Pioneering reds to the Reds: Why Jurgen Klopp's pressing is a perfect fit for the age Jonathan Wilson 2020/02/01

 フットボールの超資本主義時代の支配的なスタイルは、最もありそうもない場所にその起源があります。

 

 シュトゥットガルトの南東の森にあるオストフィルダーン近くの練習場。1983年2月、地元の6部ビクトリア・バックナングは、ルイト・スポーツスクールで冬を越しているヴァレリー・ロバノフスキーのディナモ・キエフと親善試合をしています。ヴィクトリアの若きプレイングマネージャーであるラルフ・ラングニックにとって、それは啓示的な体験です。ボールが外に出てスローインになると、ラングニックはディナモのプレーヤーをカウントします。すると彼らが余分なプレイヤーをピッチにこっそり入れたと半信半疑になります。実際にはそうではありませんでしたが、それはまるで余分に入れたかのように感じるプレッシングの凶暴さでした。そして、フットボールの戦術的発展に大きな影響を与えた種が植えられました。

 ディナモは繰り返しルイトにやってきました。現在、レッドブル社のフットボール開発部門責任者であるラングニックは彼らを研究し続けました。彼のキャリアが発展するにつれて、彼はゾーンマーキングとプレッシングの可能性に魅了されたコーチのグループの一員となりました。フットボールは個人の戦い、勇気、声のリーダーシップに関するものであるという信念が支配的であるドイツではラディカルな考えでした。

 アリゴ・サッキミランが大きな影響を与えました。本質的に彼の戦術理論を学んだ構造エンジニアのヘルムート・グロスは、ラングニックの親友となり、一緒にシュトゥットガルトのユースを使ってプレッシングを実装しました。

 フォルカー・フィンケフライブルクで目覚しい成功を収め、1995年にブンデスリーガで3位となり、バイエルンを5-1で破っています。経済問題は衰退をもたらし、フィンケは主に気難し屋として解雇されましたが、変革は徐々に醸成されました。

 ヴォルフガング・フランクは70年代にアイントラハト・ブラウンシュヴァイクのストライカーでしたが、彼の最大の影響はサッキでした。1995年9月に2部でもがくマインツのコーチに任命されたとき、彼はイタリアの手法の適用に着手しました。

 それはハードで、退屈な作業であり、ポジショニングを学び、練習場で事前に準備されたパターンのウォークスルーでした。「しかし、」チームのセンターバックユルゲン・クロップは言いました。「もしフリットファン・バステンミランでそれを学ぶ必要があるなら、私たちはそれに同じように耐えることができると思った」。

 クロップはそれらのアイデアを新たな高みへと引き上げ、過去の最高の日がプレッシングゲーム(ただし、現代バージョンとは色合いがまったく異なる)に基づいていたクラブ、リバプールにたどり着きました。彼の、ダイナミックでアグレッシブな、プレッシングのバージョンは現在、卓越した戦術モードであり、ペップ・グアルディオラでさえ進化を促しました。彼のバルセロナでのプレッシングとポゼッションのフットボールはこの発展の基礎を築きました。

 アントニオ・コンテからエリック・テン・ハフ、マウリシオ・ポチェッティーノからジョルジェ・ジェズス、クリストフ・ガルティエからホルヘ・サンパオリまで、最高レベルのほとんどすべての人が現在、強く、高いプレスをしています。プレッシングゲームを発展させるブンデスリーガで教育されたコーチたちの世代が存在します。:RBライプチヒのコーチとしてラングニックの後継者であるユリアン・ナーゲルスマンは最も目立ちますが、グループにはドイツのリュシアン・ファーヴルとマルコ・ローゼ、そしてラルフ・ハーゼンヒュットル(ライプチヒでのラングニックの2度の期間の間にやってきた)、イングランドのダニエル・ファルクとトーマス・フランクも含まれます。

 ドイツは、長い間プレッシングに抵抗してきたようですが、みたところ、十ぱ一からげに採用しているようです。新しいことに興奮し、先入観がないため、新しい高みに引き上げることができます。しかし、トップレベルのヨーロッパのフットボールがどのように進化したかという点では、最近のパターンは珍しいです。

 トレンドを追跡しようとすると、過度に単純化される危険性が常にあります。戦術の発展は直線的ではなく、刺激を受けた個人と同様に、さまざまな力(経済、科学、文化)の影響を受けます。しかし、本質的には弁証法的なものが存在します。

 あるチームが特定の方法でプレイし、他のチームはそれをコピーし、他のチームはそれと戦う方法を考え出し、その新しいモードは対抗する方法が見つかるまで覇権的となり、それからゲームが再び変化します。

 これは循環的なものではありません。一つは各ステップが以前の知識に支えられており、外的な発展(たとえば、フィットネスを改善するための栄養素や、分析を改善するためのコンピューターテクノロジーの飛躍的発展)によって新たな可能性が開発されているためです。

 しかし、トップレベルのヨーロッパのフットボールの支配的なモードが攻撃と守備の間で揺れ動いているように見えた時期がありました。レアルマドリードベンフィカの個人の自由な形態はカテナチオに取って代わり、それはトータルフットボールに取って代わられ、そしてそれから何年にもわたる英国支配のプラグマティックなプレッシングに取って代わりました。

 グローバリゼーションが定着し、チャンピオンズリーグの到来が現代のスーパークラブの時代に向けて動き始めているため、その少し後の状況は不鮮明です。しかし、それでも、パラダイムはそのままの状態を保持しています。:サッキのアグレッシブなプレッシング、それに続くより慎重なマルセロ・リッピのスタイル、そして4-2-3-1の登場、それからジョゼ・モウリーニョラファエル・ベニテス、2004年のユーロでのギリシャの勝利による消耗の最後の時代の前にドリブラーの再導入。この高いインテンシティのトランジションの時代の前に、グアルディオラとパスの勝利があったときから。

 これはパターンを破壊します。これは、別の攻撃モードに続く攻撃モードです。そしておそらくそれが起こっているのです。おそらく、興奮を生み出す商業的義務と、スーパークラブの国内支配およびよりオープンなゲームを奨励するために設計されたさまざまな法制度の変更が相まって、守備的な衝動が弱まる世界を生み出しました。

 しかし、その認識の範囲内で、攻撃的/守備的の分割は常に誤解を招く、道義的に含みのある用語であることを認めるのは価値があるでしょう。たとえば、ルイ・ファン・ハールは「攻撃的」という用語を単にボールを持っているという意味で使用する傾向がありますが、彼のポゼッションベースのスタイルを不毛だと考える人はたくさんいます。または、2010年のワールドカップについて考えてみましょう。このとき、ヨアヒム・レーヴカウンターアタックのドイツは、ビセンテ・デル・ボスケのポゼッション主体のスペインよりも明らかにスリリングでした。

 これはプレッシングのパラドックスです。ボールを勝ち取ろうとするとき、それは常に守備的であると見なされてきたカテゴリに分類されますが、それでも相手の内部の形やリズムに反応する方法は非常に積極的です。

 言い換えれば、テレビ視聴者に絶え間ないエンターテインメントを要求する世界にとって、守備、スリリング、ダイナミック、衝撃の完璧な形です。そして、それはおそらく、すべての最大のパラドックスです:フットボールの超資本主義時代の支配的なスタイルは、明白な共産主義の指導者の下にあるソビエトのチームに触発されたことです。

How Valeriy Lobanovskyi's appliance of science won hearts and trophies by Jonathan Wilson 2011/05/12

 あきれるほど長い間、捕獲を逃れたその雄鶏にとって最もよく知られているゲームですが、25年前の今月(5月)、カップウイナーズカップ決勝でのアトレティコ・マドリードに対するディナモ・キエフの3対0の勝利は、ヴァレリー・ロバノフスキーのサッカー理論が最高潮に達した試合でした。

 特に2点目の圧倒的なカウンターアタックは、ロバノフスキーマシンの流れるような美しさを示しました。Vasyl Ratsが左サイドを進み、2人の選手を引き付け、インサイドのIhor Belanovにボールを渡します。Belanovはツータッチし、センターバックが彼の進路を閉じるために横に動いたとき、彼はちらっとも見ずに、右のVadym Yevtushenkoへボール置きました。彼は1歩前進し、彼の進路を閉じさせるためにフルバックを内側へ引き付け、それからオーバーラップしたOleh Blokhinへ本能的にボールを右にフリックしました。彼はそのパスに駆け寄り、ゴールキーパーがラインから離れると、彼の頭上へボールを打ち上げました。そのゴールは、迅速でシンプル、衝撃的なほどに組織的なもので、ロバノフスキーがフットボールでこうあるべきと主張していたすべてのものです。

www.youtube.com

 ウクライナで4-1で勝利する前にオランダで2-1で敗れた第1ラウンドのユトレヒトにぐらついた後、ディナモは大会中、最高でした。ウニヴェルシタテア・クライオヴァとの第2ラウンドは合計5-2、準々決勝ではラピード・ウィーンに9-2、準決勝ではデュクラ・プラハに4-1で下しました。彼らはすべてのホームレグを少なくとも3ゴール差で勝ち、1985年と1986年にソビエトリーグで優勝しました。17年前、ロバノフスキーが亡くなってしまったのは悲しいことです。

 ロバノフスキーは、彼が新たな高みへと引き上げたプレッシングゲームの偉大な先駆者、ヴィクトル・マスロフと最終的に仲たがいした個人主義の、才能のある左ウィングでした。彼らの関係の崩壊のきっかけは依然として論争が続いています。(マスロフが当時作ったと言う人もいます。)フライトが遅れた後、気難しいロバノフスキーが昼食時にhorilkaを飲んでいた。他には試合結果の整理に関与するのを拒絶した。原因が何であれ、プレーヤーとコーチが決して目を合わせなかったのは、主に当時の彼らのゲームに対するコンセプトが非常に異なっていたためです。

 ロバノフスキーはいつも強烈に強情な人間でした。彼は22歳のときに、ディナモを待望の初の最高峰リーグのタイトルに導きましたが、チームメイトのOleh BazylevychとVladimir Levchenkoと共に建設産業科学研究所へのお祝いの訪問が意図されていたことが明らかにしたように、一般的な祝い事には冷めた態度をとりました。

 「はい、私たちはリーグで優勝しました」。キエフの科学者であり、長年アマチュアフットボール選手であったVolodymyr Sabaldyrは、興奮した祝賀会の面前で彼が言ったことを思い出しました。「でも、それがどうしたのですか?時々、私たちはひどいプレーをしました。私たちよりもひどいプレーをした他のチームよりも多くのポイントを獲得しただけです。理由がないので、賞賛を受け入れることはできません」。Sabaldyrは、何十年にもわたってキエフの夢であったことを達成した気持ちを彼に尋ねました。「実現した夢は夢ではなくなります」とロバノフスキーは答えました。「科学者としてのあなたの夢は何ですか?あなたの学位は?あなたの博士号は?あなたの博士論文は?」「たぶん」Sabaldyrは答えました。「実際の科学者は、科学の発展に貢献することで自分の足跡を残すことを夢見ています」。「そこにあなたの答えがあります」。

 その会話が、分析的で合理的な精神がすでに働いていたことを示唆してることを物語っています。1939年に生まれたロバノフスキーは、ソビエトの偉大な科学の時代に育ちました。ソビエト連邦が最初の原子力発電所を開き、スプートニクを宇宙に送ったとき、彼はティーンエイジャーでした。そして、キエフ自体はソビエトのコンピュータ産業の中心でした。ソ連で最初の人工頭脳学研究所は1957年に開設され、自動制御システム、AI、数学モデリングの世界的リーダーとして認識されました。現代のPCの初期のプロトタイプが開発されたのは1963年のことです。

 ロバノフスキーがキエフ工科大学で熱工学を勉強している間、コンピュータの可能性と、ほとんどすべての分野で可能なアプリケーションが明らかになりつつありました。それは刺激的で、新しく、ロバノフスキーが技術的楽観主義の精神にとらわれるのに大きな驚きではありませんが、それでも葛藤が残りました。彼のプレーヤーは、面白く、ドリブルし、トリックを作りたがりました。彼のトレーニングは彼を体系的なアプローチに駆り立てました。

 結局、統計学者のAnatoliy Zelentsovとパーティーで偶然会った後、後者が勝りました。彼にとってフットボールは、22の要素(11の要素からなる2つのサブシステム)が、定義された領域(ピッチ)内で移動し、一連の制限(ゲームの法則)の支配下になるシステムとなりました。もし、2つのサブシステムが等しい場合、結果は引き分けになります。もし、どちらかが強ければ、それらは勝つでしょう。ロバノフスキーが最も魅力的であると感じた側面は、サブシステムが特異性の影響を受けやすいことでした。サブシステムの性能は、それを構成する要素の性能の合計よりも大きくなりました。それは、ロバノフスキーが見たように、フットボールは工科大学で教えられている人工頭脳学の技術の適用にうってつけであることを意味しました。彼は、フットボールは、個人が、個人間の連合や連携には及ばないと結論付けました。

 「戦術的な進化について話しているとき」と、ロバノフスキーとZelentsovは彼らの著書「トレーニングモデル開発の方法論的基礎」に書いています。「私たちが最初に心に留めているのは、対戦相手が私たちのプレイスタイルに適応できないような新しい行動方針を模索することです。対戦相手が私たちのプレイスタイルに適応し、カウンタープレイを理解した場合、新しい戦略を見つける必要があります。それがゲームの弁証法です。あなたはそのような方法で前進し、敵にミスを強いるような幅広い攻撃オプションを押し進めなければなりません。言い換えると、対戦相手にあなたが望む状態を強いる必要があります。そのための最も重要な手段の1つは、プレーエリアのサイズを変えることです」。

 他国では、特にオランダにおいて、同様の結論に達していました。違いは、ロバノフスキーはマスロフが直感的に実装した戦術の論理を認識し、第一原理からハードプレッシングスタイルを支持するようになったことです。ドニプロ・ドニプロペトロウシクでの目覚ましい4年間の後、彼はディナモに移り、初年度に5つのリーグタイトルと1975カップウイナーズカップを獲得しました。

 それでも、フットボールの一部は常に科学を超えています。運が悪かったり、プレーヤーが体調を崩したり、コーチへの信頼を失ったりします。それはロバノフスキーのソビエトポルトガルの敗北で到達できなかったユーロ84の予選で起こったことでした。唯一のゴールはボックス外で受けたファウルのペナルティからでした。彼がディナモに戻り、彼らが10位で終わったとき、ロバノフスキーの育成法に疑問を抱くようになりました。ディナモミンスクスパルタク・モスクワのより個人主義的なスタイルが際立つようになりました。しかし、ロバノフスキーは彼の科学に自信を持ち続けました。 「道は常に道のままです」と彼は言いました。 「それは日中、道であり、夜間、道であり、夜明け中、道です」。

 リヨンでの決勝戦、特にBlokhinのゴールは彼の正当性でした。彼はソビエトで最も成功したマネージャーとなり、その後ウクライナの歴史となりました。

Viktor Maslov: the pioneer of the 4-4-2 who took pressing to a new level by Rahul Warrier 2018/08/16

 フットボールは、多様な哲学とその背後にいる立案者によって定義されます。すべての成功した戦術について、その発想の背後には誰かがいます。このスポーツには、それ以前の影響が散らばっていて、21世紀までに、すべての新しいスタイルは実際には新しいものではなく、古いものの修正です。

 進化は人生の本質的な部分であり、フットボールは20世紀にはこれまでになく速く進化しました。その進化形は芸術作品になるかもしれませんが、そのルーツを忘れてはなりません。モダンゲームの主なイノベーターの1人はヨハン・クライフですが、偉大なダッチマンに先立つ、革命的な重要人物がいます。

 有名なフットボールのイノベーターたちの階層の中で、1人の名前がしばしば見落とされています。ヴィクトル・マスロフは、今日私たちが知っているように、この美しいゲームの先祖の1人であると主張することができますが、ロシア人に起因する信用の欠如が非常にあります。彼の遺産は彼の後継者たちよりも勝っているのかもしれません。彼の後継者の一人であるウクライナ人、ヴァレリー・ロバノフスキー、彼のディナモ・キエフでの成功は彼とマスロフの間の多くの共通の特徴の1つです。フットボールソビエトのイノベーターへの余地があるかどうかに関係なく、マスロフは遥かに多くの実績を残した失われた立役者の1人です。

 マスロフは1910年、ヨーロッパの風景が国境の移り変わりと紛争に支配されていた時代に、ソビエト連邦で生まれました。プレーヤーとしての彼の出世は安定しており、1930年にRDPK・モスクワに加入しました。数年後、彼は分割された都市を横断し、トルピード・モスクワに移籍しました。そこは彼がしっかりミッドフィールダーとしての名を刻んだ場所で、1942年までとどまり、首都での彼の時間の内、3年間にわたってをキャプテンを務めました。

 第二次世界大戦が母国でエスカレートし始めたので、彼は1942年に引退しました。しかしながら、マスロフの遺産の中心は彼のプレイヤーとしてのキャリアではありません。ピッチでの控えめな成功期間は、ベンチでの彼の時間の先駆けであり、それは彼の遺産も競技自体も明確にすることになります。

 彼が引退したときにトルピードを引き継ぎましたが、その後に続いたのは大部分が退屈な6年でした。1948年に解任されたとき、彼は清掃人からニュースを知りました。彼は、トルピードの後、7つのシーズンで3つのクラブ間を行き来し、困難さを理解しました。しかし、しばらくの休息の後、トルピードに戻ってきて、そのときに成功の種が蒔かれました。

 マスロフが最高レベルで本領を発揮し始めたので、4年間で1959-60年にはリーグのタイトルと2つのカップを獲得しました。その後2年間、SKAロストフ・ナ・ドヌに移り、1966年にソビエトトップリーグで有名な準優勝に先立ち、堅実なチームの構築を開始しました。1964年にディナモ・キエフが監督の依頼をした時、彼の努力はついにエリートによって認められました。

 サッカーのフォーメーションは数十年にわたって流行り廃りがありますが、1960年代は変わりませんでした。ビセンテ・フェオラのブラジルは、1958年のワールドカップで優勝しました。これは、2つのワイドウイングを誇る独特の4-2-4フォーメーションで、世界が理想的なシステムと見なしたモデルです。ソビエトは同じフォーメーションに目を向け、その使用の先頭にナショナルコーチ、ガブリル・カシャリンがいました。クラブコーチも同様に先例にならいましたが、1962年のワールドカップでのパフォーマンスは戦術の変動の側面を反映しています。カシャリンの後、コンスタンティン・ベスコフは、結果がまちまちであったとしても、4-2-4のポテンシャルを維持し続けました。

 ブラジルの成功を考えると、その信念は完全に見当違いではありませんでしたが、イノベーションは何が機能するかを見て、それを改善することから生まれています。マスロフは多数派に従うつもりはなく、4-2-4を採用する代わりに、両ワイドウィングをミッドフィールドに入れることを選びました。4-2-4は1人のウィンガーが3人目のミッドフィールダーになるまで後退しましたが、マスロフは革新的にもう1人のウィンガーも後退させました。その際、彼は4-4-2を形成し、世界中の中盤を数で上回りましたが、同時に彼のチームの創造性を妨げませんでした。ジョナサン・ウィルソンの言葉、「4-4-2は最初にマスロフによって発明された」。

 彼はフォーメーションを、その一部の合計よりも大きい集合体のために組み合わされた個々の役割のシステムとして見なしていました。ウィングは今やワイドミッドフィールダーであり、フルバックの前のスペースで働くという責務を果たし、彼ら自身がプレーに参加することを促されました。彼の伝統的なフルバックに対する攻撃的責務の導入は、彼らへの二重の責務の始まりでした。

 中盤には、4バックをカバーする守備的選手がいましたが、ポゼッション中は高度なプレイメーカーがいました。マスロフはボールを動かし続けるやり方を好み、マンマークを廃止しゾーンを支持しました。しかしながら、とりわけ何をおいても、彼がボールを保持しないやり方であることが、決定的な要因でした。彼の時計仕掛けのシステムは、プレーヤーに相手に与えるスペースを制限させ、ボールをピッチの高い位置で勝ち取りました。それは今やプレッシンングとして知られています。そして彼のシステムは彼ら自身のギャップを閉じるのと同時に相手にプレッシャーをかけるのに十分でした。

 当時、スポーツではプレッシングが広く普及してきました。ホッケーでは、トーマス・パトリック・ゴーマンがフォアチェッキングの概念を導入しました。その場合、フォワードは波のように押し寄せ、ポゼッション中の相手に積極的にプレッシャーをかけさせ、スペースを削減し、パスレーンをブロックします。時間はかかりましたが、最終的に成功しました。何よりも、システムが完全に機能するには、マシンのようなシステムが必要です。ホッケーからフットボールフォアチェックを移すことは不可能であるように見えましたが、多くの違いを考慮に入れると、それは最終的には成功しました。

 マウリシオ・ポチェッティーノユルゲン・クロップなどは、今日のクラブにプレッシングシステムを導入しましたが、この戦術の本質は数十年前にさかのぼります。一部の人はリヌス・ミケルスを信用し、他の人は1970年にヨーロピアカップで優勝したエルンスト・ハッペルのフェイエノールトを最高の成功と評価しています。マスロフの影響が認識されていまいが、あるいは単に修正主義者にとって忘れられていようが、それは信用に値します。

 4-4-2は、最初の祖先に関係なく、現在、モダンゲームの定番です。彼の戦術はロマン派から批判されたかもしれませんが、それは間違いなく効果的でした。それは守備と攻撃の適切なバランスを維持し、トランジションを実行するためにより多くの選手を中盤に置きました。それはフットボールが個人の輝きへの依存よりも効率的なシステムに向かって動くことを確実にしました。

 後にロバノフスキーに大きな影響を与えたであろうマスロフのイノベーションには、完全に新しい戦術が含まれていましたが、それはトレーニングとリカバリーへ重点を置くことを作り上げた事でした。プレッシングの登場が1960年代のフィットネスレベルの向上と一致したことは当然のことです。(持続的な期間にわたってハードにプレッシングするには、フィットネスが最高でなければなりません)マスロフは激しいフィジカルトレーニングを導入しましたが、彼は栄養と回復にも注意を向けました。これは今や世界中のクラブでは定番ですが、当時はそうではありませんでした。

 イギリスのフットボールの決まり文句の1つは4-4-2フォーメーションですが、それ自体は、1966年のアルフ・ラムジー政権下でのスリーライオンズ唯一のワールドカップの勝利からの引用です。そのフォーメーションでの彼らの成功は、このシステムの全国的な採用につながり、英国(幅広いイギリス人)のゲームとのつながりをもたらしました。それはまた、実際にマスロフが数年前にその使用を考案していたときに、ラムジーが誤ってその先駆者として認められた理由でもあります。当時の冷戦の緊張を考えると、ラムジーが4-4-2を自分で考案したのかもしれませんが、マスロフが最初だったのは間違いありません。

 多くの先人たちと同じように、ロシア人は時代を先取りしていましたが、それが常にトロフィーや称賛に変わるわけではありませんでした-少なくともすぐには。中盤のおかげで、ディナモ・キエフは1966年から1968年までの3年間連続でリーグに勝利し、ソビエトトップリーグのバワーがモスクワからキエフに移行しました。

 マスロフのピッチ内外における集団的精神の支持は彼を際立たせるものであり、プレーヤーとスタッフとの定期的な話し合いを伴い彼のやり方の鍵となる部分です。彼は試合前にチームを集め、プランについて話し合い、途中で彼らの考えを尋ねました。そのような信頼は、彼がチーム中心の戦術を実行する上で不可欠でした。そのため、感じのいいマスロフがお祖父さんとして知られていたことは、おそらく驚きではありません。それは、彼が時代に忘れられた理由でもあります。

 マスロフも名目上の4-4-2よりさらに推し進めた可能性があります。自由に流動的でお互いに交換可能な側面は、彼が最終的に考えていたものであり、彼自身の人生の間に実行することができなかったものでした。しかし、それが最終的にロバノフスキーのディナモでの成功の土台となり、最終的にはミケルスとクライフの下でのトータルフットボールとなりました。

 ジョナサン・ウィルソンはピラミッドの反転で、マスロフを偉大な先駆者として提示し、その引用の1つが際立っています。「フットボールは飛行機のようなものです。 速度が上がると空気抵抗も増えるので、ヘッドをより効率化する必要があります」。来るべきストライカー不足に対する彼のヒントは、フットボールが翌年以降にたどるであろう道の正確な予測でした。

 彼は最終的に1970年にディナモがリーグで7位に落ちたときに解任されました。彼は控え選手の不足を救済されませんでした。そしてワールドカップに敗れた選手たちはすべての面でチームに影響を与えました。彼のクラブでの影響力に新鮮味が無くなっているかもしれませんでしたが、代わりがいない状態での解任は不快なものでした。彼はアララト・エレバンの監督になる前トルピードに戻り、国内カップを勝ち取りましたが、それまでに彼のキャリアは下降線をたどりました。彼は最終的に1977年5月に67歳で亡くなりました。

 ゾーンマーキングやアグレッシブなプレッシングなど、マスロフが開拓したコンセプトは、そのロシア人自身が想像していなかったやり方でモダンゲームを形作るようになりました。彼はすべてを考案し、彼の有名なディナモは母国の伝承です。しかし悲しいことに、ロバノフスキーの功績により彼は脚光を浴びなくなりました。

 皮肉なことに、かつてマスロフに拒絶されたプレーヤーが、最終的にコーチとしての彼の輝きを失わさせることになります。ロバノフスキーのゲームに対するビジョンは科学を中心に展開し、地元の物理科学研究所の学部長であるアナトリー・ゼレンツォフ教授とのパートナーシップを確立しました。彼らの偉業はディナモ・キエフをマスロフによって達成されたものよりも先に導きましたが、原則は同じままでした。

 組織的なスタイル、栄養と回復に重点を置くこと、そしてハイプレッシングの理想形はウクライナ人によって採用され、彼に名誉を与え、ディナモを世界的に有名にしました。以前のコーチとは異なり、彼は時代によって制限されませんでした。戦術的な革新と自由な思考でゲームを満たしました。彼らは冷ややかな関係を保ちましたが、彼らはソビエトの巨人のままであり、それぞれが彼ら自身の能力で成功を収めました。

 マスロフは時代に忘れ去られ、彼のイノベーションは40年以上にわたるスポーツの急速な進化によって失われましたが、彼の才能の証は、彼が開拓した4-4-2フォーメーションが今日でも使用されているという事実にあります。それは、常に1番のチームが、創造的な理想と十分に実用主義的であることを結び合わせることを目指す、フットボール選手の世代を形作りました。それが、ヴィクトル・マスロフが大切にすべきレジェンドである理由です。

The Dutch Secret to Football Tactics: Field Hockey by Pablo Mendoza

 2014 FIFAワールドカップの期間中、オランダのコーチであるルイ・ファン・ハールの下には、コーチングスタッフに元プロのフィールドホッケー選手が2人いました。「長年振り返ってみると、フィールドホッケーがオランダの試合に大きな影響を与えたと言えるでしょう」と、元オランダのスター、エドガー・ダービッツは語りました。

 ホッケーでは、すべてのプレーヤーが同じように難なくボールを保持しなければならないため、シームレスにポジションを切り替えることがスポーツの重要な戦略の1つとなっています。これらの特徴は、クライフが率いるチームが、ボール支配、素早いパスムーブ、そしてノンストップの動きでファンを魅了した1970年代から、オランダのサッカーの基本的な特徴でした。

 オランダの女性ホッケーチームの元コーチであるマーク・ランマーズは、トータルフットボールとして知られるようになった革命的なスタイルは、その国のホッケー場にルーツがあると言っても過言ではないと言います。「当時のオランダのホッケーは、スピード、創造性、そして個人スキルがすべてでした。彼らは絶えずポジションを入れ替えました」と彼は言いました。「オランダのホッケーは多くの革新をもたらし、フットボールはそこから学びました」。

 オランダのフットボールは、フィールドホッケーからより直接的な教訓を得ています。おそらくトータルフットボールの最も過激な側面であり、トップレベルのホッケーの証となって久しい、「プレッシング」という戦術は、フィールドの高いで圧力を掛ける事によって、ターンオーバーとインターセプトを狙う、相手チームにフィジカルコンタクトによる制限をかけることです。

 ホースト・ウエインは、数世代のオランダのサッカーコーチがインスピレーションを求めてこのスポーツに注目しており、加えてクライフがアムステルダムアヤックスでコーチをしている間、オランダのホッケーチームの試合に定期的に立ち会ったと述べました。「彼は試合を楽しむためだけではありませんでした」とウエインは言いました。「彼は見たものを何でも取り入れ、チームに適用しました」。ホッケーのピッチからインスピレーションを得たのはオランダだけではありません。2006年、ドイツサッカー連盟は、元ナショナルホッケーのコーチであるベルンハルト・ピーターズを技術コンサルタントとして任命し、ユースの体制を全面的に見直しました。

 別の人々は戦術的革新のためにフィールドホッケーに注目しています。1978年のワールドカップの前に、アルゼンチンコーチ、セサル・ルイス・メノッティは、パキスタンのホッケーチームが開催したトレーニングキャンプに参加し、彼のウイング、ヴィルトゥオーソ(virtuoso)プレイは、当時の世界を支配する側にしました。3か月後、メノッティのアルゼンチンは世界チャンピオンに輝きました。「彼はパキスタンの用いたパストライアングルとギブアンドゴーの組み合わせに非常に興味がありました」と、米国男子ホッケーチームの元コーチ、シブ・ジャグデイは語りました。「彼はアルゼンチンがワールドカップで優勝した後、彼らに感謝状を送りました」。

 フットボールの歴史において、ファン・ハールほどホッケーに魅了されたコーチはいないかもしれません。オランダ代表チームのコーチは、2つのスポーツの間に存在する戦術的なクロスオーバーを非常に確信しており、オランダのコーチングスタッフに2人の元ホッケー選手がいます。

Van Gaal onthult nieuwe biografie op 12 mei 2020/2/10/

https://www.ditjesendatjes.nl/van-gaal-onthult-nieuwe-biografie-op-12-mei/

ファン・ハールは5月12日に新しい自伝を発表します。

 Robert Heukelsによって書かれたルイ・ファン・ハールの新しい自伝は、5月12日に出版されます。昨年、元オランダ代表コーチが新しい自伝に取り組んでいることが発表されました。2009年には、二冊の本「Louis van Gaal, Biography & Vision」がすでに市場に出ていました。それは2つの部分で構成されていました。彼の人生に関する物語と、彼のトレーニング資料とビジョンに関する物語です。

 自伝はジャーナリストのHeukelsよって書かれています。彼はまた、ウリ・ヘーネス、エリック・テン・ハフ、マルク・オーフェルマルスフランク・ライカールトロビン・ファン・ペルシーアリエン・ロッベンペップ・グアルディオラなどとの対談も行っています。ファン・ハールは自伝の中で、バイエルン・ミュンヘンマンチェスター・ユナイテッド時代、アヤックスでのヨハン・クライフのいわゆるビロード革命について初めて議論します。また、彼が「当然の」後継者とみなしている人について話します。

 「私自身の物語を語る時が来ました。長年にわたって多くの本が私について書かれてきました。この本では、物事が実際にどのように進んだかを自分自身で語ります」とファン・ハールは話します。この本は、彼がアヤックスチャンピオンズリーグを優勝してからほぼ25年後に出版されます。

U Zagreb sam došao da pomognem prijateljima 2020/01/06

www.vijesti.me

NKインテル・ザプレシッチのベンチのゼリコ・ペトロビッチ(ヨーロッパのメジャーリーグフース・ヒディンクマルティン・ヨル、アヴラム・グラント、ディック・アドフォカート、およびルート・フリットのアシスタントを務め、ポルトガル、オランダ、日本、UAEブルガリアで監督を務めた珍しい経歴のコーチ)

「私は友人を助けるためにザグレブに行くつもりです」。ユーゴスラビア元代表チーム、セビージャ、PSV浦和レッズetc..でプレーしたモンテネグロ人コーチはいいます。

ペトロビッチは、30年後にザグレブに戻ってきました。1990/91シーズンにブドゥチノスト・ティトーグラードを出た後、ディナモのジャージを着ていたからです。

しかし、彼はディナモではなく郊外のクラブに来ています。ザプレシッチはクロアチアの独立以来、エリートのほぼ不可欠なメンバーでした。

人気のある「イノシシ」は、有名なクロアチア代表チームのメンバーであるルカ・モドリッチエドゥアルド・ダ・シルバ、ヴェドラン・チョルルカ、そして昨シーズンモンテネグロ元代表プレーヤーのマルコ・ブルザノビッチとマルコ・ブクセビッチがかつて着用していたチームです。

ペトロビッチの目標は生き残ることです...

「私が30年近く家族関係にあり、 ブドゥチノストでプレイしている間に出会った私の素晴らしい友人たちは、数日前にクラブのリーダーシップを引き継ぎ、破産から救いました。ボテフ・プロヴディフと私の状況を知っていたにもかかわらず、彼らは私を招待してくれました。私は彼らを助け、スポーツプロジェクトの一員になることを受け入れました」。昨年10月に契約を一方的に解約した前クラブのブルガリア・ボテフとFIFAで裁判中のペトロヴィッチは言います。

インテルは13ポイントでの8位であり、後方にいるイストラとヴァラジュディンより1ポイント上。1チームは直接降格し、1つはサバイバルの入れ替え戦に行きます...

「鍵は生き残ることです。私はお金のためにザプレシッチに来たわけではありません。もしお金に興味があれば、家にいてより良いオファーを待つか、アフリカからの依頼を受け入れたでしょう。素晴らしい友人たちと一緒に仕事をすることを楽しみにしており、良い仕事をするために最善を尽くします」。

Tužba: Željko Petrović traži pomoć FIFA u sporu sa Bugarima 2019/11/30

www.vijesti.me

訴訟:ゼリコ・ペトロビッチブルガリア人との争議でFIFAの助けを求めている。

 ペトロビッチは4か月とリーグカップベスト12で解雇され、PFCボテフ・プロヴディフの獲得ポイントは9だった。
 モンテネグロ人コーチであり、かつて有名なサッカー選手だったゼリコ・ペトロビッチは、ブルガリアのボテフに対してFIFA当局に訴訟を起こし、ボテフは今月中旬に契約を一方的に終了した。

 ブルガリアのメディアによると、ペトロビッチはクラブの経営陣と何度か話をしたが、合意には至っていない。

 彼は2年間の契約を結んでいたので、クラブはその契約で保証されたすべての収入を彼に支払う義務があります。

 53歳のペトロビッチにとって厄介な状況は、彼がオランダ市民としてボテフと契約を結んだことであり、そのため彼の訴訟は欧州連合の法的行為の拠点にもなっている。