ファン・ハール人物調査書 by jonathan-liew 5

Bayern Munich
2005 - 2009

1 Bundesliga ‘10
1 DFB-Pokal ‘10

 ファン・ハールバイエルン・ミュンヘンに到着したとき、バスティ・シュバインシュタイガーは右ウィングだった。ダヴィド・アラバセントラルミッドフィールダールシオは守備の中心に位置し、ルカ・トニーは前線の主な脅威であり、トマス・ミュラーは2010-11シーズンに向けてローンでいくつかの経験を得ることを楽しみにしていた十代のリザーブ選手だった。全ては卓越したひとつのシーズン(バイエルンがドイツのクラブで初めてトレブルを勝ち取ることを視野にいれた)に変化した。誰もが彼を愛したわけではなかった。カール・ハインツ・ルンメニゲ会長は「皆が愛する人と契約したければ、ジョージ・クルーニーとしただろう」と言った。

 ファン・ハールが間違いを起こすはずがなかった。しかし、直ぐに全てが明らかになった。彼は多くの強力な敵を作った。結果がよければすばらしく、そうでないときはひどく愚かな。彼は2年目のシーズンが終わる前に解雇された。リーグ戦でバイエルンは4位で、チャンピオンズリーグの資格を失う危機に瀕した。

 後の世はファン・ハールにとって厳しいものだった。元監督のユップ・ハインケスチャンピオンズリーグで暴れまわり勝利し、近年のバイエルンの高成績の継続は、ファン・ハール自身の成果(リーグとカップ・ダブル、どうもありがとう)を比較的地味にした。彼はバイエルンの黄金期を遅らせたのだろうか、それは実際に彼の責任のだろうか?

 

 on the filed

 4-2-3-1は大部分のチームが何らかの形でプレーしているプレミアリーグを含む、多くのヨーロッパのトップリーグで選択されるフォーメーションだ。しかし、ほんの数年前、そうではなかった時代があった。ファン・ハールが彼の最初のシーズンにチャンピオンズリーグ決勝に導いたバイエルンは、その進化において重要な役割を果たした。

 

bayern munich formation
4-2-3-1

 これまでのファン・ハールのフォーメーションとの主な違いは、2人目の守備的ミッドフィールダーの追加だ。バスティ・シュバインシュタイガーマルク・ファン・ボメルは微妙に異なる役割を担った。(シュバインシュタイガーの為にファン・ボメルのほうが僅かに深いポジションを取った。)しかし、本質的に彼ら共通の機能は、4バックを保護することと、攻撃を動かす事だ。デミチェリスは時折、守備的な相手に対しては攻撃参加した。

 ロッベンリベリーの自慢の両サイドの為に奇妙に思えるかも知れないが、このショーの真のスターはオリッチとミュラーだ。前のシーズン、ミューラーは5試合に出場した。対照的に、2009年10月には50試合以上プレーをした。ファン・ハールは20歳のポテンシャル、オリッチとの組み合わせ、守備タスクの再開のスピードを発見した。

彼がかつてアヤックスのプレイメーカーであったヤリ・リトマネンの姿をミュラーに重ねたかどうか知りたくなる。「ファン・ハールと私が通常のコーチと選手の間柄以上の関係である事は隠す事もない」ミュラーは笑みを抑えながら述べた。

 注目すべきもう一つのポイントは、フルバックの役割の進化だ。Ajaxではフルバックを "キラー"と表現した。その主な機能はウィングをマークし、ボールを前に動かすことだった。タッチラインの前にウィングが益々ポジショニングする中で、攻撃的な選択肢としてフルバックのオーバーラップの可能性に気付いた最初のコーチの1人だった。フィリップ・ラームは世界最高の1つを継承した。

 しかし2シーズン目、結果が悪くなり始めると、ディフェンスが急所になった。ファン・ボメルはチームから放出され、経験の浅いルイス・グスタボと置き換えられた。
ゴールキーパーのハンス=イェルク・ブットは明らかな理由もなくスタメンから外された。批判が大衆化し始めたとき、ファン・ハールは徹底的に攻撃的思考に拘り、最終的に職で代償を払った。

 

off the filed

 もし、ファン・ハールバルセロナ時代を教訓にしていたなら...実際には、文章を終える事は無意味だ。教訓にしていなかったのだから。

 ルシオは新体制の最初の犠牲者であった。「ファン・ハールは他の誰よりも私を傷つけた。」インテルに去る際に彼は言った。「彼は私がもはや必要がなくなったことを明言する前に話合いをしなかった。それは正しいことではない」彼らは3週間にわたって一緒に働いていた。

 次はトニだった。彼らは出だしで躓いた。ファン・ハールは夕食中に彼が椅子にだらしなく座っているところを捕まえた。規律ある育成の成果物であるファン・ハールは、チームに完璧なマナーを求めた。彼はトニの所まで行軍し、耳を引っ張った。間も無く、ワールドカップの優勝者であったトニーは、リザーブでサッカーをすることになった。

 フランク・リベリーとも上手くいかなかった。数週間で彼らが上手くいかなかったことが明らかになった。「監督との接触がポジティブではないのは初めてのことだ」とロッベン監督は語った。「いい関係じゃない」

 しかし、誰もが選手と仲たがいすることはある。ファン・ハールにとって実際の仲たがいとは、高い地位の人間と戦ったときだ。2010年10月、バイエルンは長い悪夢のスタートを迎え、上級メンバーの2人であるカール-ハインツ・ルンメニゲとウリ・へーネスを、ミュンヘンのホテルで行われた新刊Biographie&Visionの出版記念パーティに招待した。ファン・ハールは本を手に取り、彼らの方向に降りながら聴衆に語りかけた。「あなた方はこの本から学習することができる」と彼は言った。「あなた方にとって重要な事はこの本を読むことだ」。

 おそらく大した違いはない。ファン・ハールは結果だけで解雇されたのかもしれない。しかし、確かな事は貴重な味方が少ないことだ。「彼は他の人の意見を受け入れないので、彼と話すことは難しい」とへーネス言った。「現代的なサッカークラブはワンマンショーでは駄目なんだ」。

 ファン・ハールは2011年4月にわずか21ヶ月で解雇された。選手達の反応はどうだったか。リベリーにこの決定の見解を聞いた:「この状況は終わった。ルイ・ファン・ハールは私にとって重要じゃない。」Ouch.

 

his legacy

 ファン・ハール時代のバイエルンは、一般的には失敗と見なされているが、バルセロナのとき同様、彼は次に続く人たちのためのプラットフォームを築いた。ファン・ハールが到着したときバイエルンに欠けていたのは、トップチームからアカデミーまで、クラブ全体を形作ることができるイデオロギーだった。ハインケスとグアルディラが享受した成功の基盤はファン・ハールによって築かれた。また、彼はシュバインスタイガー、アラバ、ミュラーのキャリアに新たな命を吹き込んだ。ーこの3選手無くして今日のバイエルンは機能しない。

 一般的にグアルディオラバイエルンバルセロナのやり方を導入したと考えられているが、彼は実際に誰を模倣したのか?

 2013年ハインケスが引退した後、バイエルングアルディオラを頼った時に、「グアルディオラファン・ハールの哲学を踏襲するので、バイエルンが彼を雇うことに驚きはない」とコメントした。「バイエルンは常に最高の監督を雇っている」。

 これこそ真のファン・ハールの核心だ。彼はジョゼ・モウリーニョの傲慢さ、アレックス・ファーガソンの強烈な野心、ペップ・グアルディオラの狂信的行為、サム・アラダイスの立ち振る舞いを合わせ持つ。当然彼は歴史の中で、最も尊敬されるコーチの一人でなければならない。彼は近年の偉大なチームの一つを作り上げ、2つ以上影響を与えた。しかし、ファン・ハールは自己を過大評価するため、他の誰一人とも彼に対する評価が一致しない。

 かつてクライフはファン・ハールは頭のネジが1、2本緩んでいると述べた。マンチェスター・ユナイテッドのファンはそれが真実か正体を見抜こうとしている。