Van Gaal at Bayern: When Louis averted a crisis ? then talked himself into a bitter exit by Uli Hesse 1

 彼がバイエルン・ミュンヘンを引き継いだとき、ババリア人は混乱状態だった。彼は最初の記者会見で自身を「自信家で、支配的で、傲慢」と表現した。そのオランダ人はクラブを変身させ、リーグとカップのダブルに導いた。しかし、どうやって? Uli Hesseは以下のように説明する。

 インターネットで「Van Gaal alias Feierbiest」で検索すると、YouTubeで2分12秒のびっくりする動画の検索結果が得られる。ミュンヘンの市庁舎のバルコニーに立って、2010年のブンデスリーガのタイトルをバイエルンのチームと共に祝うオランダのコーチは、伝統的なバイエルンの衣装を着てる。チャンピオンズリーグ決勝の2週間前だ。

 ファン・ハールは熟練したラスベガスのエンターテイナーのようにマイクをつかみ、群衆を手のひらで踊らせるには、わずかな視線と小さなジェスチャーしか必要としない。彼は、後に大半が、タイトルの祝典というよりむしろニュルンベルクの集会の光景を思い出すであろう、大衆を鞭打つ。

www.youtube.com この短いフィルムは、マンチェスター・ユナイテッドの監督について、この記事以上のことを理解できる。しかしながら、あなたが見ていること、例えばなぜファンが「On your knees」とチャントを唄い、ファン・ハールが過熱しながらチャントを唄うのか(いうまでもなく‘Feierbiest’の意味すること)、を理解するにはこの記事が必要だ。

Not George Clooney

 バイエルンが2009年の夏にファン・ハールを任命したとき、彼らは経験と規律という2つのことを求めていた。主にクラブが判断の誤りを犯したために、どちらも不足していた。2008年、バイエルンの長い歴史の象徴的なコーチの1人、オットマー・ヒッツフェルトはクラブの監督業から引退した。

 ミュンヘンの巨人たちは賭けに出た。アイデアは湧いていたが、キャリアでこのサイズのクラブを指導したことのない有望な若いコーチに置き換えた。どこかで聞いたことがある話だって?さて、バイエルンの選択は、マンチェスター・ユナイテッドデビッド・モイーズアレックス・ファーガソン監督から引き継ぐ決断よりもはるかに大胆だった。それはバイエルンが代表以外でコーチングの経験がなかった人物を選んだからだ。-ユルゲン・クリンスマン

 クリンスマンへの賭けはモイーズの実験同様、殆ど失敗だった。バイエルンがタイトルレースと結局はチャンピオンズリーグ圏内に何とか留まったのは、4月にクリンスマンを解任し、後任のユップ・ハインケスが最終局面を4勝1分けに導いたからだった。
 一方の極端から彼が去った瞬間、他方へ揺り動いた事実から、あなたはどれほどクリンスマン政権が大惨事だったかが分かる。メディアとはフレンドリーで愛嬌のある新米コーチから、荒々しい奴隷監督という評判だけでなく、最も印象的な実績をもつコーチの1人へダイレクトに向かった。

 バイエルンは純粋に関わりを持ち始めたわけではなかった。彼らはそのオランダ人が、コントラクトブリッジを楽しむノールトウェイクの親しい友人たちでさえ、'The King'と呼ぶようなエゴを持っている事を知っていた。十中八九、ファン・ハールが娘達に、かつて1950年代のアメリカの子供たちが、彼らの父を'Sir'と呼んでいたやり方とよく似ているフォーマルな方式で挨拶させていた事を、クラブは聞いていた。
 しかし、バイエルンの上層部たちはおそらく、これらの報告の一部がすべてを吹き飛ばすと疑っていた。少々古風であれば、オランダの習慣で両親に礼儀正しく話すことは、まったく普通のことではないか?いずれにしても、カール・ハインツ・ルンメニゲ会長は、「誰もが愛する人にサインしたければ、ジョージ・クルーニーに行っただろう」と語った。
 ファン・ハールが契約書に署名した日、そのオランダ人がバイエルンに滞在している間、全ての古代ギリシャの悲劇、(勝利と苦難から傲慢と屈辱に至るまで)、の題材がそろっているとはルンメニゲもほかの誰も想像することができなかった。

Getting acquainted

 ファン・ハールが2009年7月1日に最初のトレーニングを行ったとき、熟練したオランダ人とクレイジーな現代的なアイデアを持ったクリンスマン(ドイツ人は選手たちにヨガのクラスに参加するよう促していた)の違いを強調しようとして、何とか努力した南ドイツ新聞が書いたように、「古典的なアクセサリー」であるホイッスルとストップウォッチを持っていたことはほとんど言及されなかった。

 ジャーナリスト達は、クラブカルチャーは「暖かいコートのように」彼にフィットするだろう。と彼の言葉を引用した。また彼らは、「バイエルンは私のようだ。自信家で、支配的で、傲慢で、正直で、勤勉で革新的だが、誠実で家族的」と付け加えた事を真に受けた。
 要するに、ファン・ハールの新しい仕事の最初の朝はメディアの成功だった。1つ心配の兆候は、無視されたか、真剣に取られなかった。彼は誇らしげにクラブのモットー「Mia san mia」を引用した。「我々は我々だ」しかしそれから彼は、「私は私だ」と付け加えた。
 ハネムーンは、わずか4カ月後に、記録的な時間でほぼ終わった。最強の王たちや最も有名なサッカーコーチでさえもしばしば倒される、何かが妨げになった。「結果」。もっと正確にいえばそれらが欠けていた。バルセロナフットボール学校の設計士の一人、ファン・ハールは、クリンスマンの大胆なアプローチから、ショートパスを中心としたポゼッションゲームを教えようとした。そして、見事に失敗するように見えた。

Early issues
 11月下旬には、バイエルンブンデスリーガで前代未聞の7位だった。リーグでは非常に悪かったので、ファン・ハールはパニックに陥っているような変更を行った。評判の若手ゴールキーパーミヒャエル・レンジングを下げ、シーズンの4週間でベテランのハンス=イェルク・ブットと置き換えた。
 さらに悪いことに、チャンピオンズリーグの状況があった。ボルドーによる2つの敗北と、ユベントスとのホームでのスコアレスドローの後、ファン・ハールのチームは、グループステージで生き残るためにはほとんど奇跡が必要だった。報道によると、キング・ルイスはウィンターブレクの前に解雇されるという憶測が飛んだ、そのような噂には「もし私が去ったならば、バイエルンは誰とサインをしただろう?カッペロ?ファーガソン?彼らはもっと成功していたかもしれない。しかし、利用できない」と言うしかできなかった。

www.youtube.com それは柄にもない弱気な発言だった。実際に、このような謙虚さの突然の現れは、バイエルンが40年間で最悪のシーズンスタートからもたらされる唯一の良いことだった。何の皮肉も無く自身を傲慢だと呼ぶうぬぼれたオランダコーチはドイツメディアの面からすれば十分に酷かったが、試合に負ける自信家のオランダコーチも格好の標的になっていた。
 クラブの会長ウリ・へーネスは「最初の記者会見の後すぐファン・ハールに、自分自身を「傲慢」と表現すると、いつかは自分の身に降りかかるだろうと言った」。そして実際にそうなった。デュッセルドルフのライニッシェポストによると、悲惨な状況の責任はコーチ一人にあり、少なくとも7つの重大な間違いが挙げられていた。例えば、「戦術狂」のファン・ハールは正確な計画がなく、漫然と彼の選手をごちゃ混ぜにしていたり、或いは、誤解されていると感じたり、本来のポジションで使われないと考えていたフランク・リベリーとの「おそらく致命的な主導権争い」を行ったり。
 他の人たちは、ファン・ハールは、非常に負傷しやすいと知られていたにもかかわらず、彼の同国人であるアシュリー・ロッベンとサインすることを切望していたと訴えた。言うまでもなく、ロッベンはシーズンの最初の週を欠場した。
 リベリーはコーチが怒っていた、あるいは怒ろうとしていた唯一のスター選手でもなかった。ブラジル人ディフェンダールシオは、オランダ人がコーチを引き継いでしてから3週間も経たないうちにクラブを離れ、インテルに入団した。彼は後で言った「ファン・ハールフットボールで誰よりも私を傷つけている」。
 ストライカーのルカ・トーニは数ヶ月後、ウィンターブレイク中に母国のイタリアに戻った。彼はすぐにファン・ハールが、本当のボスが誰かを示すために、いくつかの奇抜な方法を使っていたことを明らかにした: 「コーチはどんなプレーヤーでもベンチに置くことができることを明確にしたかった。彼にとってどちらでも良かった。「私は勇気(balls)を持っている」と言ったんだ。彼は、文字通り、ズボンを落とすことによってこれを実演した。私は全くその様な経験をしたことはなかった - 完全に狂っていた。幸いにも、私は前列にいなかったので、多くを見なかった」。
 別の言い方をすれば、ドイツにおける短期間で、ファン・ハールはドレッシングルーム、メディアサポート、そして多くのフットボールゲームを失ってしまった。彼はすぐにピッチで劇的な変化が生じる幸運を必要とした。ああ、全く新しいイメージ。

The interview

 12月8日、キング・ルイスはちょうど1時間でまな板の鯉状態だった。バイエルンユベントスでのチャンピオンズリーグのリーグ最終戦で、次に進むために勝たなければならなかったが、しかし先月のいずれよりもシャープで活気があったが、30分後には1-0となった。
 その後、バイエルンクロアチア人ストライカイヴィツァ・オリッチがボックス内で倒され、審判はペナルティスポットを指した。これは、クラブがシーズン中で与えられた最初のペナルティであり、選手達はバイエルンの最近の歴史において最も重要なPKを蹴るのに、誰がその度胸を持っているかを確認するため、お互いを見ていた。歩み出たその男は、驚いた事に数週間前ファン・ハールが正ゴールキーパーにした、ハンス=イェルク・ブットその人にほかならなかった。ブットは冷静にNo.1ジャンルイジ・ブッフォンの反応とは逆に流し込み1-1とした。後半4-1でユーべを下した。突然の全く新しいシーズンだった。

www.youtube.com それはまったく新しいファン・ハールだった。ユベントスの試合の数日後、彼はテレビで長年にわたり人気のあるスポーツ番組「Das aktuelle sportstudio」に出演した。ショーはその日に女性が主催し、バイエルン監督との長いインタビューでドイツでのイメージが完全に変わった。
 ハンブルグのモルゲンポストが後にこう書いた。「私たちは、彼を頑なで傲慢で、ほぼ自己愛的な独裁者としてしか知らなかった。しかし、土曜日の夜以来、写真は変わった。別のルイ・ファン・ハールがいる。オープンで、ユーモラスで魅力的な」。
 魅力的なオランダのアクセントで、ファン・ハールは、規律家としての彼のイメージは誇張されており、妻Truusは実際には彼が「ソフト」だと言っていると説明した。 彼は「亡母」に対する深い尊敬についてや、彼が30代後半のとき、未だに母を正式なマナーで呼んでいたことや、娘たちが現在も彼にその方法で話している事を述べた。彼はたくさん笑い、ホストと戯れ、オレンジ色の靴に履き替えることにさえ同意した。

www.youtube.com