the ajax youth development scheme with co adriaance 9

In practice

 定式化した目標は重要だが、文書は所詮文書でしかない。練習でそれをどうやって機能させるか?アヤックスは7歳のタレントを見分け、どれくらい伸びるかを予測する能力を考察している。この事は重要であると同時に困難である。身長のポテンシャルは手の骨のX線検査から早い段階で定義する事ができる。身長はキーパーやディフェンダーにとって重要だ。

 最初の8歳から10歳のグループはスカウティングの点から最も重要だ。基本的に毎年、望ましくは16人の、新しいチームを準備しなければならない。しかしながら、アヤックスはもっぱら資質に基づいてスカウトする。アヤックスのスカウトが所謂ユースクラブのTOLと呼ばれる場や毎週行われるユースの試合で何千もの8歳から10歳を観察しても、今シーズン基準にマッチした7歳児はたった14人。

 スカウトのエキスパートにとっても、早い段階で才能を見分けるのは難しい。子供のうち何人かは最近サッカークラブに参加したばかり。他のサッカー経験がある同世代の子供より彼らの好みを優先していいのだろうか?8歳から10歳のグループにおいても、アヤックスは才能ある若者の記録をする。2週間のテスト期間、6つの基本的な動きを評価され、コーディネーションコーチのJamborに意見を求める。

 8歳から10歳のセレクションの別の問題は、精神の発達が異なる事だ。何人かはまだ殆ど幼児で、集中力の持続が短いため、動機づけが不可能だ。このような子供は拒まれる。もしアヤックスに参加しするなら、指導可能でなければならないし、コーチの指示を理解できなければならない。たとえ7歳児であったとしても。初期の段階では子供の環境も考慮される。両親からどの様なサポートがあるのか?どの様な服装か?立ち振る舞いはどうか?時間を守るか?最初のセレクションで適切な注意が払われていたならば、将来、上の年齢のグループで多くの調整は不要だろう。これこそがアヤックスの哲学だ。

 この厳しいセレクションの手順を通過した7歳児は、ついにアヤックスのシャツを着ることを許され、アムステルダムのクラブで最初の期間、基礎的なスキルの学習に専念する。彼はまず、アヤックスのシステムにおける様々なポジションで正しい選択が後々できるようになる為のテクニックをマスターする必要がある。今シーズンの為にウィール・クーバーによって開発されたドリルは、広く8歳から10歳と10歳から12歳のグループで使用される。コーチングスタッフによれば、これらのドリルは彼らの足を上手に使う事に役立つばかりでなく、バランスの改善、リズムのスピードアップ、左右へのプルアウェー、両足のあらゆる部分を使う事にも役立つ。

 しかし、典型的な8歳から10歳の子供は他の子供と強調するよりも独りよがりなプレーをしてしまう。加えて、ボールに向かって動いてしまい、そこから離れようとしないし、FWでプレーする傾向があり、サイドや後ろではプレーしない。これらの特徴は完全にアヤックスのビジョンとは対照的だ。