the ajax youth development scheme with co adriaance 6

Development plan 1

2シーズン目、アドリアーンセは育成計画のテクニックに関する細部を定式化し始めた。

「要綱について全コーチたちと話し合わなければならかかった為、これは明らかに大きな仕事だった。8歳から12歳のグループに対する要件策定から始め、それから12歳から14歳、14歳から16歳、16歳から20歳のグループを検討していった。」

アドリアーンセはアヤックスにおいて12歳で必要とされる要件を作った。アヤックスの育成初期段階を完了したとき、どんな能力を有していなければならないか?

「我々は8つの異なる領域を観察する。テクニック、戦術、ノウハウ、ランニング、強化トレーニング、人格形成、コーチングの状況、練習と試合。テクニックは8歳から12歳のグループで最も重要だ。何か説明が必要? 彼らは、両足のあらゆる部分や全ての方向にボールをコントロールできる術を学ばなければならない。これが全て。アヤックスユースのコーチは工夫を凝らしてこの原則をトレーニングに組み込まなければならない。私はコーチの領域を制限してしまう為、全てのトレーニングを準備しない。私が書き留めたいくつかの重要な訓練で十分かもしれないが、一方でユースコーチは目的を達成するのに十分な訓練を考え出さなければならない。例えば、我々はよくクーバードリルを用いる。全てのコーチはクーバーのビデオを持っているのでこれらのテクニックを見せたり、そこから選択する事ができる。私はこれらを指示しない。もちろん最終評価は私が行う。」

我々が望む技術的に習熟した12歳であるか?