Van Gaal at Bayern: When Louis averted a crisis ? then talked himself into a bitter exit by Uli Hesse 2

Shifting suspicions

 ファン・ハールの既存選手との明らかな問題は、突然の明るい兆しにもなった。事実、彼はファンお気に入りのルシオルカ・トーニを追い払ったが、彼らのこめかみ辺りが白髪になり始めていたこともまた事実ではないか?ファン・ハールは代わりに自クラブの若手選手達を選んだ。彼は、23歳以下のチームから才能ある21歳のディフェンダーホルガー・バトシュトゥバーを呼び寄せた。彼はまたトマス・ミュラーという名のFWに惚れ込んでいた。彼は「たとえリベリーロッベンが使えたとしても、ミュラーは常に私のチームでプレーするだろう」と言った。
 バスティアン・シュヴァインシュタイガーは何年もの間、右サイドでプレーしていたが、ウィンガーのスピードを持っていなかったので、決してうまく真の意味でブレイクスルーすることはなかった。ファン・ハールは彼をポジションを後ろに下げて4バックの前に置いた。わずか数ヵ月後には、誰もがなぜそれ以前に、シュヴァインシュタイガーが世界クラスのディフェンシブミッドフィールダーだった事に気が付くことができなかったのかと思った。
 ファン・ハールシュヴァインシュタイガーを改革した直後、リザーブから17歳のミッドフィールダーを呼び、左サイドバックでプレーさせた。若いデイヴィッド・アラバが記者に、このポジションで使用されることに驚いていると語ったとき、ファン・ハールは「彼が違う考えを持っていたとしても左サイドバックだ」と語った。それから4年後、アラバはヨーロッパで最高の左サイドバックの一人だ。
 これらすべての変化と輝く若い選手たちと共に、バイエルンは魅惑的なチームになった。クラブは以前、単に成功しただけでなく、官僚的でビジネスライクな方法で勝つ傾向があったため、ドイツで広く嫌われていた。今、彼らは息を呑むような攻撃的なサッカーをした。
 ミューラーはまさに新発見だったし、ディフェンシブハーフシュヴァインシュタイガーが開花した一方、ロッベンは健康で、シーズンを過ごした。彼は自由自在に、ホームで、ヨーロッパでディフェンスを抜き去った。バイエルンブンデスリーガを打ち破り、ドイツカップを持ち上げ、チャンピオンズリーグ決勝まで進んだ。
 彼らは本命としてジョゼ・モウリーニョインテルとの試合に出場したが、イタリア人たち(DFにはルシオ)は2発で彼らに打ち破った。それでも素晴らしいシーズンだった。ファンはコーチを愛し、チームとの関係は良好だった。彼らは、ファンと選手の両方が、あるキーワードを聞くまでひざまずき、それからすぐに誰もが飛び跳ねて、ばか騒ぎをする、「On your knees!」というチャントで始まるセレブレーションルーチンを作った。

Louis the Feierbiest
 ファン・ハールが最初のオランダ人コーチとしてブンデスリーガを勝ち取ったとき、残り試合があり、いくつかの重要な試合がまだやってくるにもかかわらず、選手たちからお祝いをできるかどうか尋ねられた。その規律励行者(ストレートに選手達に彼の食事が終わるまでは誰も席を立ってはならない)は、「重役会に全てのタイトルを祝うと言った。私はFeierbiestだ!」と応えた。
 ファン・ハールは存在しない事を知らずに、"party animal"のドイツ語の表現を探していた。そこで彼はシンプルに、日常語から思いついた表現を単純に翻訳した。一方、誰も、クラブの重役会を"彼"の重役会と言及した事実に、注意を払わなかった。
 この祝賀の週の間、ファン・ハールはインタビュアーに、物事を俯瞰的に見ると彼自身の人気とロッベンのシーズン通して傑出したパフォーマンスの効果に、時々驚いていると話した。「私はオランダ人とドイツ人の関係の改善を強く信じていた。それは信じられないほどだ。素晴らしい」。彼はまた「私はそのようなポジティブなイメージを全く持っていなかった」といった。
One-man show
 「On your knees!」ファン・ハールミュンヘンの市庁舎のバルコニーでマイクをつかんだときファンは叫んだ。もちろんそれは問題外だ。選手達はそのような愚行をそのままにするかもしれないが、キング・ルイスの前では誰でもファンでさえ跪いてしまう。だから彼はすぐに大衆を黙らせて、話し始めた。
 彼は群衆の中にたくさんの女性がいるのを見ると、「こんなに大勢のママたちも」と彼は愛らしいアクセントで結んだ。それから彼ら全員にチャンピオンコーチから脂っこいキッスを送った。
 一般的でない祝賀スピーチが最初の兆候だった。(あなたを、複雑な精神の何処かに潜むエディプスコンプレックスではないか?との疑問に誘う)
 それから彼は話し始めた。「最高のディフェンスを有してるのは誰だ?」彼は答えを出す前にしばらく間をとった。「FCバイエルンFCバイエルン! 」それから彼は言った:「最高のオフェンスを有しているのは誰だ?」「FCバイエルン!」「そしてそれこそ我々がチャンピオンである理由だ!」熱が入ると、彼はますます催眠状態になった。「ミュンヘンのみならず」と彼は加えた。「ミュンヘンのみならず、ゲルゼンキルヘンも。ブレーメンも。ハンブルクも」。
 オランダ人がグランドフィナーレに達したとき、全ての台詞が群衆によって狂ったように喝采された。「我々はドイツ最強だ。そしておそらく... 」彼は間をとり、下の人々を見つめて指を上げた。「ヨーロッパ最強!Yeah! 」彼は腕を広げ、誰もが狂ったように飛び跳ね始めた。

Boardroom bother
 彼はその瞬間、人気の頂点のいたが、彼の背後のバルコニーの群集の、選手達に間の数人は、このオランダ人が単に変人か明らかに狂っていようが、大変な苦境に陥るのに違いないと思っていた。ウリ・ヘーネスカール・ハインツ・ルンメニゲ会長は、強権力で有名だった。彼らは、バイエルン・ミュンヘンを個人的な所有物と考えているように見える、公の場でアシスタントがちゃんと従うか確認したほど厳しく支配する、コーチに、慣れていなかった。
 特にへーネスはファン・ハールの自己中心性に不満を持っていた。そして彼はバイエルンで逆らってはいけない男だった。ペップ・グラウディオラはファン・ハールミュンヘン滞在から教訓を得たのかもしれない。なぜなら、前任者の投獄までに、初日からへーネスやルンメニゲと常に協議しようと苦心していたからだ。
 オフ・シーズンの間、ヴァン・ガールはディフェンスの強化を拒否したため、クラブ関係者の心配が深まった。彼が一年前にした契約のすべてが成功したわけではない。ディフェンダーエドソン・ブラーフハイトダニエル・プラニッチが期待に応えた訳ではなかったので、報道は、ファビオ・コエントラングレゴリー・ファン・デル・ヴィールのような選手を獲得するべきだと推測した。
 しかし、ファン・ハールは興味がなかった。彼は、リザーブの別の子供、ディエゴ・コンテント(ちょうど20歳)を信じていると言った。とにかく、ディフェンダーを気にしたのは誰か?評判のいいディー・ツァイト新聞によれば、「ファン・ハールはただ一つの方向へチームを構築することで知られている。:前方。それは全て支配について、つまりは自身のゴールから離れてボールをコントロールすること。だからファン・ハールはディフェンスを無視する」。
Downfall
 新しいシーズンは前のシーズンよりもさらに悪化してスタートした。10月上旬、バイエルンは12位だった。ルンメニゲは青ざめていた。「我々がトップと13ポイント差であるわけではない」と彼は言った。
 ファン・ハールは動じなかった。なぜなら、おそらくスタートで躓いたのは、一連の怪我とワールドカップ後の選手の疲労、という事実に主な原因があると分かっていたからだ。ルンメニゲの非難の数日後、彼は自伝を公開した。ゲストとして招待されていたへーネスとルンメニゲの方向にコピーを振りながら、彼らにレクチャーした。「あなたがたもこれを読む事が重要だ」。
 それは我慢の限界だったかもしれない。なぜならミュンヘンにおけるファン・ハールの終わりの始まりは数週間後のへーネスの生放送での怒りの爆発だったからだ。彼は後にかなり前から計画していたことを明かし、配信の正しい瞬間を待っていた。
 へーネスは、穏やかでしかし冷淡な声で、ファン・ハールは「アドバイスに抵抗している」と叫んだ。「現代のサッカークラブはワンマンショーではいけない」と加えた。ヘーネスは、ファン・ハールは多くの選手を疎外させた、とも語った。彼は次のような言葉で締めた。「他の人の意見を受け入れないので、彼と話すことは難しい」。
 翌月、ルーマニアへの旅行で起こった「クルージュの平和」と呼ばれる休戦があった。しかし、これまでバイエルンがこのように現役コーチを公に攻撃したことは決してなかった。不吉な前兆だった。4月初め、ニュルンベルクで1-1で引き分け、バイエルンが4位に下がったことを意味し、クラブはルイス・キングを解雇した。
 いやむしろ,へーネスが彼を解雇した。そのようにしてファン・ハールは失脚した。1年後、彼はドイツの雑誌に、「へーネスはクラブでただ一人、私を常に首にしたがった」と話し、会長はあまりにも多くの力を持っていたと付け加えた。
 ファン・ハールは、「会長が選手起用からコーチまですべてに影響を与えている」ため、TVでのへーネスの攻撃後に期待していたサポートを選手たちから得られなかったと語った。
 言い換えれば、彼はバイエルンがワンマンショーであるというへーネスに同意していた。彼らは、誰のワンマンショーであるかの、まさに異なる考えを持っていた。
Closing arguments
 今日まで、バイエルンにおけるオランダ人の遺産についての議論がある。今年の初め、キャプテンのフィリップ・ラーム(Philipp Lahm)は次のように述べた。「ファン・ハールは決定的な転換点だ。彼は具体的なアイデアを導入した。 - 1人のストライカー、2人のウィンガー、2人の守備的なミッドフィルダー - そしてこの哲学でクラブを形作った」。
 バイエルンでの現代的なポゼッションサッカーの歴史は、実際にはまさにファン・ハールから始まった。ハインケスグアルディオラではない。しかしながら、オランダ人が、バイエルンとグラルディオラの契約は「ファン・ハールの極印がついている」、と2013年に指摘したとき、へーネスは再び怒りを爆発させた。
 「ルイ・ファン・ハールだけがこのようなことを言うことができる」とオランダの新聞デ・テレグラフに語った。「彼の問題は、ルイは彼が神であると思っていないが、父なる神であると考えているところだ。世界が誕生する前に、ルイは既にそこにいた。しかし、世界は彼が見ているようには機能しない」。
 自称傲慢な独裁者は、この土地で最大のクラブの指揮をとり、元の栄光に戻すことはできなかった。彼はマンチェスター・ユナイテッドで自分のやり方を全く変えてない。しかし、それは本当に終わったのだろうか、あるいはキング・ルイはアルガルヴェで引退生活を送る前に、もう一度劇的な好転があるだろうか?