the ajax youth development scheme with co adriaance 4

Points of Departure

 この弱点と強みの分析を行った後、アドリアーンセは育成計画に取り掛かった。

アヤックスの哲学は私が来る前から存在した。アヤックスの選手達はエンターテイメントを提供しなければならない。アーティストであり、他のエンターテイメントと競争しなければならない。そして常に勝とうとしなければならない。相手のフィールドでプレーし、多くのゴールチャンスを作り、ボールを失ったときにはフォアチェックを行う。また343のコンセプトも理解しなければならない。これらがアヤックスのプレイスタイルとして知られている出発点だ。

 これらの目的を達成するためには複数のポジションをこなす必要がある。彼らはウィング内や、チームの背骨である中央で、たとえポジションが変わったとしてもプレーできなければならない。左ウィングは左ハーフや左バックもこなさなければならない。2000年までにトップチームには1つのポジションしかこなせない選手の席はなくなるだろう。私は確信しているし、スカウティングの際に常に考慮している。

 アヤックスユースはそれぞれ16名からなる。2名のGK。右利きの4名が2,6,7、左利きの4名が5、8、11、3名が3、4のポジション、最後に3名が9、10。これはアンダー10からトップまで適応されている。それゆえ彼らは育成段階の間、それぞれのチーム内で
複数ポジションをこなせるようになる。」

11ーー9ーーー7

ーーーー10ーーー   

8-------6

ーーーー4----

5---3ーーー2

ーーーー1----

Systems

 アドリアーンセのアイデアが新しい点は、433以外のシステムを有望な若手選手に学ばせたことである。

「U16以上のチームには、1つ以上のシステムをマスターする事を望む。(442や4321)
我々はこれを重要だと考える、なぜなら仲間や相手との新たな空間的相関関係に向かい合わせ、新たな解決策を探さなければならないからだ。」