Arsenal Rewind : Tactical Evolution - From W-M to 4-2-3-1 (Part I) By Amlan Majumdar

 アーセナルFCの何年にも亘る進化の旅は、ウーリッジに始まり、ハイベリー、そして最終的に華やかで魅力に溢れたエミレーツ・スタジアムに移った。ダイアル・スクエアからロイヤル・アーセナル、ロイヤル・アーセナルからウーリッジ・アーセナル、そして最終的に、ウーリッジ・アーセナルからアーセナルFCへの進化の旅。私たちは歴史のページに目を通す時、クラブを指導し、チャンピオンに変え、この進化を促した男を発見する。
 1886年のクラブ発足以来、サム・ハリスに始まり現在のアーセン・ヴェンゲルに至るまで、アーセナルは数々の素晴らしい戦術家をダグアウトに擁してきた。彼ら全ての中から、3人の際立った指導者がいる。何にもまして、ハーバード・チャップマン、ジョージ・グラハム、アーセン・ヴェンゲルがグラブにインパクトを与えた。彼らはアーセナルのプレーを変え、クラブが行った戦術的進化は驚異的だ。
 TheHardTacleは、3つの異なる時代のこれら3人の指導者の下、どのように戦術的進化を遂げたのかを考察する。

The Enigma of W-M

 ハーバート・チャップマンは最も影響力のある監督の一人であり、いままでの試合で確かに最高の一つであった。彼は1925年にクラブの手綱を引き継いだ。それはクラブの歴史において、最もエキサイティングな幕開けの一つだった。チャップマンはすぐに成功を見出せなかった;チャップマンは以前に残留争いをしていたチームの再建という困難な仕事に取り掛かった。彼は時間を掛け、選手を正しい方向へ導き、ゆっくりと着実にガンナーズをチャンピオンに変えた。
 1925年の夏、FAはオフサイドルールの変更を推進した。以前は3人の対戦相手がボールとゴールラインの間に必要だったが、それが2人に変更された。これはゲーム中に増す消極的な戦術の影響を減らし、試合をエキサイティングでオープンにするために行われた。この変更は、チームの戦術に大きな影響を与えた。チャップマンとアーセナルは当初は新しいルールの適応に失敗し、結果が悪かったためリーグで苦戦していた。
 他のヨーロッパ中のチームがこの変更に対抗する計画を思案している一方、チャップマンはまだ2-3-5の古いシステムを好んでいた。ニューカッスルに7-0で大敗し、目を覚ました。チャップマンの考えの変化に対して、信用を得なければならない他の人物はチャーリー・バカンだった。そのフォワードはチャップマンが最初に契約した選手の一人で、当時のアーセナルのスター選手だった。ルール変更に適応した他のチームと競うために、フォーメーションの変更が必要であることをチャップマンと議論した。彼はそうしないのであれば引退すると脅した。バカンはセンター・ハーフが相手の攻撃陣を妨害するために、より守備的な役割を果たす必要があると信じていた。チャップマンは当初、反論していたが、ニューキャッスル戦において、相手のセンターハーフだったチャーリー・スペンサーは本来の位置より深いポジションでプレーし、ほとんど全てのアーセナルの攻撃を粉砕したことに彼は気付いた。そのセンターハーフは前に進むためには殆ど役に立たなかったが、彼の守備の規律は、ニューカッスルがポゼッションを支配し、ガンナーズを完全に凌駕することを意味した。
 チャップマンはシステムの変更が必要であるという考えに同意したが、彼はまた、この変更のためにミッドフィールドに調整が必要なことも見越していた。センター・ハーフをより深い位置に置くことは、中盤の人数が不足することを意味した。そこで彼はインサイドフォワードをより中央の位置に下げ、一方でハーフ・バックをディフェンスの前に配置した。これは、前方を中心にプレーしていたフルバックが、相手のウィンガーを止める為にサイドに押し出されることを意味した。だから本質的には、ウィングを防ぐ2人と中央に1人、3人のフルバックが存在した。チャップマンはバカンの得点力を評価していたため、攻撃を助けるインサイドフォワードとしてプレイさせ、一方でアンディ・ニールが中盤を助ける後方のインサイドフォワードに配置された。ジャック・バトラーは彼の創造的な本能を抑制して、センターハーフのより深い位置の役割の任された。こうしてW-Mフォーメーションが実現され、チームにバランスをもたらし、すぐに結果が出始めた。

f:id:Zeljko:20181027221948p:plain
f:id:Zeljko:20181027221920p:plain
画像はwikiより

Herbert Chapman - As His System Started Working

 そのシーズンはハダースフィールドの後ろの2位でフィニッシュした。彼らはエキサイティングなフットボールをし、チャップマンの斬新な作品は、ほぼ完成した。苦しめられた殆どのチームがバトラーのディフェンダーとしての欠陥を上手く利用し始めた。彼は適任者でなく、ボロを出した。チャップマンは替え時だと判断し、そのポジションにしっかりとした男が必要だと理解していた。ハービー・ロバーツにその特徴があることを発見した。ロバーツはW-Mフォーメーションの欠けていたピースだった。彼はチームメイトほど足元の才能が無かった。彼の能力は明確だったし、それが彼の最大の強みだった。彼は派手なことは一切しないし、苦手だった。彼の仕事はシンプルで、中央でボールのインターセプトとそのボールをチームメイトに渡す事だった。彼はアーセナルディフェンスの柱になった。
 アーセナルのフォーメーションは相手に謎を残したままだったが、この3-2-2-3フォーメーションを活用したチームは徐々に崩壊した。バカンは引退したが、プレストンと契約していたアレックス・ジェームスは重要なメンバーだった。チャップマンはもう一度再建のプロセスを開始した。彼は最初に優勝するまで5年かかった。アーセナルハダースフィールドと戦いFAカップを勝ち取ったのは1930年だった。W-Mシステムは極めて順調に機能した。ハーフ・バックはウィングの代わりに相手のインサイドフォワードをカバーし、フルバックインサイドフォワードの代わりにウィングをマークした。センター・ハーフバックはセンター・バックに変化し、センター・フォワードを監視した。インサイドフォワードは深い位置に落ちてミッドフィールドになった。W-Mの進化が完了した。アーセナルは1930-31年と1932-33年のリーグタイトルを獲得した。バーナード・ジョイ(1935年にロバーツの代わりにアーセナルに加入)は後にこう記した:
 秘訣は攻撃ではなく、カウンター・アタックだ。私たちは各個人を最大限活用する事を計画していたので、ペナルティエリア内に絶えず余ってる人がいた。中盤を支配する事や相手のペナルティエリアに詰めかける事がゲームの目的ではない。アーセナルは、自陣にリトリートやじょうご状になることで相手をわざと引き込み、ペナルティボックスの限界で相手の攻撃を止め、それからウィングへ向けてロングボールを突き刺すことで目的を達成する。(ジョナサン・ウィルソンの「ピラミッドの反転」から抜粋)

・ディフェンスの間はハーフバックが深いポジションをとり、5バックを形成する。
・ウィングはポゼッションが失われたとき、いつでも元の位置に戻る必要があったため、高いフィットネスレベルが要求された。
・カウンター攻撃中、再びウィングが鍵を握る。インサイドフォワードは全員が攻撃に加わり、5人攻撃を行う。
・ハーフ・バックは中盤の支配の鍵で、今日の守備的ミッドフィールダーと同様の役割を果たした。
センターバックはロングボールを競るため空中戦に強くなければならない。

 チャップマンはアーセナルで革命を起こした。もし彼の予期せぬ死がなければ、すばらしい仕事がより多くのメダルをもたらしただろう。チャップマンは1934年に肺炎で死亡した。彼が構築したものは後世に残した彼の遺産だ。1933-34年、1934-35年とリーグタイトル獲得が続いた。フィールド外でも同様に彼はクラブに大きなインパクトを与えた。ジャージー、トレーニング施設、そして最も重要なクラブの将来の展望を近代化した。そのイギリス人はガンナーズの運命を変えた男として常に記憶される。