浦和対広島メモ

 浦和は1-4-1-2-3、広島は1-4-4-2。広島はスタンダードな4バック。後半柴崎投入後は1-4-2-3-1。開始15分くらいまでは比較的バックラインにプレッシャーを掛けてきたが、それ以降は基本的にリトリート・カウンター狙い。浦和のビルドアップが不安定だったのを考えればプレスに積極的に行くのは悪くないと思ったが、ティーラシンとパトリックの2トップと気温の高い天候を考えれば難しかったか。

 浦和は前節から負傷の柏木の代わりに阿部をアンカーに置き青木を一列上げた。さらに特徴的だったのが攻撃時のポジション。武藤はかなり中に絞り宇賀神を高いポジションに配置。そしてバックラインは、槙野-マウリシオ-遠藤で3バックを形成。右のワイドにはマルティス。無理やり表すと非対称な1-3-1-2-4だろうか。おそらく武藤がウィングとしての適性が無い事、宇賀神と遠藤がSBとして適正がない事を考えた結果だと思われる。ビルドアップは3バック+前のスペースに青木、阿部、長澤が流動的に顔を出す感じ。しかし、今日はマウリシオが不安定なのも相俟って、兎に角ボールが前進しない。前半一発でマルティノスに長澤が出したボールを除けば効果的なシーンはあまりなかった。それに広島がリトリートしなければ前半にも失点していたかもしれない。(実際ティーラシンが引っ掛けてマウリシオがとめたシーンは際どかった。)ただ怪我の功名というべきか、3バックだとサイドに流れるパトリックと相対するのが槙野になるのでその点だけはラッキーだった。(途中から嫌ってあまり同サイドに流れなくなったが) 攻撃は専ら右サイドのマルティノスの突破頼り。得点は右サイドから生まれたものの、今後の対戦相手は対策しやすいだろう。

 後半広島がシステム変更するとプレッシャーが掛からずにディフェンスラインがずるずる下がってしまうシーンが散見された。浦和は2DHにして対応しようとしたらしいが。浦和の守備の問題は今年も健在のようだ。堀監督は1-4-1-4-1を多くの試合採用するが、どの試合を観てもディフェンスラインが横にスライドしない。このため相手にアイソレーションされた場合(所謂お前はサイドに張ってろ)、サイドバックが対応に出る→スライドしないためサイドバックセンターバックの間にスペースが生まれる→気づいたアンカーがカバー→3センターがローテーションしないためバイタルが空く。この状態が全く修正されない。今のところボールを握るチームとやっていないが、去年のホーム横浜、神戸戦を観てもらえば分かるだろう。

 広島や東京のチーム力が高いとは思わない。けれども、健太監督も城福監督もはまず守備のデザインから入ったのは試合から見て取れる。しかし、堀監督の場合は基本的な4バックを仕込めないのにグアルディオラの抽象画を描こうとしてる。浦和にはサイドバックもウィングも足りないのに。この形を続けるのならば監督交代も近いのではないだろうか?