にスペインが変更したのがそのフォーメーションだった。

 より精巧に、もしユナイテッドがマイケル・キャリックの近くにアンダーソンかポール・スコールズを置いてプレイするならば、ダレン・フレッチャーオーウェン・ハーグリーブスがその役割を果たしている場合よりも、彼らの力強さはよりポジティブだ。去年のチャンピオンズリーグのアウェーローマ戦、中央の攻撃的MFが引き下がった、4-3-3を形成した。キャリックスコールズ、アンダーソンがMF、パク・チソンクリスティアーノ・ロナウドルーニーのFW。

 本質的に、バルセロナはそのような形をより攻撃的に扱う傾向がある。2人のウィングは中央のストライカーからわずかに下がり、通常、シャビ・エルナンデスは2人の守備的ミッドフィールダーより前に。そして、率直に言って現時点において、美学と結果の両方の面でこれよりよいヨーロッパのフットボールは他にない。

 全ての戦術的なシステムは相対的なものであり、リージョも強調しているように、全ては利用可能な選手と環境に依存している。イングランドの4-4-2の圧倒的優位の考え方は、価値ある機能を保持していることを意味するのかもしれないが、ビッグフォーのいずれかで最も近いのが、アーセナルの流動的4-4-1-1だ。最もハイレベルなところでは、既にパラダイムシフトがおこている。4-2-3-1はキングだ。

Van Gaal at Bayern: When Louis averted a crisis ? then talked himself into a bitter exit by Uli Hesse 2

Shifting suspicions

 ファン・ハールの既存選手との明らかな問題は、突然の明るい兆しにもなった。事実、彼はファンお気に入りのルシオルカ・トーニを追い払ったが、彼らのこめかみ辺りが白髪になり始めていたこともまた事実ではないか?ファン・ハールは代わりに自クラブの若手選手達を選んだ。彼は、23歳以下のチームから才能ある21歳のディフェンダーホルガー・バトシュトゥバーを呼び寄せた。彼はまたトマス・ミュラーという名のFWに惚れ込んでいた。彼は「たとえリベリーロッベンが使えたとしても、ミュラーは常に私のチームでプレーするだろう」と言った。
 バスティアン・シュヴァインシュタイガーは何年もの間、右サイドでプレーしていたが、ウィンガーのスピードを持っていなかったので、決してうまく真の意味でブレイクスルーすることはなかった。ファン・ハールは彼をポジションを後ろに下げて4バックの前に置いた。わずか数ヵ月後には、誰もがなぜそれ以前に、シュヴァインシュタイガーが世界クラスのディフェンシブミッドフィールダーだった事に気が付くことができなかったのかと思った。
 ファン・ハールシュヴァインシュタイガーを改革した直後、リザーブから17歳のミッドフィールダーを呼び、左サイドバックでプレーさせた。若いデイヴィッド・アラバが記者に、このポジションで使用されることに驚いていると語ったとき、ファン・ハールは「彼が違う考えを持っていたとしても左サイドバックだ」と語った。それから4年後、アラバはヨーロッパで最高の左サイドバックの一人だ。
 これらすべての変化と輝く若い選手たちと共に、バイエルンは魅惑的なチームになった。クラブは以前、単に成功しただけでなく、官僚的でビジネスライクな方法で勝つ傾向があったため、ドイツで広く嫌われていた。今、彼らは息を呑むような攻撃的なサッカーをした。
 ミューラーはまさに新発見だったし、ディフェンシブハーフシュヴァインシュタイガーが開花した一方、ロッベンは健康で、シーズンを過ごした。彼は自由自在に、ホームで、ヨーロッパでディフェンスを抜き去った。バイエルンブンデスリーガを打ち破り、ドイツカップを持ち上げ、チャンピオンズリーグ決勝まで進んだ。
 彼らは本命としてジョゼ・モウリーニョインテルとの試合に出場したが、イタリア人たち(DFにはルシオ)は2発で彼らに打ち破った。それでも素晴らしいシーズンだった。ファンはコーチを愛し、チームとの関係は良好だった。彼らは、ファンと選手の両方が、あるキーワードを聞くまでひざまずき、それからすぐに誰もが飛び跳ねて、ばか騒ぎをする、「On your knees!」というチャントで始まるセレブレーションルーチンを作った。

Louis the Feierbiest
 ファン・ハールが最初のオランダ人コーチとしてブンデスリーガを勝ち取ったとき、残り試合があり、いくつかの重要な試合がまだやってくるにもかかわらず、選手たちからお祝いをできるかどうか尋ねられた。その規律励行者(ストレートに選手達に彼の食事が終わるまでは誰も席を立ってはならない)は、「重役会に全てのタイトルを祝うと言った。私はFeierbiestだ!」と応えた。
 ファン・ハールは存在しない事を知らずに、"party animal"のドイツ語の表現を探していた。そこで彼はシンプルに、日常語から思いついた表現を単純に翻訳した。一方、誰も、クラブの重役会を"彼"の重役会と言及した事実に、注意を払わなかった。
 この祝賀の週の間、ファン・ハールはインタビュアーに、物事を俯瞰的に見ると彼自身の人気とロッベンのシーズン通して傑出したパフォーマンスの効果に、時々驚いていると話した。「私はオランダ人とドイツ人の関係の改善を強く信じていた。それは信じられないほどだ。素晴らしい」。彼はまた「私はそのようなポジティブなイメージを全く持っていなかった」といった。
One-man show
 「On your knees!」ファン・ハールミュンヘンの市庁舎のバルコニーでマイクをつかんだときファンは叫んだ。もちろんそれは問題外だ。選手達はそのような愚行をそのままにするかもしれないが、キング・ルイスの前では誰でもファンでさえ跪いてしまう。だから彼はすぐに大衆を黙らせて、話し始めた。
 彼は群衆の中にたくさんの女性がいるのを見ると、「こんなに大勢のママたちも」と彼は愛らしいアクセントで結んだ。それから彼ら全員にチャンピオンコーチから脂っこいキッスを送った。
 一般的でない祝賀スピーチが最初の兆候だった。(あなたを、複雑な精神の何処かに潜むエディプスコンプレックスではないか?との疑問に誘う)
 それから彼は話し始めた。「最高のディフェンスを有してるのは誰だ?」彼は答えを出す前にしばらく間をとった。「FCバイエルンFCバイエルン! 」それから彼は言った:「最高のオフェンスを有しているのは誰だ?」「FCバイエルン!」「そしてそれこそ我々がチャンピオンである理由だ!」熱が入ると、彼はますます催眠状態になった。「ミュンヘンのみならず」と彼は加えた。「ミュンヘンのみならず、ゲルゼンキルヘンも。ブレーメンも。ハンブルクも」。
 オランダ人がグランドフィナーレに達したとき、全ての台詞が群衆によって狂ったように喝采された。「我々はドイツ最強だ。そしておそらく... 」彼は間をとり、下の人々を見つめて指を上げた。「ヨーロッパ最強!Yeah! 」彼は腕を広げ、誰もが狂ったように飛び跳ね始めた。

Boardroom bother
 彼はその瞬間、人気の頂点のいたが、彼の背後のバルコニーの群集の、選手達に間の数人は、このオランダ人が単に変人か明らかに狂っていようが、大変な苦境に陥るのに違いないと思っていた。ウリ・ヘーネスカール・ハインツ・ルンメニゲ会長は、強権力で有名だった。彼らは、バイエルン・ミュンヘンを個人的な所有物と考えているように見える、公の場でアシスタントがちゃんと従うか確認したほど厳しく支配する、コーチに、慣れていなかった。
 特にへーネスはファン・ハールの自己中心性に不満を持っていた。そして彼はバイエルンで逆らってはいけない男だった。ペップ・グラウディオラはファン・ハールミュンヘン滞在から教訓を得たのかもしれない。なぜなら、前任者の投獄までに、初日からへーネスやルンメニゲと常に協議しようと苦心していたからだ。
 オフ・シーズンの間、ヴァン・ガールはディフェンスの強化を拒否したため、クラブ関係者の心配が深まった。彼が一年前にした契約のすべてが成功したわけではない。ディフェンダーエドソン・ブラーフハイトダニエル・プラニッチが期待に応えた訳ではなかったので、報道は、ファビオ・コエントラングレゴリー・ファン・デル・ヴィールのような選手を獲得するべきだと推測した。
 しかし、ファン・ハールは興味がなかった。彼は、リザーブの別の子供、ディエゴ・コンテント(ちょうど20歳)を信じていると言った。とにかく、ディフェンダーを気にしたのは誰か?評判のいいディー・ツァイト新聞によれば、「ファン・ハールはただ一つの方向へチームを構築することで知られている。:前方。それは全て支配について、つまりは自身のゴールから離れてボールをコントロールすること。だからファン・ハールはディフェンスを無視する」。
Downfall
 新しいシーズンは前のシーズンよりもさらに悪化してスタートした。10月上旬、バイエルンは12位だった。ルンメニゲは青ざめていた。「我々がトップと13ポイント差であるわけではない」と彼は言った。
 ファン・ハールは動じなかった。なぜなら、おそらくスタートで躓いたのは、一連の怪我とワールドカップ後の選手の疲労、という事実に主な原因があると分かっていたからだ。ルンメニゲの非難の数日後、彼は自伝を公開した。ゲストとして招待されていたへーネスとルンメニゲの方向にコピーを振りながら、彼らにレクチャーした。「あなたがたもこれを読む事が重要だ」。
 それは我慢の限界だったかもしれない。なぜならミュンヘンにおけるファン・ハールの終わりの始まりは数週間後のへーネスの生放送での怒りの爆発だったからだ。彼は後にかなり前から計画していたことを明かし、配信の正しい瞬間を待っていた。
 へーネスは、穏やかでしかし冷淡な声で、ファン・ハールは「アドバイスに抵抗している」と叫んだ。「現代のサッカークラブはワンマンショーではいけない」と加えた。ヘーネスは、ファン・ハールは多くの選手を疎外させた、とも語った。彼は次のような言葉で締めた。「他の人の意見を受け入れないので、彼と話すことは難しい」。
 翌月、ルーマニアへの旅行で起こった「クルージュの平和」と呼ばれる休戦があった。しかし、これまでバイエルンがこのように現役コーチを公に攻撃したことは決してなかった。不吉な前兆だった。4月初め、ニュルンベルクで1-1で引き分け、バイエルンが4位に下がったことを意味し、クラブはルイス・キングを解雇した。
 いやむしろ,へーネスが彼を解雇した。そのようにしてファン・ハールは失脚した。1年後、彼はドイツの雑誌に、「へーネスはクラブでただ一人、私を常に首にしたがった」と話し、会長はあまりにも多くの力を持っていたと付け加えた。
 ファン・ハールは、「会長が選手起用からコーチまですべてに影響を与えている」ため、TVでのへーネスの攻撃後に期待していたサポートを選手たちから得られなかったと語った。
 言い換えれば、彼はバイエルンがワンマンショーであるというへーネスに同意していた。彼らは、誰のワンマンショーであるかの、まさに異なる考えを持っていた。
Closing arguments
 今日まで、バイエルンにおけるオランダ人の遺産についての議論がある。今年の初め、キャプテンのフィリップ・ラーム(Philipp Lahm)は次のように述べた。「ファン・ハールは決定的な転換点だ。彼は具体的なアイデアを導入した。 - 1人のストライカー、2人のウィンガー、2人の守備的なミッドフィルダー - そしてこの哲学でクラブを形作った」。
 バイエルンでの現代的なポゼッションサッカーの歴史は、実際にはまさにファン・ハールから始まった。ハインケスグアルディオラではない。しかしながら、オランダ人が、バイエルンとグラルディオラの契約は「ファン・ハールの極印がついている」、と2013年に指摘したとき、へーネスは再び怒りを爆発させた。
 「ルイ・ファン・ハールだけがこのようなことを言うことができる」とオランダの新聞デ・テレグラフに語った。「彼の問題は、ルイは彼が神であると思っていないが、父なる神であると考えているところだ。世界が誕生する前に、ルイは既にそこにいた。しかし、世界は彼が見ているようには機能しない」。
 自称傲慢な独裁者は、この土地で最大のクラブの指揮をとり、元の栄光に戻すことはできなかった。彼はマンチェスター・ユナイテッドで自分のやり方を全く変えてない。しかし、それは本当に終わったのだろうか、あるいはキング・ルイはアルガルヴェで引退生活を送る前に、もう一度劇的な好転があるだろうか?

Van Gaal at Bayern: When Louis averted a crisis ? then talked himself into a bitter exit by Uli Hesse 1

 彼がバイエルン・ミュンヘンを引き継いだとき、ババリア人は混乱状態だった。彼は最初の記者会見で自身を「自信家で、支配的で、傲慢」と表現した。そのオランダ人はクラブを変身させ、リーグとカップのダブルに導いた。しかし、どうやって? Uli Hesseは以下のように説明する。

 インターネットで「Van Gaal alias Feierbiest」で検索すると、YouTubeで2分12秒のびっくりする動画の検索結果が得られる。ミュンヘンの市庁舎のバルコニーに立って、2010年のブンデスリーガのタイトルをバイエルンのチームと共に祝うオランダのコーチは、伝統的なバイエルンの衣装を着てる。チャンピオンズリーグ決勝の2週間前だ。

 ファン・ハールは熟練したラスベガスのエンターテイナーのようにマイクをつかみ、群衆を手のひらで踊らせるには、わずかな視線と小さなジェスチャーしか必要としない。彼は、後に大半が、タイトルの祝典というよりむしろニュルンベルクの集会の光景を思い出すであろう、大衆を鞭打つ。

www.youtube.com この短いフィルムは、マンチェスター・ユナイテッドの監督について、この記事以上のことを理解できる。しかしながら、あなたが見ていること、例えばなぜファンが「On your knees」とチャントを唄い、ファン・ハールが過熱しながらチャントを唄うのか(いうまでもなく‘Feierbiest’の意味すること)、を理解するにはこの記事が必要だ。

Not George Clooney

 バイエルンが2009年の夏にファン・ハールを任命したとき、彼らは経験と規律という2つのことを求めていた。主にクラブが判断の誤りを犯したために、どちらも不足していた。2008年、バイエルンの長い歴史の象徴的なコーチの1人、オットマー・ヒッツフェルトはクラブの監督業から引退した。

 ミュンヘンの巨人たちは賭けに出た。アイデアは湧いていたが、キャリアでこのサイズのクラブを指導したことのない有望な若いコーチに置き換えた。どこかで聞いたことがある話だって?さて、バイエルンの選択は、マンチェスター・ユナイテッドデビッド・モイーズアレックス・ファーガソン監督から引き継ぐ決断よりもはるかに大胆だった。それはバイエルンが代表以外でコーチングの経験がなかった人物を選んだからだ。-ユルゲン・クリンスマン

 クリンスマンへの賭けはモイーズの実験同様、殆ど失敗だった。バイエルンがタイトルレースと結局はチャンピオンズリーグ圏内に何とか留まったのは、4月にクリンスマンを解任し、後任のユップ・ハインケスが最終局面を4勝1分けに導いたからだった。
 一方の極端から彼が去った瞬間、他方へ揺り動いた事実から、あなたはどれほどクリンスマン政権が大惨事だったかが分かる。メディアとはフレンドリーで愛嬌のある新米コーチから、荒々しい奴隷監督という評判だけでなく、最も印象的な実績をもつコーチの1人へダイレクトに向かった。

 バイエルンは純粋に関わりを持ち始めたわけではなかった。彼らはそのオランダ人が、コントラクトブリッジを楽しむノールトウェイクの親しい友人たちでさえ、'The King'と呼ぶようなエゴを持っている事を知っていた。十中八九、ファン・ハールが娘達に、かつて1950年代のアメリカの子供たちが、彼らの父を'Sir'と呼んでいたやり方とよく似ているフォーマルな方式で挨拶させていた事を、クラブは聞いていた。
 しかし、バイエルンの上層部たちはおそらく、これらの報告の一部がすべてを吹き飛ばすと疑っていた。少々古風であれば、オランダの習慣で両親に礼儀正しく話すことは、まったく普通のことではないか?いずれにしても、カール・ハインツ・ルンメニゲ会長は、「誰もが愛する人にサインしたければ、ジョージ・クルーニーに行っただろう」と語った。
 ファン・ハールが契約書に署名した日、そのオランダ人がバイエルンに滞在している間、全ての古代ギリシャの悲劇、(勝利と苦難から傲慢と屈辱に至るまで)、の題材がそろっているとはルンメニゲもほかの誰も想像することができなかった。

Getting acquainted

 ファン・ハールが2009年7月1日に最初のトレーニングを行ったとき、熟練したオランダ人とクレイジーな現代的なアイデアを持ったクリンスマン(ドイツ人は選手たちにヨガのクラスに参加するよう促していた)の違いを強調しようとして、何とか努力した南ドイツ新聞が書いたように、「古典的なアクセサリー」であるホイッスルとストップウォッチを持っていたことはほとんど言及されなかった。

 ジャーナリスト達は、クラブカルチャーは「暖かいコートのように」彼にフィットするだろう。と彼の言葉を引用した。また彼らは、「バイエルンは私のようだ。自信家で、支配的で、傲慢で、正直で、勤勉で革新的だが、誠実で家族的」と付け加えた事を真に受けた。
 要するに、ファン・ハールの新しい仕事の最初の朝はメディアの成功だった。1つ心配の兆候は、無視されたか、真剣に取られなかった。彼は誇らしげにクラブのモットー「Mia san mia」を引用した。「我々は我々だ」しかしそれから彼は、「私は私だ」と付け加えた。
 ハネムーンは、わずか4カ月後に、記録的な時間でほぼ終わった。最強の王たちや最も有名なサッカーコーチでさえもしばしば倒される、何かが妨げになった。「結果」。もっと正確にいえばそれらが欠けていた。バルセロナフットボール学校の設計士の一人、ファン・ハールは、クリンスマンの大胆なアプローチから、ショートパスを中心としたポゼッションゲームを教えようとした。そして、見事に失敗するように見えた。

Early issues
 11月下旬には、バイエルンブンデスリーガで前代未聞の7位だった。リーグでは非常に悪かったので、ファン・ハールはパニックに陥っているような変更を行った。評判の若手ゴールキーパーミヒャエル・レンジングを下げ、シーズンの4週間でベテランのハンス=イェルク・ブットと置き換えた。
 さらに悪いことに、チャンピオンズリーグの状況があった。ボルドーによる2つの敗北と、ユベントスとのホームでのスコアレスドローの後、ファン・ハールのチームは、グループステージで生き残るためにはほとんど奇跡が必要だった。報道によると、キング・ルイスはウィンターブレクの前に解雇されるという憶測が飛んだ、そのような噂には「もし私が去ったならば、バイエルンは誰とサインをしただろう?カッペロ?ファーガソン?彼らはもっと成功していたかもしれない。しかし、利用できない」と言うしかできなかった。

www.youtube.com それは柄にもない弱気な発言だった。実際に、このような謙虚さの突然の現れは、バイエルンが40年間で最悪のシーズンスタートからもたらされる唯一の良いことだった。何の皮肉も無く自身を傲慢だと呼ぶうぬぼれたオランダコーチはドイツメディアの面からすれば十分に酷かったが、試合に負ける自信家のオランダコーチも格好の標的になっていた。
 クラブの会長ウリ・へーネスは「最初の記者会見の後すぐファン・ハールに、自分自身を「傲慢」と表現すると、いつかは自分の身に降りかかるだろうと言った」。そして実際にそうなった。デュッセルドルフのライニッシェポストによると、悲惨な状況の責任はコーチ一人にあり、少なくとも7つの重大な間違いが挙げられていた。例えば、「戦術狂」のファン・ハールは正確な計画がなく、漫然と彼の選手をごちゃ混ぜにしていたり、或いは、誤解されていると感じたり、本来のポジションで使われないと考えていたフランク・リベリーとの「おそらく致命的な主導権争い」を行ったり。
 他の人たちは、ファン・ハールは、非常に負傷しやすいと知られていたにもかかわらず、彼の同国人であるアシュリー・ロッベンとサインすることを切望していたと訴えた。言うまでもなく、ロッベンはシーズンの最初の週を欠場した。
 リベリーはコーチが怒っていた、あるいは怒ろうとしていた唯一のスター選手でもなかった。ブラジル人ディフェンダールシオは、オランダ人がコーチを引き継いでしてから3週間も経たないうちにクラブを離れ、インテルに入団した。彼は後で言った「ファン・ハールフットボールで誰よりも私を傷つけている」。
 ストライカーのルカ・トーニは数ヶ月後、ウィンターブレイク中に母国のイタリアに戻った。彼はすぐにファン・ハールが、本当のボスが誰かを示すために、いくつかの奇抜な方法を使っていたことを明らかにした: 「コーチはどんなプレーヤーでもベンチに置くことができることを明確にしたかった。彼にとってどちらでも良かった。「私は勇気(balls)を持っている」と言ったんだ。彼は、文字通り、ズボンを落とすことによってこれを実演した。私は全くその様な経験をしたことはなかった - 完全に狂っていた。幸いにも、私は前列にいなかったので、多くを見なかった」。
 別の言い方をすれば、ドイツにおける短期間で、ファン・ハールはドレッシングルーム、メディアサポート、そして多くのフットボールゲームを失ってしまった。彼はすぐにピッチで劇的な変化が生じる幸運を必要とした。ああ、全く新しいイメージ。

The interview

 12月8日、キング・ルイスはちょうど1時間でまな板の鯉状態だった。バイエルンユベントスでのチャンピオンズリーグのリーグ最終戦で、次に進むために勝たなければならなかったが、しかし先月のいずれよりもシャープで活気があったが、30分後には1-0となった。
 その後、バイエルンクロアチア人ストライカイヴィツァ・オリッチがボックス内で倒され、審判はペナルティスポットを指した。これは、クラブがシーズン中で与えられた最初のペナルティであり、選手達はバイエルンの最近の歴史において最も重要なPKを蹴るのに、誰がその度胸を持っているかを確認するため、お互いを見ていた。歩み出たその男は、驚いた事に数週間前ファン・ハールが正ゴールキーパーにした、ハンス=イェルク・ブットその人にほかならなかった。ブットは冷静にNo.1ジャンルイジ・ブッフォンの反応とは逆に流し込み1-1とした。後半4-1でユーべを下した。突然の全く新しいシーズンだった。

www.youtube.com それはまったく新しいファン・ハールだった。ユベントスの試合の数日後、彼はテレビで長年にわたり人気のあるスポーツ番組「Das aktuelle sportstudio」に出演した。ショーはその日に女性が主催し、バイエルン監督との長いインタビューでドイツでのイメージが完全に変わった。
 ハンブルグのモルゲンポストが後にこう書いた。「私たちは、彼を頑なで傲慢で、ほぼ自己愛的な独裁者としてしか知らなかった。しかし、土曜日の夜以来、写真は変わった。別のルイ・ファン・ハールがいる。オープンで、ユーモラスで魅力的な」。
 魅力的なオランダのアクセントで、ファン・ハールは、規律家としての彼のイメージは誇張されており、妻Truusは実際には彼が「ソフト」だと言っていると説明した。 彼は「亡母」に対する深い尊敬についてや、彼が30代後半のとき、未だに母を正式なマナーで呼んでいたことや、娘たちが現在も彼にその方法で話している事を述べた。彼はたくさん笑い、ホストと戯れ、オレンジ色の靴に履き替えることにさえ同意した。

www.youtube.com