the ajax youth development scheme with co adriaance 10

Technique

 アヤックスはあらゆる種類のボールを若手のテクニック向上のために使用する。これはストリートサッカーを実践的にしたものだ。子供たちはかつてストリートで遊ばれたあらゆるボール、硬いボール、空気の漏れた重いボール、テニスボールを使用する。この様にして優れたボールの感触を身につけ、足の使い方を学習する。

 8歳から10歳、10歳から12歳のグループは日ごろからテニスボール、アンブロの小さい皮のボールで練習する。そのような小さなボールで練習している子供たちは、ノーマルサイズのボールコントロールは容易く感じるだろうという理屈だ。フォームラバーのボールは本当に優しく扱わなければ遠くに飛んでしまうし、テニスボールは多くのコーディネーションと集中力を要求される。

 アヤックスでキャリアを始めた8歳から10歳のグループのそれぞれの子供はネットに入ったボール(所謂サッカーパル)も与えられる。12月までこれで練習しなければならない。週に一度コーチからサッカーパルの課題を与えられ、子供は自分の都合のいい時間に宿題をこなさなければならない。冬休みの後にE段階の選手達は自宅でネットなしでボールコントロールができるくらいまで練習すべきだった。