When Ajax ruled the world: how Louis van Gaal nurtured his glorious mid-'90s empire by Alec Fenn 3/3

チームスピリット

 フランク・デ・ブールにとって、彼と彼のチームメイトを信じ始めた瞬間だった。

「今シーズンの始めに何かが起こった」と彼は以前にFFTに語った。 「若手と経験豊富な選手の間に、信じられないほどのケミストリーがあった。 すべてがチームの中で正しく感じられた。 スタメンに入ることができる約12人の選手の堅実なコアがあった。そして、このコアは3人または4人の、控えになる事を受け入れた選手によって補完された。 ミランを破った後、私たちはもう誰も恐れる必要がないことを実感した」。

 もう1つのアドヴァンテージは、複数のポジションを熟すプレイヤーの数だった。頑強さのおかげでファン・ハールに「ピットブル」と名付けられたダーヴィッツは、彼の流動的なシステムに完璧にフィットした。

「私は左ウィングとセカンドストライカーとしてスタートした - No.10だ」とダーヴィッツはかつてFFTに語った。「私のポジションを動かすのはファン・ハールの考えだった。マルク・オーフェルマルスが左のアウトサイドでプレーし始め、見事にはまった。彼は私にセントラルミドルフィールドでプレーする資質があると感じたんだ。左ウィングでは孤立しているように感じたが、中央ではよりゲームに関わる事が出来た」。

 無敗でグループステージを突破した後、ハイドゥク・スプリトバイエルンミュンヘンを準々決勝と準決勝でそれぞれ3-0と5-2で打ち破った。 これらの勝利でウィーンでミランと3度目の戦いとなった。パリ・サンジェルマンとの衝突を恐れていたファン・ハールにとって喜ばしかった。 「ミランアヤックスの様にプレーする」 「彼らは試合に勝つことを望んでいるが、PSGは前に出るのをためらい、主に敗北を避けることに興味がある」とコメントした。

 ファイナリスト達には同じ野心があったが、2つのチームの選手は、それぞれゲームの前夜にウィーン空港に到着した数分間、より違って見えた。 アヤックスの内気な若者たちは、ミランのスターたちが華やかなガールフレンドを連れてラウンジをブラブラ歩くのを傍観した。

 ファビオ・カペッロもオランダの敵を驚かせるために狡猾な計画を立てた。 マルセル・デサイーは、ダイアモンドフォーメーションのホールディング・ミッドフィールダーの役割で、ヤリ・リトマネンのマン・マーキングを担当した。 ストライカーのダニエレ・マッサーロは、フランク・デ・ブールミッドフィールダーへの前方のパスを遮り、右サイドバックミハエル・ライツィハーにボールを出させるタスクを手助けし、ポゼッション中はプレスを行った。

 最初の45分間、ファン・ハールたちがボールキープに苦労したので、その策略は完璧に機能した。

 ハーフタイムでのライカールトの最初の言葉。 「ボールをもっと速く走らせたいと思ってる。多くの選手がポゼッション中のプレーを良くする必要がある」と彼は語った。 ダニー・ブリント、クレランス・セートルフ、フランク・デ・ブールの間で熱い議論が続いた。 鍵となる戦術の微調整(ライカールトはキー・パスを出すためのスペースを得るために5ヤード後退したように見えた)をする前にファン・ハールは喜んでその様子を見守った。

 潮の流れがアヤックスに傾き始めた。

 休憩後の8分、カヌはセードルフの代わりに投入され、彼のペースはフランコ・バレージミランのディフェンス陣をペナルティエリアの際まで後退させた。 彼らの支配力が高まって、ファン・ハールは(おそらくリドウィナの予感が彼の頭に影響を与えた)、70分過ぎリトマネンをクライファートに交代した。

 彼のキャリアで最善の決断だったかもしれない。 15分後、流れるようなパスの動きだった。左ウィングのオーフェルマルスがボールをピックアップし、ペナルティーエリアの手前にいるライカールにフィードした。 ライカールトクライファートへパス。クライファートバレージをワンタッチで滑り込ませ、ツータッチ目でセバスティアーノ・ロッシを通過してゴールへ突き刺した。 アヤックスは1973年以来初めてヨーロッパのチャンピオンになった。

Feeding time

 それは驚異的な偉業であり、チームのほとんどのメンバーの名を世に知らしめた。 アムステルダムに戻ったクライファートは、空港で母に挨拶した時、急に泣き出した姿を撮影された。18歳の彼はオランダメディアの恋人だった。 しかしその後、ヨーロッパ最大のクラブが彼の主導権を巡りはじめたとき、ファン・ハールは既視感に消耗させられた。

 特に関心が高かったのがリトマネンだったが、彼はアヤックスに将来を約束した後、残りの新世代(サンプドリアに署名することを選んだセードルフを除いて)が彼の主導に続き、彼らは長年にわたりヨーロッパを支配する機会を得ていると認識した。

 彼らはそうしなければならなかったが、水面下で物事はゆっくりとほどけていった。その有名な夜の4ヵ月後、クライファートは致命的な車の追突事故を引き起こし、彼のイメージを幻滅させ、彼が罪と戦ったときにうつ病に苦しむ原因となっていた。フィニディ・ジョージもまた、弟がナイジェリアで銃撃された後の個人的な問題にも対処しなければならなかった。 アヤックスがその栄誉にヨーロッパスーパーカップを追加したことで、結果が亀裂を包み隠した。

 インターコンチネンタルカップのためにシーズン中盤に東京へ行うことは、(主に商業的要求を満たすためのもの)別の不安要素であった。そしてグレミオとの試合でのオーフェルマルスの深刻な怪我の為に非難された。

 まだアヤックスがトロフィーを獲得したり、別のリーグタイトルをとるのがストップした訳ではない。欧州ではレアル・マドリーのファンが、グループリーグのベルナベウでロス・ブランコスを2-0で下して拍手喝采した。ボルシア・ドルトムントパナシナイコスの両方に打ち勝った後、アヤックスチャンピオンズリーグ決勝に2年連続で出場した。フットボールの不朽の名声が視界に入っていたが、過去3年間の努力はあの夜の彼らに追いつくように見えた。

 アヤックスはローマで1-1で引き分けた後、ユベントスペナルティーエリアで負けたため、最悪の結果を出した。

 彼らのバブルは崩壊した。1995年に導入されたボスマン判決(契約終了時にプレイヤーが無償で移籍できる)は、最終的にはアヤックスの家を瓦礫にした。 ダービッツライツィハーはともにミランへのフリーで移籍を発表し、ジョージとカヌはそれぞれレアル・ペディスとインテルに売却された。

 クライファートは、アヤックスエールディビジで4位となりトロフィーが何もない厳しい1996/97シーズンの終わりにバルセロナへ移籍した。 栄光の日々は終わり、ファン・ハールバルサのマネージャーになるという彼の決断を発表したとき、栄光の時代のライトを消した。 Class of  95のチームは歴史書に委ねられた。

 消失した、しかし忘れられてはいない。