ファン・ハール人物調査書 by jonathan-liew 5

Bayern Munich
2005 - 2009

1 Bundesliga ‘10
1 DFB-Pokal ‘10

 ファン・ハールバイエルン・ミュンヘンに到着したとき、バスティ・シュバインシュタイガーは右ウィングだった。ダヴィド・アラバセントラルミッドフィールダールシオは守備の中心に位置し、ルカ・トニーは前線の主な脅威であり、トマス・ミュラーは2010-11シーズンに向けてローンでいくつかの経験を得ることを楽しみにしていた十代のリザーブ選手だった。全ては卓越したひとつのシーズン(バイエルンがドイツのクラブで初めてトレブルを勝ち取ることを視野にいれた)に変化した。誰もが彼を愛したわけではなかった。カール・ハインツ・ルンメニゲ会長は「皆が愛する人と契約したければ、ジョージ・クルーニーとしただろう」と言った。

 ファン・ハールが間違いを起こすはずがなかった。しかし、直ぐに全てが明らかになった。彼は多くの強力な敵を作った。結果がよければすばらしく、そうでないときはひどく愚かな。彼は2年目のシーズンが終わる前に解雇された。リーグ戦でバイエルンは4位で、チャンピオンズリーグの資格を失う危機に瀕した。

 後の世はファン・ハールにとって厳しいものだった。元監督のユップ・ハインケスチャンピオンズリーグで暴れまわり勝利し、近年のバイエルンの高成績の継続は、ファン・ハール自身の成果(リーグとカップ・ダブル、どうもありがとう)を比較的地味にした。彼はバイエルンの黄金期を遅らせたのだろうか、それは実際に彼の責任のだろうか?

 

 on the filed

 4-2-3-1は大部分のチームが何らかの形でプレーしているプレミアリーグを含む、多くのヨーロッパのトップリーグで選択されるフォーメーションだ。しかし、ほんの数年前、そうではなかった時代があった。ファン・ハールが彼の最初のシーズンにチャンピオンズリーグ決勝に導いたバイエルンは、その進化において重要な役割を果たした。

 

bayern munich formation
4-2-3-1

 これまでのファン・ハールのフォーメーションとの主な違いは、2人目の守備的ミッドフィールダーの追加だ。バスティ・シュバインシュタイガーマルク・ファン・ボメルは微妙に異なる役割を担った。(シュバインシュタイガーの為にファン・ボメルのほうが僅かに深いポジションを取った。)しかし、本質的に彼ら共通の機能は、4バックを保護することと、攻撃を動かす事だ。デミチェリスは時折、守備的な相手に対しては攻撃参加した。

 ロッベンリベリーの自慢の両サイドの為に奇妙に思えるかも知れないが、このショーの真のスターはオリッチとミュラーだ。前のシーズン、ミューラーは5試合に出場した。対照的に、2009年10月には50試合以上プレーをした。ファン・ハールは20歳のポテンシャル、オリッチとの組み合わせ、守備タスクの再開のスピードを発見した。

彼がかつてアヤックスのプレイメーカーであったヤリ・リトマネンの姿をミュラーに重ねたかどうか知りたくなる。「ファン・ハールと私が通常のコーチと選手の間柄以上の関係である事は隠す事もない」ミュラーは笑みを抑えながら述べた。

 注目すべきもう一つのポイントは、フルバックの役割の進化だ。Ajaxではフルバックを "キラー"と表現した。その主な機能はウィングをマークし、ボールを前に動かすことだった。タッチラインの前にウィングが益々ポジショニングする中で、攻撃的な選択肢としてフルバックのオーバーラップの可能性に気付いた最初のコーチの1人だった。フィリップ・ラームは世界最高の1つを継承した。

 しかし2シーズン目、結果が悪くなり始めると、ディフェンスが急所になった。ファン・ボメルはチームから放出され、経験の浅いルイス・グスタボと置き換えられた。
ゴールキーパーのハンス=イェルク・ブットは明らかな理由もなくスタメンから外された。批判が大衆化し始めたとき、ファン・ハールは徹底的に攻撃的思考に拘り、最終的に職で代償を払った。

 

off the filed

 もし、ファン・ハールバルセロナ時代を教訓にしていたなら...実際には、文章を終える事は無意味だ。教訓にしていなかったのだから。

 ルシオは新体制の最初の犠牲者であった。「ファン・ハールは他の誰よりも私を傷つけた。」インテルに去る際に彼は言った。「彼は私がもはや必要がなくなったことを明言する前に話合いをしなかった。それは正しいことではない」彼らは3週間にわたって一緒に働いていた。

 次はトニだった。彼らは出だしで躓いた。ファン・ハールは夕食中に彼が椅子にだらしなく座っているところを捕まえた。規律ある育成の成果物であるファン・ハールは、チームに完璧なマナーを求めた。彼はトニの所まで行軍し、耳を引っ張った。間も無く、ワールドカップの優勝者であったトニーは、リザーブでサッカーをすることになった。

 フランク・リベリーとも上手くいかなかった。数週間で彼らが上手くいかなかったことが明らかになった。「監督との接触がポジティブではないのは初めてのことだ」とロッベン監督は語った。「いい関係じゃない」

 しかし、誰もが選手と仲たがいすることはある。ファン・ハールにとって実際の仲たがいとは、高い地位の人間と戦ったときだ。2010年10月、バイエルンは長い悪夢のスタートを迎え、上級メンバーの2人であるカール-ハインツ・ルンメニゲとウリ・へーネスを、ミュンヘンのホテルで行われた新刊Biographie&Visionの出版記念パーティに招待した。ファン・ハールは本を手に取り、彼らの方向に降りながら聴衆に語りかけた。「あなた方はこの本から学習することができる」と彼は言った。「あなた方にとって重要な事はこの本を読むことだ」。

 おそらく大した違いはない。ファン・ハールは結果だけで解雇されたのかもしれない。しかし、確かな事は貴重な味方が少ないことだ。「彼は他の人の意見を受け入れないので、彼と話すことは難しい」とへーネス言った。「現代的なサッカークラブはワンマンショーでは駄目なんだ」。

 ファン・ハールは2011年4月にわずか21ヶ月で解雇された。選手達の反応はどうだったか。リベリーにこの決定の見解を聞いた:「この状況は終わった。ルイ・ファン・ハールは私にとって重要じゃない。」Ouch.

 

his legacy

 ファン・ハール時代のバイエルンは、一般的には失敗と見なされているが、バルセロナのとき同様、彼は次に続く人たちのためのプラットフォームを築いた。ファン・ハールが到着したときバイエルンに欠けていたのは、トップチームからアカデミーまで、クラブ全体を形作ることができるイデオロギーだった。ハインケスとグアルディラが享受した成功の基盤はファン・ハールによって築かれた。また、彼はシュバインスタイガー、アラバ、ミュラーのキャリアに新たな命を吹き込んだ。ーこの3選手無くして今日のバイエルンは機能しない。

 一般的にグアルディオラバイエルンバルセロナのやり方を導入したと考えられているが、彼は実際に誰を模倣したのか?

 2013年ハインケスが引退した後、バイエルングアルディオラを頼った時に、「グアルディオラファン・ハールの哲学を踏襲するので、バイエルンが彼を雇うことに驚きはない」とコメントした。「バイエルンは常に最高の監督を雇っている」。

 これこそ真のファン・ハールの核心だ。彼はジョゼ・モウリーニョの傲慢さ、アレックス・ファーガソンの強烈な野心、ペップ・グアルディオラの狂信的行為、サム・アラダイスの立ち振る舞いを合わせ持つ。当然彼は歴史の中で、最も尊敬されるコーチの一人でなければならない。彼は近年の偉大なチームの一つを作り上げ、2つ以上影響を与えた。しかし、ファン・ハールは自己を過大評価するため、他の誰一人とも彼に対する評価が一致しない。

 かつてクライフはファン・ハールは頭のネジが1、2本緩んでいると述べた。マンチェスター・ユナイテッドのファンはそれが真実か正体を見抜こうとしている。

ファン・ハール人物調査書 by jonathan-liew 4

AZ

2009 - 2011

1 Eredivisie ‘09

 アルクマールはオランダの北部のこれといった特徴のない都市で、チーズ市場で良く知られている。人口は10万人未満で、バースと姉妹都市の関係にある。だいたいそんなところ。サッカークラブは、1990年代のほとんどを昇進と降格の間を行ったりきたりしていた。ファンは温厚という評判だが、本質的には退屈していた。

 あなたはどうして、自称世界最高の指導者であるLouis van Gaalが、この場所に惹きつけられたのかと疑問に思うかもしれない。しかし、バルセロナの混乱とフットボールディレクターとしてのアヤックス復帰が失敗した後、アルクマールは静かな生活を提供した。「彼らは安定した組織を持っている」と彼は2005年の夏に仕事を引き受けると述べた。「クラブの野心は自分の野心と合っている」。

 全員喜んだわけが無い。ある雑誌の記事では、彼を「究極のトラックスーツ独裁者」と表現し、彼がクラブの基盤を揺るがすだろうと予測していた。そしてある意味記事は正しかった。ファン・ハールはこの小さな町のクラブを、決して忘れる事がない、28年間で初めてのリーグ優勝に導いた。後に「私の最高傑作」と称している。

 

on the filed

 2009年にエールディビジのタイトルを獲得したAZは、アヤックス流の魅力的なポゼッションフットボールをしなかった。アカデミーでは集団で育成が行われていなかった。ファン・ハールが就任したときには、たった一人だけだった。スターは全く居なかった。そしてそれは、過去、現在、未来においても。500万ポンド以上かかる選手は誰もいなかった。ある意味で彼の最も驚異的な業績だった。

 AZが2008-09シーズンの悲惨なスタートを切った後、ポゼッションサッカーから激しいカウンターアタックに切り替えた。そして、ファン・ハールはあらゆることを試みた。

az formation

4-4-2

 スタイル変更のきっかけはStijn Schaarsの帰還だ。その守備的ミッドフィールダーは、過去2年間のほとんど負傷していたが、すぐにサイドの支点となった。彼はポジション的に後ろの4人を保護する堅実なミッドフィールダーであっただけでなく、ロングボールの精度やロングボールの選択をする際には並外れていた。AZの戦術は、ラインを低くし、プレッシャーを吸収し、相手が過剰に責めてくるのを待ち、ボールを取り戻すやいなや:ズドン。Schaarsは光の速さで最前線の2トップ、Mousa Dembeleとounir El Hamdaoui、の前にボールを出し、中盤の選手は彼らの後ろを驀進した。まもなく、アルクマールは順位表を急上昇した。

 ファン・ハールはAZの試合の準備の方法を進化させた。毎試合2000に分割されたビデオを用意した。試合後、それぞれの選手は、上手くいった点や改善点を、メールで受け取った。トレーニングセッションは、リザーブチームが次の対戦相手のスタイルと戦術を真似する完全な11対11の試合形式に変わった。

 悪いシーズンスタートだったが、28試合無敗でエーディビジのタイトルへ向けて航行した。

 

on the field

 2007年、AZ選手たちはゴルフのバギーで動き回るファン・ハールの姿を見守っていた。彼は昔の同窓会で棒高跳びをしようとして脚を骨折したため、バギーを使う事を余儀なくされた。2008年の夏、彼はAZが順位を下げた乏しいシーズン後にチームを去ると発表した。選手は彼が留まると確信していたし、彼も最終的に同意した。

 概ね幸せな年だった。それでも、もし彼が可笑しな行動をしなければ、それはファン・ハールではないだろう。バルセロナに解雇された後、彼はスポーツ1でいくつかコメンテーターを始めた。彼のスケジュールはAZで監督を行っている間も許された。他の人に置き換えられていることを知るまでは。しかも生放送中に。

 頻繁に問題が発生したのは、より大きなクラブの引き抜きからプレーヤーをプロテクトしようとしたことだ。現在アストン・ヴィラの若手ディフェンダーロン・フラールは、新しい契約を結ぶことを拒否した後、ファン・ハールは契約を強請したと非難した。彼は最終的にフェイエノールトに去ったが、その後仲直りをし、フラールは今夏のファン・ハールのワールドカップチームの不可欠な選手だった。

 ファン・ハール自身はAZに留まり完全に幸せだった。2009年の初めに、彼が詐欺師バーナード・ローレンス・マドフポンジ・スキームに投資して何百万ポンドも失ったというのは事実ではない。彼は自身の財務については決して論じないが、シーズンが繰り広げられたとき、いくつかの大金の仕事と結びついていたのは偶然じゃない。サンダーランドに加わることに近づいたが、彼らは代わりにスティーヴ・ブルースを選んだ。

 2009年の夏、バイエルンミュンヘンが電話をした。ファン・ハールはトップレベルに戻った。

 

his legacy

 ファン・ハールの業績の規模を把握するためには、オランダのサッカーの仕組みを理解する必要がある。ほとんどの場合、Ajaxが勝つ。PSVアイントホーフェンが代わりに勝つことも。時々、両方とも沸騰がやみ、その場合はフェイエノールトが残り物を刈り取る。本当に。

 ファン・ハールがAZに到着する前に行われた40のオランダ選手権のうち、「ビッグ・スリー」が39勝を達成した。年間1,100万ポンドの(アヤックスの予算は比較すると4倍から5倍)予算をつかう完全支配者を打ち破ったのは彼の偉大な功績の一つ。
 しかしそれ以上に、彼はこれまでチーズで最も知られていた国の一部に誇りをもたらした。「ここに来たとき、彼らはまだ完売していない8,000人規模のスタジアムでプレーしていた」とファン・ハールは語った。「今では2万人以上のファンのための場所があり、昨シーズンほとんどの試合で完売だった」。ファン・ハールが去ってからAZはトップ3に入っていない。

ファン・ハール人物調査書 by jonathan-liew 3

Barcelona
1997 - 2000, 2002 - 2003

2 La Liga ‘98, ‘99
1 Copa del Ray ‘98
1 UEFA Super Cup ‘95

 ファン・ハールバルセロナに到着し、「バルセロナが100年かけた偉業を私はアヤックスで6年で達成した」と宣言した。彼は6年も経っていないが、2度目の首を味わいチームを去った。チームは降格圏より3ポイント上だった。

 彼は失敗したのか失敗させられたのか?おそらくはその両方だ。よく考えると、失敗の中にもかなりの成功点がある。最初のシーズンにリーグとカップのダブルを獲得し、自身2度目のリーグのタイトル保持し、再び現代サッカーの史上最高のクラブの青写真を確立した功績があると今でも信じられている。なぜファン・ハール時代のバルセロナは、どちらの関係者にとっても不満だったのだろう?

  第1に、クラブでの中傷と怨恨のレベルは、たとえピッチ内が上手くいっていても、ピッチ外に大量の不信感を作り出した。第2に、彼の仕事の真の成果は彼の後継者によって得られる事だ。ファン・ハールの偉大な指導キャリアに影響を受けた人間の一人:ペップ・グアルディオラ

 On the field

 新しい家主が壁紙を一目見て、すぐ張り替えなければと決めるように、ファン・ハールバルセロナを自分のイメージで作り直すことに一時も無駄にしなかった。ほとんどの場合、それはオランダ人を招くことを意味した。彼は初めのシーズンで3人、翌シーズンで5人以上。そしてアヤックスで成功したクイックパススタイルを実装した。

 最初のシーズンに欠けていたのは、ライカールトようなの権威とビジョンを持つ司令塔となるMFの選手だった。彼はユベントスからダーヴィッツを連れてこようかと軽く考えていた。後になって解決策はすぐ足元にあることに気付いた。

 グアルディオラファン・ハールの最初のシーズンのほとんどを欠場した。deliへ向かう道を走って渡っているときにはじめて患った慢性的な筋肉傷害のため。典型的なペップ。しかし、すでに彼の戦術的な知識と生まれ持ったリーダーシップを伴って、ファン・ハールに感銘を受けていた。ファン・ハールは攻撃の拠点としてキャプテンに任命した。Guillem Balagueの「biography of Guardiola」のなかで、「彼はコーチのように話すことができた」とファン・ハールは述べた。「多くの選手がそうすることはできない。彼のベストポジションはNo.4だった。そこから彼は試合を見渡す事ができ、ゲームを支配する個性を持っていた」。

 

barcelona formation

4-1-2-3

将来のバルセロナは魅力的に思えた。リバウドが左からカットインし、ルイス・エンリケが右から巧みにドリフトし、ルイス・フィーゴが大損害を与えるほどのスペースがあった。バルセロナの4バックはアヤックスの3バックよりも少し自由を与えられた。しかし基本は、ボールの迅速なリサイクル、ペナルティーエリアの端のワンツー、そしてウィンガーやセンターフォワードを解放するための豊富なダイアゴナルなボールであり、アヤックスの時代からはほとんど変わっていなかった。

 ファン・ハールが2002年にバルセロナのマネージャーとして2度目の挑戦に復帰したとき、彼は4年前とは逆の行動を取って、この時点で31歳のグアルディオラを外した。「私はペップが理解したと思う」と後に述べた。バルセロナの中盤のメトロノームとして、彼に取って代わった人物はシャビと呼ばれる子供だった。

 off the field

 バルセロナのオランダ化は批判なしには決して通らなかった。ファン・ハールはすぐにチームの大部分の間で嫌われていることに気付いた。特に3人のブラジル人、ソニー・アンダーソン、ジオヴァンニ、リバウドが「ヒトラー」とニックネームを付けた。ファン・ハールの第一次バルセロナ政権の最後のシーズンまで、リバウドだけが残っていた。しかし、バロンドール選手は、左サイドに溜まることでますます不満を募らせていた。練習場とカンプ・ノウファン・ハールの叫び声が響き渡った:「聞け!リバウド!私の言う通りにしろ!」

 地元の報道陣はリバウドの側に立った。彼らはファン・ハールスペイン語カタルーニャ語を流暢に話さないことや、彼がどこにでも持ち運ぶ小さなノートのことを馬鹿にした。漫画家は彼の顔をレンガの壁で描いた。

 ファン・ハールにとっての成功が干しあがり始まると、バルセロナの伝説的プレーヤーでマネージャーでもあったクライフは、カタルーニャの忠実な記者を使ってすぐに追い討ちをかけた、オランダ人の流入とカルロス・ブスケッツアルバート・セラーデスのような地元選手たちの流出を批判した。「彼がしたことを決して許さない」と2000年、辛うじて3年目3度目のリーガタイトルを獲得できず解雇された後、憤慨してファン・ハールは語った。

 his legacy

 ファン・ハールは他人を頼らないかもしれないが、仕事はタフだった。厳しさがどれほどなのか尺度が必要な場合は、(自身が最終的に混乱を修正するために招聘された)それに続く穏やかな年月を見なければならない。

 彼のバルセロナでの3シーズンは、1位、1位、2位で終えた。彼が去った後の3シーズンは、4位、4位、6位で終えた。認めざるを得ないことだが、6位はファン・ハールがヌニェスの後継者ジョアン・ガスパールに再任された後のことであり、バルセロナがそこまで手に負えない状況であったことは間違いない。新しい会長ジョアン・ラポルタ 、そしてフランク・ライカールトのような新鮮な若手コーチだけが、バルセロナの心を入れ替えることができた。

 しかし、ファン・ハールの影響は引き続き感じられた。最初に解雇される直前、彼は自分の夢を発表した。:La Masiaの卒業生だけで構成されたチームバルセロナファン・ハールは嘲笑の的になった。しかし、2012年には誰も笑っていなかった。レヴァンテとの試合、26分にダニエウ・アウヴェスが負傷でマルティン・モントヤと代わったその時。歴史上で初めて、バルセロナのイレブンは完全にカンテラーノだった。ファン・ハールのビジョンが実現した。

 それらの4人-ビクトル・バルデスカルレス・プジョル、シャビ、アンドレス・イニエスタ-はファン・ハールの下でデビューを果たした。彼らはバルセロナの歴史上最高のチームのバックボーンを形成するだろう。選手だけではない。バルセロナが過去数シーズンでプレイしたやり方を見てみれば、センターフォワードリオネル・メッシがわずかに下がっているが、ファン・ハールの4-3-3のカウンターパートに近いことが分かる。さらに、同じ価値を保っている - 高エネルギー、ハイライン、ハイプレス - 。全てファン・ハールのチームの特性だ。

 彼の出発から10年以上経っていたかもしれないが、最も偉大なバルセロナファン・ハールの指紋を至る所に残していた。

ファン・ハール人物調査書 by jonathan-liew 2

ajax

1991 - 1997

3 Eredivisie ‘94, ‘95, ‘96
1 KNVB Cup ‘93
1 UEFA Champions League ‘95
1 UEFA Cup ‘92
1 UEFA Super Cup ‘95
1 Intercontinental Cup‘95

 1993年の夏、Louis van Gaalは妻フェルナンダを20年の結婚を祝うクルーズに連れて行った。 フェルナンダは、航海を通じて深刻な腹痛を訴えた。 1994年1月18日、彼女は膵臓と肝臓の癌で死んだ。 彼らは18歳と16歳のときにハンドボールの試合で出会った。

 ファン・ハールはサッカーを諦めようと考えたが、娘のブレンダとレナータは説得し続けた。 数ヶ月後、オランダリーグで初めて優勝した。 1995年に再び、一度も負けることなく優勝した。 同年、彼は近代的なサッカーの歴史のなかで最も技術的に熟達し、最も愛されたフットボールのひとつと共に、ヨーロッパカップを勝ち取った。

 しかし、それは彼が後で認めるように、最初のタイトルであり、他のどのタイトルよりも意味があった。 「フェルナンダは生きていた」と自伝に書いた。「少なくともシーズンの最初の数ヶ月は」。

on the field

 これは1995年のチャンピオンズリーグ決勝でミランを破ったチームである(勝利のゴールはパトリック・クライフェルトによって得点されたもの)。 ファン・ハールは、彼のオフィスの壁にモットーを掲げていた。「クオリティとは偶然の排除」それは彼の両面の共通の特徴を包括している。完全に自然発生や自由形式であるように見えるものは、実際には微細に計画されている。

ajax formation

 ファン・ハールの3-4-3システムは本質的にスペースに関するもので、自身のスペースを最大化し、相手のスペースを制限していた。ディフェンスは非常に高いラインを維持し、対戦相手のエリアでゲーム全体をプレイしようとする。ウィングのオーフェルマルス、フィニディは中央に最大限のスペースを確保するために、できるだけ横幅一杯にポジショニングする。

ミッドフィールダーはウイングを追い越す事を許されなかった。代わりに、彼らはストライカーをサポートするために走った。リトマンの疲れのない走りは、理想的なNo.10をファン・ハールにもたらした。チャンスを生み出すのに十分な創造性、前方へ疾走するのに十分な鋭さとセカンドストライカーとしての攻撃参加、戻って守備をするのに十分な素早さ。

 ポゼッションは中心的な原則であった。ファン・ハールは、選手達をより走らなくて良いように努めていた数少ない監督の一人であることを自慢していただろう。アシスタントコーチのジェラール・ファン・デル・レーム(Gerard van der Lem)は、デビッド・ウィナーの本「ブリリアント・オレンジ」(Brilliant Orange)の中で、「いつもボールのスピード、スペース、時間について話し合った。最も広いスペースはどこか?最も時間のある選手は誰か?そこがボールプレイすべき場所。すべてのプレイヤーはピッチ全体のジオメトリーを理解しなければならなかった。」

 全体的な効果は、目が回るサッカーの万華鏡のようだった。予測できないほどのペースでボールを動かしているにもかかわらず、それぞれの選手が魅力的にシンクロしていた。勝者が次のように語った、「プレイヤーとパスはかすみのような速さと精度で満ちあふれる。時には経験豊富なディーラーがカードを扱うように、ピッチの表面をシャッフルしているように見えた。」

off the field

 ほとんどのチームスポーツではハーモニーが成功に繋がる。ファン・ハールの場合、両者の間にはほとんど相関がないようだ。1995年のチャンピオンズリーグ決勝で、栄光を味わいながら、彼は後半の多くを、交代させたセードルフとの口論に費やした。リザーブゴールキーパーフレッドグリムが彼らの間に分け入る必要があった。
 これこそまさにファン・ハールだった。彼は戦闘準備ができていた。誰も有名でなかったのでケンカをふっかけることができなかった。実際、Ajaxは最も調和のとれたドレッシングルームだった。 - 主に共通の文化とみんな若いという事実のため - しかし、アヤックスでのファン・ハールのキャリアは、別のオランダのサッカーのレジェンドとの激しい関係によっていつも彩られた。

 2004年、ファン・ハールはスポーツディレクターとしてアヤックスに戻った。それは上手くはいかなかった。彼はマネージャーのロナルド・クーマンと衝突した。彼はファン・ハールが自分のためにクラブを管理していると感じた。彼は選手たちも苛立たさせた。ズラタン・イブラヒモビッチと呼ばれる若手ストライカーとの現実離れしたミーティングが証明していた。
 そのシーズン、イブラヒモビッチがうまくいっていたが、ファン・ハールは依然として彼の守備に満足していなかった。かなりの時間を掛け詳細なパターンに関して、イブラヒモビッチがどのようにして守るべきかを紙に正確に描いて説明した。 「理解できたか?」と話し終えたときに尋ねた。イブラヒモビッチは言い訳をして部屋から出て行った。イブラヒモビッチは後にファン・ハールを「尊大なだけのばか者...彼を避けることができて喜ばしい」と述べた。

his legacy

 オランダのフットボールマガジン・Voetbal Internationalは、チャンピオンズリーグで勝利してから1年後、そのシーズンにいくら稼いだかのリストを発表した。それはフットボールの点で驚くほど少なかった。デ・ブール兄弟とダニー・ブリントは、週に約4,000ポンド、ダーヴィッツは約800ポンド、セードルフとクライフェルトは600ポンド、ライツィハーは500ポンドだった。アヤックスはピーナッツで君主を雇っていた。
 それは再び起こることのない現象だった。クラブは比較的低予算で、前年にデニス・ベルガンプの売却を余儀なくされたが、ほぼ完全に生え抜きのチームを持つことでクラブサッカーで最高の賞を受賞した。そのうち25歳以上はたった2人だった。
 1995年のアヤックスチャンピオンズリーグを勝ち取った今までのチームで平均年齢が最年少だったが(2000年のレアル・マドリーと同じ)、ファイナルのスカットは平均して8年間アヤックスにいた。セードルフは彼が8歳の時に、ライツィハーが12歳の時に入団した。彼らは一緒に成長し、システムを知り、モジュール化された。 最近のバルセロナでさえその純粋なビジョンと一致することはできない。

 それからあっけなくチームは消えた。 1995年の崩壊のスピードは驚くほどだった。セードルフダーヴィッツライツィハーはイタリアに行った。ライカールトは自分の下着会社を設立するために引退した。オーフェルマルスは怪我をして何ヶ月も離脱していた。彼の代わりのMartijn Reuserは1週間後に足を痛めた。
 そして、1997年、ファン・ハールも出て行った。彼はある人に出会った - Truusという名前のイベントマネージャー、彼は二番目の妻になるだろう。ファン・ハールは新しい人生を始める準備が整った。

 それ以来、アヤックスは多くのタイトルを獲得してきたが、ファン・ハールのチームはオランダ勢が欧州を征した最後の記憶となった。2000年代後半のバルセロナがこのようなイデオロギー的な熱意を持ってプレーする或いは作り出すまで。サッカーと芸術の関係は有触れた例えだ。しかし、偉大な芸術のように、ファン・ハールアヤックスで作り上げたものは永遠に続くだろう。

ファン・ハール人物調査書 by jonathan-liew

 Louis van Gaalはアムステルダムで育った。 彼の両親は敬虔なカトリック教徒であり、彼の父親は厳格な分業に沿って家族を組織した無慈悲な規律励行者であった。このシステムの下では、それぞれの子どもには特定の家事が割り当てられていた。 ある人は食卓を整え、別の人は皿洗いをするといったように。

 9人の子供のうち最年少のルイはジャガイモの皮むきを任された。これは楽しい仕事ではなかった。あなたが想像しているように、11人の家族がジャガイモをたくさん食べた。ファン・ハールフットボールマネージャーになったとき、彼は同様のラインに沿ってチームを運営するだろう。すべてのプレイヤーは、システム内で明確に定義された役割を持っていた。ファン・ハールは頻繁に番号でプレイヤーについて言及する。その事が苦手だったら、お気の毒に。

 彼が狂った独裁者であるというステレオタイプはあまり真実とは言えない。ほぼ毎日泣いていたことを認めている男である。終末期の子供と生放送のテレビで紹介されたときに泣き崩れ、翌週に出演しないことが分かったときに、怒って部屋を出て行った。ファン・ハールが自尊心を高める為に人生を過ごしているように見えることかもしれないが、おそらく、彼は非常に早い時期から決してもう二度とジャガイモの皮むきを強制されないと決めた為だ。
 ファン・ハールを調べる最良の方法は、システムのプリズムを通してだろう。それらをどのように構築し、どのように機能させ、人々が抵抗したときに何が起こったのか。 マンチェスター・ユナイテッドのマネージャーとしての彼の最初のプレミアリーグキャンペーンをプロットしているが、彼は成功するのと同じくらい失敗する可能性も高い。 しかし、彼の統治が勝利や災害で終わるかどうかにかかわらず、英国のサッカーのどこにいても、Aloysius Paulus Maria van Gaalよりも惹きつけられるキャラクターは居ない。:不遜で、好戦的で、目ざましく、傲慢で、 予測不可能で、見知らぬ人の前で睾丸を出す傾向がある。

the ajax youth development scheme with co adriaance 11

 Tactics

 アヤックスで最も若い世代の選手達も戦術を学ぶ。U-10のチームは2歳年上であるU-12の11人対11人形式の大会に参加する。そして、8歳から10歳のグループのコーチは2週間に1度アヤックスと対戦する為に招待されたユースチームと親善試合を行う。加えて8歳から10歳の選手達はアヤックスシステムの基礎を楽しいやり方で学習する。

  例えば、アヤックスシステムは常に相手陣地でプレーしようとする事を基本としている。これはスペースが制限され、それぞれの選手が自分でスペースを作り出さなければいけない事を意味する。ボールを保持している選手は、前方にパス出来ないのであれば後方へ出す相手を探さなければならない。最も若い選手達はこの戦術的原則を初期段階から楽しい方法で学習する。

 8歳から10歳の子供達は次の問題の解決策を求められる。「家の正面のドアから入りたいが、鍵かかっていて誰も開けてくれる人もいない。どうする?」殆どの子供は窓を壊して入ると答える。コーチは「違う。サイドに回ってドアを開けるんだ。では最終的にサイドに回ってそのドアも鍵がかかっていたらどうする?」今となっては殆どの子供がその答えを知っている。「後ろのドアを使う」という事を。
 この様にしてアヤックスシステムが形成される。その結果アヤックスのU-10の選手達も「前でのプレーが出来なければ、両サイドを使う。それも難しかったら後方へボールを下げる。その為にはディフェンダーがボールを受けられるポジションを取る必要がある」と答える。

the ajax youth development scheme with co adriaance 10

Technique

 アヤックスはあらゆる種類のボールを若手のテクニック向上のために使用する。これはストリートサッカーを実践的にしたものだ。子供たちはかつてストリートで遊ばれたあらゆるボール、硬いボール、空気の漏れた重いボール、テニスボールを使用する。この様にして優れたボールの感触を身につけ、足の使い方を学習する。

 8歳から10歳、10歳から12歳のグループは日ごろからテニスボール、アンブロの小さい皮のボールで練習する。そのような小さなボールで練習している子供たちは、ノーマルサイズのボールコントロールは容易く感じるだろうという理屈だ。フォームラバーのボールは本当に優しく扱わなければ遠くに飛んでしまうし、テニスボールは多くのコーディネーションと集中力を要求される。

 アヤックスでキャリアを始めた8歳から10歳のグループのそれぞれの子供はネットに入ったボール(所謂サッカーパル)も与えられる。12月までこれで練習しなければならない。週に一度コーチからサッカーパルの課題を与えられ、子供は自分の都合のいい時間に宿題をこなさなければならない。冬休みの後にE段階の選手達は自宅でネットなしでボールコントロールができるくらいまで練習すべきだった。