The Question: Why is the back three resurgent in Italy? by Jonathan Wilson 2012/02/22

 フットボールにおけるすべてのことは(戦術的に言えば)相対的であることを考えると、おそらく真に死ぬことはないでしょう。それらの有用性を失い、意識から消え、休眠状態のように見えるプレイシステムとスタイルは、ゲームから忘れ去れるを待って、意気揚々と再び導入できるようになります。長い間、3バックでプレーすることは終焉したように思われましたが、火曜日の夜のチェルシーに対するナポリの勝利は、より広範な復活の一部に過ぎませんでした。

 フォーメーションの衰退の理由は理解できます。2人のストライカーシステムに対して、3人のセンターバックのうち2人はマーカーとして機能し(マンツーマンシステムでは厳格な方法で、ゾーンシステムではより柔軟に)、余った1人がルーズボールを拾い、ポゼッション中であれば中盤へ前進しました。ただ、2人のストライカーシステムが1人のストライカーシステムに屈したため、2人のマーカーとスペアマンというよりかは、チームに1人のマーカー、スペアマン、余分な選手が残されました。仮に対戦相手が4-3-3または4-2-3-1でプレーする場合、ウィングバックを深く押し込む事で、中盤で数的優位の効率性を保証しました。1つのフォーメーションが他のフォーメーションより優れているわけではありません。特定の組み合わせでは、ある戦術が他の戦術よりも勝つ傾向があるというだけです。

 スリーバックの復活がイタリアで始まったことは偶然ではありません。一部は文化的遺産に関係しています:60年代半ば、ヨーロッパのサッカーは分裂しました。大まかに言えば、北方と西方はフラットな4バック、プレッシングゲーム、オフサイドトラップ、一方、南方と東方はリベロ、マンマーキング、スペアマンを選びました。アリゴ・サッキが登場し、キリストが金貸しを神殿から追い出すようにオーソドックスな戦術ボードを覆すまで、それは残った方法でした。サッキはプレッシングと4バックの価値をイタリアに伝えましたが、Gianni Breraのレッスン(The Blizzard issue 2のJames Horncastleの記事を参照)は、一世代で学ぶことはできません。イタリアのフットボールは、中央のエリアに3人の守備的な選手を置くことに心地よさを感じます。

 4バックでプレーしたときでさえ、中央を固めたいという願望は明確でした。:昨シーズンの狭い4-3-1-2はイタリアではほとんどデフォルトでした。それは、中央の密集でスペースを捜し求めるというセリエAにおける一連の魅力的な戦術バトルを意味しました。ヨーロッパでは、相手がボールを側面の広大な空いているアウトストラーダにシンプルに移動させたため、問題が発生しました。それはギャレス・ベイルによる孤立したマイコンの腹裂き刑の背後にあり、(誰かが彼にリフトを与えることだけを考えていたならば、または誰かがタッチライン際で彼の前に立っていたらならば、彼はそのタクシーを必要としなかったかもしれません。少なくともベイルのスピードを落としたため、彼は全速力でフルバックに近づけなかったでしょう)サン・シーロでのミラノに対するトッテナムの印象的なパフォーマンスの背後にあり、準決勝でシャルケ04によるインテルの究極の破壊、(その時のハンス・サーペイ内田篤人の有触れたフルバックの2人はその道の第一人者の様でした)の背後にありました。

 国内的には、リーグの狭い空間での試合は、幅を用いてプレーしたチームの繁栄を意味しました。ウイングバックを用いたのはナポリウディネーゼだけでなく、たとえば、チェゼーナも。チェゼーナは7ポイント上がって期待を上回りました。今シーズンの結果は、狭さに対する反応でしたが、典型的にはイタリアのものです。ウイングの流入ではなく、3バックが再び突然、流行になりました。

 1月のある週末に、セリエAの20チームのうち11チームが3バックでした。理由は心理的に一貫しています:3-4-3は幅を提供しますが、3バックは2人のスクリーニングミッドフィルダーによって保護されたままです。90年代後半のトレンドを真似た、しばしば7バックに破壊され、4-3-1-2で行われていた方法で効果的な配置を行える、3トップでさえ、クラブは膨大な人員の流入の必要なしに、そのシステムに移行できることを意味します。

 とはいえ、3バックがすべて同じというわけではありません。高く押し上げ、プレッシングを行い、そしてオフサイドを試みる4バックのように動作する3バックがあります。-マルセロ・ビエルサがアルゼンチンとチリとプレーしたやり方で(彼は今シーズンアスレチックで目まぐるしく4バックに戻ったが)後に、bielsista back threeと呼ばれたもの。それは、例えば、ジャン・ピエロ・ガスペリーニの下ジェノアが(インテルでは失敗した)プレーした方法です。

 それから、より一般的に採用された、当然のことながらそれほど急進的でない、アルベルト・ザッケローニウディネーゼミランで用いたのを思い起こす、3バックシステムがあります。ナポリは奇妙なハイブリッドです。彼らはプレッシングができ、高く押し上げることができ、時にはビエルサ側のように見えますが、デフォルトモードのときはギョクハン・インレルワルテル・ガルガノが3バックの前を巡回しながら深い位置をとり、非常に才能のある3トップに向けてできるだけ素早く前に出すためにボールを奪おうとしています。

 1人のセントラルストライカーを置いてプレイするチェルシーのようなチームに対しては、そうでなければ余分になる選手が、効率的に追加のスペアマン、つまり中盤から駆け上がってくる相手を捕まえる別の役割になります。相手の中盤が数的有利なら、それならそれでかまいません。ナポリは相手のポゼッションが支配的かどうかは特に気にしません。問題は腕を伸ばした位置に相手を置き、容易なチャンスを未然に防ぎ、そして不意を突くことです。そのため、ナポリの記録は、ボトムよりもトップチームに対するほうがはるかに優れています。セリエAの上位7チームのミニリーグでは、相手が主導権を握ることを望んでいるため、2位になります。

 そして、それはもちろんセカンドレグを控えてるチェルシーにとって恐ろしいニュースです。このナポリは決して難攻不落ではありません。彼らはセットプレイの影響を受けやすく、3センターバックであっても、極めて静かだったディディエ・ドログバに対しては気楽からは程遠く見えました。フアン・マタを中央へ配置したことは彼らを混乱させ、前半の彼の2度の動きは、最初にラミレス、そしてブラニスラフ・イワノビッチの深い位置からのランに上手く利用されたチャンネルを創り出しました。

 しかし、このナポリのカウンターは壊滅的です。昨夜の後半、イバノビッチが前進し、左サイドバックのファン・ズニガを深く押し込んだことは、チェルシーが約15分の間に5つの適切なチャンスをもたらした一連のプレッシャーに貢献し、エゼキエル・ラヴェッツィは彼の背後のスペースに着きカウンターを窺いました。彼は最初のチャンスを棒にして引きずりましたが、エディンソン・カヴァーニがダビド・ルイスのスリップを利用した後、3つ目のゴールを加えました。イバノビッチは戻ることができませんでした。

 これが、チェルシースタンフォードブリッジに戻った試合で直面する問題です。彼らはイニシアチブをとる必要がありますが、彼らはまさにそれをしたいチームに対してイニシアチブをとらなければなりません。