Van Gaal onthult nieuwe biografie op 12 mei 2020/2/10/

https://www.ditjesendatjes.nl/van-gaal-onthult-nieuwe-biografie-op-12-mei/

ファン・ハールは5月12日に新しい自伝を発表します。

 Robert Heukelsによって書かれたルイ・ファン・ハールの新しい自伝は、5月12日に出版されます。昨年、元オランダ代表コーチが新しい自伝に取り組んでいることが発表されました。2009年には、二冊の本「Louis van Gaal, Biography & Vision」がすでに市場に出ていました。それは2つの部分で構成されていました。彼の人生に関する物語と、彼のトレーニング資料とビジョンに関する物語です。

 自伝はジャーナリストのHeukelsよって書かれています。彼はまた、ウリ・ヘーネス、エリック・テン・ハフ、マルク・オーフェルマルスフランク・ライカールトロビン・ファン・ペルシーアリエン・ロッベンペップ・グアルディオラなどとの対談も行っています。ファン・ハールは自伝の中で、バイエルン・ミュンヘンマンチェスター・ユナイテッド時代、アヤックスでのヨハン・クライフのいわゆるビロード革命について初めて議論します。また、彼が「当然の」後継者とみなしている人について話します。

 「私自身の物語を語る時が来ました。長年にわたって多くの本が私について書かれてきました。この本では、物事が実際にどのように進んだかを自分自身で語ります」とファン・ハールは話します。この本は、彼がアヤックスチャンピオンズリーグを優勝してからほぼ25年後に出版されます。

U Zagreb sam došao da pomognem prijateljima 2020/01/06

www.vijesti.me

NKインテル・ザプレシッチのベンチのゼリコ・ペトロビッチ(ヨーロッパのメジャーリーグフース・ヒディンクマルティン・ヨル、アヴラム・グラント、ディック・アドフォカート、およびルート・フリットのアシスタントを務め、ポルトガル、オランダ、日本、UAEブルガリアで監督を務めた珍しい経歴のコーチ)

「私は友人を助けるためにザグレブに行くつもりです」。ユーゴスラビア元代表チーム、セビージャ、PSV浦和レッズetc..でプレーしたモンテネグロ人コーチはいいます。

ペトロビッチは、30年後にザグレブに戻ってきました。1990/91シーズンにブドゥチノスト・ティトーグラードを出た後、ディナモのジャージを着ていたからです。

しかし、彼はディナモではなく郊外のクラブに来ています。ザプレシッチはクロアチアの独立以来、エリートのほぼ不可欠なメンバーでした。

人気のある「イノシシ」は、有名なクロアチア代表チームのメンバーであるルカ・モドリッチエドゥアルド・ダ・シルバ、ヴェドラン・チョルルカ、そして昨シーズンモンテネグロ元代表プレーヤーのマルコ・ブルザノビッチとマルコ・ブクセビッチがかつて着用していたチームです。

ペトロビッチの目標は生き残ることです...

「私が30年近く家族関係にあり、 ブドゥチノストでプレイしている間に出会った私の素晴らしい友人たちは、数日前にクラブのリーダーシップを引き継ぎ、破産から救いました。ボテフ・プロヴディフと私の状況を知っていたにもかかわらず、彼らは私を招待してくれました。私は彼らを助け、スポーツプロジェクトの一員になることを受け入れました」。昨年10月に契約を一方的に解約した前クラブのブルガリア・ボテフとFIFAで裁判中のペトロヴィッチは言います。

インテルは13ポイントでの8位であり、後方にいるイストラとヴァラジュディンより1ポイント上。1チームは直接降格し、1つはサバイバルの入れ替え戦に行きます...

「鍵は生き残ることです。私はお金のためにザプレシッチに来たわけではありません。もしお金に興味があれば、家にいてより良いオファーを待つか、アフリカからの依頼を受け入れたでしょう。素晴らしい友人たちと一緒に仕事をすることを楽しみにしており、良い仕事をするために最善を尽くします」。

Tužba: Željko Petrović traži pomoć FIFA u sporu sa Bugarima 2019/11/30

www.vijesti.me

訴訟:ゼリコ・ペトロビッチブルガリア人との争議でFIFAの助けを求めている。

 ペトロビッチは4か月とリーグカップベスト12で解雇され、PFCボテフ・プロヴディフの獲得ポイントは9だった。
 モンテネグロ人コーチであり、かつて有名なサッカー選手だったゼリコ・ペトロビッチは、ブルガリアのボテフに対してFIFA当局に訴訟を起こし、ボテフは今月中旬に契約を一方的に終了した。

 ブルガリアのメディアによると、ペトロビッチはクラブの経営陣と何度か話をしたが、合意には至っていない。

 彼は2年間の契約を結んでいたので、クラブはその契約で保証されたすべての収入を彼に支払う義務があります。

 53歳のペトロビッチにとって厄介な状況は、彼がオランダ市民としてボテフと契約を結んだことであり、そのため彼の訴訟は欧州連合の法的行為の拠点にもなっている。

Louis van Gaal’s possession obsession risks blunting Manchester United’s edge by Jonathan Wilson 2015/8/27

 マンチェスター・ユナイテッドは試合を支配しているかもしれませんが、ブルッヘの試合はさておき、ゴール前の失敗はマネージャー批評に燃料を与えました。

「心配なのは」と土曜日にマンチェスター・ユナイテッドニューカッスルに引き分けた後、ルイ・ファン・ハールは「相手を支配しなければならないということだ」と述べました。彼はチームが得点に失敗したことを気にしませんでした。そして、ウェイン・ルーニーが効果的でなかったにもかかわらず、別のストライカーにサインする大きな衝動を全く感じていないどころかむしろ幸せそうでした。なぜなら彼は、「3回、我々はベターなチームだ...今日、アストンヴィラ戦、トッテナム戦。トッテナムに対してはそれほどでもなかったが、ヴィラ、ブルッヘ、そして今日、我々がゲームを支配した」と主張したからです。

 実際、トッテナムはシーズン開幕はわずかに多くのポゼッションを持ち(53%から47%)、より多くの枠内シュートを放ちましたが、それ以外はファン・ハールが正しいです。(ここでは、ストライカーの状況について嘘をついていなかったら、という仮定があります;それは可能ですが、疑念を抱かせるのは、世界観が非常に特異な人は、演技を見分けることが難しいと感じることです。特に彼がダウンフォールのパロディーを通して純粋にコミュニケーションすることを選んだときは)

 ポゼッションとシュート数が基準である場合、ユナイテッドはスパーズに対してほぼ同等のゲームをし、今シーズン、他に4つのゲームを支配しました。彼らは2試合で7つのゴールを入れクラブブルッヘを突破したにもかかわらず、リーグに戻ってからは3ゲームで2ゴール、そのうち1つはオウンゴール、もう1つはディフレクションです。土曜日のチャンスの優位性はユナイテッドが大抵、勝っていたのは事実ですが、ファン・ハールが問題であると認める前に、どれくらいの間、そのような優位性を活用するのに失敗し続けなければならないのだろうかと思います。水曜日のベルギーでは非常に流暢でしたが、ユナイテッドがプレミアリーグでそれを作り出すまでは疑問が残るでしょう。

 今のところ、ファン・ハールはファンマ・リージョの考え方についての説明を喜んで繰り返します。「あなたを豊かにするのはゲームであり、結果ではありません」と彼はThe Blizzardの第1号でシド・ロウに語りました。「結果はデータです。出生率が上がります。それは豊かさですか?いいえ。しかし、それをもたらしたプロセスは?それは豊かさです。充足感はプロセスからもたらされます」。

 「結果ではなく、ゲームについて議論します。結果は議論の余地はありませんよね。月曜日の朝にユーロのために新聞を購入しますか?結果のリストのためだけに?あなたは、試合の終了間際のフットボールスタジアムに行き、スコアボードを見て帰りますか?あなたは90分試合を観ます。それはプロセスです」。

 見事なツラの皮の厚さで、自身の正しさを確信しているファン・ハールにとって、結果などの詳細は、(今のところ)無関係です。重要なのは、得点不足(または過剰)ではなく、プロセスです。彼にとって、ゴールを決めて試合に勝つのではなく、ゲームに勝ってゴールを決めます。彼は試合を変えることができる個人の才能の瞬間を心配していません。彼が望んでいるのは、そのような気まぐれな輝きの瞬間の影響を最小限に抑えられる程度に中盤を支配することです。中盤でのコントロールゲームに勝つと、ゴールが生まれます。

 これは、ジョゼ・モウリーニョが4月に酷評したアプローチです。(ただし、彼は表面的にはアーセナルについて話していましたが、実際には彼の強迫観念であるペップ・グアルディオラについて話していました。)「時々、私は未来について自問します。サッカーの未来は、ゴールのない美しい緑の芝生で、ボールを所有しているチームが試合に勝つかもしれません。人々がスタイルとセンスを分析する方法は、ゴールをピッチから外すことです」。

 これの興味深い側面は、今回に限りフットボールの哲学をめぐる議論において、モウリーニョヨハン・クライフが同じ側にいることに気づくことです。彼らは正しいプレー方法については意見が分かれるかもしれませんが、ファン・ハールのやり方が間違っていることに同意します。モウリーニョにとって、チェルシーが4月のホームユナイテッド戦に1-0で勝利を収めた後に明らかにしたように、ファン・ハールはポゼッションについてあまりにも気にしており、結果については十分ではありません。クライフにとって、ファン・ハールのトータルフットボールのバージョンは過度に機械化されており、70年代前半に彼のチームが到達したレベルに達するには、あまりにボールを失った場合に起こることについて心配しすぎています。

 「アヤックスの10番は」、 Henry KormelinkとTjeu Seeverensは、The Coaching Philosophies of Louis van Gaal and the Ajax Coachesで、「…相手を追いかけて模範を示さなければならない」と書いています。ファン・ハールは、その役にデニス・ベルカンプ、次にロブ・アルフレンを使いましたが、彼の理想は常に勤勉なヤリ・リトマネンでした。「アヤックスがポゼッションを失うと」、KormelinkとSeeverensは、「彼はすぐに守備のタスクを実行し、アヤックスのポゼッション中は、セカンドストライカーとしてセンターフォワードのそばに現れる適切な瞬間を伺います」と続けました。

 問題は、ファン・ハールの手法が完全に吸収されるまで、フォワードプレイヤーを抑制できることです。特に、アドナン・ヤヌザイは、ボールを失ったら自分に何をすべきかを自問するかのように、急に前進するのをためらいます。時には、フルバックをやらせたくてたまらない衝動を抑えるのに悪戦苦闘しているように見えたプレーヤーに、10年の間、イギリスのサッカーで最も自然に守備的なフォワードを与えられていたのはルーニーで、その役割をやらせるのは奇妙に思えます。ルーニーはいつもその役割に快適そうだったにもかかわらず、どういうわけかセンターフォワードとしてプレーする事を求められています。a)彼の爆発性が散逸し始める前;b)クロスに特化したチームでプレーするとき;c)水曜日のアウェークラブブルッヘ戦;

  クライフは、ファン・ハールのトータルフットボールの解釈に心を動かされなかった唯一の人物ではありませんでした。70年代前半の偉大なアヤックスのウィンガーだったシャーク・スワルトは、90年代のカウンターパートであるフィニディ・ジョージマルク・オーフェルマルスが2人のディフェンダーに直面した場合、常に後方を確認するやり方に唖然としました。「私はボールを味方のディフェンスに戻さなかった、決して!」スワルトはブリリアントオレンジでデイビッド・ウィナーに語りました。「信じられない! しかし、それがファン・ハールのシステムだった。殆ど眠たい試合だった。テレビでは『アヤックスのポゼッション率が70%です』と言っていた。それが何だというんだ?創造性が無くなってしまった」。

 パウル・ブライトナーはファン・ハールバイエルンについて同様の懸念を表明しました。「バイエルンの伝統的なスタイルをこのハイポゼッションゲームに入れ替えましたが、プレイヤーのポジションに関しては柔軟性が全く無く、誰もが自分のエリアに硬く留まる必要がありました」。彼はPep ConfidentialでMarti Perarnauに語りました。「試合によっては、80%のポゼッションを手に入れましたが、実際のリズムやペースはありませんでした。30分後、アリアンツ・アレーナの全員がこの絶え間ないパスの展示にあくびをしていました。私たちのゲームはうまく実行されましたが、非常に、非常に予測可能です...基本的なアイデアは健全でした。欠けていたのは、スピードと定期的なリズムの変化でした」。

 スワルトとブライトナーは、チャンピオンズリーグの決勝戦に到達した側を批判していたことは言うまでもありません。彼らの懸念は、ファン・ハールのやり方の有効性よりむしろ、美学に関するものでした。けれども今シーズンのユナイテッドは、双方が口にしている不毛さが明らかになっています。

 おそらく、時間の経過とともに彼を支持するパーセンテージは下がり、コントロールはゴールをもたらすでしょう。ーおそらく水曜日がその始まりか、あるいはプロセスをチャージするための魔法を呼び出すことができる新しいストライカーにサインがされるでしょう。しかし、現時点では、支配への欲求は主に抑制を生み出しているようです。

Interview Louis van Gaal: ‘I thought Manchester United could buy every player’ by Jamie Jackson 2019/06/03

 ガーディアンは、マンチェスター・ユナイテッドによる解任から3年後、ノールドワイクのグランドホテル ハイス・テル・ドゥインでルイ・ファン・ハールと膝を交えました。

ジェイミー・ジャクソン:マンチェスター・ユナイテッドは監督を3年間依頼しましたが、FAカップ決勝に勝利した翌日、彼らは方針転換し、さよならを言ったことに裏切られたと感じましたか?

ルイ・ファン・ハール:その瞬間、私は裏切られたと感じたよ。多くの人から聞いているのは、すでに12月、1月に決まっていたということだから、私は裏切られたと感じている。私は毎週[エグゼクティブ・バイス・プレジデント・エド]ウッドワードと話をした。12月に3回、酷い敗北を喫し、チャンピオンズリーグからも敗退したとき、私は彼と話をして、「あなたが私を解任することは理解できる」と言った。それから彼は「いいえ、決して私はあなたを解雇しない。自分を信じて。新聞を読まないで」と言ったんだ。私は裏切られたと感じてるが、現在は、翌年ウッドワードは私にさよならを告げることを知っていたので、更によく理解できる。市場には[ジョゼ] モウリーニョがいた。彼も非常に優秀なマネージャーであり、ウッドワードはマンチェスター・ユナイテッドモウリーニョ監督のトップ管理職を何年も確保しようと考えていたんだ。

ジョゼ・モウリーニョとの関係はどうでしたか?

 モウリーニョマンチェスターユナイテッドのマネージャーの椅子を望むことは想像できる。それは、私の意見では、イングランドで最高の椅子だからね。私がマンチェスター・ユナイテッドにサインする前、トッテナム・ホットスパーは私のリビングルームにいた。-Mr.レビィ。トッテナム・ホットスパーにもサインすることができ、妻にトッテナムの方がマンチェスター・ユナイテッドよりも優れたチームを持っていると言ったよ。しかし、私は挑戦のためにユナイテッドを選んだ。なぜなら、私は常にその国で一番のクラブの監督をしてきたからね!

モウリーニョに恨みはありませんか?

 何の恨みもない。

現在のマンチェスターユナイテッドの問題は何ですか?

 問題は、もちろん、マンチェスター・ユナイテッドが決してリフレッシュされなかったことから始まる。マネージャーであるとき、チームビルディングのプロセスを続けるために毎年リフレッシュしなければならないと思う。

あなたは選手たちを連れて来ることでリフレッシュさせようとしました。

 イエス、しかし、常に私が望む選手を獲得したわけではない。それが問題だ。ウッドワードがいて、彼の右腕は[企業経営の責任者] マット・ジャッジだ。ジャッジとはたまに会ったが、あまり多くなかった。そして、スカウトの責任者であった。それが構造だったが、常にウッドワードとジャッジに依存している。

彼らはあなたの助言を受け入れませんでしたか?

 マンチェスター・ユナイテッドは多くの力を持っているので、常にすべてのプレーヤーを買うことができると思った。どうやらマンチェスター・ユナイテッドには数人のプレーヤーに連絡できなかったようだ。理解できないが、そのようだった。

アンヘル・ディ・マリア、彼はあなたの選択でしたか?

 ディ・マリアは、7年前のAZでの私の選択だった。

彼はその時サインしませんでした。ユナイテッドのために彼が欲しかったですか?彼が来てくれて幸せでしたか?

 彼は創造的なプレーヤーだったので満足したが、リストには他のプレーヤーがいた。ディ・マリアは、英国のサッカー文化と気候に問題を抱えていた。事前に期待通りの選手かどうかはわからないし、そういった選手を購入することもできない。サッカーはチームスポーツであるため、知ることができない。

彼はどこでのプレーを望みましたか?

 私はいつもプレーヤーにどこでプレーしたいか尋ねる。彼にとって、それはウィング、ワイド、ほとんどが左サイド。アルゼンチン代表で彼は左でプレーする。そこから彼と一緒に始めた。彼は80mユーロのプレーヤーに期待できるレベルのパフォーマンスではなかった。ならば彼にとって別のポジションがより良いかどうかを確認しなければならない。私は彼を左ウインガー、10番、セカンドストライカー、そして右サイドでプレーさせた。私は彼に良いパフォーマンスをするチャンスをすべて与えた。

マンチェスター・ユナイテッドでの時間について後悔はありますか?

 ノー。彼らが私をクビする方法はひどいものだった。しかし私は、文化や、そこに住む人々、イングランドで過ごした時間が好きだ。多くのユーモアと常にマネージャーをサポートしてる。私は一緒に働いたすべての人たちを尊敬している。

在任中で最高の選手は誰ですか?

 [ダビド] デ・ヘアは素晴らしかった。

わかりました。フィールドプレイヤーは?

 これは重要なことであり、私はよく考えなければならない。[ルーク]ショーは順調にスタートしていたが、PSVから蹴り飛ばされた[ひどい負傷]。ショーは平均を上回っていた。[アンデル] エレーラは平均を上回っていた。彼はそれほどうまくいっていなかったが、彼の味方を鼓舞する姿勢とコーチングの質のために、彼はチームにとってより重要になった。全体的にデイリー・ブリントは、ビルドアッププレイをするための質の高い、私の最も一貫したプレーヤーだったと思う。[フアン] マタは質の高いプレイヤーでもあり、創造性に富んでいて、クリエイティブプレイヤーが非常に不足していたから、私は彼にとても満足していた。だから私たちはあなたの視点では「退屈なフットボール」をした。ボールのテンポを上げたり、より多くの縦パスを使用したりするほど多くのクリエイティブプレーヤーはいなかった。しかし、バスを駐車するよりも良かったと思っている。

 私たちはそこでプレーした[相手陣地を指して]。ほとんどの場合、対戦相手よりも優れていたが、相手がバスを駐車しているときは、創造的なプレイヤーが必要だ。だから、ディマリアと[メンフィス]デパイはクリエイティブプレーヤーであり、チームにはこれらの相手を打破するために少なくとも3~4人のクリエイティブプレーヤーが必要だ。

ウェイン・ルーニーについては言及していません。彼はそれまでに年を取りすぎていましたか?

 申し訳ないが、彼はピークを過ぎていた。しかしそれにもかかわらず、彼は私の最高の選手の一人だった。

ルーニーをキャプテンにするのは難しかったですか?彼は本当に唯一の選択肢でしたか?

 トレーニングセッションまたはピッチでのプレーヤーとしての彼のプロ意識については何も言えない。トレーニング、ピッチ、スタジアムの環境とそれ以外は異なる。外での生活をコントロールしたいから彼をキャプテンにした。

面白い。彼に責任を与えてから…

 私たちは全て上手くいったとは思わない。

あなたはユナイテッドがなぜたくさんのお金を持っているのかを理解しておらず、常にプレイヤーにお金を払わないと言いました。グレイザー家が支払いを望まなかったからでしょうか?

 分からない。ウッドワードはグレイザーズ家と話をする人間だ。グレイザーズ家とは、ゲームまたはトレーニングセッションに参加したときにのみ会話を交わした。ほとんどの場合、彼らはトップマッチに参加する。幸いなことに、これらのトップマッチの多くは勝利したし、リバプールとの対戦ではどのような場合でも勝利した。

完璧なテクニカルディレクターまたはフットボールのディレクターになるには何が必要ですか?

 まず、ゲームの知識、トレーニングの方法、準備の経験、ユース育成、スカウティングが必要であり、ストラクチャーを考える必要がある。フットボールの世界で多くの経験が必要だ。テクニカルディレクターとして仕事をしているとき、名声を築き、それから大きなネットワークを持ち、いつでもそのネットワークを活用できる。

ユナイテッドがテクニカルディレクターになることに関心を持っているのは、リオ・ファーディナンドです。これについてどう思いますか?彼は明らかに良い選手でした。

 優れたプレーヤーだったとしても、優れたマネージャーでもなければ、優れたテクニカルディレクターというわけではない。それは多かれ少なかれ、[オーレ・グンナー]スールシャールや元プレーヤー、OBのネットワークで起こっていることだ。常に良い選択とは限らない。それは可能だが、常に良い選択とは限らない。

スールシャールが恒久的に仕事を与えられたことに驚きましたか?

 連勝でスタートしたが、彼がそれを手に入れたことにとても驚いた。

なぜですか?

 マンチェスター・ユナイテッドは、経験のあるマネージャーを必要とする世界最大のクラブの1つであり、それは1つや2つのチーム、レベルの低いクラブでトレーニングを行ったマネージャーのことではないからだ。

ペップ・グアルディオラバルセロナBチームの監督をした後、バルセロナに直行し大成功しました。

 常に例外があり、彼は最高レベルのセントラルミッドフィールダーとしてプレーした。戦術的なオリエンテーションが必要なポジションで、彼は私のチームのキャプテンだった!

あなたはフットボールをプレイするという哲学を持っています。あなたのアヤックスバルセロナ、AZ、バイエルンミュンヘンです。ユナイテッドは持っていますか?

 私が仕事を引き受けたとき、私たちはマンチェスター・ユナイテッドのプレイシステムや哲学について決して話さなかった。

それは驚きですか?

エス。他のクラブとは異なっていた。私は常にそれについて話した。

アヤックスチャンピオンズリーグを勝ち取ったとき(1995年)、チームとしてプレーすることが鍵でしたか?

 私のチームはすべて本当のチームだ。ユナイテッドもチームのようにプレーしたと思う。既に解雇されていて、まだそのフットボールをプレイしている選手に、或いはこちらが望むプレイスタイルでプレイしてる選手にインスピレーションを与えることができる…私たちは常に同じシステムをプレイしたが、対戦相手に依存しているため、別のアクセントも備えていた。

空白のキャンバスがある場合、ユナイテッドを整理するにはどれくらい時間がかかりますか?

 問題は、それほど多くの時間を要求できないことだ。そして、ファンもそれを許さない。スールシャールもそう。彼らは彼が元プレーヤーであるにもかかわらず結果を求めるだろう。フットボールの世界では任務を成し遂げなければならない。しかしながら、元プレーヤーであれば、常により多くの信用を持っている。

ユナイテッドのような、これらの大きなクラブで成功することはほとんど不可能ですか?最初の記者会見を覚えています。あなたは基本的に「このクラブは商業的すぎる」と言っていました。

 あなたがそれを覚えていることを嬉しく思うよ。マンチェスター・ユナイテッドの組織構造を変える必要があると思う。なぜなら、サッカー部門と商業部門のバランスが正しくなく、商業部門に傾いているからだ。

それはどういう意味ですか?

 私が経験したことは、シーズン前にアメリカに行かなければならず、短時間で多くの試合をしなければならないということだ。それは良い商業的計画だが、フットボールマネージャーとしての私には最適ではない。私を除いて誰もが幸せだった。なぜならアメリカではすべてに勝利したからね。しかし、リーグでの最初の試合は敗北だった:スウォンジー。それはすべてのプレイヤーがへとへとだったからだ。そのように始めなければならないのは良いことではない。

 選手のスカウティングにおいて、私の意見では、マンチェスターユナイテッドには、最高のプレーヤーを提供する組織がない。それから選手の育成では、マンチェスター・ユナイテッドの育成がとても良いとは言えない。何人のプレイヤーが昇格した?

 マンチェスター・ユナイテッドには、素晴らしいパフォーマンス部門があり、それは医師の指導の下にある。しかし、このパフォーマンス部門には、経験豊富なテクニカルディレクターの指導も必要だ。その部門は、ファーストチームだけでなく、若者の育成にも集中的に使用する必要がある。そうすれば、若い選手たちはマンチェスター・ユナイテッドの哲学でより多くの教育を受け、ファーストチームへの大きな一歩は遥かに簡単になる。これらはテクニカルディレクターが発展させなければならない重要な側面だ。
 私はマンチェスター・ユナイテッドのマネージャーとして、シティ、トッテナムチェルシーアーセナルの選手の質が優れていると考えた。私に何ができる?私たちは攻撃していた。私たちは守備をしていなかったし、プレイヤーのレベルに合わせた戦術的な解決策を探していた。たとえば、私たちはスペースを誘発していたが、それはイングランドでは新しいものだった。6か月前[ユルゲン]クロップも目からうろこが落ちただろう。なぜなら、以前の彼は常にプレッシングしていたから。

スペースをどのように誘発するのですか?

 [アンソニー] マーシャルと[マーカス] ラッシュフォードのスピードによって、すぐプレッシングするのでなく、少し下がるによって、バスを駐車するのではなく、ミドルラインに下がり、そしてそれからディフェンダーを自陣のハーフウェイに置くことによって、スペースを誘発しようと試みた。プレイヤーのレベルが低いため、以前はAZでのみこれを行った。もちろん、プレイヤーのクオリティに適している。あなたはそれを理解しなければならない。私は最高のプレーヤーのクオリティを持っていなかったため、攻撃するシステムを実行できなかった。例えば、リバプールが絶えず攻撃しなければならないとき、彼らは問題を抱えている。例えば、マンチェスター・シティよりも大きな。

なぜですか?

 サラー、フィルミーノ、マネはアグエロ、サネ、スターリングよりも大きなスペースが必要であり、シティのデ・ブルイネ、ダビド・シルバフェルナンジーニョ、ベルナルド・シルバによるミッドフィールドでの創造性はより高いため、小さなスペースでプレイできる。それがシティがチャンピオンである理由だ。

あなたが指導したお気に入りのプレイヤーを教えてください。最高ではないが、一緒に仕事をして楽しんでいたプレイヤー。

 [ルイス]フィーゴ。彼は勝者だ。彼はトレーニング、ピッチ、ゲームで常にそこにいた。ルイス・エンリケ。この種のプレイヤーたちは私が最も好むプレイヤーだ。なぜなら彼らは非常にオープンというだけでなく、勝者であり、ピッチで会話ができる。

あなたのキャリアの中で最高の思い出は?

 フットボールで最もエキサイティングな瞬間はベンチではなかった。アムステルダムの運河沿いにあった。チャンピオンズリーグで優勝。それは素晴らしかった。運河沿いの百万人以上の人々、窓からは高齢の人々。素晴らしい。

The Question: Why is the back three resurgent in Italy? by Jonathan Wilson 2012/02/22

 フットボールにおけるすべてのことは(戦術的に言えば)相対的であることを考えると、おそらく真に死ぬことはないでしょう。それらの有用性を失い、意識から消え、休眠状態のように見えるプレイシステムとスタイルは、ゲームから忘れ去れるを待って、意気揚々と再び導入できるようになります。長い間、3バックでプレーすることは終焉したように思われましたが、火曜日の夜のチェルシーに対するナポリの勝利は、より広範な復活の一部に過ぎませんでした。

 フォーメーションの衰退の理由は理解できます。2人のストライカーシステムに対して、3人のセンターバックのうち2人はマーカーとして機能し(マンツーマンシステムでは厳格な方法で、ゾーンシステムではより柔軟に)、余った1人がルーズボールを拾い、ポゼッション中であれば中盤へ前進しました。ただ、2人のストライカーシステムが1人のストライカーシステムに屈したため、2人のマーカーとスペアマンというよりかは、チームに1人のマーカー、スペアマン、余分な選手が残されました。仮に対戦相手が4-3-3または4-2-3-1でプレーする場合、ウィングバックを深く押し込む事で、中盤で数的優位の効率性を保証しました。1つのフォーメーションが他のフォーメーションより優れているわけではありません。特定の組み合わせでは、ある戦術が他の戦術よりも勝つ傾向があるというだけです。

 スリーバックの復活がイタリアで始まったことは偶然ではありません。一部は文化的遺産に関係しています:60年代半ば、ヨーロッパのサッカーは分裂しました。大まかに言えば、北方と西方はフラットな4バック、プレッシングゲーム、オフサイドトラップ、一方、南方と東方はリベロ、マンマーキング、スペアマンを選びました。アリゴ・サッキが登場し、キリストが金貸しを神殿から追い出すようにオーソドックスな戦術ボードを覆すまで、それは残った方法でした。サッキはプレッシングと4バックの価値をイタリアに伝えましたが、Gianni Breraのレッスン(The Blizzard issue 2のJames Horncastleの記事を参照)は、一世代で学ぶことはできません。イタリアのフットボールは、中央のエリアに3人の守備的な選手を置くことに心地よさを感じます。

 4バックでプレーしたときでさえ、中央を固めたいという願望は明確でした。:昨シーズンの狭い4-3-1-2はイタリアではほとんどデフォルトでした。それは、中央の密集でスペースを捜し求めるというセリエAにおける一連の魅力的な戦術バトルを意味しました。ヨーロッパでは、相手がボールを側面の広大な空いているアウトストラーダにシンプルに移動させたため、問題が発生しました。それはギャレス・ベイルによる孤立したマイコンの腹裂き刑の背後にあり、(誰かが彼にリフトを与えることだけを考えていたならば、または誰かがタッチライン際で彼の前に立っていたらならば、彼はそのタクシーを必要としなかったかもしれません。少なくともベイルのスピードを落としたため、彼は全速力でフルバックに近づけなかったでしょう)サン・シーロでのミラノに対するトッテナムの印象的なパフォーマンスの背後にあり、準決勝でシャルケ04によるインテルの究極の破壊、(その時のハンス・サーペイ内田篤人の有触れたフルバックの2人はその道の第一人者の様でした)の背後にありました。

 国内的には、リーグの狭い空間での試合は、幅を用いてプレーしたチームの繁栄を意味しました。ウイングバックを用いたのはナポリウディネーゼだけでなく、たとえば、チェゼーナも。チェゼーナは7ポイント上がって期待を上回りました。今シーズンの結果は、狭さに対する反応でしたが、典型的にはイタリアのものです。ウイングの流入ではなく、3バックが再び突然、流行になりました。

 1月のある週末に、セリエAの20チームのうち11チームが3バックでした。理由は心理的に一貫しています:3-4-3は幅を提供しますが、3バックは2人のスクリーニングミッドフィルダーによって保護されたままです。90年代後半のトレンドを真似た、しばしば7バックに破壊され、4-3-1-2で行われていた方法で効果的な配置を行える、3トップでさえ、クラブは膨大な人員の流入の必要なしに、そのシステムに移行できることを意味します。

 とはいえ、3バックがすべて同じというわけではありません。高く押し上げ、プレッシングを行い、そしてオフサイドを試みる4バックのように動作する3バックがあります。-マルセロ・ビエルサがアルゼンチンとチリとプレーしたやり方で(彼は今シーズンアスレチックで目まぐるしく4バックに戻ったが)後に、bielsista back threeと呼ばれたもの。それは、例えば、ジャン・ピエロ・ガスペリーニの下ジェノアが(インテルでは失敗した)プレーした方法です。

 それから、より一般的に採用された、当然のことながらそれほど急進的でない、アルベルト・ザッケローニウディネーゼミランで用いたのを思い起こす、3バックシステムがあります。ナポリは奇妙なハイブリッドです。彼らはプレッシングができ、高く押し上げることができ、時にはビエルサ側のように見えますが、デフォルトモードのときはギョクハン・インレルワルテル・ガルガノが3バックの前を巡回しながら深い位置をとり、非常に才能のある3トップに向けてできるだけ素早く前に出すためにボールを奪おうとしています。

 1人のセントラルストライカーを置いてプレイするチェルシーのようなチームに対しては、そうでなければ余分になる選手が、効率的に追加のスペアマン、つまり中盤から駆け上がってくる相手を捕まえる別の役割になります。相手の中盤が数的有利なら、それならそれでかまいません。ナポリは相手のポゼッションが支配的かどうかは特に気にしません。問題は腕を伸ばした位置に相手を置き、容易なチャンスを未然に防ぎ、そして不意を突くことです。そのため、ナポリの記録は、ボトムよりもトップチームに対するほうがはるかに優れています。セリエAの上位7チームのミニリーグでは、相手が主導権を握ることを望んでいるため、2位になります。

 そして、それはもちろんセカンドレグを控えてるチェルシーにとって恐ろしいニュースです。このナポリは決して難攻不落ではありません。彼らはセットプレイの影響を受けやすく、3センターバックであっても、極めて静かだったディディエ・ドログバに対しては気楽からは程遠く見えました。フアン・マタを中央へ配置したことは彼らを混乱させ、前半の彼の2度の動きは、最初にラミレス、そしてブラニスラフ・イワノビッチの深い位置からのランに上手く利用されたチャンネルを創り出しました。

 しかし、このナポリのカウンターは壊滅的です。昨夜の後半、イバノビッチが前進し、左サイドバックのファン・ズニガを深く押し込んだことは、チェルシーが約15分の間に5つの適切なチャンスをもたらした一連のプレッシャーに貢献し、エゼキエル・ラヴェッツィは彼の背後のスペースに着きカウンターを窺いました。彼は最初のチャンスを棒にして引きずりましたが、エディンソン・カヴァーニがダビド・ルイスのスリップを利用した後、3つ目のゴールを加えました。イバノビッチは戻ることができませんでした。

 これが、チェルシースタンフォードブリッジに戻った試合で直面する問題です。彼らはイニシアチブをとる必要がありますが、彼らはまさにそれをしたいチームに対してイニシアチブをとらなければなりません。

Arrigo Sacchi’s cultural revolution

spielverlagerung.com

 

 1990年代初頭、イタリア代表チームは紛れもない危機的状況でした。戦術的な問題を解決するため、イタリアサッカー連盟は国内サッカーの秘密兵器に頼りました。:アリゴ・サッキ

 その元ミランのコーチは、1991年に自国でのワールドカップに勝つことができなかったアゼリオ・ヴィチーニに取って代わりました。デビュー戦となったノルウェーとの引き分けは、EURO1992の本大会進出資格が決定的に終わったことを意味しました。しかし、サッキの本当の目標は、スクアドラアズーラ(Squadra Azzurra)を再建することでした。そして長期的には、1994年のワールドカップで成功することでした。

 そのような状況で、サッキはパオロ・マルディーニアレッサンドロ・コスタクルタフランコ・バレージで構成されるミランでお馴染みの中軸に依存していました。一方、1993年のFIFAワールドプレイヤーオブザイヤーであるロベルト・バッジオは、攻撃の要と考えられていました。確かにミラン時代のオランダ人選手のクオリティを欠いてはいましたが、彼はバッジオと2人のロッソネリ、ロベルト・ドナドーニダニエレ・マッサーロを含む、まとまったシステムに取り組むことができました。システムは当然のことながら、1980年代後半にミランがプレイしたシステムと非常によく似ていました。

 しかしながら、サッキは、彼が国際的な成功をさせたクラブであるACミランからのプレーヤーたちを好むと主張する批評家をかわさなければなりませんでした。インテルのウォルター・ゼンガとジュゼッペ・ベルゴミサンプドリアロベルト・マンチーニユベントスジャンルカ・ビアリは、最終的にはワールドカップのメンバーにはなりませんでした。サッキは彼ら全員と対立していました。

 別の解釈:彼は100%信頼できるプレイヤーのみを指名しました。明確な良心をもって、サッキは彼らがどんな状況でもプレッシングの強度を維持することに頼っていました。彼はボールに獲るための明確な貪欲さ、そしてさらに重要なことは、90分間の試合でゲームを支配する意欲を求めました。

 ブラジルとの決勝戦に最終的に到達したことがサッキのステータスを支え、それゆえ彼の手法が注目を浴び正当化されました。

 さらに、選手に毎日の基礎練習をさせる以上のことをし、彼は多才であることを証明しました。彼はチームを殆ど見ることができず、インターナショナルブレイク中にしかチームと一緒に仕事をすることができませんでした。さらに、ノミネートされた選手はクラブのコーチの影響下にありました。それにより、サッキはスタイルを変えざるを得なくなりました。彼は独断的な意見を教えることができませんでした。彼は、これまで以上に、同情的な教師として存在しなければなりませんでした。

 彼のよく知られているドライトレーニングやプレッシングエクササイズは、ワールドカップ直前のトレーニングキャンプでのみ適用できました。その時まで、サッキはすべてのトレーニングセッションと戦術オプションを入念に準備しました。彼は2年以上にわたって考えられるフォーメーションを考えました。彼は細心の注意を払って、彼のチームにとって問題となったさまざまなタイプのプレーヤーを観察しました。

 彼とアシスタントたち(元プレイメーカーのカルロ・アンチェロッティを含む)は、ワールドカップキャンペーンを巧みに計画しました。イーストラザフォードで行われたオープニングゲームでアイルランドに負けた後、キャンペーンは大惨事になるおそれがありましたが。イタリアはノルウェーとの接戦を制し、メキシコと引き分け、グループ3位の最高チームの1つとして第2ラウンドに進出しました。

 彼らはそれから、ナイジェリアを劇的に打ち負かしました。88分、ロベルト・バッジオが同点ゴールを決め、その後、延長戦で決定的なゴールを決めました。(ペナルティスポットから)さらに2回、スペインとブルガリアに2-1で勝利し、決勝へ進出しました。パサデナローズボウルスタジアムで行われた最終戦は、ぺナルティーシュートだけで誰が新しい世界チャンピオンになるかが決まった、低調な試合でした。

 シルヴィオ・ベルルスコーニ首相は、勝利した場合、サッキに内閣での起用を約束しました。その後、サッキはバレージマッサーロバッジオの政治キャリアを台無しにしたと冗談を言いました。ドゥンガロマーリオなどを主軸としたブラジルは、ワールドカップで4回目の優勝を果たしました。

 1994年にイタリアが成功の鍵となった要素は何だったのでしょうか?サッキは、本質的にはっきりとした4-4-2の構造(ミラン時代よりも流動的でしたが)を好みました。流れによっては、チームは4-1-2-3でプレーしました。

 サッキは10人のフィールドプレイヤー全員をラインとチェーンのシステムに関与させました。ロベルト・バッジオは、彼が使い方を理解している、ある程度の自由を享受していました。ストライカーは時折、相手のラインの間のゾーンに降りて、マンマーカーの間でボールを受けました。バッジオは、前線の位置にいるパートナーにパスを出すか、或いは駆け上がったウィンガーへスルーパスを出す事で攻撃を直ぐに委ねました。

 中盤で指揮を執るバッジオの、中央からのパス分布はサッキによるこれらの2つのスケッチに類似していました。マンマーカーを振り切ることを想定しているので、ウィンガーは斜めのルートを走るべきです。それとは別に、ボールに近い8番がオープンマンとして機能するために(サッキの草稿のほとんどは、右サイドのオープニングパスを示していました)、より深い位置にいることが明らかです。

 したがって、バッジオの動きは、柔軟なフォーメーションスキームを生成しました。彼は中盤で、トレクァルティスタの役割と8番ポジションの間をうろつきました。イタリアの2次攻撃の一部として、彼はよく相手のバックラインの背後に上がり、深い位置でボールを受けるオプションを提供しました。

 時々バッジオは、マッサーロまたはジョゼッペ・シニョーリとポジションをスウィッチしました。そのような驚きの効果は、彼らの奥の手でした。さらに、プレーヤーを絶えずシフトすることにより、サッキはフォーメーション内で自動的にダイナミズムを作成し、相手の陣地に入るときのスペースを増加させました。

 高温は毎試合、彼らを限界まで追い詰めました。サッキはボールを奪い返そうとするとき、最初のプレッシングフェーズとしてハイプレスを計画していましたが、時折、超攻撃的なプレッシングをあきらめざるを得ませんでした。

 このようにして、4-1-4-1を使用した超攻撃的なプレッシングが見られるはずでした。ボールに近いウィンガーの前への動きが、中盤からの後追いの走りによって継続したプレッシャーの波を創り出しました。

 その場合、イタリアのチームは十分に試行された4-2-4フォーメーションとかなり慣習的なチェーンメカニズムに戻り、さまざまな機会を利用して相手のビルドアップを妨害し、結果としてコレクティブな変形はスムーズに進みました。

 逆行する動きの過程で、4-3ブロックは通常の4枚2ラインの代替となる傾向がありました。単純な理由として、イタリアがいくつかの試合で前線で攻撃している2人のウイングのスピードを使いたかったということです。彼らは中央で迎撃させようとしました。(守備フォーメーションは44ヤードの幅内でなければなりませんでした)そしてその後、素早く自由なコンビネーションプレイをするために狭い4-3ブロックの密接な連係を利用することを目指しました。

 イタリアのコンビネーションプレイは、ワールドカップで広く過小評価されていました。たとえば、デメトリオ・アルベルティーニなどの技術的に優れたセントラルミッドフィルダーは、ショートパスとミディアムロングパスのバリエーションに鑑識眼を持ち、三角形を作成したり正確なレイオフパスで、着実なスペース獲得を供給しました。さらに、イタリアはリズムを高く保ちました。慎重な攻撃は1994年のチームには適しませんでした。

 そのバージョンでは、左サイドバックが攻撃を開始します。短いカールの後、彼の前の選手はリバウンドパスを提供します。一方、左の攻撃的ミッドフィルダーは下がります。その後、彼は目の前のストライカーにボールを渡します。これらのジグザグパターンには、狭小化したスペースからボールを運ぶことになっていた中央の6番も含まれていました。その間に、右のミッドフィールダーは右ウィングのゾーンを通過します。これにより、戦術的なトリガーメカニズムは、攻撃的ウィンガーがライン間のゾーンに押し進むか、バックラインの背後に走ることを確実にします。

 サッキサイドはかろうじてクリーンシートをキープしていました。彼らはゴールを増やしました。結果として彼らの攻撃は、素早いワンツーやレイオフパスの範囲で相手を倒すことにさらに挑戦しました。

 彼らのディフェンスに関する限り、サッキは永久にラインナップを変更しなければなりませんでした。オープニングマッチで重大なミスを犯しましたが、経験豊富なバレージは、それでも力強いリベロ式のタワーでした。しかし、彼は2試合目で半月版を負傷しました。そのため、サッキは暫定キャプテンのマルディーニを中央に移動しなければなりませんでした。左右のサイドバック両方、彼はより攻撃的なタイプのプレーヤーをフィールドに入れたため、最終的にスリーバックは非常に珍しくなりました。

 ぎりぎりのタイミングで、バレージはブラジルとの決勝戦に戻ってきました。イタリアのディフェンスは、120分間岩のように堅固でした。サッキは手品のように4-4-2の様々な形を引き出しました。守備的に、3人のボールに近いミッドフィールダーがウィングゾーンに向かって移動し、短いチェーンを作りました。

 局所的に、アズーリはスペースをできる限り強く絞ったが、チームの残りのメンバーはゆるい配置のままでした。その結果、サッキのチームはブラジルの素早いクロスオーバーパスに強いように見えました。ボールがあるサイドから別のサイドに移動した後、ボールに向かって移動して堅実な守備隊形を再作成するには、イタリアは多くのヤードをカバーする必要はありませんでした。実際、ボールから遠いサイドにいたプレーヤーは、むしろ隙間を埋めたり、中央でゾーン指向を保つことができました。

 1対1で苦労することもありましたが、イタリアのディフェンダーは才能のあるブラジルの攻撃に対してクリーンシートを保ちました。残りは歴史です。イタリアのスーパースターであり、サッキの最高の希望であるロベルト・バッジョは、最後の決定的ペナルティを失敗しました。

 アリゴ・サッキのキャリアは、国際トーナメントで無冠です。ワールドカップの2年後、ラ・ナショナルは1996年のヨーロッパ選手権のグループステージを突破できませんでした。イタリアのナショナルコーチとしての彼の時間は終わりました。サッキの次のキャリアも成功によって損なわれはしませんでしたが、ミランアトレティコで期待はずれの月日の後、マエストロはタオルを投げました。

 「今日強調されることは、あなたがどれだけうまく働いているかではなく、結果です。1日に高層ビルを建てることはできませんが、小屋を建てることはできます」。サッキは後に、今日の移り変わりの激しいビジネスの特徴についてコメントしました。