When Ajax ruled the world: how Louis van Gaal nurtured his glorious mid-'90s empire by Alec Fenn 2/3

時代の先に

 すべての練習の効果を測定するために、各プレイヤーは心拍モニターを装着しなければならず、体脂肪は繰り返し測定された。 これらはアヤックススポーツ科学への第一歩であり、そのアプローチは、持久力はトップレベルの競り合いに要求されるフィジカルの鍵だと考えられていた時代とは対照的だった。

 それはプレーヤーを育成するための機械的アプローチであり、ファン・ハールの戦術的要求のリストも取扱説明書のように読み取る事ができる。 ルイの世界では、すべての選手はピッチ上では数字で、ポゼッション時とそうでないときで特定のセットのタスクを実行する必要があった。 これを成功させるためには、選手達はチームの利益のために個々の欲望を放棄する必要があった。

 「サッカーはチームスポーツであり、チームのメンバーは互いに依存している」と彼は当時述べた。「特定の選手がピッチで適切に仕事を遂行しなければ、同僚は苦しんでしまうだろう。 これは、各プレイヤーが自分の基本能力を最大限発揮しなければならないことを意味し、これを実現するためには規律が必要だ」。

 これらのタスクは、それぞれのポジションによって異なる。 ゴールキーパーは手と同じように足でプレイすることに熟練しなければならなかったので、キーパーは攻撃を開始し、最も創造的なセンターバックにボールを運ぶことができた。 チーム全体がセットパターンで動いた。 1人のプレーヤーがボールを受けに下がった場合、別のプレーヤーが相手のゴールに向かって走らなければならない。 ミッドフィールダーは常にウイングの後ろにとどまるように言われていたが、ウィンガーは、後方から長いボールのためのスペースを開くためにフォワードランを繰り返し行うように指示された。 攻撃が片側で進まなかった場合、彼らはボールをできるだけ早く反対サイドに素早く切り替える必要がある。 このすべては、4-3-3または3-4-3フォーメーションの範囲内で行われなければならなかった。

 彼の要求を確実に実行するために、ファン・ハールは基本的な練習の執拗なリハーサルを主張した。

 「私たちは右足のボールの鍛錬に何度も重点を置いた」 とロナルド・デ・ブールは説明する。できるだけ早くボールを足から足に動かすことは根本的な課題になった。 また、30メートル以上のロングパスを繰り返し練習するので、プレイを速く切り替えることができた。

 「約3ヶ月後、私たちはそれらの演習を本当にうまくマスターできた。私は他のセッションも覚えている。3対6でプレーし、6人のチームは1、2回のタッチしか許されない。 ポジションゲームがそのような高いレベルなので、新しい選手が到着したとき、彼らは開いた口で見ていた」

  ファン・ハールのマニュアルを呑み込めなかった選手たちはすぐに移籍を促された。ファンのお気に入りのヤン・ボウタース(Jan Wouters)は、有望な若手ヴィム・ヨンク(Wim Jonk)(12ヵ月後オランダプレイオブザイヤーに輝いた)に場所を奪われた後、バイエルン・ミュンヘンに売却された。ブライアン・ロイ個人の輝きはサポーターを席から立ち上がらせたが、彼の明らかなサッカーインテリジェンスの欠如にコーチは感銘を受けなかった。

 「ロイはもう信じていない」とファン・ハールは1992年に彼をフォッジャに売却することを決めた後に語った。「私は個人トレーニングなど手を尽くした。彼はチームのために走らないだけでなく、チームを考えることもできなかった。彼を改善することは不可能だ」

 ファン・ハールは、彼のイメージ通りの完璧なチームを固く決めていた。オープニングから16試合で20ポイントを獲得した鈍いスタートを切った後、彼の革命はペースを上げ始めた。デビューシーズンの1991/92年の終わりに、アヤックスPSVアイントホーフェンに対してリーグで3ポイント不足していたが、アウェイゴールトリノに勝利した後、UEFAカップを掲げた。サイドは主にアカデミーの選手で構成されていたが、成功によって裕福なセリエAのクラブの選り好みにスター選手が犠牲になった。 デニス・ベルカンプとヴィム・ヨンクはどちらもインテルに、ヨン・ファント・シップとマルシアーノ・ヴィンクはジェノアに、ミハエル・クリークはパドヴァに迎え入れられた。

自国の成功

 ファン・ハールは一から始めなければならなかった。しかし、クラブの次世代の才能に信念を置くことを選んだことで、「災い転じて福をなす」が証明された。彼は去った選手よりも優れていると信じていた。才能あるグループの灰から、次の3シーズンにわたって素晴らしいものが形成された。

 アヤックスの若者は、ファン・ハールの才能工場で3年間の教育を受けてたが、今ではそれらの間にユニークな結束があった。 デ・ブールの兄弟はもちろん、パトリック・クラファートとスリナム生まれのエドガー・ダーヴィッツアムステルダムの隣の通りで育った子供時代の友達だった。ダーヴィッツは、クラブで息子と遊んでいる間に才能に気付いたリドウィナの個人的な勧めでスカウトされた。

 もう一つの熟練したスターレットクラレンス・セードルフダーヴィッツと同じ地域のスリナムで生まれました。一方、ミラノで5年ぶりの成功を収め帰還したレジェンド、フランク・ライカールトは、若い選手のために父親の姿と同様に、ドレッシングルームで尊敬される役割を求められた。

 彼らの多くはまだ学生のように見えたが、年齢以上にそつがなかった。コーチは何か創造的なアイデアを聞くことを熱望していた。 1回のトレーニングセッション中、ロナルド・デ・ブールは、セットプレーからの脅威を高めるために、「ピッキング」と呼ばれる動きをバスケットボールから取り入れることを提案した。

 コーナーキックが起きた瞬間、チームメイトの1人をマークしている相手に向かってスプリントし、故意にブロックした。 ペナルティエリアを横切るように突進したときに、デ・ブールのマーカーは彼を追跡する罠に落ちるので、大抵、FWをフリーにした。 ファン・ハールはそのプレーを愛し、素早くチームのレパートリーに加えた。 選手たちの意見を聞いて、彼は革新と創造性を促す環境を作り出した。

 移行段階だった最初のシーズンは、カップホルダーのアヤックスオセールUEFAカップ準々決勝でノックアウトされ、その後エールディビジで3位になった。しかし、彼らは少なくとも1992/93年の終わりに、ヘーレンフェーンを6-2でたたきのめし、KNVBカップを持ち上げた。翌年、彼らは3年目で初めてリーグ優勝を果たしたが、1994年、95年にファン・ハールの仕事の達成は、パズルのラストピースだった、ヌワンコ・カヌフィニディ・ジョージの巧妙な買収によって実現した。リーグでは、アヤックスは無敗で、27勝7分無失点の記録を残していた。 彼らは1試合当たり平均3.12で106ゴールを記録した。

 ヨーロッパにおいて、現状を打破する準備ができていることがすぐ明らかになった。 タイトルホルダーのミラノはチャンピオンズリーグのグループリーグにおいて2ヶ月で2度、アムステルダムで2-0、サンシーロで2-0で打破された。1試合目の後、ヤングスターたちはミランの更衣室の外に並んで、彼らのヒーローとシャツを交換したが、2試合目の後はマインドシフトがあった。

 ロナルド・デ・ブールは、「今考えると非常に恥ずかしい」と語る。 「ルート・フリットはドレッシングルームへのアクセスを許してくれた。ミランの選手達と会ったときは子供のようだったが、2回目の試合後にはシャツを求めなかった」。