the ajax youth development scheme with co adriaance 5

Discipline

アドリアーンセは、まさに入団したばかりのユース選手から、ファン・ハールと同様にディシプリンを強調する。

「プレー哲学に加え、規律も気に掛けている。社会はいろいろな意味で変化し、個人がより重要になっている。価値基準はぼやけていき、長い間「達成」という言葉はマイナスなイメージと捉えられてきた。これはスポーツ教育にも影響した。達成よりも楽しみがより重要視された。我々の社会では、隣人に無関心である。まして彼らが生活のために何をしてるかなんて知りもしない。しかしながら、トップレベルのスポーツの原則は不変だ。チームにはチームメイトが必要なんだ。この事がアヤックスの若手にとって集団における立ち振る舞いが極めて重要な理由であり、若手は他人への配慮を学ばなければならない。ピッチの外でこれができなければ、ピッチ上で問題を抱えるだろう。以上のことから初年度に全ての選手達が忠実に守らなければならない数多くの規律をコーチたちに与えた。取決めは試合や練習中の立ち振る舞いにまで及ぶ。時間厳守、食堂やロッカールームでは帽子を脱ぐ、ピアスをしない、シンガードを必ずつける等。規律は必ずしも厳格である必要は無いが、全てのレベルの選手に平等に適用する事が不可欠だ。選手の悪質なファールを審判が見逃したとしても、あるコーチが見ていなければ別のコーチがピッチの外へ出さなければならない。食事の立ち振る舞いもチームごとに異なるべきではない。これらが私が規則を書面にした理由だ。」