the ajax youth development scheme with co adriaance 4

Points of Departure

 この弱点と強みの分析を行った後、アドリアーンセは育成計画に取り掛かった。

アヤックスの哲学は私が来る前から存在した。アヤックスの選手達はエンターテイメントを提供しなければならない。アーティストであり、他のエンターテイメントと競争しなければならない。そして常に勝とうとしなければならない。相手のフィールドでプレーし、多くのゴールチャンスを作り、ボールを失ったときにはフォアチェックを行う。また343のコンセプトも理解しなければならない。これらがアヤックスのプレイスタイルとして知られている出発点だ。

 これらの目的を達成するためには複数のポジションをこなす必要がある。彼らはウィング内や、チームの背骨である中央で、たとえポジションが変わったとしてもプレーできなければならない。左ウィングは左ハーフや左バックもこなさなければならない。2000年までにトップチームには1つのポジションしかこなせない選手の席はなくなるだろう。私は確信しているし、スカウティングの際に常に考慮している。

 アヤックスユースはそれぞれ16名からなる。2名のGK。右利きの4名が2,6,7、左利きの4名が5、8、11、3名が3、4のポジション、最後に3名が9、10。これはアンダー10からトップまで適応されている。それゆえ彼らは育成段階の間、それぞれのチーム内で
複数ポジションをこなせるようになる。」

11ーー9ーーー7

ーーーー10ーーー   

8-------6

ーーーー4----

5---3ーーー2

ーーーー1----

Systems

 アドリアーンセのアイデアが新しい点は、433以外のシステムを有望な若手選手に学ばせたことである。

「U16以上のチームには、1つ以上のシステムをマスターする事を望む。(442や4321)
我々はこれを重要だと考える、なぜなら仲間や相手との新たな空間的相関関係に向かい合わせ、新たな解決策を探さなければならないからだ。」

the ajax youth development scheme with co adriaance 3

Analysis

 アドリアーンセは次のステップとしてアヤックスの強みと弱味の分析に取りかかる。

 アヤックスでは多くの事が直感に基づいて行われてきた。これはトップレベルで成功する数多くの若手を輩出するなど典型的なアヤックスカルチャーをもたらしてきた。ここ数年では70名以上の選手がオランダや海外でプロになっており、億万長者になるものもいる。我々はこのカルチャーを維持しながら、もし資金に恵まれた競争相手が現れた時には、先に前進しなければならない。我々の強みについては更に思考し注意を払うことはもちろん、いまだ重要な要素である弱味についても取り組まなければならない。我々の目標は2シーズン毎にユースからトップへ、2,3名の才能ある様々なポジションの若手を送りだすこと。この方針が10年間維持できれば、安泰だろう。
 分析によれば我々は弱味より強みのほうが優れている事が直ぐに分かる。我々が用いるTIPSで現されるアヤックスユースの選手の強みはオランダサッカー界で一般化するようになった。

 Tはテクニック。ジュニア世代はボールコントロールをマスターしなければならない。
 Iはインテリジェンスとインサイト。洞察力や思考力は相手の予測できない特徴的なプレーをもたらす。

 Pはパーソナリティ。アヤックスのタレントは周りと上手くコミュニケーションし、創造的で、才能と勇敢さを示し、他の選手を受け入れ、規律のもと機能することができなければならない。

 Sはスピード。全てのアヤックスの選手において必須の要素である、マークを外す速さ、モビリティ、長い距離を走るスピード。アヤックスのスカウトは選手を見る際、I,P,Sを常に重視する。これらの要素は状況に左右されないからだ。テクニックは常に改善する。ジュニアのスカウトの選考基準は基本的なスピードと共に、テクニック、賢さ、性格などを判断する。

 もし、アヤックスの若手選手の欠点を批判的に捉えるとすれば、トップで必要とされるメンタルや肉体的なスタミナが欠けていることが分かる。常に勝利するので対戦相手に優越感を覚え、そのためファイティングスピリッツに欠けている。

 アヤックスユースの選手達はしばしば相手を見下す傾向がある。当然ながらこのアムステルダムの驕りはそれ自体はアドバンテージであるが、これは彼らのプレーが決定的に不十分であることを意味する。加えて、殆どのディフェンダーは世界水準に比べると非常に小さい。これは海外のトップクラブとの試合で明白である。

 我々はこれらの欠点に対して戦う方法を熟考している。それらの負担に対してコーチたちはより強い対策を練らねばならない。トレーニングや試合中選手達を鋭敏に敏捷に見守り、それぞれのチームから明確に選ぶこと。ポゼッション、フィジカル、ロストからの素早いスイッチングなどに重点を置いた反復練習を用いたトレーニング。また上の年代を含む、国際大会にも参加しなければならない。他のスポーツから学ぶ必要があるかもしれない。いくつかの武芸は付加価値を与える。我々はアヤックスジュニアにエアロビクスをやらせている。そのエクササイズはコーディネーションに有効。効果的に改善と柔軟性を促進し、使われない筋肉のトレーニングにも役立つ。エアロビクスは様々な音楽を選択することによって若者たちとの繋がりをもたらす。これらの効果を知ったからといって、アマチュアのサッカークラブのユースコーチはエアロビクスに飛びつかないでほしい。もしあなたがサッカーに割けるのが数時間であるならば、サッカーのトレーニングに集中すべきだ。アヤックスにおいては別途に30分行う。

 いずれにせよ、もしクラブの若手を肉体的精神的にタフに改善するならば、変える必要があるアヤックスの育成プログラムに対して迅速に結論を下した。

 就任した初年度の、私の考えを定式化するならば次のようになる。

現在そして将来に渡ってアヤックスジュニアはボールスキル、創造性、スピード、サッカーの洞察力、そしてパーソナリティの要素でセレクトされなければならない。ただ若い選手はメンタルタフネスや身体的強さ、或いは理想的な性格を欠く。彼等はこれらの欠点について学ばねばならない。才能に恵まれない選手達は、強みとクレバーさやテクニックで劣る部分を補うファイティングスピリッツを頼りにするべきだ。スカウティングの段階を除けば、本質的にこれらの面はトレーニング中考慮される。この基本原則は他の多くのプロクラブ、国内外を問わずアヤックスを際立たせる。

the ajax youth development scheme with co adriaance 2

コミュニケーション

 アドリアーンセは少しずつ育成プログラムに独自色を出し始めた。

 「私は内部の意思疎通から始めた。育成機関に多くの人が携わっているが、お互いの情報共有と同じ方向を向くことが大事だからだ。」

 アドリアーンセは机から膨大な計画書を取り出し指摘した。

「我々は毎週定例会議を行う。トップチームの責任者であるファン・ハール、財務、営業責任者と話し合う。また他のユースコーチやマネージャーとも個人的な話し合いに時間を割いた。

 特にチーフスカウトのトンプロンクの意見には重きを置いた。彼はクラブが正しく進んでいるかのレッドラインのようなもので、あらゆるスカウトの仕事を扱い、他のコーチの代わりを務めることができ、彼の選考手順における貢献は大変に貴重であった。

 このセレクションは多くの意見を考慮していた。私とプロンクを含めたコーチの投票やチームキャプテンの推薦も考慮した。原則的にユース選手の選考は1年単位。1シーズンで160名の中から平均30名が脱落する。この意味においてアヤックスのユース選考は大変にタフである。

 ユース選手の両親とのコミュニケーションも重要だ。若手選手は、まだ多くのことを学ばなければならないのに、ちょっとしたスター扱いされることがある。両親は子供に何が起こっているかを良く知らなければならない。なぜなら毎日同じ話でも2つの異なる話を聞いている事に気付くかもしれないからだ。言うまでも無く、自分に好意的な話には耳を傾けるが、大抵耳の痛いほうがサッカー選手の成長にとっては重要だ。

 アドリアーンセの目に見える最初の成果の一つは、それぞれの有望な若手に関する包括的な報告書を作った事だ。1年に2度、4月と12月にレポートをもとに本人と両親を交えて話し合いを行った。レポートは学校の成績表がサッカーの項目に置き換わったもので、いくつかのカテゴリーに区分された要素からなる。

 ・ボールコントロール、パス、仕掛け、シュート、動作のスピード、攻撃時のヘディング、得点能力、クロス、パススピード

 ・1on1の強さ、守備、守備時のヘディング、スライディングタックル、タックル、ボールへのアタック

 ・コンビネーション、俯瞰、ポジショナルプレイ、与えられた役割の順守

 ・運動能力、マークを振り切る速さ、0~10、10~30、30ヤード以上のそれぞれのスピード、モビリティ、タックルの強さ、スタミナ、ランニングスキル、ジャンプ力

 ・カリスマ、リーダーシップ、試合におけるメンタル、チームメイト、コーチ、レフリー、その他へ対する態度、コーチングの理解力、プレッシャーに対する強さ

 ・その他の情報:謙虚さ、生意気、創造力、チームメイトとの連携、特徴ある選手か、テクニカルな選手か、右利きか、左利きか、両足を使えるか

 1年に2度コーチはそれぞれについて1~9段階で評価をつける。評価10はわざと用いないのではなくソフトウエアの問題。

the ajax youth development scheme with co adriaance 1

 アヤックスと若きサッカー選手達。この2つは大統領とホワイトハウスの様に調和する。毎日世界中の指導者たちから育成プログラムの舞台裏を見たいとリクエストを受ける。全世界が絶え間なくトップに届くユニークな若者を送り出すという事実を認識している。

 育成スタッフは2シーズン毎にトップチームに3人の新しい若手を送り出す事を目標にしている。アヤックスのユースはファン・ハールが来るかなり前から有名だった。クラブの成功の基盤は常に自身の育成組織から生まれた若者たちである。クライフやファン・バステンの様な世界的スターはサッカーを始めた頃からずっと一緒にいた仲間たちに囲まれていた。

 ファン・ハールの中心選手もまた、アヤックスのコーチにチャンスを与えられスターとなった地元の選手達であった。デブール兄弟、ダーヴィッツセードルフクライファート、レイジハー、全て他のクラブであれば滅多にチャンスを与えられない年齢でデビューした。ブリントやライカールトの様な経験豊富な選手もまたスクールから生まれた。

 基本的にファン・ハールは長年にわたり培ったアヤックスのポリシーを継続した。もしファン・ハールが育成組織に自分の考えを押し付け失敗していたらファン・ハールでいられなかっただろう。

 就任して間もなく、彼の仕事は育成計画の整理とトップレベルの現代サッカーへ新しい育成組織をアジャストすることだと分かった。彼の鋭敏な決定は目標達成に役立った。ファン・ハールは常に育成組織の実情を把握していたし、一方それと同時に新たな育成組織の会議で独立し創造的な役割を果たすアシスタント役でもあった。

 才能有るアヤックスの選手達と自身の仕事がファン・ハールに正確な改善点を与えた。この事は新しい育成組織のディレクターのプロファイルを容易にさせた。1992年の初頭に第一候補者の1人は、オランダで育成組織に関して優れた世評を得ていたセフ・フェルホーセンであった。不運な事にそのときの彼はプレミアディビジョンのコーチを務めていたため難しいと感じていた。多くの名の知れたコーチがアヤックスに現れたが全て期待に反していた。ファン・ハールは1人のコーチを選んだ。(2つのオランダのプロクラブ(PECズヴォレADOデン・ハーグ) で失敗した。ひとつのケースは自発的にクラブを去り、もう一方は解雇。)

 このコーチの名はコ・アドリアーンセ。厳格な方法と高いサッカーの見識で国内で評判を得る。初め彼は1年契約だったが、ファン・ハールがもう一度リスクを計算した結果、最初の年が終わる前に1年から無期限に契約が置き換わった。新しい育成組織のディレクターはトップの監督(すなわちファン・ハール自身)と同レベルでなければならないと力説した。彼はアドリアーンセのやり方に干渉しなかったが、育成組織の進展に関する日報を強要した。加えて、彼はアヤックスの育成部門に多くの時間を費やし、最も若い世代からリザーブメンバーまでを十分に把握していた。

 「育成組織では継続が特に重要だ」とコ・アドリアーンセは述べる。「ファン・ハールのアドバイスを受けてクラブの会議で考案した私の見解だ」最近まで通常U18のコーチがトップチームの監督になることがあったが、育成計画にギャップが生じる。デモス、ファンハール、ベンハッカーの時に起こったような事は今では過去のものだ。私は育成組織のディレクターとして、長期計画に全力を注がなければならない。

 1992年4月アヤックスからのオファーに時間を掛ける必要が無かった。アヤックスの生命線である育成組織の未来に関わる事はアムステルダム生まれの私にとって更なる挑戦だったし、その仕事に適していると確信していた。私はシーズン終了毎に去就に関して考えることは、コーチにとって最大の欠点だと常に感じていた。これは私の性格に合わない。私は人生とキャリアに関する決定をしたいと考えていた。もし小さなクラブの監督であれば、次の難易度の高い仕事に挑戦すべきだ。

Frans HoekによるGKの分類 GKタイプを知る必要性

確信

 私がバルセロナのGKコーチに就任したのは、ロブソンが1年監督を務めた後だった。ロブソンのシステムは1-4-4-2でGKにはビトール・バイーアを起用した。そのときのバイーアは私の意見だが、世界でベストのGKの1人であり、ロブソンのシステムで非常に機能していた。ロブソンが去りファン・ハールが就任し全く異なるシステムでプレイし始めると、バイーアは強靭で信頼の置けるGKから正反対に変わってしまった。あるコンセプトにおいて全く信頼を置けない事に気づいた。当時の彼の前にはビルドアップの役割を求められる広大なスペースが有った。ルート・ヘスプの様なGKにとっては快適に感じるシステムであり、それゆえ移籍のオファーがなされた。これは素晴らしい選択であることが分かった。

試練

 ファン・デル・サールにも同様の事が起こる。アヤックスからユヴェントスに移籍したとき彼はオランダ最高のGKだったが、アヤックス時代と同様のパフォーマンスを発揮する事はできなかった。論理的に言って彼は強みよりむしろ弱点を試された。ファン・デル・サールペナルティエリアの近くで守備をするチームに所属していない。それは彼の責任だろうか?勿論違う。彼を雇った人間のミスだ。

分析

 私はGKの分析を始め、スペクトラムの両端に2種類のGKが存在するとの結論に至った。他の全てのGKはこのスペクトラムの中に収まる。1つの極点には私がR-typeと呼ぶタイプ。(ReactionGK或いはLineGKとして知られている。)このタイプのゴールキーパーは絶対勝者だ。彼らは勝利の為にいくらでも極点に向かう。彼らは頑丈で、高い筋緊張を持つ。このタイプはあまり運動選手らしく無いかも知れないが、大変屈強で、反応が素早い。これは必ずしも彼らが短距離走者である必要性を意味しないが、コンクリートブロックのような強い筋力と、偉大なカリスマ性を持つ。

Reaction

 ReactionGKはディフェンス陣を引っ張る能力があるが、怒鳴ったり責めたりする事で、結果としてそれがコーチングとなっている。セットプレーは守備を再編する時間があるが、通常は試合前に基本的な約束事は決められている。

キーパーのタスク

 R-typeのタスクを見てみると、シュートを止める事に優れている事に気付く。枠内シュートの約80-90%を阻止する。1対1の勝負はあまり成功しない。そのような状況では約70%の成功率だ。彼らは常に同じような行動を取る。相手を見て、ゴールからすさまじい勢いで積極的に飛び出し、相手の足の前に体を投げ出す。この方法は常にタイミングよく行われない為、しばしばファールになる。

ゴールキック

 一般的にR-typeはクロス対応が上手くなく、パスの予測やインターセプトが大変苦手だ。ボールを保持している状況では、通常は1つの方法しか行わない。ロングフィードだ。長い距離のキックやスローを行う事ができる。スローイングの精度は良いが、ゴールキックは悪くなる傾向がある。通常はスペースに蹴散らす。彼らはバックパスの大ファンでないため、大抵バックパスには問題が生じる。その解決法としてロングキックを行う。

まとめ

 ReactionGKを要約すると、思考や選択をする必要があるプロセスには困難が生じる。ゴールへのダイレクトシュートに対する反応は非常に優秀。その為ReactionGKという名前で呼ばれる。例を挙げると、ヤン・ファン・ベベレン、ピート・スフライフェルス、ディノ・ゾフ、ハンス・ファン・ブロイケレン、レイ・クレメンス、ゴードン・バンクス、現代で言えば、オリバー・カーンビトール・バイーア

Anticipating

 もう一方の極点にはA-GK、AnticipatingGKとして知られる。彼らは勝者だが、ReactionGKよりも少数だ。彼らはより運動選手らしい:運動選手らしい姿勢と筋緊張が少ない。 彼らはあまりカリスマ的でもない。

洞察力

 組織的な視点から、彼らはゲームを読むのがとても上手い。彼らには洞察力があり、ピンチの前にコーチングが行える。ディフェンダーが常に耳を傾けていないという事実は、尊敬と勇気を得ている彼らの人格と関係している。

キーパーのタスク

 彼らはReactionGKほどシュートの対応は良くはないが、スコアは平均的な成績になる。彼らは1対1の状況で非常に異なる方法を用いる。その状態を凝視し、対戦相手が何をすることができるか、何を行おうとするかを判断する。彼らは相手に近付き、得点のための行動を起こさせることによって主導権を奪い去る。多くの忍耐力を持って、ポジションにとどまり、適切なタイミングでボールを奪うため身を潜める。これらのスキルを持ち合わせてるとき、勝率が高くなる。さらに、彼らは危険を冒さないので、たとえミスを犯したとしても、すぐにペナルティやカードにつながることはない。

クロス

 クロスは、どのタイプのGKにとっても問題があるようだ。一般的に言えば、AnticipatingGKはR-type同様にクロス対応は上手くないかそれ以下。

選手

 AnticipatingGKはポゼッションの間、考える事と参加する事ができるGKだと分かる。非効率な場所と、機能的な場所を心得ている。だから彼らは常にロングパスを選ぶとは限らない。彼らはロングボールを扱う能力だけでなく、ボール保持を最大限可能にするやり方で時間を使う能力もある。また、ボールの置き場所について多くの方法を心得ている。フィールドへ落ちるパス、ストレートパス、ロブパスを扱える。それらは一般に、ReactionGKの距離には達しない。AnticipatingGKはフィールドプレイヤーとして簡単に扱える。11番目のプレーヤーとして機能できる。これは彼らがバックパスを愛していることを意味する。

所見

 AnticipatingGKのプロトタイプは、スタンリー・メンゾ、ファン・デル・サールマールテン・ステケレンブルフおよびファビアン・バルテズが挙げられる。彼らは本当のAnticipatingGKだ。彼らは、ポジショニング、コーチング、リーダーシップ、タイムリーな行動によって危険な状況を排除する。ゴールラインでのセーブを避けようとする。これは一般の人々が区別する事は難しい。だから、ReactionGKは通常、より良いコメントや批評を受ける。ReactionGKは簡単に評価できる。:誰かがシュートを打ち、GKが素晴らしいセーブを行う。

相違

 コーチであれば両方を区別できる必要がある。74年のワールドカップに遡れば、オランダ代表監督のリヌス・ミケルスはGKのキャッチングやフォーリングについてよく理解していなかった。しかし、彼は自分のシステムで機能するGKをしっかり理解していた。多くの人が驚いた事は、ミケルスが「正」GKと認められていたヤン・ファン・ベベレンドゥースブルフまたはピート・スフライフェルスの代わりにヤン・ヨングブルートを選んだことだ。彼らの能力はシステムと合わなかった。だからミケルスはA-typeのGKを必要としたし、実際R-typeの代わりに彼を選んだのだ。

短信

 GKを注意深く見れば、A-typeのGKとR-typeのGKが別のタイプと分かるだろう。他のすべてのGKもまた、スペクトルのどこかに当てはまる。A型やR型ではないGKは多くいるが、この2つの型の間の何処かに位置する。彼らがスペクトラムのどこにいるかは、a)彼らの育成に影響を与えるので非常に重要。GKを(ユースからプロまで)どのように育成するか?b)コーチはGKがシステムの中で身に着ける効果とc)もしゴールキーパーが特定のタイプであれば、どのように彼を訓練するかを判断する必要が有る。私は常にゴールキーパーはA-typeとして教育すべきだと信じている。