Juanma Lillo Interview with Sid Lowe

 史上最年少でスペイン1部のコーチを務め、4-2-3-1の「発明家」であり、探求心や独創性に恵まれたフアン・マヌエル・リージョは、常にフットボールの哲学者と考えれれてきた。(理論と現実は違うと考える評論家たちでさえ。この手の人間は定期的に関係を覆す)フットボールマネージャーは無意味なフレーズを使うジャーナリストを激しく非難する。弁証法的な戦いを好む男は、1万冊以上のライブラリーと世界有数のフットボール雑誌や新聞の完璧なコレクションを自慢し、複雑系の理論の長さについて話す。彼は拡張的なフットボールスタイルの断固とした擁護者だ。何にもましてポジショニング、特に総当り攻撃。それは、バルセロナとスペイン代表チームによって、何年も経ってから表現されたスタイルだ。

 彼がずっと後悔していることは、彼がプロの選手では決してなかった事だ。-「ピッチ上の15分を思い出す」- と彼は言う。しかし、スペイン中で彼はベンチでお馴染みの顔になった。少なくともしばらくの間。昨シーズン彼が引き継いだアルメリアは、名を変えてからの10年間で初めて1部への復帰したときだった。その一方で、メキシコではペップ・グアルディオラを指導した。実際には「指導」という言葉はかなり不十分だ。グアルディオラはリージョへの賞賛を決して隠さないし、ヨハン・クライフと共に最大の影響を受けたコーチとして彼を説明した。リージョがバルセロナについて話すとき、彼は『私たち』について話さずにはいられない。彼はグアルディオラを指導した。バルセロナBと初めてファーストチームの監督になった最初の数ヶ月、彼は非公式にグアルディオラのセッションの準備を手伝った。かつて公式になるかもしれなかった。Lluis Bassatが2003年に会長選に出馬したとき、スポーツディレクターはグアルディオラになることになっていた。コーチはフアン・マヌエル・リージョ。だが、Bassatは敗れた。グアルディオラが引き継ぐまで6年がかかる。リージョは公には全く役職にはつかなかった。-プロジェクト全体にはっきりした彼の指紋が残されていても。現実は残酷だった。今シーズン始め、リージョは8-0で敗れたあと、アルメリアのコーチを首になった。ペップ・グラルディオラのバルセロナ相手に。

Q.あなたはかつて会長がコーチを首にするのは理解できるが、そもそもなぜ雇ったのか理解できないと言いました。それは解決したのですか?コーチとは何のためにいるのですか?あなたの役割は何ですか?

A.まず、正式な役割については疑問があります。非常に基本的なレベルでは、誰がプレイし、誰がしないのかを選択することです。そうでなければ誰がそれを行いますか?与えられ制限された身分以上に役割を確立しようとしないでしょう。これはプレイヤーによって行われるゲームです。自分たちの意義を表明するコーチたちは、いくつかの個人的な提唱、あるいは他人を通して自分の地位を主張したいように見えます。私たちの役割は、多くのコーチが理解したり信じたいと思う事に満たないです。とは言っても、それらの制限の中には概要を説明できるものもあります。しかし最初に、プロの範囲と育成の範囲の違いを説明しなければななりません。あなたはコーチとは何かと尋ねました。何人かはより説教的、何人かは主役になりたがり、何人かはオーソドックス、それ以外。何人かは競争に刺激され、それ以外の人はゲーム自体によって刺激を受けます。

Q.あなたの場合は?

A.私はとても若いうちにコーチになった事を覚えておいて下さい。16歳で既にコーチでした。私は選手では無かったので選手達により歩み寄ることや、共通点を探すことを余儀なくされました。それが物の見方を変えます。私は選手になりたかったが、それが問題でした。私のvocacion[天職]の'V'は選手になることでした。私のbocacion[vocacion、職業]の'B'はコーチになりました。私は自分で食べているコーチです。全てのコーチは様々な物事が混在していますが、私は自分自身を教訓的だと考えています。私は自分のことや自分が行っている事を選手が知覚する手助けをしたいです。ゲームについてだけではありません。人々についてです。全てについてです。あなたがどのように生き、何者であるか。あなたが行う、人との関係性や立ち振る舞い、意思疎通の重要性...それら全てがチームプレイに影響を与えます。私たちの社会には教師は沢山いますが、教育家や促進者はほとんどいません。スペインの哲学者であり作家のFrancisco Umbralが言ったように、人々は日々より良い資格を得るが、教育は余り受けていません。人々はMBA、またはMBB、MBCを持っています - しかし、彼らは道を渡ることはできませんし、まだ他の観点から物事を見ることへの共感を持っていません。アカデミアは私たちを機械にしようとしています。私の仕事に関する限り、共感は不可欠です。人は悪い環境より良い環境のほうが、どんな仕事においてもパフォーマンスが良くなります。選手に見えていないかもしれないことをあなたは意識させる必要があります。とりわけこの頃、チームプレーはますます困難になっているからです…

Q.なぜですか?

A.そのように社会が整っていないからです。社会はあなたを個人主義へと駆り立てます。サッカーは集団スポーツです。あなたはそのように扱う必要があります。誰もが自身の生き方をもっています。あなたは関わり合い、付き合いを促進します。それをするためには、あなたがする事とあなたが言う事との間に最小限の違いがあることを確認しなければなりません。あなたは多孔的でなければなりません。あなたは聞く事ができますか?指示する事ができますか?権力には3種類あります。正式な権力、技術的権力、個人的権力。私は「コーチ」または「ボス」の立場のような、他の誰かの力を通した正式な権力は望みません。権力はあなたが課すものではありません。あなたが交流する人々によって容認されたものです。私はプレイヤー間の自己発見、対話と理解を奨励したいと思います。それは複雑で変化しています。あなたは命令するのではなく人々に志向させます。あなたはバランスをとり、順応し、耳を傾けるのです。人間はオープンです。議論を決定的に終結させる答えはありません。ある選手で上手いったことが、別の選手では上手くいかないということではありません。ある選手で上手くいったことが、同じ選手でも、時間と状況が異なれば上手くいかないということです。

Q.実際問題として、あなたの仕事は何を伴うのでしょうか?あなたがクラブに顔を出す最初の日、あなたは何をしますか?

A.私が最初にすることは、すべてのプレイヤーと個人的なミーティングをすることです。私は彼らに関するたくさんの情報とデータを調べます。私はその情報を確認し、検証し、その情報を持って彼らに挑みたいです。彼はそれを聞いたとき、どう思うでしょう?彼について話している事を選手に教えること以上に、オープンで誠実であることはありません。私はその情報を口外せず、偏見を固める事もできました。しかし、私はしません。彼らについて抱いている偏見や先入観を、選手に教えること以上に誠実な行為はありません。私たちは皆、偏見を持っています。-良いものも悪いものも。私は彼らの目を見ながら、私の集めたものを見せます。翌日、私はグループ全体に話します。私は彼らが自身とチームについてどう思うかを彼らに示します。私は鏡をかざすのです。多くの場合、あなたは彼らの自己認識から最も多くを学びます…私は選手を知っている人、彼らとドレッシングルームを共有している人、そして彼らをコーチしている人と話します。もし彼らの両親と話すことができればいっそう良いでしょう。それからあなたはその情報を使用する方法を知っている必要があります。

Q.フットボールの面では、どのようにチームを編成しますか?明らかな事は、(単純化すれば)、コーチがクラブで着手していることや考えてること:誰が右サイドバック、誰が左サイドバック、誰がセントラルミッドフィールダーなのか、等々?

A.私の場合はそうではありません。 チームに参加すると、80パーセントあるいはそれ以上すでに構築されています。あなたはすでにある多くのものと衝突するかもしれないことを理解する必要があります…あなたは進んで選手から学ぶ必要があります。その逆ではありません。全てのことが、彼らの間で、一緒に機能しなければなりません。私のメンタリティーは対話と結び付きです。仮にあなたが、「右サイドバックを評価しましょう」と言うと、私は「彼と一緒にいるのはだれですか?、彼の前にいるのは誰ですか?一番近くにいるのはだれですか」と言います。

Q.あなたは攻撃や守備のようなものはないと以前に言ったことがありますか?

A.もちろん。ボールがなければどうやって攻撃や守備ができるのでしょうか。一方が他方なしで存在できるのはどうしてですか?人々はコミュニケーションが必要ですが、コンセプトの短縮や単純化があります。私はそう理解しています。重要なのは、駄目にすることなく縮めることができなければなりません。そしてそれは全ての事に当てはまります…たとえあなたが物事の断片を再び一つにするつもりでも、それらはもはや同じものではないので、それらをコンテキストから取り出す事はできません。あなたはラファエル・ナダルの腕を離すことはできませんし、別々にトレーニングもできません。もしあなたがそれをするなれば、元に戻すとき、不均衡、生物からの拒絶を引き起こすかもしれません。どのようにフットボール以外でフットボールの強さを手に入れることができますか?もしあなたが向こうで走れば、向こうで走る事があなたのトレーニングで、フットボールはプレイしません。走れば健康になるでしょう。本当に走ることは健康的ですから。しかし、もしコンテキストから取り出して取り組むならば、あなたが将来より良いサッカー選手になるということを意味しません…

Q.しかし、走る事は役に立ちませんか?

A.あなたをより健康的にしてくれます。そしてそれが心理的にあなたを助けてくれれば素晴らしい。もしあなたがより良く、より強く、より早く感じるなら、あなたはピッチの上で他の選手とより良い関係なのでしょう。フットボールは連想的、組み合わせ的です。しかし、ただ走るだけでは必ずしもあなたが良くなるとは限りません。

Q.確かに速い選手はそうでなかった場合よりフットボールでまだ役に立ちます。もし彼がそれほど速くなかったらどうですか?

A.彼がそれを使う方法を知っていれば。そしてフットボールにおけるスピードとは何か?私たちはそれに答えて何時間もここにいるかもしれません。人々がサッカーで持っているスピードの概念は、実際には個人スポーツからの概念です。このフットボーラーのケースにおける、ここからそこへいくというのは、トランジションの概念です。彼は速く走る…ウサイン・ボルトフットボールの事象でしょう。

Q.しかし、それは意図的な議論の妨害ではないでしょうか?確かに彼はフットボールの才能がありません。しかし、フットボールの分野では、速い選手が役に立つことがあります。例えば、以前監督を務めたアルメリアのアルベルト・クルサットをカルレス・プジョルの傍に並べて、ボールに向けてスプリントさせた場合、クルサットが先に触るでしょう…

A.もちろん。しかし、クルサットはボールに走るべきかどうかの適切なタイミングを知っていますか?パスより先に動作があります。両者の間の競争を単純に切り離すことはできません。彼にはプジョルよりも有利な点がありますが、その利点を活かすには、自分がそれを持っているかどうか、そしてその使い方を知っている必要があります。 - そしてそれをアシストする方法を知っているチームメイトがいます。一人では、彼は無価値です。私たち全ては、全ての人を必要としています。ボルトの例えは馬鹿馬鹿しくありません。速度(人がある場所から別の場所に移動する速さとして表現された)だけでは価値がありません。それは存在しません。非常に多くの戦術的なパラメータ、ゲームのコンセプトがあります。そして、それのすべては、自覚しているあなたの資質、プレーヤーの相互作用、相手によって条件付けられます。

Q.クリスティアーノ・ロナウドの例はありますか?彼は非常に速いですが、チームが彼にそのスピードを使う機会を与えなかたり、特定のプレイヤーと1対1で対決することを妨げたり、走るスペースを閉じたりするときがあります…

A.…ああ、でもあなたは因果関係を築いています。それらは存在いません、だから…

Q.それらが存在しないのはなぜですか?それらは少なくとも概念レベル、方法論の観点から存在しませんか?確かに全てのフットボールクラブは、何かほかのことを引き起こすために、少なくとも何かをやろうとしています。もしあなたがこれをしているならば - 原因 - あなたは目的を作成しようとしています - 結果?何らかの因果関係の存在を否定することは、結局のところ「それはすべて運」と言っているのではないでしょうか?正にあなたの仕事は、特定の状況を引き起こそうとしてませんか?

A.ええ。ええ。自己設定するチームを作成しようとしています…

Q.それは因果ではないですか?

A.いいえ。ここからそこへ行く場合、私はここからそこへ行くことを考えています。しかしそれが全てです。途中で見つけようとしているものを私は知りません。原因と結果は、それ自体では存在しません。そのように分離することはできません。人々は複雑な理論を避けますが、それは真実です。あなたは、その原因が以前から何かしらの影響を受けなかったと、どのように知りますか?また、その結果が他の何か(コンテキストにおける無数の不確定要素)の原因にならないであろうことを、どのように知りますか?問題は人々が常に物事を分けることを望んでいることだと思います。まるで、それらを分離しなければ、それらを見ることはでないかのように。物事は時々意識さえしません。「私はそのせいでこれをやります」。違います。

Q.わかりました。では、純粋にサッカー用語で…

A.純粋なものは何もありません…何も。

Q.わかりました。ゲームプレーのサイドについて話します。ピッチのボールで何が起こりますか?あなたは何を探し求めているのですか?あなたは非常に特定のタイプのサッカーを擁護します…

A.私は勝利目前をもたらすゲームのタイプを擁護します…

Q.確かに。しかし、あなたはボールを中心にして構築するスタイルで勝利しようとします…

A.もちろん。 ボールがなければゲームになりません。それがフットボールです。

Q.しかし、ボールをあまり重視しないコーチがたくさんいます…

A.ええ。ボールを中心にチームを構築します - 私たち全員がボールに従ってすべてをしなければなりません。それが主役です。ボールがなければ何もありません。ボールは母であり、フットボールにおける命の源泉です。ゴールは何のためにそこにありますか?ボールを入れるためにです。ボール無しでは、全く意味を持ちません。でも、ボール保持を中心にしてチームを構築しないいくつかのコーチがいます。

Q.「プラグマティック」彼らはそう呼びます。しかしあなたは、自分のアプローチもプラグマティックであると主張するでしょう。あなたも勝利を望みますが…

A.私も?いいえ。コーチは試合で勝利する確立を増やそうとします。コーチとしてできる事は、できるだけ確立を増やし運を否定することしかできません。フットボールは、相手チームのテリトリーに1度も侵入することなく、1-0で勝利することができることを何度も証明してきました。アーセナルバルセロナに1対1で、彼らは枠へのシュートは1本もありませんでした。多くの不確定要素があり、チャンスもそのうちの1つであるような環境で、私たちは働いています。あなたは必死に守ることができるし、ボールをゲットするたびにシュートを打つ事もできますし、ほとんどシュートを打つことも。全くプレイしない事もできます。

Q.あなたはシュート無しに1-0で勝利すると言及しました。不正ですか?

A.公正(justice)という言葉は、私が人生のほとんどあらゆる分野で、使うのに苦労しているものです。起こりそうにもない、とても起こりそうにもないことですが、-それは起こりえます。ジャスティスという言葉は強すぎます。

Q.しかし、サッカーは結果を超えた何かを持つべきでしょうか?道徳的要素はありますか?

A.どんな人間の活動にも道徳的要素があります。私たちが重要なのは結果だと言うとき、それは偽りだということです。勝てなかったときに言い訳を提示するのが、結果が重要とだけ話してきた、まさにそれらのコーチたちです。あなたは最高の言い訳をする人を簡単に見つけます。ある人は結果を売り、ある人は煙を売ります。(スペイン語でvender humoとは、実体なしにトークだけで想像の商品を売り、現実を隠すペテン師を意味する)

Q.そのようなコーチがいることは、あなたをイライラさせますか?

A.いいえ。彼らが虚言を売りにしても、私をイラつかせることはありません。勝利を通して全てを分析するジャーナリズムが私を悩ませます。-結果として、常にジャーナリズムが勝利します。分析、レポートは結果を通して行われるので、それらは常に正しいものになります。結果を除いたプロセスを見る人は誰もいません。それは非常に日和見主義者です。 そして間違っています。

Q.それは普通ではありませんか?あなたは結果を取り出してから説明しようとします…

A.それは社会において普通のことだという印象が私にはあります。現在、行っていることを取り上げるのは健全です。あなたは売ろうとしているコピーの数よりも、今現在、行っていることに価値を置きます。それはあなたを動かす活動であり、最終結果ではありません。あなたは私の言うことを聞き、それを書き起こし、手入れをし、タイプし、編集しなければなりません…あなたはその道の途中でたくさんのことをやろうとしているので、旅路が目標です。それは私が選手に好んで提案することの1つです。旅が目標であり、目的です。

Q.しかし、あなたの目的は勝つことだと言いました…

A.しかし目的は旅、プロセス、作業項目です。レースでは、ほかの誰より先に、何マイルも何マイルも進み1位になれます。その後、ライン数メートル手前で転倒するがあります。あなたはそのレースについてすらすらと書こうとしますか?あなたは見事に走った。そしてそれは、勝った、良かった、勝たなかった、悪かった、という言葉より遥かに複雑です。18世紀、科学者たちは物事の複雑さに遭遇し、彼らが単純化し理解してきたことの多くは、そのようなものではなかったことに気付きました。物事を証明することは不可能だったので、彼らは自殺し始めました。最小の変化がすべてを変えることができました。それはカオス理論です。あなたはすべての詳細を知ることも、決定的な答えを持つこともできません。 完全に知覚できるものは何もありません。現実は何も信頼できません。

Q.しかし目的が勝つことであれば…

A.ええ。しかし、あなたを豊かにするのはゲームであり、結果ではありません。結果はデータです。出生率が上がる。それは豊かですか? いいえ。しかしそれをもたらしたプロセスは?それは豊かになります。実現はプロセスによってもたらされる。あなたは結果ではなく、ゲームを議論します。結果は議論の余地がありません。月曜日の朝にユーロのために新聞を購入しますか?結果のリストのためだけに?あなたは、試合の終了間際のフットボールスタジアムに行き、スコアボードを見て去りますか?あなたは90分試合を観ます。それはプロセスです。

Q.たとえプロセスが結果の達成を意味しているとしても、私たちが結果に基づいてプロセスを判断するのは間違っていますか?

A.結果からプロセスを検証することはできません。人間は、うまくいったことではなく、うまく終わったことを崇拝する傾向があります。私たちは、うまくいかなかったことではなく、うまく終わらなかったことを攻撃します。メディアはそれをします。方法論的プロセスが、正しかそうでないかを判断する能力を持っていないかもしれない、という可能性を越えて、これらの見地を判断するには欠陥があります。同じプロセスでも、非常に異なる結果をもたらす可能性があります。そして、時には同じ結果が全く異なる「原因」から起こる事もあります。バイエルン・ミュンヘンは、1999年のチャンピオンズリーグで勝っていた90分の段階では偉大なチームです。そして、92分の彼らはガラクタです。どうしてそんなことが言えるのでしょうか?その瞬間は、それに付随するすべてのものの巨大な側面を考えると、このポイントを説明するのに役立つし、他にもたくさんあります。私は第4審が、ピッチに走り込み祝福しようとしているバイエルンの選手たちを、右にもたれながら抑止していたのを覚えています。そしてしばらくして、彼はピッチに走り込み祝福しようとしているユナイテッドの選手たちを、左にもたれながら抑止した。ほんの数分で。誰もがイベントの後は天才です。私は彼らを過去の預言者と呼びます。それでもなお彼らは、最終的にどのように売り出すかという観点からプロセスを評価することでさえ、そして、それに加えて要求を課し続けることは間違っています。

Q.ゲーム周りの環境は変わりましたか?

A.ええ。料理のつけ合わせはステーキを食べました。プレッシャーはより強くなり、周辺的なことがより中心になりました。社会は変容しつつあり、それはすべてに感じられます。日を追うごとに、人々は自分の人生に時間を費やさなくなり、他人の人生に時間をより費やすようになります。なぜなら、自分の人生が恐ろしいからです。新しいテクノロジーが以前よりも容易に自己欺瞞を可能にしました。

Q.あなたのフットボールの詳細に移りましょう。あなたは90年代初頭にクルトゥラル・レオネサで4-2-3-1を発明しました。 なぜですか?

A.私たちは現在を通して過去を見ます。だから、そのとき成し遂げようとしていたことを、現在の私が正しく反映しているか分かりません。私はそのとき感じたことを思い出せませんが、ボールの前にいる選手たちによりモビリティを持たせ、相手ゴールにさらに近づくことを望みました。合理的なスペース占有を考えると、私は4人のアタッカーが欲しかった。私たちは相手ゴールの近くでボールを勝ち取るために、最終ラインを非常に、非常に高くしました。私は基本的に3人のメディアプンタを望みました。私は、所属している選手のタイプによって影響を受ける、空間分布を作ろうとしました。そして何年も、みんながそれを使っていました。良いシステムだと思います。しかし、システムに付けられた名前よりむしろ選手の動きを見ると、1000年前に誰かが上手に試みたと私は確信しています。-多分、4-4-2でストライカーが少し下がり、両ウイングが上がった形に似ている。物事に名前を作成することに強迫観念があります。だから私はそれに名前を4-2-3-1と付けました。

Q.あなたは空間分布について言及しましたが、あなたにとって、キーになるのはポジショニングですね?それにはどのようなことが必要ですか?

A.はい。 私はポジションゲームを信じています。それはチーム内の選手間の関係を強くするからです。それは、例えば、相手選手のポジションを固定し、ピッチ上のキースペースで数的優位性を展開させ、特定のエリアを除外し、特定の行動を促進し、解決策と選択肢を自分たちが装うことを意味します。私は選手が最も遠く離れて受け、ピッチを広げ、パスラインを探すのが好きです。

Q.それは個別に機能しますか?あなたは「まさに、左ウイングが相手のサイドバックと1対1の状態」と考えますか?

A.いいえ。人々が受け入れているそのイメージは偽りです。なぜなら選手は個人でプレーしませんし、チームのコンテキスト内でプレーします。選手が自分のエリアでボールを手に入れた場合、対戦相手は全員芝の上に座り、選手はピッチの全長を走り、対戦相手の周りをドリブルしゴールを決めます…それは個々の行為ではありません。なぜなら、もし相手選手が座っていなければ、選手はそれができません。他人の行為があなたの決定や別の決定を強要します。人々は「個々の行動」について話しますが、個々の行動はありません。

Q.しかし、チームはピッチの特定のエリアで、個々の特徴や特定の選手を強化するために機能しませんか?バルセロナグアルディオラがウィークサイドと定義した、例えば、メッシがサイドバックに向かって走ることができるスペースを作り出すために機能しませんか?

A.ある程度まで、イエス、しかしあなたは人間の行動を予測することはできません。あなたは、メッシが特定のスペースでボールを受け取れば、彼が危険な存在であることがわかります。しかしそれは、誰からボールを受け取るのか、彼の最後の動きが下がるときなのか違うのか、彼の感情面の状況が何なのか、対戦相手の反応がどうなのかによって条件付けされます。私が取り組んでいるポジショナルプレイは、確かに特定の状況を引き起こそうとすることを可能にします。しかしより重要なことは、知性を持ち、教養を持ち、起きていることを解釈する方法を知り、適応し、理解することであり、解決策を探すことができるということがチームに最大の利点を与えるということです。

Q.だから、最高の選手は最も知的です。

A.どのような生活領域でも、知性がなければ、全く価値はありません。たとえば、強さ自体よりも強さを使う場所のほうが重要です。もしあなたが鉄の棒で岩を持ち上げようとするならば、あなたがそれを持ち上げられるかどうかは、あなたがどれだけ強いかではなく、どこで圧力を使うか、どのようにそれを利用するかに依存する。もしあなたがどこに鉄の棒を刺せば良いか分からない場合、あなたがどれだけ強いかは関係ありません。

Q.あなたは特定の動きを構築していますか?

A.常に。 しかし、動き以上に、繰り返しを通して一連の関係を構築します。選手が彼らのオプションを意識しているという状況を作り出そうとします。動きはいつも同じではなく、相手は変わります。それが教養について話す理由です。理解する必要があります。あなたは液体には、深く、丸いボウルが役立つ事を知っています。スプーンも。ステーキの場合は、平板と鋭利なナイフとフォークが必要です。しかしあなたは、前に置いているものがそもそもスープなのかステーキなのかを、先ず以て知る必要があります。どのツールを使用するかを判断する前に、自分が直面していることを認識する必要があります。もう一つの例:人々は地図を領土と間違える。(単語はそれが表す事象そのものではない)私は家に帰るためにどこへ行かなければならないかを知っています。私が帰るのを手伝うナビさえ持っています。しかし、それは領土ではなく地図です。それは道路工事があるか、あるいは犬が車の前に飛び出してくるかを教えてくれません。それが私の言いたいことです。あなたは反応する方法を知らなければならない、いつブレーキを踏むか、いつ曲がるか。地図はどこへ向かっているのか、たどることができるルートを示していますが、そこに着く方法ではありません。もし犬を撥ねたら、道から外れて疾走していたらどうでしょう?本当に重要なのは、空間と時間の関係です。

Q.そのためにあなたはどのようにプレーヤーに身に付けさせるのですか?

A.私たちの間で、自分たちがしていることを理解するための共通の言語を構築します。多くの場合、その言語は意識さえしていません。それは理解です。しかし、コーチがいなくても起こります。あなたが子供のとき、特定の状況が発生した場合は、特定のことをするほうがよいことを学習します。それは常に対話式です。そしてそれはしばしばゆっくりで、気付きません。本当の変化は、わずかな変化です。10年前の自分の写真を見てください。あなたは変わっています。変化が起こっていることを決して分からないでしょうけど。あなたは今、私たちがこのインタビューを始めたときの人とは違いますが、あなたはそれを知らず、あなたはその変化を識別することができませんでした。私は実際に選手が事前に準備された計画を持っていないことを確認しようとしています。それは価値がないということかもしれませんので。もし変数を分離して、一方を最大化すると、もう一方は最小化します。もしあなたが、選手が速くなることに重点を置くならば、無意識に他の能力を弱めています。同様に必要なものも。それは良い考えではありません。人間はそれらの階層的なピラミッドではなく、資質の補完的なネットワークとして構築されます。

Q.あなたは、例えば選手の強化を目的とした仕事を決してしませんか?

A.彼に必要があるならば、イエス。しかし、彼がより良くプレーするために役立つ事を理解さえすれば、強くなる必要はありません。フットボールのために強さを持たなければなりませんが、強さはいりません、以上。彼がベンチプレスをどれだけできるか私が気にするような事でしょうか?私は彼がプレーできるかどうかを気にします。彼らがもっと走れるようにではなく、彼らがより良いプレーができるように私は人々を訓練します。それがフットボールの準備です。

Q.それでは、あなたのスタイルに名前を付けてみましょう。 あなたが今最も好きな選手は誰ですか?

A.最高のプレーができる人は、ゲームの流れを最も上手く解釈し、解決策を提供でき、チームに利益をもたらす人です。私にとって、アンドレス・イニエスタのような人はいません。彼はパスを受け、パスを出し、試合を読み、チームの必要性を評価し、常に順応しています。彼はゴールキーパーになるかもしれない、彼は認識している。メッシは世界で最高のjugadas[動き、走り]を生み出すが、イニエスタは最も優れたjugador[選手]です。つまりそういうこと。プレイ、それは多くの人が関わっているゲームです。あなたの能力は、他の選手との関係によっても左右されます。理解はそれの中心にあります。それは資質のリストではありません:速く、強く、何でも。

Q.理解する事ができても、プレイする事ができない選手がいるケースがあるはずですが?パスは理解しても、それをプレイする技術的能力を持っていないプレイヤー。そうじゃないですか?

A.それは実際には起こりません。クオリティは相伴います。勿論、パスを理解すれば、パスを出す事ができます。もしそれらを行うことができないのであれば、理解するのを止めます。あなたはそれを技術的能力と呼んでいますが、あなたが本当に意味するのは「うまく実行する」ことです。男がひどいパスを出した場合、それを理解する彼の能力は停止します。生物は変化します。ロナルド・クーマンは70メートル離れたチームメイトのフリスト・ストイチコフを見ることができた。なぜあなたは彼がそれを見ることができたと思いますか?彼は見ることができたから?あるいはそこまで届くキック力があることを理解していたから?75メートルのパスを出せることを知っている男は、それをするための彼の遠近感を広げます。意識さえしていません。しかしそれは、あなたが何であるか、あなたが今までに何をしてきたか、あなたの進化そしてあなたのコンテクストの産物です。あなたは自分が考えていることを分からないときでさえ考えています。人々はウーゴ・サンチェス(かつてチャンスをワンタッチで決めた)のことを「考えることなしに」ゴールを決めると言った。しかし、彼はそのプレイについて考えて一生を過ごしました!当然、彼の全体の一部でした。私が言うように、それは資質のリストではありません。もしあなたが素晴らしい「ドリブラー」でも、いつドリブルするかわからないのなら、あなたは実際には素晴らしいドリブラーではありません。人々はジャックリッパーのようなサッカーを見て、部分的にこれをしましょう。いいえ。私たちはシンクレチズムの能力を失いました。それにもかかわらず現実は混合的です。「現代の」コーチは物事をバラバラにしてまたまとめていますが、それは反自然なことです。私たちのコンテクストなしでは、自分たちではありません。私たちは属性のリストではありません。私の目的は、一緒にあるべきものを砕いたり、バラバラにすることではなく、文脈から切り離すことでもありません。それは地球上で最も古いアプローチです。