Who REALLY invented the pressing game ? and why it works by Uli Hesse

 1934年、トーマス・パトリック・ゴーマンという名前のスポーツライターから転向したコーチがアイデアを出しました。大昔から、チームはボールを所持していないときは自然な衝動に従っていました。彼らは攻撃から自分達のゴールを守るために後ろへ引きました。ゴーマンは、彼らが反対のことをしたとしたらどうなるのだろうか?と考えました。彼らが一気に前に押し出して、そもそも攻撃を仕掛けることさえできないほどの圧力を敵にかけたらどうだろうか?

 ゴーマンはフォワードに、後ろから組み立てようとしている相手に積極的にチャージするように言いました。フォワードの1人は、相手のゴールに近いボールを所持しているプレーヤーにチャレンジし、もう1人は、パスレーンをブロックするようにしました。それからゴーマンはディフェンダーに、慌てて出したパスのインターセプトフォワードによって張られた網を何とかして通した相手のパスをブロックするため、前へ出て中盤にポジションをとるように指導しました。

 選手達たちは頭をかきました。それは自殺行為に思えました。もし誰か1人がタスクに失敗した場合、相手の前にオープンフィールドを残します。そして、たとえすべてのプレイヤーが任務を遂行できたとしても、軽快で技術的に鋭敏なディフェンダー陣は、一連の素早い短いパスでプレスから逃れることができました。ゴーマンがどのようにチームを納得させたかはわかりません。恐らく軽快で技術的に鋭敏なプレイヤーはディフェンダーにならない傾向があると言ったのでしょう。

 チームが新しい戦術を理解するのに時間がかかりました。彼らは次の5試合のうち4試合を失いました。しかし、その後何かがクリックされ、ゴーマンのチームはマシンに変わりました。「私たちは圧力をかけ相手を参らせました」と、47歳のカナダ人は説明しました。3日前、彼のチームは初めてリーグに勝ちました。

Forechecking

 このリーグの名称はナショナルホッケーリーグで、チーム名はシカゴブラックホークスでした。アイスホッケーのコーチが戦術に与えたタイトルは「Forechecking」でした。彼は記者団に次のように語った。「フォワチェックでチャンピオンシップを勝ち取りました。ブラックホークスは敵のゾーンから後退する代わりにフォワチェックし続けました。システムは予想以上にうまく機能しました」。

 80年後、ゴーマンの革新は、イングランドサッカーのほぼ全員が口にします。- forecheckingだけではありません。最近誰もが話しているのは「pressing」のことです。この戦術的策略が突然大流行した理由はかなり明白です:マウリシオ・ポチェッティーノユルゲン・クロップペップ・グアルディオラは、それぞれトッテナムリバプールマンチェスター・シティプレミアリーグで大きな効果を発揮しており、それぞれがプレッシングついて話すのが好きです。あまりはっきりしていないのは、彼らが話していることの正確な性質です。

 2015年10月に彼らのチームがホワイトハートレーンで出会う前に、ポチェッティーノは、自身のプレッシングゲームは、クロップがブンデスリーガボルシアドルトムントで用いたものとは異なるものであり、それはアルゼンチンが「ミディアムブロック」と呼んだものだと言いました。

 しかしながら、ドイツ時代のクロップはある特定のプレッシング形態とのみ密接に関連しています。ゲーゲンプレッシング-または文字通りカウンタープレッシングです。問題がさらに複雑なのは、帰国したクロップの仲間のコーチの多くは、ポチェッティーノのシステムをプレッシングではなく「フォアチェッキング」と言っていることです。話がややこしいので、あなたはハリー・レドナップに共感できるでしょう。かつて戦術的な傾向について見解を尋ねたとき、彼は嘲りながら「プレッシングに関することの全てはナンセンスです。新しいことではありません。成功するチームは全員がハードワークする必要があります」。

Old or new?

 レドナップの反論にはいくつかの真実がありましたが、ハードワークについてだけではありませんでした。プレッシングは、「守備シフトの配置」や「ピッチ全体のカバー」のこととは異なりますが、ほとんどの形式の戦術では、プレーヤーの多くの動きが必要です。ハリーが正しかったのは、それが新しいものではないと彼が言ったときでした。

 批評家たちはアイスホッケーでフォアチェックがどれほど効果的であるかを指摘していましたが、フットボールで同様のものを実装することは不可能に思えました。結局、フットボールには野手が2倍おり、プレー面積の長さはほぼ2倍、幅はほぼ3倍です。つまり、プレシャーを受けているディフェンダーには多すぎるほどの選択肢があることを意味します。(突進する相手の頭の上でボールを扱うことを含みます。これはアイスホッケーではできませんでした)

 それからスタミナの問題がありました。ゴーマンは、選手を交代させたり、ラインナップを変更したりすることで、数分ごとにプレイヤーに休息を与えることができました。フットボールのコーチにはこの特権はありません。

 1974年のワールドカップまで、ゴーマンの積極的なフォアチェックはトップレベルのフットボールにうまく移されませんでした。記録映像は、リヌス・ミケスルの伝説的なオランダが、相手が後方から適切に組み立てる時間を与えなかったことを示しており、彼らが望まない慌てたパスを試みるまで、敵に容赦なく圧力をかけています。1961年に亡くなったゴーマンが実際にそれを見ることができなかったことは残念なことでした。

Dutch innovators

 このオランダの息をのむようなスタイルは、「トータルフットボール」として歴史に刻まれてきましたが、ミケルス自身は別の用語を好みました。「これは私の表現ではないので、人々をトータルフットボールから遠ざけたい」と彼は西ドイツでのトーナメントの数年後に書きました。

 「私にとっては、自分のゲームを「プレッシングフットボール」と呼ぶ方が良いでしょう。これは、1974年にアヤックスとオランダ代表チームで作成したかったものです。ボールを持っていない時でさえ10人の野手全員が前進するベーシックゲームを作成します。私たちは常に前方へプレッシングします」。ミケスルは、特に1つのYouTubeモンタージュを気に入るでしょう。「トータルフットボールのハードプレス」というタイトルです。

www.youtube.com

 オランダのあらゆるものの権威である作家のデイビッド・ウィナーは、ミケルスのプレスを「群れを成して狩り、ハーフウェイライン上で守る」と印象的に定義しました。これは、YouTubeクリップに表示される内容の良い説明です。

 2人、時には3人のオランダ人選手がボールを持った男に向かって移動します。そのうちの1人は相手にアタックし、もう一方はそれぞれ相手のチームメイトをマークするか、どんな可能なボールの通り道もブロックします。このオレンジ色の壁が現れたときにボールを保持している不幸な人物は、ボールを相手チームのゴール方向へ蹴ることさえできません。オランダの最終ラインはハーフウェイラインに近いため、これはどんな相手もオランダの陣内はオフサイドであることを意味しました。

 この力強いがスマートで組織化されたフットボールは、突然どこから来たのでしょうか?ほとんどの人は、ミケルスがプレッシングゲームの創始者ではなかったことに同意します。彼のチームには極めて優れたプレイヤーたち、特に超攻撃的で勤勉なヨハン・ニースケンスがいたので、単にプレッシング初期バージョンを仕上げる立場にあっただけでした。

 ミケスル自身は次のように書いています。「ゲームを最大限にプレイするには、世界で最高の選手のうち少なくとも3人または4人が必要です。劣勢のチームは休んでいるうちに打撃を受け、これは大惨事をもたらす可能性があります」。

Off-field advances

 ほとんどの人は、フットボール選手の全般的なフィットネスが改善し始めたため、1960年代後半にプレスの種がまかれたことにも同意しています。ジョナサン・ウィルソンが戦術史、ピラミッドの反転で説明しているように、ボールを保持しているプレーヤーにそのような容赦ないプレッシャーをかけ続けることは、「ミッドフィールダーにほぼ一定の動きを要求するには、最高の体力が必要であり、プレッシングがなぜもっと早くに現れなかったのかを説明するかもしれない」。

 しかし、誰がフットボールのトミー・ゴーマンと呼ばれるべきかについては意見の相違があります。ウィルソンは、1964年から1970年の間、ディナモ・キエフを担当したロシア人監督のヴィクトル・マスロフがプレッシングゲームを発明したと考えています。

 多くのヨーロッパ大陸の人々は、オーストリアのエルンスト・ハッペルを創始者と見なしています。1970年、フェイエノールトを、オフサイドトラップとプレッシングゲームという2つの柱に支えられたシステムで、見事にヨーロピアカップ優勝へと導きました。ハッペルはその戦術と非常に密接に関連していたので、彼が亡くなったとき、あるオーストリアの新聞はこう書いています。「彼の棺の周りに人が押し寄せる事(pressing)は、彼が常に思い描いていたやり方でした」。

 誰がフットボールにおけるフォアチェックの実用バージョンを思いついたのかについて議論があり、それをプレッシングと呼ぶことにした一方で、私たちには、ある人がその用語を見出した場所についてはかなり良い考えがあります。–バスケットボールという名の別のアメリカの試合で。1950年代に開発された、ボールハンドラーにプレッシャーをかけることに基づく様々な守備システムがあります。例えば、ハーフコートプレスやフルコートプレスです。前者は、相手チームが自陣に入ったときにプレスを行うことを意味します。後者は、相手の陣内の端からプレスを開始することを意味します。

Different strokes

 フットボールにおいても同じです。プレッシングについて話すとき、ほとんどの人はミケルスのバージョンを意味します-相手のボックスの周りでプレッシャーをかけること。しかし、それは一つの異型にすぎません。

 「ピッチのあらゆるエリアでプレッシングゲームはプレイ可能です」。バイエル・レバークーゼンのU19コーチ、ピーター・ヒバラはFourFourTwoに話します。ヒバラは、この分野の専門家として高く評価されています。昨年、彼はドイツのマネージャーがコーチング資格を獲得するヘネス・バイスバイラーアカデミーに招待され、プレッシングを中心としたトレーニングセッションを開催しました。

 「相手チームのゴールに近い、ピッチの非常に高い場所でプレスをする場合、私はそのことを「フォワチェッキング」と呼びます」と、ヒバラは言います。「それから、ディフェンス、ミッドフィールド、オフェンスプレッシングがあります。ディフェンスプレッシングをする場合、後方に下がり、自分のペナルティーエリアの近くでのみボールにアッタクを開始します。アタックしなければなりませんが、それ以外はプレッシングを行いません」。

 「もちろん、他の守備戦略もあります。パスコースを塞ぐことや後方でプレーさせる事で満足できます。しかし、プレッシングとは、ボールにアタックすることによって、積極的かつ好戦的にポゼッションを獲得しようとする状況と瞬間のことを意味します。最終的に、プレッシングとは、コーチが手に入れたいピッチの正確な場所でボールを獲得することです」。

How high can you go?

 ディフェンス、ミッドフィールド、オフェンスプレスの他の用語は、ローブロック、ミディアムブロック、ハイブロックです。ポチェッティーノのクロップがドルトムントで「ミディアムブロック」を使用したと言ったことの意味は、単にブンデスリーガ時代はスパーズほど高い位置でプレッシングゲームを行わず、代わりに相手がミッドフィールドに進んでくるまで待っていたことを意味します。

 この主張は全く正しいものではありませんでした。ドルトムントは、主にチャンピオンズリーグでミディアムブロック(ミッドフィールドでプレッシング)を使用しました。チャンピオンズリーグでは一般的に、困難からから抜け出す方法を理解し、軽快で、速く、技術的に優れたチームと対戦するため、彼らは自身の能力を把握していました。彼らはよく、国内の試合でより劣った相手に対してより高い位置からプレスを行いました。

 プレッシングは、1960年代までさかのぼることができる非常に古いものであるにもかかわらず、なぜそれほど新しく見えるのでしょうか?たぶん、それは主に最近の進歩と革新のためです。

 ミケルスのプレッシングゲームのバージョンは、彼が指摘したように、素晴らしい選手たちが必要でした。- したがって、広くコピーされる可能性は決してありませんでした。しかし、1980年代に、ミランのコーチアリゴ・サッキ(かつてハッペルがハンブルグでコーチを行ったとき、トレーニングセッションを見ていた)は、現代のサッカーのテンプレートとなる「ボールオリエンテッドのディフェンス」として知られるアプローチを普及させました。これは、チーム全体がボールに向かってシフトし、ボールから遠く離れたゾーンで意図的に相手をマークしないままにすることを意味します。

 それ自体はプレッシング(積極的かつ好戦的にポゼッションを獲得しようとする)ではありませんでしたが、それはプレスにとって理想的な状態を作り出しました。サッキのシステムの結果、ポゼッション中のチームは急激に縮小するスペースで作動し、このゾーンでは常に数で圧倒されていました。いったんチームがボールオリエンテッドなディフェンスをマスターすると、プレッシングゲームをするために「世界で最高の選手のうち3人または4人」は必要なくなりました。

Rule changes

 おそらく大きな要因は、1992年にバックパスルールが導入されたことです。このルールにより、プレッシャーを受けたディフェンダーのための簡単な脱出ルートが削除されました。ボールを快適なゴールキーパーの腕に戻すことができなくなりました。同様に、1954年にNBAが24秒ショットクロックを導入したことが、バスケットボールのプレッシング増加をもたらしたと言われています。カチカチと時計が音を立てるときにボールを保持している相手に、プレッシャーをかけリスキーなパスを出させることは理解できます。困難から逃れるドリブルの間に貴重な時間を使い果たしてしまいます。

 最近では、ペップ・グアルディオラバルセロナ(サッキのミラン以来最も影響力のあるチーム)が、プレッシングゲームをまったく新しいレベルに引き上げました。古いフットボールの格言で、チームはあるモードから別のモードにスイッチする必要があるため、ポゼッションを失った後の最初の数秒が最も脆弱になると言われています。グアルディオラの論理的な結論は、これはポゼッションを獲得したチームにも当てはまるということでした。

 カタルーニャ人はその理論を実践しました。相手のボックスの周りのどこかでボールを失ったまさにその瞬間、チームとして積極的にプレッシングし始め、潜在的カウンターアタックの芽を摘みました。

 プレスは守備的尺度で定義されますが、(ボールを保持していないチームが実行するため)バルセロナのカウンタープレスは、攻撃的な戦略と呼ばれる可能性があります。なぜなら、チームがボールを取り戻した場合、危険なゾーンで、また前進し始めたばかりのディフェンスに対して起こる傾向があるからです。実際、特定の状況および特定のゾーンで、カウンタープレスを開始するために意図的にボールを手放すチームが間もなく現れるかもしれないと言う人もいます。

Hard graft on the training ground

 これは、クロップが有名になったプレッシングゲームの型の一つであり、2011年と2012年にブンデスリーガのタイトルを獲得するのに役立ちました。しかしながら、実装には時間がかかりました。他の形式のプレッシングを教える場合は、シフトの仕方やユニットとしてコンパクトに保つ方法をプレイヤーに伝えることができますが、カウンタープレスは言葉による指導だけでは教えられるものではありません。-練習が必要です。沢山の練習。

 2015年にドルトムントの冬季トレーニングキャンプ中にFFTがクロップと意見交換したとき、当時45歳だったクロップは次のように述べました。「衝動を訓練しなければなりません...ボールを失った直後にボールを獲得するポジションに移動するための。あなたは局面を教えるのではありません。衝動を自然な行動になるまで教えるのです」。

 クロップのチームの元キャプテン、セバスティアン・ケールは次のように説明しています。「初期段階では、選手はカウンタープレスを開始するための合図を与える必要があります。時間が経つにつれて、皆の感覚が研ぎ澄まされていくため、必要な合図はは少なくなります」。

 「この種のサッカーには特定のタイプのプレーヤーが必要です。ゲームは非常に激しくなるため、高度な戦術的理解を持っているだけでなく、走り続け、ボールを狩り続ける意欲を持つプレイヤーが必要です」。

 ヒバラは同意します:「プレッシングは激しい。荒々しく、多くのスプリントを伴います。そして、古典的なストライカーを説得するのは難しいかもしれません。彼は言うでしょう:「自分はゴールを決めるためにボックスの中にいるべきだ。相手を追いかけるのではなく」。

 しかしながら、すべての兆候は、将来において古典的な選手が減少するだろうということです。プレッシングゲームは根付き、進化するだろうということです。1934年にトミー・ゴーマンが他のチームがフォアチェックを使い始めるかどうか尋ねられたとき、彼は単に「彼らはやらなければならない」と答えました。

The question: Position or possession? by Jonathan Wilson

 スペインのティキタカの欠点は、チームがポゼッションをコントロールまたはポジションをコントロールできますが、両方行うことができないことです。

 ハーバートチャップマンが1907年にノーサンプトンタウンの監督であった時、ボールを支配するだけでは試合に勝つことができないことに気付きました。もっとも重要なのは、ボールをどこで、どのような状況で保持するかです。したがって、彼は自陣深くに構え、前方に目を向け、相手の後方のスペースを攻撃しようとしました。

 彼はカウンターフットボールの最初の理論家であり、その理論で彼はハダースフィールドアーセナルで大成功を収めました。彼のスタイルは人気がありませんでした。ファンの多くが単に彼が幸運だと考え、その他の人は臆病で、兎に角不適切、ゲームの精神への背信であるやり方だと考えました。チャップマンの啓示は今日もサッカーを形作り続けています。

 ユーロ2012でのグループゲームの最初のラウンドから明確なパターンが現れました。デンマーク対オランダ、ポルトガル対ドイツ、イタリア対スペイン、クロアチアアイルランドイングランド対フランス、ギリシャポーランドの前半。それぞれの試合は、一方の積極的なチームがゲームの主導権を取る形となりました。プレッシャーを吸収するコンパクトなラインで奥深くに構えているリアクティブチームは、相手を制限しようとし、カウンター攻撃またはセットプレイのいずれかから得点しようとしています。

 通常、特にクオリティが欧州選手権と同程度のトーナメントでは、ほとんどのチームがプロアクティブとリアクティブの中間のどこかに位置します。ここで注目すべきなのは、各チームがその役割をどれだけあっさりと受け入れているかです。

tiki-takaへの取り組み

 おそらくスペインとバルセロナのティキタカが原因です。その巨大な積極性に対して-守備的に使用された場合でも-相手は、後方に陣取りスペースを閉じようとする以外にできることはほとんどありません。バルセロナに挑戦しようとしたチームもいますが、エスパニョールやシャフタール・ドネツク、その他のチームなどが気がついたように、彼らは簡単に炎上しクラッシュする傾向がありました。チリは国際レベルで最も接近しました。2010年ワールドカップのコーチであるマルセロビエルサは、積極的なサッカーの大祭司です。彼らは、マルコ・エストラーダの退場にもかかわらずスペインを困らせました。チリの2-1の敗北が両チームに明らかになった時点でゲームは静かに終わりました。

 全ての守備的な表現をチェルシーのようなチームと説明されるのは耳障りかもしれません。 -コンパクトなラインで深く守備することは、4月よりずっと前から行われています- しかし、バイエルンミュンヘンバルセロナ(5つのヨーロッパのトップリーグのいずれにおいても1番目と2番目に高いポゼッションと前方へのパス成功の統計を持っている)という2つの非常に積極的なチームに対するチェルシーの戦い方は他の人の心の中にリアクティブなフットボールで成功する事ができるということを確信させたかもしれません。(ディフェンシブなフットボールカテナチオであると主張することは、多くの理由で等しく迷惑ですが、真の形のカテナシオはゾーンマーキングではなくマンツーマンに基づいており、このトーナメントのすべてのチームがゾーンでプレーしているという事実から始めましょう。)

 リアクティブにプレイしたチームが特にネガティブだったということですらありません。イタリアはかつてポゼッションにおいて非常に活発でした。デンマークの左サイドから襲い掛かるミカエル・クローン=デリは永続的な脅威をもたらしました。イングランドでさえ、少なくとも前半、彼らはフランス陣内で正正とボールを動かしました。過去2年間ではるかに積極的になったドイツが前回のワールドカップで示したように、リアクティブサッカーはスリリングになる可能性があります(実際、ドイツはもっと積極的になることを意図していたかもしれません。彼らが直面したオーストラリア、イングランド、アルゼンチンは馬鹿みたいに守備を行う相手であったため、後方で構え彼らを打ち破るのは理にかなっていただけです。)しかし、過去数か月にわたって明らかにされたのは、tiki-takaの欠陥です。つまり、チームがポゼッションかポジションのいずれかをコントロールできるが、両方を行うことができないということです。いや、むしろ、両方を行える保証ができません。

 これは、すべてのスタイルのプレイに弱点があるため、tiki-takaが終わったということではありません。しかし、数年間、それは無敵のようでした。1分間に25本のパスを中盤で回されたときに、できる事がありますか?ジョゼ・モウリーニョ監督のレアル・マドリードはプレスでバルセロナの落ち着きを失わせようとしましたが、4バックの後方にスペースを残しました。彼は台無しにしようとしましたが、バルセロナはいつ彼らがファールをしたかをレフリーに確信させることに精通していました。

 そしてついに、彼はインテル時代のはるかに劣ったやり方に戻りました。;大きな箱に入るやり方。チェルシーは、ボールがあなたを痛めつける。ただし、特定の領域でのみ。という原則に基づいて、さらに極端な方法でそれを行いました。イングランドはベルギーをほぼ完全に長期的な尽力で制限し、ギヨーム・ジレの25ヤードのハーフボレーがポストにぶつかった1つで逃げ切りました。フランス戦の成功率はやや劣りましたが、それでも主にロングショットだけに留まりました。;サミル・ナスリの努力の1つがポスト内側で発動するのに十分であったというだけです。

 アメリカは2009年のコンフェデレーションズカップでそれを行い、スペインに側面攻撃を与えました。本質的には、ジェイ・デメリットが空中でフェルナンド・トーレスを支配できるというギャンブルで、スペインの残りのフォワードとミッドフィールダーは本当に小柄すぎて脅威を与えることができませんでした。特にドイツが最終的にポルトガルを突破したときはヘッダーからでした:マリオ・ゴメスが持っている才能の1つは彼の空中戦の強さです-そして強力なセンター-フォワードは相手が非常に用心深く守備をするときの武器です。

不確実性の原理

 本来、哲学を確立するチームは、2つの極点の間の点を選択する必要があります。ボールをコントロールができる場合、対戦相手が許可する範囲でのプレーを強制されます。一方、ディフェンシブサードに人を敷き詰めペナルティボックスを守る決断をしだ場合、恐らくほとんどボールを見ないことを受け入れなければなりません。前者は積極的であり、後者は反応的です。プロアクティブなサイドは、相手からボールを遠ざけて循環させることで守備ができます。;リアクティブなチームは、相手を引き付け、背後のスペースを突くことで攻撃します。リヌス・ミケルスアヤックスアリゴ・サッキミランペップ・グアルディオラバルセロナは明らかに積極的でした。チャップマンのアーセナルエレニオ・エレーラインテルロベルト・ディ・マッテオチェルシーは明らかに反応的でした。ほとんどのチームは両極端の間のどこかで妥協を選択します。

 「素晴らしいチームはすべて、ピッチとボールをコントロールしたいという同じ特性を持っています」とサッキは言いました(そして彼に質問をしてくれたパオロ・バンディーニに感謝します)。「それから、プレーヤーは、いつマークを離したほうが良いか、いつスペースを占有するべきかを知る必要があります。そして、基準点は相手ではなく、チームメイトであるべきです。サッカーは非常に複雑です。攻撃を仕掛けているときは、適切な距離を保ち、適切なタイミングを取り、マーカーを振り切るための適切な方法が必要です。あなたがこれを持ち合わせていない場合、あなたが作り出すフットボールは調和することはありません。フットボールは、調和しているチームのためのスポーツです。多くの場合、チームはまったくチームではなく、単なる集団です。そして、彼らは一緒に動くのに苦労します」。

 「欲望はあるかもしれませんが、それだけでは十分ではありません。グループをチームに変える魔法はプレーです。攻撃フェーズと守備フェーズの両方に全員を含めなければならないプレーのシステム。この文脈では、最も近い人が最も多くのソリューションを持っているということは明らかです。そしてクローズとはコンパクトなチームを意味します。守備フェーズでは、10メートルのランニングは20メートル、30メートル、40メートルのランニングのように消耗することがないため、エネルギー消費量が少なくなります」。

 「チームは最初にそこへ到達します。プレスを適用でき、より多くの共同作業ができるため、落ち着きます。また、攻撃フェーズでは、誰でも移動できるため、多くの選択肢があります。これが非常に有機的なチーム、十分な理解を持つチームと集合的なチームの違いです。、、、多くのチームにはソリストがいますが、これらは調和を壊します。バルセロナにはソリストがいませんし、私たちにはソリストがいませんでした。アヤックスにもソリストがいませんでした。私たちにはチームと、チームのために、ビッチ全体で、ゲーム全体のためにプレーする選手がいました」。

 もちろん、優れたリアクティブなチームもユニットとして守備を行います。彼らはまた調和を持っています。サッキが示唆しているように、偉大なプロアクティブなチームは偉大なリアクティブなチームよりも優れていることがあるかもしれません。(もちろん、あなたが偉大さをどのように定義するかに依存します:例えば、リアクティブなサイドであるジュゼッペ・ヴィアーニのミランは、サッキのミランの1つに対して3つのスクデットを獲得しましたが、ゲームの歴史について鋭敏な感覚を持っている人でもあまり愛されていません。)

 そして、サッキは偉大なチームについて話しています。彼のミランマルコ・ファン・バステンルート・フリットが自陣の20から30ヤード以内まで下がってディフェンスすることができたかもしれないが、それは守備が破られ一連のショートパスでプレイすることを強いられたとしても、ボールを失わない技術に熟練してるためです。ロイ・ホジソンイングランドまたはモーテン・オルセンデンマークは、おそらく当然、よりシンプルでより直接的なものを求めています。

 もう1つのポイントは、確かに、攻撃フェーズで必要とするオプションの少なくとも何人かはフォワードでなければならないということです。バルセロナチェルシーとスペイン対イタリアの両方で、ゴールから30ヤードの位置でボールを受け取ったプレーヤーが、横または後方のパスしかできなかった多くの例がありました。必要なことは、プレーヤーがボールラインを超えてより深いところから爆走することです。それこそが、セスク・ファブレガスチェルシーに対してペナルティを勝ち取った方法であり、彼が正にイタリアに対してゴールを決めた方法です。一方、フェルナンド・トーレスの投入は、スペインの調和にはあまり役に立たなかったかもしれないが、少なくともダニエレ・デ・ロッシが守ろうとしたため、イタリアを確実に混乱させました。

 皮肉なことに、もちろんプロアクティブな側にとっては、リアクティブな相手のハーモニーに大きな混乱を引き起こすため、自身のハーモニーを乱すプレイヤーを投入する方が良いかもしれません。一方で、クリス・ワドルは、おそらくボビー・ロブソンがクラブレベルのようにさまようのではなく、むしろ自分の位置を保持するように彼に繰り返し指示したときのイングランドでの自分の日々を思い出し、イングランドは「非常に形を保っていた」とコメントしました。-言い換えると、彼らは、創造的であるにはあまりにも柔軟性に欠けていた。

 それは、すべてのチームがとらなければならないバランスです。サッカーは絶対ではなく、相対のゲームです。戦略は、利用可能なリソースだけでなく、直面する相手(および気候条件やピッチ条件などの外部要因)によっても決定されます。イングランドがそれほど柔軟性に欠けていなければ、彼らは得点する可能性が高かったでしょうが、彼らはさらに敗北を認める可能性が高かったかもしれません。スペインがトーレスを-或いはついでに言えばフェルナンド・ジョレンテを-早めに投入した場合は、自らのポゼッションをコントロールするリズムを混乱させた可能性がありますが、得点しやすくなったでしょう。それが、バルセロナやサッキのミランなど、理想を妥協せずに最大限追求する側がとても記憶に残る理由でもあります。それは非常にまれで非常に困難です。時としてビエルサ(そしておそらくグアルディオラアーセン・ベンゲルも)の感覚は、彼が原理主義という点においても理想主義的であり得るということです。

 ハーモニーは重要ですが、それは相手のハーモニーに関してのみです。

Botevの新コーチにゼリコ・ペトロビッチ

 モンテネグロ人のゼリコ・ペトロビッチはBotev Plovdivの新しいヘッドコーチです。 クラブは、新しいシーズンにチームを率いる53歳のスペシャリストと合意しました。

 ペトロビッチは、昨年オランダのユトレヒトディック・アドフォカートのアシスタントとして働いた後、「黄色と黒」のチームを引き継ぎました。

 Botevの新たなコーチ陣はZarko Lucic(アシスタントコーチ)、Todor Georgiev(コンディショナルコーチ)およびMihail Rolev(ゴールキーパー)です。

 チームがVelingradのキャンプの出発前、水曜日に公式に発表され、記者会見がさらに予定されています。

 Botevの新しい監督はフットボールで豊富な経験を持っています。プレーヤーとして、彼はセビージャ、PSVアイントホーフェンディナモザグレブそして元ユーゴスラビアの代表チームのチームでプレーしています。

 彼のコーチ歴は、Boavista(ポルトガル)、Walwick(オランダ)、Urawa(日本)、Al Shaab(UAE)、Ado Den Haag(オランダ)のトップコーチでした。

 ペトロビッチは、ディック・アドフォカートの長年のアシスタントです。彼は、サンダーランドセルビアの代表チーム、ユトレヒトなどで一緒に働いています。Botevの新しいコーチのキャリアには、フェイエノールトルート・フリットハンブルグマルティン・ヨル、ウエストハムのアヴラム・グラント、アンジ・マハチカラフース・ヒディンクのアシスタントコーチとしての仕事も含まれています。

botevplovdiv.bg

Manchester United: Louis van Gaal on his sacking, his legacy and life in retirement By Simon Stone

 ルイ・ファン・ハールがウェンブリーの記者会見に現れ、FAカップをテーブルにドシンと置いてから約3年が経った。

 そのオランダ人は、彼が監督として最も偉大な業績と見做すものをまさに完成させたところだった。「6ヶ月間、私の首に縄が巻かれていたにもかかわらずトロフィーを勝ち取った」。

 クリスタルパレスに対してマンチェスターユナイテッドの10人での勝利の最後のホイッスルから数分以内に、彼が解任され、ジョゼ・モウリーニョに置き換えられることが報道された。

 私は先週、あるイギリス人ジャーナリストの初めての書面のインタビューのために、彼と共にポルトガルファン・ハールと会った
 彼は元気そうで、活気があり、今ではプロフットボールにおける40年以上のストレスから解放されていた。先週、彼は引退を発表した。

 魅力的な90分の間、現在67歳のファン・ハールは、いつものカリスマ性を帯びていた。彼は笑った-たくさん。彼は会話を手助けしようとしたり、私が注意を払っている事を必ず確認したりする特徴があった。もし私が彼と意見が異なる事を言ったならば、彼はふんぞりかえり、あざ笑い、手を振り退出させられていただろう。

 時折、彼は特定の反応を要求する質問の回答で終えた。彼の英語は「あまり良くない」ので、彼は私に彼の文章を整えるように、私に二度以上頼んだ。彼はインタビューを中断してファンと一緒に写真を撮ったが、それが良かったかどうか私に尋ねる前にだった。ファン・ハールは、彼の個人的な関係における細部へのこだわりを非常に重視している。

 マンチェスターユナイテッドからの彼の退出の仕方が、まだ心にわだかまりとして残っているのは明らかだった。彼の憤りの核心にたどり着くために、2014年の春に巻き戻す。

 ユナイテッドは、デイヴィッド・モイーズをサー(Sir)アレックス・ファーガソンの後継者に任命するという決定によって生み出された大惨事から抜け出そうとしていた。

 彼らは、仕事に圧倒されないような、成功の実績を持つ人を望んでいた。ファン・ハールはその案件にフィットした。さらに、彼はオランダとの契約がワールドカップ後に切れるので契約可能だった。トッテナムも興味を持ってたが、ユナイテッドの人を引きつける魅力には説得力があった。

 「マンチェスターユナイテッドは古いクラブだったので、トッテナムの方がベターな選択だった。私はクラブを変革しなければならない事が分かっていたからね」。ファン・ハールは言う。「間違った選択だったかって?多分、しかし私は自分に正直に生きる。私はオランダ、ドイツ、スペインのナンバーワンのクラブで働いた。そして今イングランドでも同じように」。

 ファン・ハールは2年間の契約を望んでいた。彼は2016年の夏に、彼が若かりしころにした65歳で引退という母への誓いを全うしようとした。ユナイテッドは彼に3年契約を望んだ。

 彼は言う。「グレイザーズ家(クラブオーナー)とエド・ウッドワード(CEO)は私に依頼した。だからこそ私は彼らが選んだ方法にいまだに怒っている。ウッドワードはユナイテッドが私の最後のクラブになる事を知っていた訳だから」。

 ファン・ハールはクラブを元の栄光に戻すことはスピーディなプロセスにならない事にも気がついていた。

 「彼らは30歳以上の選手を7人抱えていた」。彼は言う。「私たちはそれについて就任に関する面談で話し合った。初年度に私たちはチャンピオンズリーグの出場権を獲得した。2年目でFAカップを勝ち取った」。

 2シーズン目の11月21日、ユナイテッドはワトフォードに2-1で勝利した。彼らはプレミアリーグで、最終的に優勝したレスターの後ろの2位だった。次の5試合で2ポイントしか獲得できず、その破滅的な期間にチャンピオンズリーグからも敗退した。

 ネガティブなフットボールに対するサポーターの嫌悪感が強まり、ファン・ハールのマネージャーとしての立場はますます厳しい視線が注がれるようになった。ファン・ハールの知らないうちにモウリーニョとのコンタクトが行われた。今日に至るまで、ユナイテッドは何のオファーもしていないと断固として主張している。オールドトラフォードの外部の情報源はそうではなかった。メディアではその情報が流れ、ファン・ハールは気が付くと不運な状況に立たされいた。

 「ウッドワードがモウリーニョを選ぶのは想像できる」。ファン・ハールは言う。「彼はトップコーチ。彼は私より多くのタイトルを勝ち取っているからね。

 私が嫌いなのは、ウッドワードが私の後任者とコンタクトをとり、私を代えることを知っていながら、6ヶ月もの間、彼が口を閉ざし続けたことだ。私は毎週金曜日に記者会見に向かわなければならなかったし、噂についてどう思うかを尋ねられなければならなかった。コーチの威厳は?

 6ヶ月間、メディアが私の首に縄を巻いた状態でFAカップを勝ち取ったことは、私の最大の成果だ。

 その試合の翌日、ウッドワードと話をした。彼の主張は、私はもう1年そこにいるだけで、モウリーニョは3、4、或いは5年の間そこにいるだろうということだった。彼が私をポルトガルに連れ戻すためにプライベート航空機を雇ったことには感謝するが、彼の主張は十分ではなかった」。

 彼のフットボールに対する否定的な見解が指摘されたとき、ファン・ハールは活気づいた。

 「それは真実ではない」と彼は主張する。あなたは退屈だと言った。なぜ退屈だったのか?退屈な攻撃だったかもしれないが、それは相手がバスを停めていたからだ。それからより速いテンポでプレーしなければならないが、それは難しい。どんな選手を保持しているかを考慮しなければならないからだ。

 ウェイン・ルーニーが10番でプレーするべきだったが、ロビン・ファン・ペルシープレミアリーグに十分フィットしていなかった。それはルーニーが我々の保持している選手の中でベストストライカーであることを意味した。しかし、マンチェスターユナイテッドには世界で最高のストライカーが必要なんだ」。

 彼はその問題を解決しようとした。

 アンヘル・ディ・マリアラダメル・ファルカオバスティアン・シュヴァインシュタイガーがやってきた。多額な出費の大物。

 初めの2人は1シーズン続き、2シーズン目のシュバインシュタイガーは、2017年の3月にメジャーリーグサッカーに移籍する前に、4回出場した。

 最近ディ・マリアはユナイテッドでの失敗を、ファン・ハールが誤ったポジションで起用したためだと彼を非難した。

 「ディ・マリアは私の問題だと言う。私は彼をあらゆる攻撃的なポジションで起用した。調べればわかる。彼はどのポジションでも全く私を納得させられなかった。彼はプレミアリーグにおけるボールへの継続的なプレッシャーに対応することができなかった。それは彼の問題だ」。ファン・ハールは言う。

 「ピッチ上にキャプテンが必要だったのでシュバインシュタイガーを連れてきた。彼はそれをしなかった。彼は負傷した。彼は言い訳をした。

 私はファーストクラスのストライカーが欲しかった。全ての名前を挙げたくないが、1番・2番が無理ならば、4番、5番で満足しなければならない。だからファルカオをチームに加えたが、事前に負傷していることを把握していた。それが彼をローンで獲得するべきだと言った理由だ」。

 会話の過程で、ファン・ハールはテーマに戻る。

 メディアは影響力を持っているが、彼らは非常に限られた事実を元にそれを発揮する。例として、彼は今月初めにアヤックスがどのようにしてチャンピオンズリーグレアルマドリードを破ったのか、そしてなぜアムステルダムアリーナで負けたにもかかわらず、彼らが第2戦よりも第1戦のホームの方が優れていたのかを説明する。それはオランダのチームによる偉大な現代のパフォーマンスの一つと考えられている。

 「メディアは試合を分析しない」。彼は言う。「彼らは結果を分析する」。

 オーレ・グンナー・スールシャールに関して。

 「ドナルド・トランプが大統領に就任して以来、私たちにはフェイクニュースしかなかったと人々は思っている。フットボールにおいては50年間に渡って存在した」。とファン・ハールは言う。

 「私の後任コーチ(モウリーニョ)はバスを停める戦術に変え、カウンターでプレイした。現在は別のコーチがバスを停め、カウンターでプレイしている。モウリーニョスールシャールの主な違いは、スールシャールが勝っていることだ。

 私はそこにいる訳ではないが、変化を試み、雰囲気が良くなったように思える。また、スールシャールポール・ポグバのポジションを変え、より重要な場所へ置いたのも事実だ。

 しかし、現在のマンチェスターユナイテッドのプレイの仕方はファーガソンの方法ではない。守備的なカウンターアタックフットボールだ。もしそれを好むなら、それが好きなんだろう。私の退屈な攻撃よりエキサイティングだと考えるなら、それもいいだろう。しかし、それは私の真実ではない。

 スールシャールは2回負けたばかりでそれを管理しなければならない。マンチェスターユナイテッドチャンピオンズリーグへの出場資格を得ることは、私が監督を務めていたときと同様に重要だ。しかし、彼らは守備的なシステムでプレーするのでチャンピオンズリーグを勝ち取る事も可能だ。彼らを倒すのは非常に難しい。そして、あなたが好むと好まざるとにかかわらず、それはモウリーニョの業績の成果だ」。

 前日、ファン・ハールはリーグ監督協会の会合で講演したが、彼は依然としてすべての監督が直面する困難に非常に敏感だ。

 彼は多くの意見を持っているが、公式でも非公式であっても、仕事に積極的に取り組む人間を批判する事は決してない。メジャーな評論家の一人の決断、最近、31日後にオールダムによって行われたアポイントに、彼自身がとった間違った行動が如何に早いものであったか彼は気付いているが。

 「ポール・スコールズも監督だったよね?」彼は微笑む。「ファンタスティックだよ。ファンタステック」。

 彼の「メディアに辞めさせられる」という最近のコメントが、ファン・ハールの2012年に最初に言ったことを繰り返しただけであるので、面白がっている。それでも彼はまた、ユナイテッドを離れてから1か月後に2つのオファーを受けたことを明らかにする。それら全てを断ったわけではなかった。

 「それらは最高レベルのクラブからだった」。彼は言う。「イングランドからはそれほど多くないが、ドイツ、スペイン、アメリカ、メキシコ、アルゼンチンからはたくさんある。私は二度、非常に悩んだ。妻のトルースに尋ねたが、彼女はノーと言った。最後のひとつはフェイエノールトだった。彼女はフェイエノールトファンだったので引き受ける事を望んだが、私は一貫した人間だ」。

 彼が注目の的であることを楽しんでいるというファン・ハールに関する一般大衆の認識がある。これは的外れだと彼は言う。どれくらいインタビューの依頼をしているか?、と彼は尋ねる。

 応答するのはユナイテッドを去ってから大体、月に一回。もし注目されることに夢中なら、なぜそんなに長く待つのか?彼は主張する。

 「誰もが私をナルシストだと思っている。私は実際には正反対だ」。と彼は含み笑う。

 「私は誠実に答えるので、メディアは私のことが好きだ。フットボールにおいて何人の人々が誠実に答えるだろう?私は嘘をつかない。常に真実。いいだろう、私の真実かもしれない。しかし、それこそが真実だ」。

 モウリーニョの解任の余波で、ユナイテッドの情報筋は、新しいマネージャーに加えて、テクニカルディレクターの任命が議題になっていることを明確に述べた。

 現時点ではファン・ハールの時代から全く変わっていない。全体的な責任者のウッドワードと、経済と金融の修士号を持ち、投資銀行で13年の業務経験があるマット・ジャッジが報酬と契約の交渉を行っている。ユナイテッドはフットボールを優先し、ピッチでの成功はクラブの全員の目標だ。ファン・ハールは同意しない。

 「現時点でスカウト部門の体制があり、その上にウッドワードの右腕となる人物がいる。体制はそれほど悪くはないが、右腕は銀行家の誰かではなく、フットボールの視野を持ったテクニカルディレクターでなければならない」とファン・ハールは言う。

 「残念ながら、我々はフットボールクラブではなくコマーシャルクラブについて話している。私はこれについてファーガソンに話した、そして彼の最後の数年、彼もそれに問題を抱えていた」。

 トロフィーを越えて、記憶に残るであろう彼の輝かしいキャリアの一つがあるとすれば、それは彼が抜擢した若手選手の数だろう。
 ファン・ハールは、クラレンス・セードルフパトリック・クライファートエトヴィン・ファン・デル・サールカルレス・プジョル、シャビ、アンドレス・イニエスタトーマス・ミュラーをデビューさせた。今や全員がフットボールの最高レベルで確立された名前だ。

 彼は言う。「私が必要に迫られてしただけだとモウリーニョが言っているのを何かで読んだ。真実ではない。私は必要性を造ったんだ。

 マンチェスターユナイテッドは30人以上の選手を抱えていたが、私は23人に戻した。それから私はユースアカデミーのためにオープンセレクションを行った。私はすべてのクラブで行った。 だからこそ、多くの若手選手たちが私の下でデビューした。

 モウリーニョのようなトレーナーの多くは、決して若者にチャンスを与えない。そう、5分。 スールシャールは10分。 それはチャンスではない。チャンスとはゲームの事だ。

 過度の経験は良くない。それからあなたは自動操縦のパイロットだ。あなたは常に想像力が必要で、そして若手選手がどれほど想像をかき立てるかを忘れることができない。

 もし、進んで若手選手を信頼できないのであれば、ユース育成を伴ったクラブの監督には向いてない」。

 しかしトップへの道は能力だけとは限らない。

 「性格も非常に重要だ。私のとき、ラッシュフォードはとても謙虚で、私は彼がより高いレベルに届くと思った」。ファン・ハールは言う。

 「私はAからBへボールを蹴る能力が最も高い選手達を知っているが、人間としてはそうではなかった。それからその事を忘れてしまう」。

 チャンピオンズリーグには8チームが残っている。ファン・ハールはそのうち3つの監督を務めた。 - アヤックスバルセロナ、ユナイテッドだ。彼は特にユナイテッドのファンが彼の好ましい結果に悩まされることを知っている。

 「人々はバルセロナをベストだと考えるが、そうではない。マンチェスターシティとリバプールバルセロナよりチームであり、リバプールはシティよりもチームである」と彼は言う。

 「私の哲学において、最高のチームが勝利するだろうが、彼らは最高のフットボールをするので、シティを望む」。

 46年間の後、ファン・ハールフットボール人生は終わった。今、彼は妻、子供、そして孫たちと共に、「自身の未来」を創造している。自宅をアルガルヴェへ移動したことは、その最終段階に近づいている。

 彼の遺産の評価を推し進めた事で、ファン・ハールは、彼が感じる本当の人間性を正確に反映している、よりソフトな側面を明らかにする。

 「私は哲学を持っている。私はそれを確信し、4つの国でトロフィーを勝ち取ることで、哲学が機能した事を証明した」。彼は言う。

 「しかし、私の遺産は結果より大きいのものだ。コーチとの関係、選手達だけでなく、クラブの全員とのでもある。

 それは私のイメージではないが、私はそのように非常に人間的だ。マンチェスターユナイテッドでは、パフォーマンス部門に40人以上の人がいた。医療部門、ファン。彼ら全員クラブへの思いやりをもっていた。私はリバプールでの試合に解説者として仕事に行った。そして、ユナイテッドのファンはまだ私の名前を叫んでいた。

 私は未だに私のことを好きでいてくれる人々を誇りに思う。それが人生で最も重要なことだ」。

Juanma Lillo Interview with Sid Lowe

 史上最年少でスペイン1部のコーチを務め、4-2-3-1の「発明家」であり、探求心や独創性に恵まれたフアン・マヌエル・リージョは、常にフットボールの哲学者と考えれれてきた。(理論と現実は違うと考える評論家たちでさえ。この手の人間は定期的に関係を覆す)フットボールマネージャーは無意味なフレーズを使うジャーナリストを激しく非難する。弁証法的な戦いを好む男は、1万冊以上のライブラリーと世界有数のフットボール雑誌や新聞の完璧なコレクションを自慢し、複雑系の理論の長さについて話す。彼は拡張的なフットボールスタイルの断固とした擁護者だ。何にもましてポジショニング、特に総当り攻撃。それは、バルセロナとスペイン代表チームによって、何年も経ってから表現されたスタイルだ。

 彼がずっと後悔していることは、彼がプロの選手では決してなかった事だ。-「ピッチ上の15分を思い出す」- と彼は言う。しかし、スペイン中で彼はベンチでお馴染みの顔になった。少なくともしばらくの間。昨シーズン彼が引き継いだアルメリアは、名を変えてからの10年間で初めて1部への復帰したときだった。その一方で、メキシコではペップ・グアルディオラを指導した。実際には「指導」という言葉はかなり不十分だ。グアルディオラはリージョへの賞賛を決して隠さないし、ヨハン・クライフと共に最大の影響を受けたコーチとして彼を説明した。リージョがバルセロナについて話すとき、彼は『私たち』について話さずにはいられない。彼はグアルディオラを指導した。バルセロナBと初めてファーストチームの監督になった最初の数ヶ月、彼は非公式にグアルディオラのセッションの準備を手伝った。かつて公式になるかもしれなかった。Lluis Bassatが2003年に会長選に出馬したとき、スポーツディレクターはグアルディオラになることになっていた。コーチはフアン・マヌエル・リージョ。だが、Bassatは敗れた。グアルディオラが引き継ぐまで6年がかかる。リージョは公には全く役職にはつかなかった。-プロジェクト全体にはっきりした彼の指紋が残されていても。現実は残酷だった。今シーズン始め、リージョは8-0で敗れたあと、アルメリアのコーチを首になった。ペップ・グラルディオラのバルセロナ相手に。

Q.あなたはかつて会長がコーチを首にするのは理解できるが、そもそもなぜ雇ったのか理解できないと言いました。それは解決したのですか?コーチとは何のためにいるのですか?あなたの役割は何ですか?

A.まず、正式な役割については疑問があります。非常に基本的なレベルでは、誰がプレイし、誰がしないのかを選択することです。そうでなければ誰がそれを行いますか?与えられ制限された身分以上に役割を確立しようとしないでしょう。これはプレイヤーによって行われるゲームです。自分たちの意義を表明するコーチたちは、いくつかの個人的な提唱、あるいは他人を通して自分の地位を主張したいように見えます。私たちの役割は、多くのコーチが理解したり信じたいと思う事に満たないです。とは言っても、それらの制限の中には概要を説明できるものもあります。しかし最初に、プロの範囲と育成の範囲の違いを説明しなければななりません。あなたはコーチとは何かと尋ねました。何人かはより説教的、何人かは主役になりたがり、何人かはオーソドックス、それ以外。何人かは競争に刺激され、それ以外の人はゲーム自体によって刺激を受けます。

Q.あなたの場合は?

A.私はとても若いうちにコーチになった事を覚えておいて下さい。16歳で既にコーチでした。私は選手では無かったので選手達により歩み寄ることや、共通点を探すことを余儀なくされました。それが物の見方を変えます。私は選手になりたかったが、それが問題でした。私のvocacion[天職]の'V'は選手になることでした。私のbocacion[vocacion、職業]の'B'はコーチになりました。私は自分で食べているコーチです。全てのコーチは様々な物事が混在していますが、私は自分自身を教訓的だと考えています。私は自分のことや自分が行っている事を選手が知覚する手助けをしたいです。ゲームについてだけではありません。人々についてです。全てについてです。あなたがどのように生き、何者であるか。あなたが行う、人との関係性や立ち振る舞い、意思疎通の重要性...それら全てがチームプレイに影響を与えます。私たちの社会には教師は沢山いますが、教育家や促進者はほとんどいません。スペインの哲学者であり作家のFrancisco Umbralが言ったように、人々は日々より良い資格を得るが、教育は余り受けていません。人々はMBA、またはMBB、MBCを持っています - しかし、彼らは道を渡ることはできませんし、まだ他の観点から物事を見ることへの共感を持っていません。アカデミアは私たちを機械にしようとしています。私の仕事に関する限り、共感は不可欠です。人は悪い環境より良い環境のほうが、どんな仕事においてもパフォーマンスが良くなります。選手に見えていないかもしれないことをあなたは意識させる必要があります。とりわけこの頃、チームプレーはますます困難になっているからです…

Q.なぜですか?

A.そのように社会が整っていないからです。社会はあなたを個人主義へと駆り立てます。サッカーは集団スポーツです。あなたはそのように扱う必要があります。誰もが自身の生き方をもっています。あなたは関わり合い、付き合いを促進します。それをするためには、あなたがする事とあなたが言う事との間に最小限の違いがあることを確認しなければなりません。あなたは多孔的でなければなりません。あなたは聞く事ができますか?指示する事ができますか?権力には3種類あります。正式な権力、技術的権力、個人的権力。私は「コーチ」または「ボス」の立場のような、他の誰かの力を通した正式な権力は望みません。権力はあなたが課すものではありません。あなたが交流する人々によって容認されたものです。私はプレイヤー間の自己発見、対話と理解を奨励したいと思います。それは複雑で変化しています。あなたは命令するのではなく人々に志向させます。あなたはバランスをとり、順応し、耳を傾けるのです。人間はオープンです。議論を決定的に終結させる答えはありません。ある選手で上手いったことが、別の選手では上手くいかないということではありません。ある選手で上手くいったことが、同じ選手でも、時間と状況が異なれば上手くいかないということです。

Q.実際問題として、あなたの仕事は何を伴うのでしょうか?あなたがクラブに顔を出す最初の日、あなたは何をしますか?

A.私が最初にすることは、すべてのプレイヤーと個人的なミーティングをすることです。私は彼らに関するたくさんの情報とデータを調べます。私はその情報を確認し、検証し、その情報を持って彼らに挑みたいです。彼はそれを聞いたとき、どう思うでしょう?彼について話している事を選手に教えること以上に、オープンで誠実であることはありません。私はその情報を口外せず、偏見を固める事もできました。しかし、私はしません。彼らについて抱いている偏見や先入観を、選手に教えること以上に誠実な行為はありません。私たちは皆、偏見を持っています。-良いものも悪いものも。私は彼らの目を見ながら、私の集めたものを見せます。翌日、私はグループ全体に話します。私は彼らが自身とチームについてどう思うかを彼らに示します。私は鏡をかざすのです。多くの場合、あなたは彼らの自己認識から最も多くを学びます…私は選手を知っている人、彼らとドレッシングルームを共有している人、そして彼らをコーチしている人と話します。もし彼らの両親と話すことができればいっそう良いでしょう。それからあなたはその情報を使用する方法を知っている必要があります。

Q.フットボールの面では、どのようにチームを編成しますか?明らかな事は、(単純化すれば)、コーチがクラブで着手していることや考えてること:誰が右サイドバック、誰が左サイドバック、誰がセントラルミッドフィールダーなのか、等々?

A.私の場合はそうではありません。 チームに参加すると、80パーセントあるいはそれ以上すでに構築されています。あなたはすでにある多くのものと衝突するかもしれないことを理解する必要があります…あなたは進んで選手から学ぶ必要があります。その逆ではありません。全てのことが、彼らの間で、一緒に機能しなければなりません。私のメンタリティーは対話と結び付きです。仮にあなたが、「右サイドバックを評価しましょう」と言うと、私は「彼と一緒にいるのはだれですか?、彼の前にいるのは誰ですか?一番近くにいるのはだれですか」と言います。

Q.あなたは攻撃や守備のようなものはないと以前に言ったことがありますか?

A.もちろん。ボールがなければどうやって攻撃や守備ができるのでしょうか。一方が他方なしで存在できるのはどうしてですか?人々はコミュニケーションが必要ですが、コンセプトの短縮や単純化があります。私はそう理解しています。重要なのは、駄目にすることなく縮めることができなければなりません。そしてそれは全ての事に当てはまります…たとえあなたが物事の断片を再び一つにするつもりでも、それらはもはや同じものではないので、それらをコンテキストから取り出す事はできません。あなたはラファエル・ナダルの腕を離すことはできませんし、別々にトレーニングもできません。もしあなたがそれをするなれば、元に戻すとき、不均衡、生物からの拒絶を引き起こすかもしれません。どのようにフットボール以外でフットボールの強さを手に入れることができますか?もしあなたが向こうで走れば、向こうで走る事があなたのトレーニングで、フットボールはプレイしません。走れば健康になるでしょう。本当に走ることは健康的ですから。しかし、もしコンテキストから取り出して取り組むならば、あなたが将来より良いサッカー選手になるということを意味しません…

Q.しかし、走る事は役に立ちませんか?

A.あなたをより健康的にしてくれます。そしてそれが心理的にあなたを助けてくれれば素晴らしい。もしあなたがより良く、より強く、より早く感じるなら、あなたはピッチの上で他の選手とより良い関係なのでしょう。フットボールは連想的、組み合わせ的です。しかし、ただ走るだけでは必ずしもあなたが良くなるとは限りません。

Q.確かに速い選手はそうでなかった場合よりフットボールでまだ役に立ちます。もし彼がそれほど速くなかったらどうですか?

A.彼がそれを使う方法を知っていれば。そしてフットボールにおけるスピードとは何か?私たちはそれに答えて何時間もここにいるかもしれません。人々がサッカーで持っているスピードの概念は、実際には個人スポーツからの概念です。このフットボーラーのケースにおける、ここからそこへいくというのは、トランジションの概念です。彼は速く走る…ウサイン・ボルトフットボールの事象でしょう。

Q.しかし、それは意図的な議論の妨害ではないでしょうか?確かに彼はフットボールの才能がありません。しかし、フットボールの分野では、速い選手が役に立つことがあります。例えば、以前監督を務めたアルメリアのアルベルト・クルサットをカルレス・プジョルの傍に並べて、ボールに向けてスプリントさせた場合、クルサットが先に触るでしょう…

A.もちろん。しかし、クルサットはボールに走るべきかどうかの適切なタイミングを知っていますか?パスより先に動作があります。両者の間の競争を単純に切り離すことはできません。彼にはプジョルよりも有利な点がありますが、その利点を活かすには、自分がそれを持っているかどうか、そしてその使い方を知っている必要があります。 - そしてそれをアシストする方法を知っているチームメイトがいます。一人では、彼は無価値です。私たち全ては、全ての人を必要としています。ボルトの例えは馬鹿馬鹿しくありません。速度(人がある場所から別の場所に移動する速さとして表現された)だけでは価値がありません。それは存在しません。非常に多くの戦術的なパラメータ、ゲームのコンセプトがあります。そして、それのすべては、自覚しているあなたの資質、プレーヤーの相互作用、相手によって条件付けられます。

Q.クリスティアーノ・ロナウドの例はありますか?彼は非常に速いですが、チームが彼にそのスピードを使う機会を与えなかたり、特定のプレイヤーと1対1で対決することを妨げたり、走るスペースを閉じたりするときがあります…

A.…ああ、でもあなたは因果関係を築いています。それらは存在いません、だから…

Q.それらが存在しないのはなぜですか?それらは少なくとも概念レベル、方法論の観点から存在しませんか?確かに全てのフットボールクラブは、何かほかのことを引き起こすために、少なくとも何かをやろうとしています。もしあなたがこれをしているならば - 原因 - あなたは目的を作成しようとしています - 結果?何らかの因果関係の存在を否定することは、結局のところ「それはすべて運」と言っているのではないでしょうか?正にあなたの仕事は、特定の状況を引き起こそうとしてませんか?

A.ええ。ええ。自己設定するチームを作成しようとしています…

Q.それは因果ではないですか?

A.いいえ。ここからそこへ行く場合、私はここからそこへ行くことを考えています。しかしそれが全てです。途中で見つけようとしているものを私は知りません。原因と結果は、それ自体では存在しません。そのように分離することはできません。人々は複雑な理論を避けますが、それは真実です。あなたは、その原因が以前から何かしらの影響を受けなかったと、どのように知りますか?また、その結果が他の何か(コンテキストにおける無数の不確定要素)の原因にならないであろうことを、どのように知りますか?問題は人々が常に物事を分けることを望んでいることだと思います。まるで、それらを分離しなければ、それらを見ることはでないかのように。物事は時々意識さえしません。「私はそのせいでこれをやります」。違います。

Q.わかりました。では、純粋にサッカー用語で…

A.純粋なものは何もありません…何も。

Q.わかりました。ゲームプレーのサイドについて話します。ピッチのボールで何が起こりますか?あなたは何を探し求めているのですか?あなたは非常に特定のタイプのサッカーを擁護します…

A.私は勝利目前をもたらすゲームのタイプを擁護します…

Q.確かに。しかし、あなたはボールを中心にして構築するスタイルで勝利しようとします…

A.もちろん。 ボールがなければゲームになりません。それがフットボールです。

Q.しかし、ボールをあまり重視しないコーチがたくさんいます…

A.ええ。ボールを中心にチームを構築します - 私たち全員がボールに従ってすべてをしなければなりません。それが主役です。ボールがなければ何もありません。ボールは母であり、フットボールにおける命の源泉です。ゴールは何のためにそこにありますか?ボールを入れるためにです。ボール無しでは、全く意味を持ちません。でも、ボール保持を中心にしてチームを構築しないいくつかのコーチがいます。

Q.「プラグマティック」彼らはそう呼びます。しかしあなたは、自分のアプローチもプラグマティックであると主張するでしょう。あなたも勝利を望みますが…

A.私も?いいえ。コーチは試合で勝利する確立を増やそうとします。コーチとしてできる事は、できるだけ確立を増やし運を否定することしかできません。フットボールは、相手チームのテリトリーに1度も侵入することなく、1-0で勝利することができることを何度も証明してきました。アーセナルバルセロナに1対1で、彼らは枠へのシュートは1本もありませんでした。多くの不確定要素があり、チャンスもそのうちの1つであるような環境で、私たちは働いています。あなたは必死に守ることができるし、ボールをゲットするたびにシュートを打つ事もできますし、ほとんどシュートを打つことも。全くプレイしない事もできます。

Q.あなたはシュート無しに1-0で勝利すると言及しました。不正ですか?

A.公正(justice)という言葉は、私が人生のほとんどあらゆる分野で、使うのに苦労しているものです。起こりそうにもない、とても起こりそうにもないことですが、-それは起こりえます。ジャスティスという言葉は強すぎます。

Q.しかし、サッカーは結果を超えた何かを持つべきでしょうか?道徳的要素はありますか?

A.どんな人間の活動にも道徳的要素があります。私たちが重要なのは結果だと言うとき、それは偽りだということです。勝てなかったときに言い訳を提示するのが、結果が重要とだけ話してきた、まさにそれらのコーチたちです。あなたは最高の言い訳をする人を簡単に見つけます。ある人は結果を売り、ある人は煙を売ります。(スペイン語でvender humoとは、実体なしにトークだけで想像の商品を売り、現実を隠すペテン師を意味する)

Q.そのようなコーチがいることは、あなたをイライラさせますか?

A.いいえ。彼らが虚言を売りにしても、私をイラつかせることはありません。勝利を通して全てを分析するジャーナリズムが私を悩ませます。-結果として、常にジャーナリズムが勝利します。分析、レポートは結果を通して行われるので、それらは常に正しいものになります。結果を除いたプロセスを見る人は誰もいません。それは非常に日和見主義者です。 そして間違っています。

Q.それは普通ではありませんか?あなたは結果を取り出してから説明しようとします…

A.それは社会において普通のことだという印象が私にはあります。現在、行っていることを取り上げるのは健全です。あなたは売ろうとしているコピーの数よりも、今現在、行っていることに価値を置きます。それはあなたを動かす活動であり、最終結果ではありません。あなたは私の言うことを聞き、それを書き起こし、手入れをし、タイプし、編集しなければなりません…あなたはその道の途中でたくさんのことをやろうとしているので、旅路が目標です。それは私が選手に好んで提案することの1つです。旅が目標であり、目的です。

Q.しかし、あなたの目的は勝つことだと言いました…

A.しかし目的は旅、プロセス、作業項目です。レースでは、ほかの誰より先に、何マイルも何マイルも進み1位になれます。その後、ライン数メートル手前で転倒するがあります。あなたはそのレースについてすらすらと書こうとしますか?あなたは見事に走った。そしてそれは、勝った、良かった、勝たなかった、悪かった、という言葉より遥かに複雑です。18世紀、科学者たちは物事の複雑さに遭遇し、彼らが単純化し理解してきたことの多くは、そのようなものではなかったことに気付きました。物事を証明することは不可能だったので、彼らは自殺し始めました。最小の変化がすべてを変えることができました。それはカオス理論です。あなたはすべての詳細を知ることも、決定的な答えを持つこともできません。 完全に知覚できるものは何もありません。現実は何も信頼できません。

Q.しかし目的が勝つことであれば…

A.ええ。しかし、あなたを豊かにするのはゲームであり、結果ではありません。結果はデータです。出生率が上がる。それは豊かですか? いいえ。しかしそれをもたらしたプロセスは?それは豊かになります。実現はプロセスによってもたらされる。あなたは結果ではなく、ゲームを議論します。結果は議論の余地がありません。月曜日の朝にユーロのために新聞を購入しますか?結果のリストのためだけに?あなたは、試合の終了間際のフットボールスタジアムに行き、スコアボードを見て去りますか?あなたは90分試合を観ます。それはプロセスです。

Q.たとえプロセスが結果の達成を意味しているとしても、私たちが結果に基づいてプロセスを判断するのは間違っていますか?

A.結果からプロセスを検証することはできません。人間は、うまくいったことではなく、うまく終わったことを崇拝する傾向があります。私たちは、うまくいかなかったことではなく、うまく終わらなかったことを攻撃します。メディアはそれをします。方法論的プロセスが、正しかそうでないかを判断する能力を持っていないかもしれない、という可能性を越えて、これらの見地を判断するには欠陥があります。同じプロセスでも、非常に異なる結果をもたらす可能性があります。そして、時には同じ結果が全く異なる「原因」から起こる事もあります。バイエルン・ミュンヘンは、1999年のチャンピオンズリーグで勝っていた90分の段階では偉大なチームです。そして、92分の彼らはガラクタです。どうしてそんなことが言えるのでしょうか?その瞬間は、それに付随するすべてのものの巨大な側面を考えると、このポイントを説明するのに役立つし、他にもたくさんあります。私は第4審が、ピッチに走り込み祝福しようとしているバイエルンの選手たちを、右にもたれながら抑止していたのを覚えています。そしてしばらくして、彼はピッチに走り込み祝福しようとしているユナイテッドの選手たちを、左にもたれながら抑止した。ほんの数分で。誰もがイベントの後は天才です。私は彼らを過去の預言者と呼びます。それでもなお彼らは、最終的にどのように売り出すかという観点からプロセスを評価することでさえ、そして、それに加えて要求を課し続けることは間違っています。

Q.ゲーム周りの環境は変わりましたか?

A.ええ。料理のつけ合わせはステーキを食べました。プレッシャーはより強くなり、周辺的なことがより中心になりました。社会は変容しつつあり、それはすべてに感じられます。日を追うごとに、人々は自分の人生に時間を費やさなくなり、他人の人生に時間をより費やすようになります。なぜなら、自分の人生が恐ろしいからです。新しいテクノロジーが以前よりも容易に自己欺瞞を可能にしました。

Q.あなたのフットボールの詳細に移りましょう。あなたは90年代初頭にクルトゥラル・レオネサで4-2-3-1を発明しました。 なぜですか?

A.私たちは現在を通して過去を見ます。だから、そのとき成し遂げようとしていたことを、現在の私が正しく反映しているか分かりません。私はそのとき感じたことを思い出せませんが、ボールの前にいる選手たちによりモビリティを持たせ、相手ゴールにさらに近づくことを望みました。合理的なスペース占有を考えると、私は4人のアタッカーが欲しかった。私たちは相手ゴールの近くでボールを勝ち取るために、最終ラインを非常に、非常に高くしました。私は基本的に3人のメディアプンタを望みました。私は、所属している選手のタイプによって影響を受ける、空間分布を作ろうとしました。そして何年も、みんながそれを使っていました。良いシステムだと思います。しかし、システムに付けられた名前よりむしろ選手の動きを見ると、1000年前に誰かが上手に試みたと私は確信しています。-多分、4-4-2でストライカーが少し下がり、両ウイングが上がった形に似ている。物事に名前を作成することに強迫観念があります。だから私はそれに名前を4-2-3-1と付けました。

Q.あなたは空間分布について言及しましたが、あなたにとって、キーになるのはポジショニングですね?それにはどのようなことが必要ですか?

A.はい。 私はポジションゲームを信じています。それはチーム内の選手間の関係を強くするからです。それは、例えば、相手選手のポジションを固定し、ピッチ上のキースペースで数的優位性を展開させ、特定のエリアを除外し、特定の行動を促進し、解決策と選択肢を自分たちが装うことを意味します。私は選手が最も遠く離れて受け、ピッチを広げ、パスラインを探すのが好きです。

Q.それは個別に機能しますか?あなたは「まさに、左ウイングが相手のサイドバックと1対1の状態」と考えますか?

A.いいえ。人々が受け入れているそのイメージは偽りです。なぜなら選手は個人でプレーしませんし、チームのコンテキスト内でプレーします。選手が自分のエリアでボールを手に入れた場合、対戦相手は全員芝の上に座り、選手はピッチの全長を走り、対戦相手の周りをドリブルしゴールを決めます…それは個々の行為ではありません。なぜなら、もし相手選手が座っていなければ、選手はそれができません。他人の行為があなたの決定や別の決定を強要します。人々は「個々の行動」について話しますが、個々の行動はありません。

Q.しかし、チームはピッチの特定のエリアで、個々の特徴や特定の選手を強化するために機能しませんか?バルセロナグアルディオラがウィークサイドと定義した、例えば、メッシがサイドバックに向かって走ることができるスペースを作り出すために機能しませんか?

A.ある程度まで、イエス、しかしあなたは人間の行動を予測することはできません。あなたは、メッシが特定のスペースでボールを受け取れば、彼が危険な存在であることがわかります。しかしそれは、誰からボールを受け取るのか、彼の最後の動きが下がるときなのか違うのか、彼の感情面の状況が何なのか、対戦相手の反応がどうなのかによって条件付けされます。私が取り組んでいるポジショナルプレイは、確かに特定の状況を引き起こそうとすることを可能にします。しかしより重要なことは、知性を持ち、教養を持ち、起きていることを解釈する方法を知り、適応し、理解することであり、解決策を探すことができるということがチームに最大の利点を与えるということです。

Q.だから、最高の選手は最も知的です。

A.どのような生活領域でも、知性がなければ、全く価値はありません。たとえば、強さ自体よりも強さを使う場所のほうが重要です。もしあなたが鉄の棒で岩を持ち上げようとするならば、あなたがそれを持ち上げられるかどうかは、あなたがどれだけ強いかではなく、どこで圧力を使うか、どのようにそれを利用するかに依存する。もしあなたがどこに鉄の棒を刺せば良いか分からない場合、あなたがどれだけ強いかは関係ありません。

Q.あなたは特定の動きを構築していますか?

A.常に。 しかし、動き以上に、繰り返しを通して一連の関係を構築します。選手が彼らのオプションを意識しているという状況を作り出そうとします。動きはいつも同じではなく、相手は変わります。それが教養について話す理由です。理解する必要があります。あなたは液体には、深く、丸いボウルが役立つ事を知っています。スプーンも。ステーキの場合は、平板と鋭利なナイフとフォークが必要です。しかしあなたは、前に置いているものがそもそもスープなのかステーキなのかを、先ず以て知る必要があります。どのツールを使用するかを判断する前に、自分が直面していることを認識する必要があります。もう一つの例:人々は地図を領土と間違える。(単語はそれが表す事象そのものではない)私は家に帰るためにどこへ行かなければならないかを知っています。私が帰るのを手伝うナビさえ持っています。しかし、それは領土ではなく地図です。それは道路工事があるか、あるいは犬が車の前に飛び出してくるかを教えてくれません。それが私の言いたいことです。あなたは反応する方法を知らなければならない、いつブレーキを踏むか、いつ曲がるか。地図はどこへ向かっているのか、たどることができるルートを示していますが、そこに着く方法ではありません。もし犬を撥ねたら、道から外れて疾走していたらどうでしょう?本当に重要なのは、空間と時間の関係です。

Q.そのためにあなたはどのようにプレーヤーに身に付けさせるのですか?

A.私たちの間で、自分たちがしていることを理解するための共通の言語を構築します。多くの場合、その言語は意識さえしていません。それは理解です。しかし、コーチがいなくても起こります。あなたが子供のとき、特定の状況が発生した場合は、特定のことをするほうがよいことを学習します。それは常に対話式です。そしてそれはしばしばゆっくりで、気付きません。本当の変化は、わずかな変化です。10年前の自分の写真を見てください。あなたは変わっています。変化が起こっていることを決して分からないでしょうけど。あなたは今、私たちがこのインタビューを始めたときの人とは違いますが、あなたはそれを知らず、あなたはその変化を識別することができませんでした。私は実際に選手が事前に準備された計画を持っていないことを確認しようとしています。それは価値がないということかもしれませんので。もし変数を分離して、一方を最大化すると、もう一方は最小化します。もしあなたが、選手が速くなることに重点を置くならば、無意識に他の能力を弱めています。同様に必要なものも。それは良い考えではありません。人間はそれらの階層的なピラミッドではなく、資質の補完的なネットワークとして構築されます。

Q.あなたは、例えば選手の強化を目的とした仕事を決してしませんか?

A.彼に必要があるならば、イエス。しかし、彼がより良くプレーするために役立つ事を理解さえすれば、強くなる必要はありません。フットボールのために強さを持たなければなりませんが、強さはいりません、以上。彼がベンチプレスをどれだけできるか私が気にするような事でしょうか?私は彼がプレーできるかどうかを気にします。彼らがもっと走れるようにではなく、彼らがより良いプレーができるように私は人々を訓練します。それがフットボールの準備です。

Q.それでは、あなたのスタイルに名前を付けてみましょう。 あなたが今最も好きな選手は誰ですか?

A.最高のプレーができる人は、ゲームの流れを最も上手く解釈し、解決策を提供でき、チームに利益をもたらす人です。私にとって、アンドレス・イニエスタのような人はいません。彼はパスを受け、パスを出し、試合を読み、チームの必要性を評価し、常に順応しています。彼はゴールキーパーになるかもしれない、彼は認識している。メッシは世界で最高のjugadas[動き、走り]を生み出すが、イニエスタは最も優れたjugador[選手]です。つまりそういうこと。プレイ、それは多くの人が関わっているゲームです。あなたの能力は、他の選手との関係によっても左右されます。理解はそれの中心にあります。それは資質のリストではありません:速く、強く、何でも。

Q.理解する事ができても、プレイする事ができない選手がいるケースがあるはずですが?パスは理解しても、それをプレイする技術的能力を持っていないプレイヤー。そうじゃないですか?

A.それは実際には起こりません。クオリティは相伴います。勿論、パスを理解すれば、パスを出す事ができます。もしそれらを行うことができないのであれば、理解するのを止めます。あなたはそれを技術的能力と呼んでいますが、あなたが本当に意味するのは「うまく実行する」ことです。男がひどいパスを出した場合、それを理解する彼の能力は停止します。生物は変化します。ロナルド・クーマンは70メートル離れたチームメイトのフリスト・ストイチコフを見ることができた。なぜあなたは彼がそれを見ることができたと思いますか?彼は見ることができたから?あるいはそこまで届くキック力があることを理解していたから?75メートルのパスを出せることを知っている男は、それをするための彼の遠近感を広げます。意識さえしていません。しかしそれは、あなたが何であるか、あなたが今までに何をしてきたか、あなたの進化そしてあなたのコンテクストの産物です。あなたは自分が考えていることを分からないときでさえ考えています。人々はウーゴ・サンチェス(かつてチャンスをワンタッチで決めた)のことを「考えることなしに」ゴールを決めると言った。しかし、彼はそのプレイについて考えて一生を過ごしました!当然、彼の全体の一部でした。私が言うように、それは資質のリストではありません。もしあなたが素晴らしい「ドリブラー」でも、いつドリブルするかわからないのなら、あなたは実際には素晴らしいドリブラーではありません。人々はジャックリッパーのようなサッカーを見て、部分的にこれをしましょう。いいえ。私たちはシンクレチズムの能力を失いました。それにもかかわらず現実は混合的です。「現代の」コーチは物事をバラバラにしてまたまとめていますが、それは反自然なことです。私たちのコンテクストなしでは、自分たちではありません。私たちは属性のリストではありません。私の目的は、一緒にあるべきものを砕いたり、バラバラにすることではなく、文脈から切り離すことでもありません。それは地球上で最も古いアプローチです。

Louis van Gaal interview with Pedro Daniel Sousa

Pedro Daniel Sousa (P.D.S) - 現在のトップチームにはどのような特性が必要か?

Louis van Gaal (LVG) - 第一に、選手たちは...個人のクオリティを持っていなければならない...フットボール選手としてだけでなく、人間としても。それはまた非常に重要だ。なぜなら選手はチームでプレーしなければならず、個人でプレーしているわけではない。それから、サッカーの哲学...サッカーの方法を伝えることができる非常に優秀なトレーナーコーチが必要だ...そして、11人の選手達はヘッドコーチやテクニカルスタッフの技術的なクオリティと選手達のケミストリーを実演しなければならい。

(P.D.S) - 支配的なフットボールとは何か?

(LVG) -どこでプレイしなければならないかを相手が決めるのではなく、我々が相手のフットボールを決めること。

(P.D.S) - あなたがゲームの流れを決める、ということ?

(LVG) - そう。それが主なトリック。常にどこでプレイするかを決める事だと私は信じてる。

(P.D.S) - トップチームは攻撃からゲームをコントロールするのか?或いは守備によってコントロールすることもできるのか?

(LVG) -両方可能。異なるスタイルが存在する。イタリアは常に守備的だし、イングランドは、ヨーロッパのコーチを使うときを除けば、常に攻撃的だ。だからコーチが重要なんだ。私は常にコーチとして非常に攻撃的なサッカーしてきた。しかし今シーズンは、高速なストライカーのオープンスペースをつくるために、より守備的に戦う。しかし、それもまた支配的だ。ただ、私は攻撃的なスタイルを好む。好きなんだそれが、私は商品を大衆に届けなければならない。この商品は好きではない。攻撃的なスタイルを好む。しかし、高速なサッカーを行えばそれはとても魅力的なスタイルだ。

(P.D.S) - 何よりも重要な瞬間とは?

(LVG) - 私はトランジションが最も重要な瞬間だと考える。だから、私はゲームを4つに分割する。4つに、3つではなく4つに分割する。相手がボールを保持していてトランジションが起こったとき、相手は組織化されていない。だからその瞬間に付け入る必要がある。こちらがボールを持っているときは相手が組織的だ。トップチームは組織的なチームに対してもチャンスを創出することができる。バルセロナはそれをうまくやることができ、マンチェスター・ユナイテッドも、AZにもできると私は思う。

(P.D.S) - トップチームと対戦する他のチームは通常守備的にプレーするので、トランジションは...

(LVG) - 起こる! なぜなら彼らは十分な個人のクオリティを有していない。トップチームはプレッシングも行う。前線からか後方、自陣の半分辺りか、それは選択だ。それから相手は組織的な守備やこちらのチームを崩す個人のクオリティを持っていない。

(P.D.S) - ゲームをコントロールする上で布陣や選手以上に重要な事があるか?

(LVG) - いや、そうじゃない。哲学次第だ。どのように守る必要があるか。相手陣地の半分からか、後方かその間か。それはコーチの選択だが、相手の質にも左右される。しかし、ピッチの陣形はコーチではなく自分のチームのクオリティに依存する。

(P.D.S) - ゲームの流れに依存するため、非常に動的だ。

(LVG) - そう。もちろんコーチとプレーヤーの哲学次第だ。だからその戦術や哲学を選手に納得させる必要がある。

(P.D.S) - 私が中盤について話すときは、選手についてではなく中盤のスペース、全ては中盤のスペースに関してのことだが...

(LVG) - 相手の戦術には依存しない。私のMFは奥まで行く時もあれば、スペース以外でプレイしなければならない時もある。戦術次第だ。そして事前に、そのように動いてくれとか、いいや違うなどと言う事はできない。それは戦術や個人のクオリティに依存する。それゆえゲームは多くの人にとって予測が非常に難しい。

(P.D.S) - あなたはボールの循環がトップチームの攻撃組織にとって重要な特徴だと思うか?

(LVG) - イエス。最も重要なもののひとつ。一緒にプレイしパス交換しなければならない。私は毎試合、常にパス交換が必要だと考えている。そして、パススピードではなくパス自体が重要だと考えている。理解できる?

(P.D.S) - ええ、だからボール循環の特徴のひとつは...

(LVG) - パスはスピードではない。全てのジャーナリストは早いボール循環をしなければならないと言う。私は重要とは思わない。なぜなら、パス交換は相手に別の守備組織を強いるから。

(P.D.S) - トップチームはどんなリスクを取るべきか?

(LVG) - ノーリスクだ。リスクは避けるべきだ。例えばモウリーニョの多くの勝利は彼が常に非常に優れた守備組織を有しているからだ。だからリスクは避けなければならない。攻撃中は守備の事を考えていなければならない。

(LVG) - 確かに。。。攻撃中はボールを失うリスクが増加する?

(LVG) - その通り。攻撃中は常にリスクを取っている。なぜなら背後に広大なスペースがあるからね。その通り、だから攻撃中は守備的思考が必要になる。

(P.D.S) - チームが攻撃か守備かの状況に関わらず、すべての選手は攻撃的かつ防御的なタスクを実行する必要がある。

(LVG) - イエス

(P.D.S) - チーム組織におけるシステムの重要性とは何か?

(LVG) - 相手がボールを保持しているときが非常に重要だ。こちらがボールを保持しているときは、一般的なアドバイスだがピッチを広く大きく使う事。自分たちのためにスペースを作るだけでなく、選手達の創造性も生み出すことになる。選手は見方をフリーにしなければならないが、常にやるべき事を行っていない。

(P.D.S) - あなたはピッチを大きく使いたいと言ったが、攻撃中いつもではなく、、、もし、ボールがファイナルサードであれば、相手ゴールの傍、、、ディフェンダーも同時にいる、、、

(LVG) - そう。同時に。私は攻撃を第1フェーズ、第2フェーズ、第3フェーズそして第4フェーズに分ける。第1フェーズは構築、第2フェーズはボール循環、第3フェーズはクリエイティブそして第4フェーズは最終局面。

(P.D.S) - 第2フェーズは相手の組織が崩れた状態を作り出すこと?

(LVG) - 第2フェーズはボールの循環、相手の組織が崩れるのが分かる。そして創造性が必要になる。その瞬間が第3フェーズ。

(P.D.S) - 第1フェーズで相手が崩れていたら?

(LVG) - 第1フェーズは相手が組織化されている。GKがボールを保持する時、相手は組み立てを防ごうとするからだ。第2は中盤での循環、相手の穴を作り出すための...

(LVG) - 攻撃ではフィニッシュに多くの選手が必要か?

(LVG) - ノー。

(P.D.S) - 攻撃の選手だけ?

(LVG) -いいや。チームの選手のクオリティ次第だ。多くのクリエイティブな選手や多くの決定力のある選手をラインナップに配置するのは、哲学やシステムに依存する。しかし常により多くの攻撃の選手を必要とする。攻撃の選手が僅かだと相手は容易に組織化できてしまう。

(P.D.S) - トップチームの特徴のひとつに...

(LVG) - ほとんどのチームのいくらかは1人のストライカーしかいない。ただ、何人中盤に欲しいかはシステム次第。

(P.D.S) - フィールドでチームが見せて欲しい特徴とはどんなもの?

(LVG) - 私は8本のラインが欲しい。できるだけ多く。ピッチを占有するのにはそれが望ましい。ピッチを占有するのにベストなのがこのシステム。1,2,3,4,5,6,7、そして動的なラインがもう一つ。(下図)しかし、ボールの位置次第。ボールが動けば選手も動かなければならない。パスコースのためにラインを形成する。このシステムでプレイすれば常にトライアングルが存在する。常に2つのオプションが存在する。私の意見だが、4-3-3がベストのシステムだ。攻撃的にも守備的にもプレイできるが、中盤のトライアングルは選手のクオリティに依存する。多くのチームが4-4-2でプレイしているが、4-3-3ほど多くのラインを持っていないし、容易にディフェンスできる。ウィンドウで優れたストライカーを獲得してので、私はより動的な6つのラインを手にした。

f:id:Zeljko:20190107003450p:plain

(P.D.S) - 多くのラインを定義できない他のシステム、例えば1-4-4-2のようなシステムでもボールの動きのクオリティを提供する事ができるか?

(LVG) - ラインが少ないのであまり良くないが...数学的により多くのトライアングルが存在するほうが易しい。選手は考えることなくポジションに既にいるわけだから。しかし、選手はスペースを見つけなければならない。選手がお互いに近くにいるとさらに難しい。ピッチはそれほど広くない。理解できる?彼らがそのように配置されたとき、スペースがより上手く分割できる。自分の目で確認できる。だから他のシステムはボール循環に適していない。

(P.D.S) - 例えばアーセナルは1-4-4-2に配置しているが?

(LVG) - いいや、違う。彼らは私から見れば、このようにプレイしている。彼らは我々のように、1,2,3,4,5,6,7、それは私が現在プレイしている方法だ。

f:id:Zeljko:20190107003746p:plain

(P.D.S) - 攻撃時に取ったリスクを補うチームディフェンスはどのようなものが望ましいか?

(LVG) - 常に3人は後ろに。それから彼らは近くにいなければならない。そして中盤の1人は留まっていなければならない。しかし、第3フェーズではスペースを作るのではなく常にコンパクトでなければならない。

(P.D.S) - 私はすでにオランダで、ユトレヒトフィテッセなどのゲームを観たが、それらのチームの問題の一つは

(LVG) - オープンだ。わかっている。

(P.D.S) - 守備の局面で攻撃を気に掛けているか?

(LVG) - イエス。常に必要だ。システムに依存するが、私は常に大きなスペースを探すディープストライカーを求める。

(P.D.S) - ビッグスペース?

(LVG) - そう。奥ではなく。ストライカーは彼を捕まえる中央のディフェンダーを繋ぎとめなければならない。そこのスペースが大きい。それが私がセカンドストイカーを用いて4-3-3でプレイする理由。チームのクオリティに寄るが、大概10番。セカンドストライカーかサードミッドフィールダーアヤックスで言えばリトマネン、彼はサードミッドフィールダーデニス・ベルカンプセカンドストライカー

f:id:Zeljko:20190107003951p:plain

(P.D.S) - いつ、どうやってチームが素早い攻撃を仕掛けるか、それとも安全なプレーで相手を崩すことを望むか?

(LVG) - 相手が崩れてボールを手に入れたときは、その混乱に乗じる必要がある。しかし、誤ったパスでボールを失うと…私は…違う、違うと忍耐強く言う。ボールを失うと繰り返し奪い返すのに非常にエネルギーがいる。ボール保持が上手く行けばパスもうまくいく。

(P.D.S) - ゲームコントロールを失っている場合...

(LVG) - ゲームコントロールを失っているときはボールを常に失っている。ボールポゼッションは常に重要だが、ゴールを奪う事ためにはそれほど重要ではない。60-70%だからゴールを奪ったというようなものではない。それは重要ではない。70%の保有率であるとき、相手の近くでプレーしていてゴールを奪えない。だから相手をどこで守らせるかを決めなければならない。下がる事で相手を引き出しスペースを得る。

(P.D.S) - ボール循環の特徴の一つは垂直性で、非常に重要だが..

(LVG) - ああ。非常に重要。トランジションは垂直

(P.D.S) - 確かに。ボール循環は縦パスによって相手を崩さなければならない。

(LVG) - そう。ただ縦パスで毎回ボールを失うのは誤りだ。

(P.D.S) - それがリスクの一つであるということ?

(LVG) - いいや、違う。縦パスはリスクじゃない。ボールの背後には常に人がいる。でもどんなタイミングでもボールを失ってしまうとボールへ向かって走らなければいけなくなる。そして優位性を失う。それは良くない。だから縦へのパスはリスクなしだ。横パスは常にリスキーだ。相手はトランジションを起こせる。ボールより前に多くの味方がいるから大きなスペースが存在する。

(P.D.S) - システムはトランジションに影響を与える事ができるか?

(LVG) - システムはトランジションに影響を与える。現在、我々の4人・2ラインのやり方はより簡単に守備が行える。その布陣は、お互いがカバーできるし、正しいタイミングでプレスが行える。しかし、私は時々3バックでプレイするが、その布陣は守備が難しい。より多くプレスを行わなければいけなくなる。戦術はチームのクオリティや相手のクオリティに依存する。相手がフットボールを望まない場合、これはロングボールオンリーになるが、4バックでより上手くプレイできる。しかし、相手がビルドアップからプレイする場合は、3バックや4バックを選択することがある。

(P.D.S) - キーパーからのリスタートはショートとロングどちらを好むか?

(LVG) - 常にショート。(いくつかの状況ではロングボールを蹴らなければならないが)昨日はピッチの状況が酷く、私はアタッキングポイントが必要だった。相手はプレスをしたい。だからキーパーにペッレ(グラツィアーノ・ペッレ)にロングボールでOKだと言った。私はアリ(アリクレネス・ダ・シウヴァ・フェレイラ)をストライカーのポジションに置くが、昨日はペッレを置いてアタッキングポイントとしてプレーした。

(P.D.S) - 相手チームのディフェンダーに背の高い選手がいる場合、ボールを獲得するためにチームをどのような配置にするか?、ロングボールの優先度は?

(LVG) - 近くに。それからミッドフィールダーはセカンドボールに勝たなければならない。我々には4人の中盤がいる。選手が多いので容易に勝てる。ストライカーは常にここ。セカンドストライカーは相手の中盤のラインの背後。

f:id:Zeljko:20190107004440p:plain

(P.D.S) - ポゼッション中、いつもプレイヤーが両サイドに開いてほしい?

(LVG) -我々がボールを保持しているときは、ミッドフィールダーは常にサイドに開いていなければならない。それは非常に重要。なぜなら相手は幅広く守らなければならない。我々はよりスペースを得る。

(P.D.S) - ミッドフィールダーは奥へ行く?

(LVG) -いいや。彼らがここ(中盤のサイド)に立っているとき、容易にここ(両翼の奥深く)へ進めるが、彼らは守備をしなければならないし、このスペースはストライカーのためのものだ。

(P.D.S) - このプレーヤーは、非常にクオリティが高い必要がある。

(LVG) -多くのクオリティ(彼らはインサイドやアウトサイドでプレイする必要がある)、守備はインサイド、ボールを保持しているときはアウトサイド、彼らはドリブルをしなければならない、そして攻撃時の多くの物事を正しい方向へ導かなければならない。

(P.D.S) - センターラインのポジションにはどんなプロフィールの選手が望ましい?あなたのNo.10,No.4ポジションの定義は?

(LVG) -思考する人間。頭脳。しかし、多くのコーチはここにディフェンダーを望む。私は常に思考する人間。グアルディオラ、シャビ、ヨング。こういった選手。

(LVG) - No.10は?

(LVG) -私は守備に戻って来れられるミッドフィールダーを好む。現在セカンドストライカーとプレイしているが、彼はチームのために守備を行わない。オランダレベルでは安全でいられるが、守備的になると難しい。また得点も獲らなければならない。セカンドストライカーは20得点とる。リトマネンは常に20、25ゴール。ベルカンプは20、25ゴール。彼はストライカーのポジションでないから生きる。

(P.D.S) - ボール循環にとって10番は重要な役割、なぜなら彼はプレイする...

(LVG) -中盤の後方で,,,いいや、彼は開かなければならない。常に反対に走らなければならない。相手のミッドフィールダーの前ではない。なぜならパスライン、ボール、相手を見ることができるから。そのようにプレイしたとき、相手はボールも彼も見る事ができない。だから今、私が言ったことは非常に重要。

f:id:Zeljko:20190107004752p:plain

(P.D.S) - 私たちが目にするもののひとつは、このプレイヤーがここに下がってプレイすること...

(LVG) -私はそれが好きじゃない。 セカンドストライカーは常にミッドフィールドラインの後ろにいる必要がある...対戦相手はミッドフィールドライン、ディフェンスラインを持っている。我々のストライカーは、ミッドフィールドラインの前に来るとディフェンスするのは簡単だ。ストライカーはミッドフィールドラインの近くにいなければならない。守られてしまうのでディフェンスラインの近くにいてはいけない。ミッドフィールドラインの近くに来ることによってフリー、オープンスペースが生まれる。

(P.D.S) - 私たちは「ライン間のゲーム」という表現を使う。

(LVG) -ああ。しかし、4-3-3のライン間。このシステムは個人のクオリティが高いと打ち勝つのは難しい。

(P.D.S) - しかし、あなたのチームがディフェンスしているとき...相手のストライカーが動いたら...だれが彼を防ぐ?

(LVG) -これは、、ディフェンスが閉じなければならない。私の意見では。

(P.D.S) - 後方のディフェンダーが攻撃にどのように関与することを望むか?

(LVG) -私は常に1人以上のクリエイティブな選手が欲しい。そして、4バックのうち1人が常に中盤に上がらなければならない。それは重要ではないが、残りの3人は上がったスペースを閉じなければならない。難しいのは第一段階、(図下)、彼らは大きなスペースを作らなければならない。そして、中央のディフェンダーが上がったときは後方のデフェンスは閉じる事ができない。彼らはストライカーにボールが集まるようにプレーしなければならない。ワイドに向けてではなく。

f:id:Zeljko:20190107005658p:plainf:id:Zeljko:20190107005715p:plain

(P.D.S) -サイドのディフェンダーは奥に進む?

(LVG) -イエス...私はそれが好きだが、彼ら(それ以外のディフェンダー)は閉じなければならない...

(P.D.S) - 決して両サイド同時には上がらない?

(LVG) -いいや。NEC戦でそれが起きたが勝利した。

(P.D.S) - 攻撃時に相手が組織的に守っている場合、あなたはチームが互いに接近してラインにとどまることを望むか?

(LVG) - 常に一緒に...彼らがここにいるとき...彼らはコンタクトを取らなければならない...私はすでにあなたに言った...間にスペースはない...彼らは下がってこなければならないが、ライン間にスペースは無い。相手が利用したいため、しかし、背後により多くのスペースが存在する…それを理解していなければならない…それゆえボールがここで、彼がカバーしているときそれは非常に重要だ…

(P.D.S) - センターフォワード(ストライカー)が1人か2人でプレイすることの違いは何か?

(LVG) -大きな違いは、2つのアタックポイントがあるということ。1つのアタックポイントだけでプレイする場合は、2つ目のアタックポイントが必要になる。だから一人は常にボールサイドにいる...ボールがここにあるとき...彼はここにいる...しかし私はそれは良くないと思う...たくさんのストライカーがここにいたい(図上)...「違う、君はここにいる必要がある」と私は言う(図下)ラインだけでなく、プレーヤー間の距離も重要だ。つまり、ボールを持っているときは、これは良くない。防御が簡単だ。 こちらのほうが距離もピッチも広い。

f:id:Zeljko:20190107010215p:plain

f:id:Zeljko:20190107010239p:plain

(P.D.S) - 中盤のミッドフィルダーが3人と4人の違いは何か?

(LVG) -守備においてはラインを守らなければならない。選手だけを防ぐのではない。4人の方が3人より容易に守れる。3人だけだとスペースは広く、より走らなければならないし、時として遅れてしまう。私が中盤の選手にさせるようなセカンドストライカーが危険だと考えている。彼らは2対3をしなければならない。(図)守備が1人多いので難しい。相手はライン間でプレイする事ができない。

f:id:Zeljko:20190107010340p:plain

(P.D.S) - 攻撃フェーズでは、3人と4人の違いは何か?

(LVG) - 違いはより多くのスペースと多くのことが可能なこと。ディフェンダーの1人が再び中盤にボールを運んでも、それほど違いは無い。システムのプレイ方法に依存する。

(P.D.S) - あなたのチームの例を教えて...あなたがこれらの選手に求めているタスクは...

(LVG) -私はいつもポジションのすべてのタスクと機能を説明する...そしてまた相手との関係、相手の質...すべてのゲーム...(この時点で、スライドはNECとの試合を準備するために用意されていた。)

(P.D.S) - あなたが主張するシステムでは、より多くの固定されたポジションとより高いモビリティのポジションがある?

(LVG) - その通り。高いモビリティは常にウイング(ミッドフィルダーがウイングの位置に行く)であり、その後は中に入る必要がある。彼らはたくさん走らなければならない...そしてセントラルミッドフィルダーも...そしてサイドバックも…たくさん走る選手が6人いる。他には:ストライカーは常にたくさん走ってもらいたい。留まらなくてはならないのは好まない...セカンドストライカーはランニングよりも頭脳を必要としている...そして二人のセントラミッドフィルダーはランナーより頭脳を好む。センターバックはランニングより頭脳。ゴールキーパーも。

(P.D.S) - どのような状況で、戦略的に、セカンドボールを獲得するためのエリアを定義するか?

(LVG) -私には何人かのストライカーがいる。ペッレ、アリ、デンベレ。デープストライカーのポジションでプレイ可能だ。私は対戦相手、ピッチ、審判員、相手の中央ディフェンダーの個々のクオリティから信頼できる選手を選んだ...1人のストライカーを。昨日はピッチの状況が悪かったのでアタッキングポイントが必要だった。アリよりポイントを作れるペッレを選んだ。

(P.D.S) - セカンドボールを獲得するため、戦略的にいくつかのエリアを定義しているゲーム状況はもっとあるか?

(LVG) -いいや。それがミッドフィールドライン、我々のミッドフィールドライン。ミッドフィールドラインの前にある攻撃ポイントでボールをプレーする必要がある。だから私が言う第3フェーズ、私たちが中央ディフェンダーに勝てば、2列目、ミッドフィールドラインがセカンドボールを獲得することがでる。

(P.D.S) - この画像に見覚えあるか?「Louis van Gaal, and Ajax Philosophy」からだけど。

(LVG) -これは選手達の創造性だが、画像のように言う事はできない、相手がどのように守るかに依存するので。これは正しいタイミングでボールと3人目が動く方法だが...現在は分からない。

f:id:Zeljko:20190107010626p:plain

(P.D.S) - 確かに。ここに書かれた事はアーセナルのようないくつかのトップチームのことだ。時々与えられたスペースに誰かが現れる…ボールを得るために…相手が置かれているならば…

(LVG) -相手が存在していないからこの画像は良くない...これは何も意味しない...相手はどこ そして、サッカーは常に対戦が存在する...これは対戦相手がいない...だからこの画像は無意味だ...

the ajax youth development scheme with co adriaance 14

the future
 私は常に新しいことをやりたい。これがアヤックスのようなクラブのユース育成ディレクターの本質だ。監視や維持管理といった私の役割が無くなり出したことに気がつくときが来れば、私はクラブを去るだろう。
 願わくば4シーズン目の終わりに、私の創造力や革新的能力への欲求が欠ける事を恐れる必要はない。1996年の夏、ユースプレイヤーにとっても馴染みあるデ・メールスタジアムは閉鎖された。大転換が起こりそうだった。私はアヤックスで待ち望んだ新しいチャレンジが期待できる好待遇のドイツ・ブンデスリーガのコーチ職のオファーを断った。
 客観的にみて、新たな建物に移る事は理にかなっている。デ・メールスタジアムは長い間、トップクラブの物流や需要を満たせなかった。これはユースの選手達の設備にも当てはまった。小さなクラブハウス、いくつかのとても質素なロッカールーム、1面の運動場、小さな人工芝のピッチ、コンテナを改装して提供されたディレクターのオフィス。
 デ・メールにおける主なアドバンテージのひとつは、ファーストチームの設備とユースチームの設備が木製の橋だけで隔てられていることだ。一方で、才能のある若手選手がファーストチームの11人に加わるために、第一歩として乗り越えなければならない、象徴的な障害物でもあった。同時にその橋は、若手選手と彼ら以外のアヤックスの間を繋げる役割を担った。これはコーチ、元選手、サポーター、海外のメンバーが定期的にアヤックスの若手選手のホームであることを確かにした。若手選手達は実際に、そしてイメージとしてファーストチームの彼らのアイドルと繋がっていると感じていた。長年この事は漠然とした秘密であったが、アヤックスはひとつの大きな家族である感覚は常に存在していた。

Unity
 新たな環境、適切に言えば「未来」、においてファーストチームと若手選手の身体的距離は広がっている。今シーズン私は、ファーストチームと若手選手の間の十分な交流を確実にする事が、重要なタスクだと考えている。幸運にも新たなアヤックスのホームグラウンドであるアムステルダム・アレナは「未来」が分かる。加えて、革新的な輪郭、半円の形は「未来」の外観を意識的に包含する。この様に統一性は維持される。
 結果は驚くべきものであった。多くのアマチュアクラブが不便だと感じる古いユース施設を覚えている誰もが、「未来」を初めて見た光景を信じられないだろう。ファンタスティックな観覧席、毎年どんなクオリティの欠損なしに、少なくとも400時間、練習可能な3つの芝のグランド。3つの練習場、高価な木製フロアーの巨大なクラブハウス、ジム、怪我をした若手選手が水中ジョギングができるプール、最新装備のメディカルルーム、他にもたくさん。昨今の平均的なプロクラブがアヤックスのユース施設を羨ましがるのは当然だろう。このすべての豪華な光景は、このクラブがファン・ハール時代が始まる直前に、経済活動としてクリスマスカードスタンプを作っていたとは信じ難い。
 我々は完璧なコーチング環境を手に入れたように見えるもしれないが、全く満足する事ができなかった。稼動している巨大な量の仕事に携わっているにも関わらず、私はまだユース育成計画の改善に多くの時間を割かなければならなかった。
 活気あるアムステルダムのストリートサッカーの消失の埋め合わせのために、若手選手用のサッカー場を作った。2週間に1度、8歳から12歳の選手はここで、サッカーテニスやヘディングバレー、リフティングゲーム、ミニゲームを楽しめる。サッカー場は、若手選手達がボールとの時間に多くを費やしても費やしすぎることはないという、アヤックスの哲学を強調する。
 それぞれの若手選手の走り方はビデオに録画される。それぞれの若手の脚から腰の怪我の早期予防のために印象が作られる。
 全てのアヤックスプレイヤーは、育成を受けている間に受け取った全ての情報を記録する事ができる摘要日誌を持っている。そして、最近のイノベーションで、毎年正確に記録された必要条件となる、パスポートを持っている。

Daily organization
 日々の組織はさらに完璧になってきている。細部に注意を払うというモットーも同様に。最年長のユース選手達は最年少の選手達よりもトレーニング中、よりコーチングが必要になる。このため最年長のユース選手達のトレーニンググラウンドは、隣接した高速道路から最も遠い場所にある。
 アヤックスにおけるトレーニングスケジュールの準備は生易しいことではない。教育サポート(アヤックスの重点項目)、移動手段、食事、etc。常に全てを考慮に入れなければならない。更に多くのアヤックスの若手選手達は、通常のトレーニングに加えてエアロビクスとランニングトレーニングを行う。ゴールキーパー向けの別のトレーニングもまたスケジュールに合わせなければならない。
 同時にアヤックスユースのフルタイムコーチは多くのチームを指導している。これは考慮に入れなければならない別の要因だ。日々の組織はリアルパズルであり、議論の余地がまだ十分あることを覚えておかなければならない。我々は決して満足してはいけないし、お互い厳しい目で見つづけなければならない。
 継続が改善を産む。これがアヤックスアヤックスユース育成計画の原理だ。