the ajax youth development scheme with co adriaance 1

 アヤックスと若きサッカー選手達。この2つは大統領とホワイトハウスの様に調和する。毎日世界中の指導者たちから育成プログラムの舞台裏を見たいとリクエストを受ける。全世界が絶え間なくトップに届くユニークな若者を送り出すという事実を認識している。

 育成スタッフは2シーズン毎にトップチームに3人の新しい若手を送り出す事を目標にしている。アヤックスのユースはファン・ハールが来るかなり前から有名だった。クラブの成功の基盤は常に自身の育成組織から生まれた若者たちである。クライフやファン・バステンの様な世界的スターはサッカーを始めた頃からずっと一緒にいた仲間たちに囲まれていた。

 ファン・ハールの中心選手もまた、アヤックスのコーチにチャンスを与えられスターとなった地元の選手達であった。デブール兄弟、ダーヴィッツセードルフクライファート、レイジハー、全て他のクラブであれば滅多にチャンスを与えられない年齢でデビューした。ブリントやライカールトの様な経験豊富な選手もまたスクールから生まれた。

 基本的にファン・ハールは長年にわたり培ったアヤックスのポリシーを継続した。もしファン・ハールが育成組織に自分の考えを押し付け失敗していたらファン・ハールでいられなかっただろう。

 就任して間もなく、彼の仕事は育成計画の整理とトップレベルの現代サッカーへ新しい育成組織をアジャストすることだと分かった。彼の鋭敏な決定は目標達成に役立った。ファン・ハールは常に育成組織の実情を把握していたし、一方それと同時に新たな育成組織の会議で独立し創造的な役割を果たすアシスタント役でもあった。

 才能有るアヤックスの選手達と自身の仕事がファン・ハールに正確な改善点を与えた。この事は新しい育成組織のディレクターのプロファイルを容易にさせた。1992年の初頭に第一候補者の1人は、オランダで育成組織に関して優れた世評を得ていたセフ・フェルホーセンであった。不運な事にそのときの彼はプレミアディビジョンのコーチを務めていたため難しいと感じていた。多くの名の知れたコーチがアヤックスに現れたが全て期待に反していた。ファン・ハールは1人のコーチを選んだ。(2つのオランダのプロクラブ(PECズヴォレADOデン・ハーグ) で失敗した。ひとつのケースは自発的にクラブを去り、もう一方は解雇。)

 このコーチの名はコ・アドリアーンセ。厳格な方法と高いサッカーの見識で国内で評判を得る。初め彼は1年契約だったが、ファン・ハールがもう一度リスクを計算した結果、最初の年が終わる前に1年から無期限に契約が置き換わった。新しい育成組織のディレクターはトップの監督(すなわちファン・ハール自身)と同レベルでなければならないと力説した。彼はアドリアーンセのやり方に干渉しなかったが、育成組織の進展に関する日報を強要した。加えて、彼はアヤックスの育成部門に多くの時間を費やし、最も若い世代からリザーブメンバーまでを十分に把握していた。

 「育成組織では継続が特に重要だ」とコ・アドリアーンセは述べる。「ファン・ハールのアドバイスを受けてクラブの会議で考案した私の見解だ」最近まで通常U18のコーチがトップチームの監督になることがあったが、育成計画にギャップが生じる。デモス、ファンハール、ベンハッカーの時に起こったような事は今では過去のものだ。私は育成組織のディレクターとして、長期計画に全力を注がなければならない。

 1992年4月アヤックスからのオファーに時間を掛ける必要が無かった。アヤックスの生命線である育成組織の未来に関わる事はアムステルダム生まれの私にとって更なる挑戦だったし、その仕事に適していると確信していた。私はシーズン終了毎に去就に関して考えることは、コーチにとって最大の欠点だと常に感じていた。これは私の性格に合わない。私は人生とキャリアに関する決定をしたいと考えていた。もし小さなクラブの監督であれば、次の難易度の高い仕事に挑戦すべきだ。