Who REALLY invented the pressing game ? and why it works by Uli Hesse

 1934年、トーマス・パトリック・ゴーマンという名前のスポーツライターから転向したコーチがアイデアを出しました。大昔から、チームはボールを所持していないときは自然な衝動に従っていました。彼らは攻撃から自分達のゴールを守るために後ろへ引きました。ゴーマンは、彼らが反対のことをしたとしたらどうなるのだろうか?と考えました。彼らが一気に前に押し出して、そもそも攻撃を仕掛けることさえできないほどの圧力を敵にかけたらどうだろうか?

 ゴーマンはフォワードに、後ろから組み立てようとしている相手に積極的にチャージするように言いました。フォワードの1人は、相手のゴールに近いボールを所持しているプレーヤーにチャレンジし、もう1人は、パスレーンをブロックするようにしました。それからゴーマンはディフェンダーに、慌てて出したパスのインターセプトフォワードによって張られた網を何とかして通した相手のパスをブロックするため、前へ出て中盤にポジションをとるように指導しました。

 選手達たちは頭をかきました。それは自殺行為に思えました。もし誰か1人がタスクに失敗した場合、相手の前にオープンフィールドを残します。そして、たとえすべてのプレイヤーが任務を遂行できたとしても、軽快で技術的に鋭敏なディフェンダー陣は、一連の素早い短いパスでプレスから逃れることができました。ゴーマンがどのようにチームを納得させたかはわかりません。恐らく軽快で技術的に鋭敏なプレイヤーはディフェンダーにならない傾向があると言ったのでしょう。

 チームが新しい戦術を理解するのに時間がかかりました。彼らは次の5試合のうち4試合を失いました。しかし、その後何かがクリックされ、ゴーマンのチームはマシンに変わりました。「私たちは圧力をかけ相手を参らせました」と、47歳のカナダ人は説明しました。3日前、彼のチームは初めてリーグに勝ちました。

Forechecking

 このリーグの名称はナショナルホッケーリーグで、チーム名はシカゴブラックホークスでした。アイスホッケーのコーチが戦術に与えたタイトルは「Forechecking」でした。彼は記者団に次のように語った。「フォワチェックでチャンピオンシップを勝ち取りました。ブラックホークスは敵のゾーンから後退する代わりにフォワチェックし続けました。システムは予想以上にうまく機能しました」。

 80年後、ゴーマンの革新は、イングランドサッカーのほぼ全員が口にします。- forecheckingだけではありません。最近誰もが話しているのは「pressing」のことです。この戦術的策略が突然大流行した理由はかなり明白です:マウリシオ・ポチェッティーノユルゲン・クロップペップ・グアルディオラは、それぞれトッテナムリバプールマンチェスター・シティプレミアリーグで大きな効果を発揮しており、それぞれがプレッシングついて話すのが好きです。あまりはっきりしていないのは、彼らが話していることの正確な性質です。

 2015年10月に彼らのチームがホワイトハートレーンで出会う前に、ポチェッティーノは、自身のプレッシングゲームは、クロップがブンデスリーガボルシアドルトムントで用いたものとは異なるものであり、それはアルゼンチンが「ミディアムブロック」と呼んだものだと言いました。

 しかしながら、ドイツ時代のクロップはある特定のプレッシング形態とのみ密接に関連しています。ゲーゲンプレッシング-または文字通りカウンタープレッシングです。問題がさらに複雑なのは、帰国したクロップの仲間のコーチの多くは、ポチェッティーノのシステムをプレッシングではなく「フォアチェッキング」と言っていることです。話がややこしいので、あなたはハリー・レドナップに共感できるでしょう。かつて戦術的な傾向について見解を尋ねたとき、彼は嘲りながら「プレッシングに関することの全てはナンセンスです。新しいことではありません。成功するチームは全員がハードワークする必要があります」。

Old or new?

 レドナップの反論にはいくつかの真実がありましたが、ハードワークについてだけではありませんでした。プレッシングは、「守備シフトの配置」や「ピッチ全体のカバー」のこととは異なりますが、ほとんどの形式の戦術では、プレーヤーの多くの動きが必要です。ハリーが正しかったのは、それが新しいものではないと彼が言ったときでした。

 批評家たちはアイスホッケーでフォアチェックがどれほど効果的であるかを指摘していましたが、フットボールで同様のものを実装することは不可能に思えました。結局、フットボールには野手が2倍おり、プレー面積の長さはほぼ2倍、幅はほぼ3倍です。つまり、プレシャーを受けているディフェンダーには多すぎるほどの選択肢があることを意味します。(突進する相手の頭の上でボールを扱うことを含みます。これはアイスホッケーではできませんでした)

 それからスタミナの問題がありました。ゴーマンは、選手を交代させたり、ラインナップを変更したりすることで、数分ごとにプレイヤーに休息を与えることができました。フットボールのコーチにはこの特権はありません。

 1974年のワールドカップまで、ゴーマンの積極的なフォアチェックはトップレベルのフットボールにうまく移されませんでした。記録映像は、リヌス・ミケスルの伝説的なオランダが、相手が後方から適切に組み立てる時間を与えなかったことを示しており、彼らが望まない慌てたパスを試みるまで、敵に容赦なく圧力をかけています。1961年に亡くなったゴーマンが実際にそれを見ることができなかったことは残念なことでした。

Dutch innovators

 このオランダの息をのむようなスタイルは、「トータルフットボール」として歴史に刻まれてきましたが、ミケルス自身は別の用語を好みました。「これは私の表現ではないので、人々をトータルフットボールから遠ざけたい」と彼は西ドイツでのトーナメントの数年後に書きました。

 「私にとっては、自分のゲームを「プレッシングフットボール」と呼ぶ方が良いでしょう。これは、1974年にアヤックスとオランダ代表チームで作成したかったものです。ボールを持っていない時でさえ10人の野手全員が前進するベーシックゲームを作成します。私たちは常に前方へプレッシングします」。ミケスルは、特に1つのYouTubeモンタージュを気に入るでしょう。「トータルフットボールのハードプレス」というタイトルです。

www.youtube.com

 オランダのあらゆるものの権威である作家のデイビッド・ウィナーは、ミケルスのプレスを「群れを成して狩り、ハーフウェイライン上で守る」と印象的に定義しました。これは、YouTubeクリップに表示される内容の良い説明です。

 2人、時には3人のオランダ人選手がボールを持った男に向かって移動します。そのうちの1人は相手にアタックし、もう一方はそれぞれ相手のチームメイトをマークするか、どんな可能なボールの通り道もブロックします。このオレンジ色の壁が現れたときにボールを保持している不幸な人物は、ボールを相手チームのゴール方向へ蹴ることさえできません。オランダの最終ラインはハーフウェイラインに近いため、これはどんな相手もオランダの陣内はオフサイドであることを意味しました。

 この力強いがスマートで組織化されたフットボールは、突然どこから来たのでしょうか?ほとんどの人は、ミケルスがプレッシングゲームの創始者ではなかったことに同意します。彼のチームには極めて優れたプレイヤーたち、特に超攻撃的で勤勉なヨハン・ニースケンスがいたので、単にプレッシング初期バージョンを仕上げる立場にあっただけでした。

 ミケスル自身は次のように書いています。「ゲームを最大限にプレイするには、世界で最高の選手のうち少なくとも3人または4人が必要です。劣勢のチームは休んでいるうちに打撃を受け、これは大惨事をもたらす可能性があります」。

Off-field advances

 ほとんどの人は、フットボール選手の全般的なフィットネスが改善し始めたため、1960年代後半にプレスの種がまかれたことにも同意しています。ジョナサン・ウィルソンが戦術史、ピラミッドの反転で説明しているように、ボールを保持しているプレーヤーにそのような容赦ないプレッシャーをかけ続けることは、「ミッドフィールダーにほぼ一定の動きを要求するには、最高の体力が必要であり、プレッシングがなぜもっと早くに現れなかったのかを説明するかもしれない」。

 しかし、誰がフットボールのトミー・ゴーマンと呼ばれるべきかについては意見の相違があります。ウィルソンは、1964年から1970年の間、ディナモ・キエフを担当したロシア人監督のヴィクトル・マスロフがプレッシングゲームを発明したと考えています。

 多くのヨーロッパ大陸の人々は、オーストリアのエルンスト・ハッペルを創始者と見なしています。1970年、フェイエノールトを、オフサイドトラップとプレッシングゲームという2つの柱に支えられたシステムで、見事にヨーロピアカップ優勝へと導きました。ハッペルはその戦術と非常に密接に関連していたので、彼が亡くなったとき、あるオーストリアの新聞はこう書いています。「彼の棺の周りに人が押し寄せる事(pressing)は、彼が常に思い描いていたやり方でした」。

 誰がフットボールにおけるフォアチェックの実用バージョンを思いついたのかについて議論があり、それをプレッシングと呼ぶことにした一方で、私たちには、ある人がその用語を見出した場所についてはかなり良い考えがあります。–バスケットボールという名の別のアメリカの試合で。1950年代に開発された、ボールハンドラーにプレッシャーをかけることに基づく様々な守備システムがあります。例えば、ハーフコートプレスやフルコートプレスです。前者は、相手チームが自陣に入ったときにプレスを行うことを意味します。後者は、相手の陣内の端からプレスを開始することを意味します。

Different strokes

 フットボールにおいても同じです。プレッシングについて話すとき、ほとんどの人はミケルスのバージョンを意味します-相手のボックスの周りでプレッシャーをかけること。しかし、それは一つの異型にすぎません。

 「ピッチのあらゆるエリアでプレッシングゲームはプレイ可能です」。バイエル・レバークーゼンのU19コーチ、ピーター・ヒバラはFourFourTwoに話します。ヒバラは、この分野の専門家として高く評価されています。昨年、彼はドイツのマネージャーがコーチング資格を獲得するヘネス・バイスバイラーアカデミーに招待され、プレッシングを中心としたトレーニングセッションを開催しました。

 「相手チームのゴールに近い、ピッチの非常に高い場所でプレスをする場合、私はそのことを「フォワチェッキング」と呼びます」と、ヒバラは言います。「それから、ディフェンス、ミッドフィールド、オフェンスプレッシングがあります。ディフェンスプレッシングをする場合、後方に下がり、自分のペナルティーエリアの近くでのみボールにアッタクを開始します。アタックしなければなりませんが、それ以外はプレッシングを行いません」。

 「もちろん、他の守備戦略もあります。パスコースを塞ぐことや後方でプレーさせる事で満足できます。しかし、プレッシングとは、ボールにアタックすることによって、積極的かつ好戦的にポゼッションを獲得しようとする状況と瞬間のことを意味します。最終的に、プレッシングとは、コーチが手に入れたいピッチの正確な場所でボールを獲得することです」。

How high can you go?

 ディフェンス、ミッドフィールド、オフェンスプレスの他の用語は、ローブロック、ミディアムブロック、ハイブロックです。ポチェッティーノのクロップがドルトムントで「ミディアムブロック」を使用したと言ったことの意味は、単にブンデスリーガ時代はスパーズほど高い位置でプレッシングゲームを行わず、代わりに相手がミッドフィールドに進んでくるまで待っていたことを意味します。

 この主張は全く正しいものではありませんでした。ドルトムントは、主にチャンピオンズリーグでミディアムブロック(ミッドフィールドでプレッシング)を使用しました。チャンピオンズリーグでは一般的に、困難からから抜け出す方法を理解し、軽快で、速く、技術的に優れたチームと対戦するため、彼らは自身の能力を把握していました。彼らはよく、国内の試合でより劣った相手に対してより高い位置からプレスを行いました。

 プレッシングは、1960年代までさかのぼることができる非常に古いものであるにもかかわらず、なぜそれほど新しく見えるのでしょうか?たぶん、それは主に最近の進歩と革新のためです。

 ミケルスのプレッシングゲームのバージョンは、彼が指摘したように、素晴らしい選手たちが必要でした。- したがって、広くコピーされる可能性は決してありませんでした。しかし、1980年代に、ミランのコーチアリゴ・サッキ(かつてハッペルがハンブルグでコーチを行ったとき、トレーニングセッションを見ていた)は、現代のサッカーのテンプレートとなる「ボールオリエンテッドのディフェンス」として知られるアプローチを普及させました。これは、チーム全体がボールに向かってシフトし、ボールから遠く離れたゾーンで意図的に相手をマークしないままにすることを意味します。

 それ自体はプレッシング(積極的かつ好戦的にポゼッションを獲得しようとする)ではありませんでしたが、それはプレスにとって理想的な状態を作り出しました。サッキのシステムの結果、ポゼッション中のチームは急激に縮小するスペースで作動し、このゾーンでは常に数で圧倒されていました。いったんチームがボールオリエンテッドなディフェンスをマスターすると、プレッシングゲームをするために「世界で最高の選手のうち3人または4人」は必要なくなりました。

Rule changes

 おそらく大きな要因は、1992年にバックパスルールが導入されたことです。このルールにより、プレッシャーを受けたディフェンダーのための簡単な脱出ルートが削除されました。ボールを快適なゴールキーパーの腕に戻すことができなくなりました。同様に、1954年にNBAが24秒ショットクロックを導入したことが、バスケットボールのプレッシング増加をもたらしたと言われています。カチカチと時計が音を立てるときにボールを保持している相手に、プレッシャーをかけリスキーなパスを出させることは理解できます。困難から逃れるドリブルの間に貴重な時間を使い果たしてしまいます。

 最近では、ペップ・グアルディオラバルセロナ(サッキのミラン以来最も影響力のあるチーム)が、プレッシングゲームをまったく新しいレベルに引き上げました。古いフットボールの格言で、チームはあるモードから別のモードにスイッチする必要があるため、ポゼッションを失った後の最初の数秒が最も脆弱になると言われています。グアルディオラの論理的な結論は、これはポゼッションを獲得したチームにも当てはまるということでした。

 カタルーニャ人はその理論を実践しました。相手のボックスの周りのどこかでボールを失ったまさにその瞬間、チームとして積極的にプレッシングし始め、潜在的カウンターアタックの芽を摘みました。

 プレスは守備的尺度で定義されますが、(ボールを保持していないチームが実行するため)バルセロナのカウンタープレスは、攻撃的な戦略と呼ばれる可能性があります。なぜなら、チームがボールを取り戻した場合、危険なゾーンで、また前進し始めたばかりのディフェンスに対して起こる傾向があるからです。実際、特定の状況および特定のゾーンで、カウンタープレスを開始するために意図的にボールを手放すチームが間もなく現れるかもしれないと言う人もいます。

Hard graft on the training ground

 これは、クロップが有名になったプレッシングゲームの型の一つであり、2011年と2012年にブンデスリーガのタイトルを獲得するのに役立ちました。しかしながら、実装には時間がかかりました。他の形式のプレッシングを教える場合は、シフトの仕方やユニットとしてコンパクトに保つ方法をプレイヤーに伝えることができますが、カウンタープレスは言葉による指導だけでは教えられるものではありません。-練習が必要です。沢山の練習。

 2015年にドルトムントの冬季トレーニングキャンプ中にFFTがクロップと意見交換したとき、当時45歳だったクロップは次のように述べました。「衝動を訓練しなければなりません...ボールを失った直後にボールを獲得するポジションに移動するための。あなたは局面を教えるのではありません。衝動を自然な行動になるまで教えるのです」。

 クロップのチームの元キャプテン、セバスティアン・ケールは次のように説明しています。「初期段階では、選手はカウンタープレスを開始するための合図を与える必要があります。時間が経つにつれて、皆の感覚が研ぎ澄まされていくため、必要な合図はは少なくなります」。

 「この種のサッカーには特定のタイプのプレーヤーが必要です。ゲームは非常に激しくなるため、高度な戦術的理解を持っているだけでなく、走り続け、ボールを狩り続ける意欲を持つプレイヤーが必要です」。

 ヒバラは同意します:「プレッシングは激しい。荒々しく、多くのスプリントを伴います。そして、古典的なストライカーを説得するのは難しいかもしれません。彼は言うでしょう:「自分はゴールを決めるためにボックスの中にいるべきだ。相手を追いかけるのではなく」。

 しかしながら、すべての兆候は、将来において古典的な選手が減少するだろうということです。プレッシングゲームは根付き、進化するだろうということです。1934年にトミー・ゴーマンが他のチームがフォアチェックを使い始めるかどうか尋ねられたとき、彼は単に「彼らはやらなければならない」と答えました。