the ajax youth development scheme with co adriaance 11

Tactics アヤックスで最も若い世代の選手達も戦術を学ぶ。U-10のチームは2歳年上であるU-12の11人対11人形式の大会に参加する。そして、8歳から10歳のグループのコーチは2週間に1度アヤックスと対戦する為に招待されたユースチームと親善試合を行う。加えて8…

浦和対広島メモ

浦和は1-4-1-2-3、広島は1-4-4-2。広島はスタンダードな4バック。後半柴崎投入後は1-4-2-3-1。開始15分くらいまでは比較的バックラインにプレッシャーを掛けてきたが、それ以降は基本的にリトリート・カウンター狙い。浦和のビルドアップが不安定だったのを…

福岡対京都メモ

福岡は1-4-4-2、対する京都は1-4-1-4-1。京都は特徴が掴み難い。ボスコがコーチに就任したのであれば名古屋時代を考えるとゆくゆくはペッカー路線になりそうだが。今のところは基本はサイドからクロス、WGとSBのコンビネーションで抉ったシーンは後半の1度く…

なでしこ対オランダメモ

なでしこは1-4-4-2、オランダ1-4-1-2-3。相手は教科書通りのオランダ学派、ペッカースタイル。3トップにいかにいい形でボールを入れるかを考えながら、アンカー、バックライン、苦しくなればキーパーを交えビルドアップ。両ワイドは張っとけ。主力を欠いてい…

福岡対岐阜メモ

福岡は1-4-4-2、対する岐阜は1-4-1-4-1。京都時代の大木サッカーはフィンケの影響が強かったように見えたが、今日観た限り大外にSHを張らせていた。ただ効果的なチェンジサイドは無かった。シシーニョが抜けた影響だろうか。狭いエリアでショートパスを用い…

浦和対東京メモ

浦和は1-4-1-2-3、対する東京は1-2-2-2。東京は健太らしくディフェンスラインはボックス幅でステイ、SBが対応に出たら間をDHがカバー。基本はガンバ時代と同じ。違いは前線の火力不足か。一人でやりきるタイプがいないためカウンターは不発気味。それでも失…

the ajax youth development scheme with co adriaance 10

Technique アヤックスはあらゆる種類のボールを若手のテクニック向上のために使用する。これはストリートサッカーを実践的にしたものだ。子供たちはかつてストリートで遊ばれたあらゆるボール、硬いボール、空気の漏れた重いボール、テニスボールを使用する…

the ajax youth development scheme with co adriaance 9

In practice 定式化した目標は重要だが、文書は所詮文書でしかない。練習でそれをどうやって機能させるか?アヤックスは7歳のタレントを見分け、どれくらい伸びるかを予測する能力を考察している。この事は重要であると同時に困難である。身長のポテンシャル…

the ajax youth development scheme with co adriaance 8

Development plan 3 ノウハウの分野で最初の目標は ・試合のルール・シューズの手入れ・アヤックスシステムの認識・体のケア・試合や練習における食事の知識・サッカーのルールとアヤックスの特殊な文化の知識 ランニングと強化トレーニングに含まれるもの …

the ajax youth development scheme with co adriaance 7

Development plan 2 初期段階に含まれる他の技術的要求: 抵抗がある複雑な状況でボールコントロールとスピードを組み合わせこと; ・内側と外側、両方の足でボールを扱う能力、インステップで、地面と空中両方、遠くへ蹴る能力・身体の全ての部分でボールを…

the ajax youth development scheme with co adriaance 6

Development plan 1 2シーズン目、アドリアーンセは育成計画のテクニックに関する細部を定式化し始めた。 「要綱について全コーチたちと話し合わなければならかかった為、これは明らかに大きな仕事だった。8歳から12歳のグループに対する要件策定から始め、…

the ajax youth development scheme with co adriaance 5

Discipline アドリアーンセは、まさに入団したばかりのユース選手から、ファン・ハールと同様にディシプリンを強調する。 「プレー哲学に加え、規律も気に掛けている。社会はいろいろな意味で変化し、個人がより重要になっている。価値基準はぼやけていき、…

the ajax youth development scheme with co adriaance 4

Points of Departure この弱点と強みの分析を行った後、アドリアーンセは育成計画に取り掛かった。 「アヤックスの哲学は私が来る前から存在した。アヤックスの選手達はエンターテイメントを提供しなければならない。アーティストであり、他のエンターテイメ…

the ajax youth development scheme with co adriaance 3

Analysis アドリアーンセは次のステップとしてアヤックスの強みと弱味の分析に取りかかる。 アヤックスでは多くの事が直感に基づいて行われてきた。これはトップレベルで成功する数多くの若手を輩出するなど典型的なアヤックスカルチャーをもたらしてきた。…

the ajax youth development scheme with co adriaance 2

コミュニケーション アドリアーンセは少しずつ育成プログラムに独自色を出し始めた。 「私は内部の意思疎通から始めた。育成機関に多くの人が携わっているが、お互いの情報共有と同じ方向を向くことが大事だからだ。」 アドリアーンセは机から膨大な計画書を…

the ajax youth development scheme with co adriaance 1

アヤックスと若きサッカー選手達。この2つは大統領とホワイトハウスの様に調和する。毎日世界中の指導者たちから育成プログラムの舞台裏を見たいとリクエストを受ける。全世界が絶え間なくトップに届くユニークな若者を送り出すという事実を認識している。 …

Frans HoekによるGKの分類 GKタイプを知る必要性

確信 私がバルセロナのGKコーチに就任したのは、ロブソンが1年監督を務めた後だった。ロブソンのシステムは1-4-4-2でGKにはビトール・バイーアを起用した。そのときのバイーアは私の意見だが、世界でベストのGKの1人であり、ロブソンのシステムで非常に機…