ファン・ハール人物調査書 by jonathan-liew 3

Barcelona
1997 - 2000, 2002 - 2003

2 La Liga ‘98, ‘99
1 Copa del Ray ‘98
1 UEFA Super Cup ‘95

 ファン・ハールバルセロナに到着し、「バルセロナが100年かけた偉業を私はアヤックスで6年で達成した」と宣言した。彼は6年も経っていないが、2度目の首を味わいチームを去った。チームは降格圏より3ポイント上だった。

 彼は失敗したのか失敗させられたのか?おそらくはその両方だ。よく考えると、失敗の中にもかなりの成功点がある。最初のシーズンにリーグとカップのダブルを獲得し、自身2度目のリーグのタイトル保持し、再び現代サッカーの史上最高のクラブの青写真を確立した功績があると今でも信じられている。なぜファン・ハール時代のバルセロナは、どちらの関係者にとっても不満だったのだろう?

  第1に、クラブでの中傷と怨恨のレベルは、たとえピッチ内が上手くいっていても、ピッチ外に大量の不信感を作り出した。第2に、彼の仕事の真の成果は彼の後継者によって得られる事だ。ファン・ハールの偉大な指導キャリアに影響を受けた人間の一人:ペップ・グアルディオラ

 On the field

 新しい家主が壁紙を一目見て、すぐ張り替えなければと決めるように、ファン・ハールバルセロナを自分のイメージで作り直すことに一時も無駄にしなかった。ほとんどの場合、それはオランダ人を招くことを意味した。彼は初めのシーズンで3人、翌シーズンで5人以上。そしてアヤックスで成功したクイックパススタイルを実装した。

 最初のシーズンに欠けていたのは、ライカールトようなの権威とビジョンを持つ司令塔となるMFの選手だった。彼はユベントスからダーヴィッツを連れてこようかと軽く考えていた。後になって解決策はすぐ足元にあることに気付いた。

 グアルディオラファン・ハールの最初のシーズンのほとんどを欠場した。deliへ向かう道を走って渡っているときにはじめて患った慢性的な筋肉傷害のため。典型的なペップ。しかし、すでに彼の戦術的な知識と生まれ持ったリーダーシップを伴って、ファン・ハールに感銘を受けていた。ファン・ハールは攻撃の拠点としてキャプテンに任命した。Guillem Balagueの「biography of Guardiola」のなかで、「彼はコーチのように話すことができた」とファン・ハールは述べた。「多くの選手がそうすることはできない。彼のベストポジションはNo.4だった。そこから彼は試合を見渡す事ができ、ゲームを支配する個性を持っていた」。

 

barcelona formation

4-1-2-3

将来のバルセロナは魅力的に思えた。リバウドが左からカットインし、ルイス・エンリケが右から巧みにドリフトし、ルイス・フィーゴが大損害を与えるほどのスペースがあった。バルセロナの4バックはアヤックスの3バックよりも少し自由を与えられた。しかし基本は、ボールの迅速なリサイクル、ペナルティーエリアの端のワンツー、そしてウィンガーやセンターフォワードを解放するための豊富なダイアゴナルなボールであり、アヤックスの時代からはほとんど変わっていなかった。

 ファン・ハールが2002年にバルセロナのマネージャーとして2度目の挑戦に復帰したとき、彼は4年前とは逆の行動を取って、この時点で31歳のグアルディオラを外した。「私はペップが理解したと思う」と後に述べた。バルセロナの中盤のメトロノームとして、彼に取って代わった人物はシャビと呼ばれる子供だった。

 off the field

 バルセロナのオランダ化は批判なしには決して通らなかった。ファン・ハールはすぐにチームの大部分の間で嫌われていることに気付いた。特に3人のブラジル人、ソニー・アンダーソン、ジオヴァンニ、リバウドが「ヒトラー」とニックネームを付けた。ファン・ハールの第一次バルセロナ政権の最後のシーズンまで、リバウドだけが残っていた。しかし、バロンドール選手は、左サイドに溜まることでますます不満を募らせていた。練習場とカンプ・ノウファン・ハールの叫び声が響き渡った:「聞け!リバウド!私の言う通りにしろ!」

 地元の報道陣はリバウドの側に立った。彼らはファン・ハールスペイン語カタルーニャ語を流暢に話さないことや、彼がどこにでも持ち運ぶ小さなノートのことを馬鹿にした。漫画家は彼の顔をレンガの壁で描いた。

 ファン・ハールにとっての成功が干しあがり始まると、バルセロナの伝説的プレーヤーでマネージャーでもあったクライフは、カタルーニャの忠実な記者を使ってすぐに追い討ちをかけた、オランダ人の流入とカルロス・ブスケッツアルバート・セラーデスのような地元選手たちの流出を批判した。「彼がしたことを決して許さない」と2000年、辛うじて3年目3度目のリーガタイトルを獲得できず解雇された後、憤慨してファン・ハールは語った。

 his legacy

 ファン・ハールは他人を頼らないかもしれないが、仕事はタフだった。厳しさがどれほどなのか尺度が必要な場合は、(自身が最終的に混乱を修正するために招聘された)それに続く穏やかな年月を見なければならない。

 彼のバルセロナでの3シーズンは、1位、1位、2位で終えた。彼が去った後の3シーズンは、4位、4位、6位で終えた。認めざるを得ないことだが、6位はファン・ハールがヌニェスの後継者ジョアン・ガスパールに再任された後のことであり、バルセロナがそこまで手に負えない状況であったことは間違いない。新しい会長ジョアン・ラポルタ 、そしてフランク・ライカールトのような新鮮な若手コーチだけが、バルセロナの心を入れ替えることができた。

 しかし、ファン・ハールの影響は引き続き感じられた。最初に解雇される直前、彼は自分の夢を発表した。:La Masiaの卒業生だけで構成されたチームバルセロナファン・ハールは嘲笑の的になった。しかし、2012年には誰も笑っていなかった。レヴァンテとの試合、26分にダニエウ・アウヴェスが負傷でマルティン・モントヤと代わったその時。歴史上で初めて、バルセロナのイレブンは完全にカンテラーノだった。ファン・ハールのビジョンが実現した。

 それらの4人-ビクトル・バルデスカルレス・プジョル、シャビ、アンドレス・イニエスタ-はファン・ハールの下でデビューを果たした。彼らはバルセロナの歴史上最高のチームのバックボーンを形成するだろう。選手だけではない。バルセロナが過去数シーズンでプレイしたやり方を見てみれば、センターフォワードリオネル・メッシがわずかに下がっているが、ファン・ハールの4-3-3のカウンターパートに近いことが分かる。さらに、同じ価値を保っている - 高エネルギー、ハイライン、ハイプレス - 。全てファン・ハールのチームの特性だ。

 彼の出発から10年以上経っていたかもしれないが、最も偉大なバルセロナファン・ハールの指紋を至る所に残していた。