ファン・ハール人物調査書 by jonathan-liew 2

ajax

1991 - 1997

3 Eredivisie ‘94, ‘95, ‘96
1 KNVB Cup ‘93
1 UEFA Champions League ‘95
1 UEFA Cup ‘92
1 UEFA Super Cup ‘95
1 Intercontinental Cup‘95

 1993年の夏、Louis van Gaalは妻フェルナンダを20年の結婚を祝うクルーズに連れて行った。 フェルナンダは、航海を通じて深刻な腹痛を訴えた。 1994年1月18日、彼女は膵臓と肝臓の癌で死んだ。 彼らは18歳と16歳のときにハンドボールの試合で出会った。

 ファン・ハールはサッカーを諦めようと考えたが、娘のブレンダとレナータは説得し続けた。 数ヶ月後、オランダリーグで初めて優勝した。 1995年に再び、一度も負けることなく優勝した。 同年、彼は近代的なサッカーの歴史のなかで最も技術的に熟達し、最も愛されたフットボールのひとつと共に、ヨーロッパカップを勝ち取った。

 しかし、それは彼が後で認めるように、最初のタイトルであり、他のどのタイトルよりも意味があった。 「フェルナンダは生きていた」と自伝に書いた。「少なくともシーズンの最初の数ヶ月は」。

on the field

 これは1995年のチャンピオンズリーグ決勝でミランを破ったチームである(勝利のゴールはパトリック・クライフェルトによって得点されたもの)。 ファン・ハールは、彼のオフィスの壁にモットーを掲げていた。「クオリティとは偶然の排除」それは彼の両面の共通の特徴を包括している。完全に自然発生や自由形式であるように見えるものは、実際には微細に計画されている。

ajax formation

 ファン・ハールの3-4-3システムは本質的にスペースに関するもので、自身のスペースを最大化し、相手のスペースを制限していた。ディフェンスは非常に高いラインを維持し、対戦相手のエリアでゲーム全体をプレイしようとする。ウィングのオーフェルマルス、フィニディは中央に最大限のスペースを確保するために、できるだけ横幅一杯にポジショニングする。

ミッドフィールダーはウイングを追い越す事を許されなかった。代わりに、彼らはストライカーをサポートするために走った。リトマンの疲れのない走りは、理想的なNo.10をファン・ハールにもたらした。チャンスを生み出すのに十分な創造性、前方へ疾走するのに十分な鋭さとセカンドストライカーとしての攻撃参加、戻って守備をするのに十分な素早さ。

 ポゼッションは中心的な原則であった。ファン・ハールは、選手達をより走らなくて良いように努めていた数少ない監督の一人であることを自慢していただろう。アシスタントコーチのジェラール・ファン・デル・レーム(Gerard van der Lem)は、デビッド・ウィナーの本「ブリリアント・オレンジ」(Brilliant Orange)の中で、「いつもボールのスピード、スペース、時間について話し合った。最も広いスペースはどこか?最も時間のある選手は誰か?そこがボールプレイすべき場所。すべてのプレイヤーはピッチ全体のジオメトリーを理解しなければならなかった。」

 全体的な効果は、目が回るサッカーの万華鏡のようだった。予測できないほどのペースでボールを動かしているにもかかわらず、それぞれの選手が魅力的にシンクロしていた。勝者が次のように語った、「プレイヤーとパスはかすみのような速さと精度で満ちあふれる。時には経験豊富なディーラーがカードを扱うように、ピッチの表面をシャッフルしているように見えた。」

off the field

 ほとんどのチームスポーツではハーモニーが成功に繋がる。ファン・ハールの場合、両者の間にはほとんど相関がないようだ。1995年のチャンピオンズリーグ決勝で、栄光を味わいながら、彼は後半の多くを、交代させたセードルフとの口論に費やした。リザーブゴールキーパーフレッドグリムが彼らの間に分け入る必要があった。
 これこそまさにファン・ハールだった。彼は戦闘準備ができていた。誰も有名でなかったのでケンカをふっかけることができなかった。実際、Ajaxは最も調和のとれたドレッシングルームだった。 - 主に共通の文化とみんな若いという事実のため - しかし、アヤックスでのファン・ハールのキャリアは、別のオランダのサッカーのレジェンドとの激しい関係によっていつも彩られた。

 2004年、ファン・ハールはスポーツディレクターとしてアヤックスに戻った。それは上手くはいかなかった。彼はマネージャーのロナルド・クーマンと衝突した。彼はファン・ハールが自分のためにクラブを管理していると感じた。彼は選手たちも苛立たさせた。ズラタン・イブラヒモビッチと呼ばれる若手ストライカーとの現実離れしたミーティングが証明していた。
 そのシーズン、イブラヒモビッチがうまくいっていたが、ファン・ハールは依然として彼の守備に満足していなかった。かなりの時間を掛け詳細なパターンに関して、イブラヒモビッチがどのようにして守るべきかを紙に正確に描いて説明した。 「理解できたか?」と話し終えたときに尋ねた。イブラヒモビッチは言い訳をして部屋から出て行った。イブラヒモビッチは後にファン・ハールを「尊大なだけのばか者...彼を避けることができて喜ばしい」と述べた。

his legacy

 オランダのフットボールマガジン・Voetbal Internationalは、チャンピオンズリーグで勝利してから1年後、そのシーズンにいくら稼いだかのリストを発表した。それはフットボールの点で驚くほど少なかった。デ・ブール兄弟とダニー・ブリントは、週に約4,000ポンド、ダーヴィッツは約800ポンド、セードルフとクライフェルトは600ポンド、ライツィハーは500ポンドだった。アヤックスはピーナッツで君主を雇っていた。
 それは再び起こることのない現象だった。クラブは比較的低予算で、前年にデニス・ベルガンプの売却を余儀なくされたが、ほぼ完全に生え抜きのチームを持つことでクラブサッカーで最高の賞を受賞した。そのうち25歳以上はたった2人だった。
 1995年のアヤックスチャンピオンズリーグを勝ち取った今までのチームで平均年齢が最年少だったが(2000年のレアル・マドリーと同じ)、ファイナルのスカットは平均して8年間アヤックスにいた。セードルフは彼が8歳の時に、ライツィハーが12歳の時に入団した。彼らは一緒に成長し、システムを知り、モジュール化された。 最近のバルセロナでさえその純粋なビジョンと一致することはできない。

 それからあっけなくチームは消えた。 1995年の崩壊のスピードは驚くほどだった。セードルフダーヴィッツライツィハーはイタリアに行った。ライカールトは自分の下着会社を設立するために引退した。オーフェルマルスは怪我をして何ヶ月も離脱していた。彼の代わりのMartijn Reuserは1週間後に足を痛めた。
 そして、1997年、ファン・ハールも出て行った。彼はある人に出会った - Truusという名前のイベントマネージャー、彼は二番目の妻になるだろう。ファン・ハールは新しい人生を始める準備が整った。

 それ以来、アヤックスは多くのタイトルを獲得してきたが、ファン・ハールのチームはオランダ勢が欧州を征した最後の記憶となった。2000年代後半のバルセロナがこのようなイデオロギー的な熱意を持ってプレーする或いは作り出すまで。サッカーと芸術の関係は有触れた例えだ。しかし、偉大な芸術のように、ファン・ハールアヤックスで作り上げたものは永遠に続くだろう。