the ajax youth development scheme with co adriaance 13

Survival of the fittest
 アヤックスユースの選手は12歳に達した時点で、12歳から14歳のグループの第2ステージのトレーニングに入る。
 この年齢は多くの若手選手が肉体的成長の加速に直面する。この段階はコーチングスタッフがミスを犯す事が珍しくない。身体がとても小さく見えるが、非常に高いポテンシャルを持つ少年たちは、この時期、同じ年齢のグループで肉体的に競うことができないため、グラウンドに立てないことが良くある。逆の見方をすれば、身長が急に高くなるために、早熟な若手選手は、まるでこれ以上サッカーは出来ないかのようにしばしば見られる。このような理由から、アヤックスは、12歳から14歳のグループのサッカー育成における成長期の影響を後ろにずらす調査の始動を提唱している。
 また、この年齢のグループは、実戦形式でプレーする事が大きな役割となるため重要だ。13歳や14歳の少年たちは既に、強くてスピードもあるし、長い距離ボールを動かす事ができる。後者はアヤックスシステムにおいて肝心だ。12歳から14歳のグループの若者たちは既に、4年間アヤックスのトレーニングを経験している。彼らはゲーム中の判断に関しては、既にたくさん面白い方法で学んでいる。
 最も厳しい基準のセレクションが、U14の2年目の選手達に適用されている。アヤックスを去った若手選手たちは、ほかのクラブのスカウティングリストの最初のほうにあって、引っ張りだこである。アヤックスは彼らが後日戻ってくる可能性を除外していない。

Informatics
 数多くのアヤックスの若手選手が飛躍を遂げた一方で、多くの若手が最終段階の途中で脱落する。もちろんの事、私はこれを受け入れていない。私は詳細に調べ、原因を探り、内部セレクションとスカウティングの変更という結論に達した。
 新シーズンに向けてのセレクションに関して最終判断を下す場合、より確実性を要求するならば、大量のデータが必要になる。コーチによる観察や選手がアヤックスの型にフィットするかしないかの直感は、最も重要な基準のままだが、直感を事実で補う事ができなければならない。この事が全ての若手選手の詳細をコンピュータに貯えている理由だ。プログラマーと一緒に包括的なプログラムを開発している。毎週事務員が適切なデータを入力する。プログラムは160人の若手選手に関する利用可能な多くの分野を作った。毎試合後、私はそれぞれの選手に関するデータを受け取る。これは、コーディングされた基本情報(ポジション、ゴール、アシスト、レッドやイエローカード)や、試合における役割(スタメン、サブ、交代、途中投入、怪我で交代、出場停止、怪我のためプレーせず、病気)や、評価(悪い、平均、満足、とても良い)を含む。これらのデータは毎週入力される。ポジションに関しては、モニターがフィールドを表示するため、一目見れば選手がどのポジションで使われたか分かるようになっている。
 それぞれの選手のメディカルと学業の記録もまたコンピュータに貯えている。アヤックスが教育に高いプライオリティをおいているのは良く知られている。海外に行く場合は定期的にテスト演習の封筒を持った勉強のコーディネーターを連れて行く。我々は才能ある若手選手を同じ学校に入れる考えは持っていない。子供の個性の発育にとっては選手自らの環境で成長することが不可欠だからだ。この事は、自分の家族、自分の街、自分の友達、そして自分の選んだ学校で成長することを意味する。サッカー選手たちが1日中一緒に居つづけるということは、生き残りために集団に従わなければならないという、集団主義の出現につながる。これは常に個人の性格の発育にとって有害だ。そしてアヤックスが全寮制の学校の考えを決して好まない理由だ。我々はゲストファミリーシステムを行っているが、これらは海外の若手の実際の家族に似ている家庭を厳選している。
 良質な教育サポートは、日程と移動手段に関して、非常に膨大な創意工夫、思索と時間が要求される。しかし、これは絶対に必要だ。幸運にもアヤックスには長年、教育サポートの分野のエキスパートがいる。
 コンピュータプログラムは、この山のようなデータと我々の目的を組み合わせることを可能にし、数年後に才能ある若者が基準に達するかどうかの理由が分かる十分な情報を得る事ができた。しかしながら、この結論を若手個人に適用することは決してない。恐らく明らかになったのは、スカウティングの要素、セレクションの手順、特に注意が必要な育成だ。例えば、あるタイプの選手を上のカテゴリーへ昇格させる最適な時期や、アヤックスで成功する可能性が低いタイプの選手を示す。この様にしてアヤックススタンダードが明らかになるのだろう。