福岡対京都メモ

 福岡は1-4-4-2、対する京都は1-4-1-4-1。京都は特徴が掴み難い。ボスコがコーチに就任したのであれば名古屋時代を考えるとゆくゆくはペッカー路線になりそうだが。今のところは基本はサイドからクロス、WGとSBのコンビネーションで抉ったシーンは後半の1度くらいか。戦術の浸透具合はまだまだといったところ。

 福岡は結果を出した森本をスタメン起用、変わりに石津を2列目に配置した。しかし、これは上手く機能しなかった。石津はどうしても中に入りたがり、10番の仕事をやりたがるためゴール前でノッキングを起こした。井原監督はすぐに森本と石津の位置を入れ替え、その後はボールの循環がスムースになった。(森本は2列目よりやはりボックスの中で仕事させたい。インスの怪我が痛い。負傷交代したドゥドゥも心配。)このため、前半はボールが良く回り相手に何もさせなかった。アンカーのサイドのスペースを上手く使えていた。DHやCBから縦パスを打ち込み敵を引き付け、このタイミングで上がったサイドバックにボールを叩く事でサイドに起点を作ることができていた。

 一方で後半の失点は簡単にやられてしまい非常に勿体無かった。1失点目は石櫃の切り返しのフェイクにあっさり飛び込んで余裕を持ってクロスをあげさせてしまったことと、エリア内のレンゾ・ロペスへのマークがずれたこと、2つのミスが重なった。2失点目もスローインからサイドを簡単に抉られ、折り返しを押し込まれた。5枚でスペースを埋める人海戦術での守り方に慣れてしまった影響かもしれない。スライドの意識が低い。

 同点にされデ・メロが残り10分で投入されたが身体が重たそうだし、ハイボールに積極的に身体を張るわけでも無く強さも感じなかった。どうもウェリントンと同じ感覚でアバウトな放り込みで何とかできるタイプでは無さそうだ。なによりコンディションが上がっていない印象を受けた。おまけにピッチの選手たちは彼の投入を放り込みの合図と判断してしまったようで攻撃が酷く単調になってしまった。前節同様にどこかのタイミングで5バックで逃げ切りを図ろうとしたがその前に追いつかれ、仕方なく前線にターゲットを入れざるを得なかったのだろう。結果論だがもう少し早いタイミングで5バックに切り替えが必要だったかもしれない。(前回クローザーを入れたのは90分)