Arrigo Sacchi’s cultural revolution

spielverlagerung.com

 

 1990年代初頭、イタリア代表チームは紛れもない危機的状況でした。戦術的な問題を解決するため、イタリアサッカー連盟は国内サッカーの秘密兵器に頼りました。:アリゴ・サッキ

 その元ミランのコーチは、1991年に自国でのワールドカップに勝つことができなかったアゼリオ・ヴィチーニに取って代わりました。デビュー戦となったノルウェーとの引き分けは、EURO1992の本大会進出資格が決定的に終わったことを意味しました。しかし、サッキの本当の目標は、スクアドラアズーラ(Squadra Azzurra)を再建することでした。そして長期的には、1994年のワールドカップで成功することでした。

 そのような状況で、サッキはパオロ・マルディーニアレッサンドロ・コスタクルタフランコ・バレージで構成されるミランでお馴染みの中軸に依存していました。一方、1993年のFIFAワールドプレイヤーオブザイヤーであるロベルト・バッジオは、攻撃の要と考えられていました。確かにミラン時代のオランダ人選手のクオリティを欠いてはいましたが、彼はバッジオと2人のロッソネリ、ロベルト・ドナドーニダニエレ・マッサーロを含む、まとまったシステムに取り組むことができました。システムは当然のことながら、1980年代後半にミランがプレイしたシステムと非常によく似ていました。

 しかしながら、サッキは、彼が国際的な成功をさせたクラブであるACミランからのプレーヤーたちを好むと主張する批評家をかわさなければなりませんでした。インテルのウォルター・ゼンガとジュゼッペ・ベルゴミサンプドリアロベルト・マンチーニユベントスジャンルカ・ビアリは、最終的にはワールドカップのメンバーにはなりませんでした。サッキは彼ら全員と対立していました。

 別の解釈:彼は100%信頼できるプレイヤーのみを指名しました。明確な良心をもって、サッキは彼らがどんな状況でもプレッシングの強度を維持することに頼っていました。彼はボールに獲るための明確な貪欲さ、そしてさらに重要なことは、90分間の試合でゲームを支配する意欲を求めました。

 ブラジルとの決勝戦に最終的に到達したことがサッキのステータスを支え、それゆえ彼の手法が注目を浴び正当化されました。

 さらに、選手に毎日の基礎練習をさせる以上のことをし、彼は多才であることを証明しました。彼はチームを殆ど見ることができず、インターナショナルブレイク中にしかチームと一緒に仕事をすることができませんでした。さらに、ノミネートされた選手はクラブのコーチの影響下にありました。それにより、サッキはスタイルを変えざるを得なくなりました。彼は独断的な意見を教えることができませんでした。彼は、これまで以上に、同情的な教師として存在しなければなりませんでした。

 彼のよく知られているドライトレーニングやプレッシングエクササイズは、ワールドカップ直前のトレーニングキャンプでのみ適用できました。その時まで、サッキはすべてのトレーニングセッションと戦術オプションを入念に準備しました。彼は2年以上にわたって考えられるフォーメーションを考えました。彼は細心の注意を払って、彼のチームにとって問題となったさまざまなタイプのプレーヤーを観察しました。

 彼とアシスタントたち(元プレイメーカーのカルロ・アンチェロッティを含む)は、ワールドカップキャンペーンを巧みに計画しました。イーストラザフォードで行われたオープニングゲームでアイルランドに負けた後、キャンペーンは大惨事になるおそれがありましたが。イタリアはノルウェーとの接戦を制し、メキシコと引き分け、グループ3位の最高チームの1つとして第2ラウンドに進出しました。

 彼らはそれから、ナイジェリアを劇的に打ち負かしました。88分、ロベルト・バッジオが同点ゴールを決め、その後、延長戦で決定的なゴールを決めました。(ペナルティスポットから)さらに2回、スペインとブルガリアに2-1で勝利し、決勝へ進出しました。パサデナローズボウルスタジアムで行われた最終戦は、ぺナルティーシュートだけで誰が新しい世界チャンピオンになるかが決まった、低調な試合でした。

 シルヴィオ・ベルルスコーニ首相は、勝利した場合、サッキに内閣での起用を約束しました。その後、サッキはバレージマッサーロバッジオの政治キャリアを台無しにしたと冗談を言いました。ドゥンガロマーリオなどを主軸としたブラジルは、ワールドカップで4回目の優勝を果たしました。

 1994年にイタリアが成功の鍵となった要素は何だったのでしょうか?サッキは、本質的にはっきりとした4-4-2の構造(ミラン時代よりも流動的でしたが)を好みました。流れによっては、チームは4-1-2-3でプレーしました。

 サッキは10人のフィールドプレイヤー全員をラインとチェーンのシステムに関与させました。ロベルト・バッジオは、彼が使い方を理解している、ある程度の自由を享受していました。ストライカーは時折、相手のラインの間のゾーンに降りて、マンマーカーの間でボールを受けました。バッジオは、前線の位置にいるパートナーにパスを出すか、或いは駆け上がったウィンガーへスルーパスを出す事で攻撃を直ぐに委ねました。

 中盤で指揮を執るバッジオの、中央からのパス分布はサッキによるこれらの2つのスケッチに類似していました。マンマーカーを振り切ることを想定しているので、ウィンガーは斜めのルートを走るべきです。それとは別に、ボールに近い8番がオープンマンとして機能するために(サッキの草稿のほとんどは、右サイドのオープニングパスを示していました)、より深い位置にいることが明らかです。

 したがって、バッジオの動きは、柔軟なフォーメーションスキームを生成しました。彼は中盤で、トレクァルティスタの役割と8番ポジションの間をうろつきました。イタリアの2次攻撃の一部として、彼はよく相手のバックラインの背後に上がり、深い位置でボールを受けるオプションを提供しました。

 時々バッジオは、マッサーロまたはジョゼッペ・シニョーリとポジションをスウィッチしました。そのような驚きの効果は、彼らの奥の手でした。さらに、プレーヤーを絶えずシフトすることにより、サッキはフォーメーション内で自動的にダイナミズムを作成し、相手の陣地に入るときのスペースを増加させました。

 高温は毎試合、彼らを限界まで追い詰めました。サッキはボールを奪い返そうとするとき、最初のプレッシングフェーズとしてハイプレスを計画していましたが、時折、超攻撃的なプレッシングをあきらめざるを得ませんでした。

 このようにして、4-1-4-1を使用した超攻撃的なプレッシングが見られるはずでした。ボールに近いウィンガーの前への動きが、中盤からの後追いの走りによって継続したプレッシャーの波を創り出しました。

 その場合、イタリアのチームは十分に試行された4-2-4フォーメーションとかなり慣習的なチェーンメカニズムに戻り、さまざまな機会を利用して相手のビルドアップを妨害し、結果としてコレクティブな変形はスムーズに進みました。

 逆行する動きの過程で、4-3ブロックは通常の4枚2ラインの代替となる傾向がありました。単純な理由として、イタリアがいくつかの試合で前線で攻撃している2人のウイングのスピードを使いたかったということです。彼らは中央で迎撃させようとしました。(守備フォーメーションは44ヤードの幅内でなければなりませんでした)そしてその後、素早く自由なコンビネーションプレイをするために狭い4-3ブロックの密接な連係を利用することを目指しました。

 イタリアのコンビネーションプレイは、ワールドカップで広く過小評価されていました。たとえば、デメトリオ・アルベルティーニなどの技術的に優れたセントラルミッドフィルダーは、ショートパスとミディアムロングパスのバリエーションに鑑識眼を持ち、三角形を作成したり正確なレイオフパスで、着実なスペース獲得を供給しました。さらに、イタリアはリズムを高く保ちました。慎重な攻撃は1994年のチームには適しませんでした。

 そのバージョンでは、左サイドバックが攻撃を開始します。短いカールの後、彼の前の選手はリバウンドパスを提供します。一方、左の攻撃的ミッドフィルダーは下がります。その後、彼は目の前のストライカーにボールを渡します。これらのジグザグパターンには、狭小化したスペースからボールを運ぶことになっていた中央の6番も含まれていました。その間に、右のミッドフィールダーは右ウィングのゾーンを通過します。これにより、戦術的なトリガーメカニズムは、攻撃的ウィンガーがライン間のゾーンに押し進むか、バックラインの背後に走ることを確実にします。

 サッキサイドはかろうじてクリーンシートをキープしていました。彼らはゴールを増やしました。結果として彼らの攻撃は、素早いワンツーやレイオフパスの範囲で相手を倒すことにさらに挑戦しました。

 彼らのディフェンスに関する限り、サッキは永久にラインナップを変更しなければなりませんでした。オープニングマッチで重大なミスを犯しましたが、経験豊富なバレージは、それでも力強いリベロ式のタワーでした。しかし、彼は2試合目で半月版を負傷しました。そのため、サッキは暫定キャプテンのマルディーニを中央に移動しなければなりませんでした。左右のサイドバック両方、彼はより攻撃的なタイプのプレーヤーをフィールドに入れたため、最終的にスリーバックは非常に珍しくなりました。

 ぎりぎりのタイミングで、バレージはブラジルとの決勝戦に戻ってきました。イタリアのディフェンスは、120分間岩のように堅固でした。サッキは手品のように4-4-2の様々な形を引き出しました。守備的に、3人のボールに近いミッドフィールダーがウィングゾーンに向かって移動し、短いチェーンを作りました。

 局所的に、アズーリはスペースをできる限り強く絞ったが、チームの残りのメンバーはゆるい配置のままでした。その結果、サッキのチームはブラジルの素早いクロスオーバーパスに強いように見えました。ボールがあるサイドから別のサイドに移動した後、ボールに向かって移動して堅実な守備隊形を再作成するには、イタリアは多くのヤードをカバーする必要はありませんでした。実際、ボールから遠いサイドにいたプレーヤーは、むしろ隙間を埋めたり、中央でゾーン指向を保つことができました。

 1対1で苦労することもありましたが、イタリアのディフェンダーは才能のあるブラジルの攻撃に対してクリーンシートを保ちました。残りは歴史です。イタリアのスーパースターであり、サッキの最高の希望であるロベルト・バッジョは、最後の決定的ペナルティを失敗しました。

 アリゴ・サッキのキャリアは、国際トーナメントで無冠です。ワールドカップの2年後、ラ・ナショナルは1996年のヨーロッパ選手権のグループステージを突破できませんでした。イタリアのナショナルコーチとしての彼の時間は終わりました。サッキの次のキャリアも成功によって損なわれはしませんでしたが、ミランアトレティコで期待はずれの月日の後、マエストロはタオルを投げました。

 「今日強調されることは、あなたがどれだけうまく働いているかではなく、結果です。1日に高層ビルを建てることはできませんが、小屋を建てることはできます」。サッキは後に、今日の移り変わりの激しいビジネスの特徴についてコメントしました。