ファン・ハール人物調査書 by jonathan-liew

 Louis van Gaalはアムステルダムで育った。 彼の両親は敬虔なカトリック教徒であり、彼の父親は厳格な分業に沿って家族を組織した無慈悲な規律励行者であった。このシステムの下では、それぞれの子どもには特定の家事が割り当てられていた。 ある人は食卓を整え、別の人は皿洗いをするといったように。

 9人の子供のうち最年少のルイはジャガイモの皮むきを任された。これは楽しい仕事ではなかった。あなたが想像しているように、11人の家族がジャガイモをたくさん食べた。ファン・ハールフットボールマネージャーになったとき、彼は同様のラインに沿ってチームを運営するだろう。すべてのプレイヤーは、システム内で明確に定義された役割を持っていた。ファン・ハールは頻繁に番号でプレイヤーについて言及する。その事が苦手だったら、お気の毒に。

 彼が狂った独裁者であるというステレオタイプはあまり真実とは言えない。ほぼ毎日泣いていたことを認めている男である。終末期の子供と生放送のテレビで紹介されたときに泣き崩れ、翌週に出演しないことが分かったときに、怒って部屋を出て行った。ファン・ハールが自尊心を高める為に人生を過ごしているように見えることかもしれないが、おそらく、彼は非常に早い時期から決してもう二度とジャガイモの皮むきを強制されないと決めた為だ。
 ファン・ハールを調べる最良の方法は、システムのプリズムを通してだろう。それらをどのように構築し、どのように機能させ、人々が抵抗したときに何が起こったのか。 マンチェスター・ユナイテッドのマネージャーとしての彼の最初のプレミアリーグキャンペーンをプロットしているが、彼は成功するのと同じくらい失敗する可能性も高い。 しかし、彼の統治が勝利や災害で終わるかどうかにかかわらず、英国のサッカーのどこにいても、Aloysius Paulus Maria van Gaalよりも惹きつけられるキャラクターは居ない。:不遜で、好戦的で、目ざましく、傲慢で、 予測不可能で、見知らぬ人の前で睾丸を出す傾向がある。