福岡対岐阜メモ

 福岡は1-4-4-2、対する岐阜は1-4-1-4-1。京都時代の大木サッカーはフィンケの影響が強かったように見えたが、今日観た限り大外にSHを張らせていた。ただ効果的なチェンジサイドは無かった。シシーニョが抜けた影響だろうか。狭いエリアでショートパスを用いた局面打開は変わらず。

 福岡の去年からの大きな違いはウェリントンが抜けたため、ロングボール・通称ウェリボールのターゲットが無くなったこと。加えて、攻守においてセットプレーの威力もなくなったこと。(デ・メロは本日お披露目なし)もうひとつは中盤に東京の盟主こと鈴木惇を置いたこと。井原監督は何度か4バックを試みたが守備が破綻したため5-4守備(5バック)に切り替えてほぼ継続している。結果的に後ろからビルドアップよりもロングボールで陣地回復を行ってきた。その為次第に出番を失った。しかし、去年観られたように、5-4&ロングボール&セットプレーは戦術的に行き詰まり、得点力不足が顕在化、それはウェリントンのフラストレーションにハッキリと現れていた。なので今年はモデルチェンジする可能性が高い。試合では後ろから繋ぐよりドゥドゥをラインの裏に走らせ、それにあわせるボールが多かったものの、時折見せる東京の盟主の左足は魅力。守備も献身的だった。SHをワイドに配置し、そこに散らすビルドアップが観られるかも知れない。

 今日は守備の問題はさほど無かったが、4バックで堤・TTMのCBは山雅のロングボール(通称ソリボール)や徳島の山崎に狙い撃ちされた経験があるので岩下の相方には心許ない。(福岡は3バックを予定していたが、篠原の怪我で4枚にしたらしい。)一方、亀川に代わって今年加入した輪湖は見せ場こそ少なかったが、先制点に繋がったファーサイドへクロスは中々。なにより左利きなのがいい。亀川は労を惜しまずアップダウンをするが左足がさほど得意でないため、カットインが多かったし、利き足を切られると苦しんだ。(徳島にボールを誘導されプレスの餌食にされた)今年は左利きの二人でプレスを回避できるかもしれない。

 まぁ気付いたら5-4守備&デ・メボールになってそうだけど。。。GKの足元とか繋ぐの厳しそうだしね。。。