Manchester United: Louis van Gaal on his sacking, his legacy and life in retirement By Simon Stone

 ルイ・ファン・ハールがウェンブリーの記者会見に現れ、FAカップをテーブルにドシンと置いてから約3年が経った。

 そのオランダ人は、彼が監督として最も偉大な業績と見做すものをまさに完成させたところだった。「6ヶ月間、私の首に縄が巻かれていたにもかかわらずトロフィーを勝ち取った」。

 クリスタルパレスに対してマンチェスターユナイテッドの10人での勝利の最後のホイッスルから数分以内に、彼が解任され、ジョゼ・モウリーニョに置き換えられることが報道された。

 私は先週、あるイギリス人ジャーナリストの初めての書面のインタビューのために、彼と共にポルトガルファン・ハールと会った
 彼は元気そうで、活気があり、今ではプロフットボールにおける40年以上のストレスから解放されていた。先週、彼は引退を発表した。

 魅力的な90分の間、現在67歳のファン・ハールは、いつものカリスマ性を帯びていた。彼は笑った-たくさん。彼は会話を手助けしようとしたり、私が注意を払っている事を必ず確認したりする特徴があった。もし私が彼と意見が異なる事を言ったならば、彼はふんぞりかえり、あざ笑い、手を振り退出させられていただろう。

 時折、彼は特定の反応を要求する質問の回答で終えた。彼の英語は「あまり良くない」ので、彼は私に彼の文章を整えるように、私に二度以上頼んだ。彼はインタビューを中断してファンと一緒に写真を撮ったが、それが良かったかどうか私に尋ねる前にだった。ファン・ハールは、彼の個人的な関係における細部へのこだわりを非常に重視している。

 マンチェスターユナイテッドからの彼の退出の仕方が、まだ心にわだかまりとして残っているのは明らかだった。彼の憤りの核心にたどり着くために、2014年の春に巻き戻す。

 ユナイテッドは、デイヴィッド・モイーズをサー(Sir)アレックス・ファーガソンの後継者に任命するという決定によって生み出された大惨事から抜け出そうとしていた。

 彼らは、仕事に圧倒されないような、成功の実績を持つ人を望んでいた。ファン・ハールはその案件にフィットした。さらに、彼はオランダとの契約がワールドカップ後に切れるので契約可能だった。トッテナムも興味を持ってたが、ユナイテッドの人を引きつける魅力には説得力があった。

 「マンチェスターユナイテッドは古いクラブだったので、トッテナムの方がベターな選択だった。私はクラブを変革しなければならない事が分かっていたからね」。ファン・ハールは言う。「間違った選択だったかって?多分、しかし私は自分に正直に生きる。私はオランダ、ドイツ、スペインのナンバーワンのクラブで働いた。そして今イングランドでも同じように」。

 ファン・ハールは2年間の契約を望んでいた。彼は2016年の夏に、彼が若かりしころにした65歳で引退という母への誓いを全うしようとした。ユナイテッドは彼に3年契約を望んだ。

 彼は言う。「グレイザーズ家(クラブオーナー)とエド・ウッドワード(CEO)は私に依頼した。だからこそ私は彼らが選んだ方法にいまだに怒っている。ウッドワードはユナイテッドが私の最後のクラブになる事を知っていた訳だから」。

 ファン・ハールはクラブを元の栄光に戻すことはスピーディなプロセスにならない事にも気がついていた。

 「彼らは30歳以上の選手を7人抱えていた」。彼は言う。「私たちはそれについて就任に関する面談で話し合った。初年度に私たちはチャンピオンズリーグの出場権を獲得した。2年目でFAカップを勝ち取った」。

 2シーズン目の11月21日、ユナイテッドはワトフォードに2-1で勝利した。彼らはプレミアリーグで、最終的に優勝したレスターの後ろの2位だった。次の5試合で2ポイントしか獲得できず、その破滅的な期間にチャンピオンズリーグからも敗退した。

 ネガティブなフットボールに対するサポーターの嫌悪感が強まり、ファン・ハールのマネージャーとしての立場はますます厳しい視線が注がれるようになった。ファン・ハールの知らないうちにモウリーニョとのコンタクトが行われた。今日に至るまで、ユナイテッドは何のオファーもしていないと断固として主張している。オールドトラフォードの外部の情報源はそうではなかった。メディアではその情報が流れ、ファン・ハールは気が付くと不運な状況に立たされいた。

 「ウッドワードがモウリーニョを選ぶのは想像できる」。ファン・ハールは言う。「彼はトップコーチ。彼は私より多くのタイトルを勝ち取っているからね。

 私が嫌いなのは、ウッドワードが私の後任者とコンタクトをとり、私を代えることを知っていながら、6ヶ月もの間、彼が口を閉ざし続けたことだ。私は毎週金曜日に記者会見に向かわなければならなかったし、噂についてどう思うかを尋ねられなければならなかった。コーチの威厳は?

 6ヶ月間、メディアが私の首に縄を巻いた状態でFAカップを勝ち取ったことは、私の最大の成果だ。

 その試合の翌日、ウッドワードと話をした。彼の主張は、私はもう1年そこにいるだけで、モウリーニョは3、4、或いは5年の間そこにいるだろうということだった。彼が私をポルトガルに連れ戻すためにプライベート航空機を雇ったことには感謝するが、彼の主張は十分ではなかった」。

 彼のフットボールに対する否定的な見解が指摘されたとき、ファン・ハールは活気づいた。

 「それは真実ではない」と彼は主張する。あなたは退屈だと言った。なぜ退屈だったのか?退屈な攻撃だったかもしれないが、それは相手がバスを停めていたからだ。それからより速いテンポでプレーしなければならないが、それは難しい。どんな選手を保持しているかを考慮しなければならないからだ。

 ウェイン・ルーニーが10番でプレーするべきだったが、ロビン・ファン・ペルシープレミアリーグに十分フィットしていなかった。それはルーニーが我々の保持している選手の中でベストストライカーであることを意味した。しかし、マンチェスターユナイテッドには世界で最高のストライカーが必要なんだ」。

 彼はその問題を解決しようとした。

 アンヘル・ディ・マリアラダメル・ファルカオバスティアン・シュヴァインシュタイガーがやってきた。多額な出費の大物。

 初めの2人は1シーズン続き、2シーズン目のシュバインシュタイガーは、2017年の3月にメジャーリーグサッカーに移籍する前に、4回出場した。

 最近ディ・マリアはユナイテッドでの失敗を、ファン・ハールが誤ったポジションで起用したためだと彼を非難した。

 「ディ・マリアは私の問題だと言う。私は彼をあらゆる攻撃的なポジションで起用した。調べればわかる。彼はどのポジションでも全く私を納得させられなかった。彼はプレミアリーグにおけるボールへの継続的なプレッシャーに対応することができなかった。それは彼の問題だ」。ファン・ハールは言う。

 「ピッチ上にキャプテンが必要だったのでシュバインシュタイガーを連れてきた。彼はそれをしなかった。彼は負傷した。彼は言い訳をした。

 私はファーストクラスのストライカーが欲しかった。全ての名前を挙げたくないが、1番・2番が無理ならば、4番、5番で満足しなければならない。だからファルカオをチームに加えたが、事前に負傷していることを把握していた。それが彼をローンで獲得するべきだと言った理由だ」。

 会話の過程で、ファン・ハールはテーマに戻る。

 メディアは影響力を持っているが、彼らは非常に限られた事実を元にそれを発揮する。例として、彼は今月初めにアヤックスがどのようにしてチャンピオンズリーグレアルマドリードを破ったのか、そしてなぜアムステルダムアリーナで負けたにもかかわらず、彼らが第2戦よりも第1戦のホームの方が優れていたのかを説明する。それはオランダのチームによる偉大な現代のパフォーマンスの一つと考えられている。

 「メディアは試合を分析しない」。彼は言う。「彼らは結果を分析する」。

 オーレ・グンナー・スールシャールに関して。

 「ドナルド・トランプが大統領に就任して以来、私たちにはフェイクニュースしかなかったと人々は思っている。フットボールにおいては50年間に渡って存在した」。とファン・ハールは言う。

 「私の後任コーチ(モウリーニョ)はバスを停める戦術に変え、カウンターでプレイした。現在は別のコーチがバスを停め、カウンターでプレイしている。モウリーニョスールシャールの主な違いは、スールシャールが勝っていることだ。

 私はそこにいる訳ではないが、変化を試み、雰囲気が良くなったように思える。また、スールシャールポール・ポグバのポジションを変え、より重要な場所へ置いたのも事実だ。

 しかし、現在のマンチェスターユナイテッドのプレイの仕方はファーガソンの方法ではない。守備的なカウンターアタックフットボールだ。もしそれを好むなら、それが好きなんだろう。私の退屈な攻撃よりエキサイティングだと考えるなら、それもいいだろう。しかし、それは私の真実ではない。

 スールシャールは2回負けたばかりでそれを管理しなければならない。マンチェスターユナイテッドチャンピオンズリーグへの出場資格を得ることは、私が監督を務めていたときと同様に重要だ。しかし、彼らは守備的なシステムでプレーするのでチャンピオンズリーグを勝ち取る事も可能だ。彼らを倒すのは非常に難しい。そして、あなたが好むと好まざるとにかかわらず、それはモウリーニョの業績の成果だ」。

 前日、ファン・ハールはリーグ監督協会の会合で講演したが、彼は依然としてすべての監督が直面する困難に非常に敏感だ。

 彼は多くの意見を持っているが、公式でも非公式であっても、仕事に積極的に取り組む人間を批判する事は決してない。メジャーな評論家の一人の決断、最近、31日後にオールダムによって行われたアポイントに、彼自身がとった間違った行動が如何に早いものであったか彼は気付いているが。

 「ポール・スコールズも監督だったよね?」彼は微笑む。「ファンタスティックだよ。ファンタステック」。

 彼の「メディアに辞めさせられる」という最近のコメントが、ファン・ハールの2012年に最初に言ったことを繰り返しただけであるので、面白がっている。それでも彼はまた、ユナイテッドを離れてから1か月後に2つのオファーを受けたことを明らかにする。それら全てを断ったわけではなかった。

 「それらは最高レベルのクラブからだった」。彼は言う。「イングランドからはそれほど多くないが、ドイツ、スペイン、アメリカ、メキシコ、アルゼンチンからはたくさんある。私は二度、非常に悩んだ。妻のトルースに尋ねたが、彼女はノーと言った。最後のひとつはフェイエノールトだった。彼女はフェイエノールトファンだったので引き受ける事を望んだが、私は一貫した人間だ」。

 彼が注目の的であることを楽しんでいるというファン・ハールに関する一般大衆の認識がある。これは的外れだと彼は言う。どれくらいインタビューの依頼をしているか?、と彼は尋ねる。

 応答するのはユナイテッドを去ってから大体、月に一回。もし注目されることに夢中なら、なぜそんなに長く待つのか?彼は主張する。

 「誰もが私をナルシストだと思っている。私は実際には正反対だ」。と彼は含み笑う。

 「私は誠実に答えるので、メディアは私のことが好きだ。フットボールにおいて何人の人々が誠実に答えるだろう?私は嘘をつかない。常に真実。いいだろう、私の真実かもしれない。しかし、それこそが真実だ」。

 モウリーニョの解任の余波で、ユナイテッドの情報筋は、新しいマネージャーに加えて、テクニカルディレクターの任命が議題になっていることを明確に述べた。

 現時点ではファン・ハールの時代から全く変わっていない。全体的な責任者のウッドワードと、経済と金融の修士号を持ち、投資銀行で13年の業務経験があるマット・ジャッジが報酬と契約の交渉を行っている。ユナイテッドはフットボールを優先し、ピッチでの成功はクラブの全員の目標だ。ファン・ハールは同意しない。

 「現時点でスカウト部門の体制があり、その上にウッドワードの右腕となる人物がいる。体制はそれほど悪くはないが、右腕は銀行家の誰かではなく、フットボールの視野を持ったテクニカルディレクターでなければならない」とファン・ハールは言う。

 「残念ながら、我々はフットボールクラブではなくコマーシャルクラブについて話している。私はこれについてファーガソンに話した、そして彼の最後の数年、彼もそれに問題を抱えていた」。

 トロフィーを越えて、記憶に残るであろう彼の輝かしいキャリアの一つがあるとすれば、それは彼が抜擢した若手選手の数だろう。
 ファン・ハールは、クラレンス・セードルフパトリック・クライファートエトヴィン・ファン・デル・サールカルレス・プジョル、シャビ、アンドレス・イニエスタトーマス・ミュラーをデビューさせた。今や全員がフットボールの最高レベルで確立された名前だ。

 彼は言う。「私が必要に迫られてしただけだとモウリーニョが言っているのを何かで読んだ。真実ではない。私は必要性を造ったんだ。

 マンチェスターユナイテッドは30人以上の選手を抱えていたが、私は23人に戻した。それから私はユースアカデミーのためにオープンセレクションを行った。私はすべてのクラブで行った。 だからこそ、多くの若手選手たちが私の下でデビューした。

 モウリーニョのようなトレーナーの多くは、決して若者にチャンスを与えない。そう、5分。 スールシャールは10分。 それはチャンスではない。チャンスとはゲームの事だ。

 過度の経験は良くない。それからあなたは自動操縦のパイロットだ。あなたは常に想像力が必要で、そして若手選手がどれほど想像をかき立てるかを忘れることができない。

 もし、進んで若手選手を信頼できないのであれば、ユース育成を伴ったクラブの監督には向いてない」。

 しかしトップへの道は能力だけとは限らない。

 「性格も非常に重要だ。私のとき、ラッシュフォードはとても謙虚で、私は彼がより高いレベルに届くと思った」。ファン・ハールは言う。

 「私はAからBへボールを蹴る能力が最も高い選手達を知っているが、人間としてはそうではなかった。それからその事を忘れてしまう」。

 チャンピオンズリーグには8チームが残っている。ファン・ハールはそのうち3つの監督を務めた。 - アヤックスバルセロナ、ユナイテッドだ。彼は特にユナイテッドのファンが彼の好ましい結果に悩まされることを知っている。

 「人々はバルセロナをベストだと考えるが、そうではない。マンチェスターシティとリバプールバルセロナよりチームであり、リバプールはシティよりもチームである」と彼は言う。

 「私の哲学において、最高のチームが勝利するだろうが、彼らは最高のフットボールをするので、シティを望む」。

 46年間の後、ファン・ハールフットボール人生は終わった。今、彼は妻、子供、そして孫たちと共に、「自身の未来」を創造している。自宅をアルガルヴェへ移動したことは、その最終段階に近づいている。

 彼の遺産の評価を推し進めた事で、ファン・ハールは、彼が感じる本当の人間性を正確に反映している、よりソフトな側面を明らかにする。

 「私は哲学を持っている。私はそれを確信し、4つの国でトロフィーを勝ち取ることで、哲学が機能した事を証明した」。彼は言う。

 「しかし、私の遺産は結果より大きいのものだ。コーチとの関係、選手達だけでなく、クラブの全員とのでもある。

 それは私のイメージではないが、私はそのように非常に人間的だ。マンチェスターユナイテッドでは、パフォーマンス部門に40人以上の人がいた。医療部門、ファン。彼ら全員クラブへの思いやりをもっていた。私はリバプールでの試合に解説者として仕事に行った。そして、ユナイテッドのファンはまだ私の名前を叫んでいた。

 私は未だに私のことを好きでいてくれる人々を誇りに思う。それが人生で最も重要なことだ」。