Interview Louis van Gaal: ‘I thought Manchester United could buy every player’ by Jamie Jackson 2019/06/03

 ガーディアンは、マンチェスター・ユナイテッドによる解任から3年後、ノールドワイクのグランドホテル ハイス・テル・ドゥインでルイ・ファン・ハールと膝を交えました。

ジェイミー・ジャクソン:マンチェスター・ユナイテッドは監督を3年間依頼しましたが、FAカップ決勝に勝利した翌日、彼らは方針転換し、さよならを言ったことに裏切られたと感じましたか?

ルイ・ファン・ハール:その瞬間、私は裏切られたと感じたよ。多くの人から聞いているのは、すでに12月、1月に決まっていたということだから、私は裏切られたと感じている。私は毎週[エグゼクティブ・バイス・プレジデント・エド]ウッドワードと話をした。12月に3回、酷い敗北を喫し、チャンピオンズリーグからも敗退したとき、私は彼と話をして、「あなたが私を解任することは理解できる」と言った。それから彼は「いいえ、決して私はあなたを解雇しない。自分を信じて。新聞を読まないで」と言ったんだ。私は裏切られたと感じてるが、現在は、翌年ウッドワードは私にさよならを告げることを知っていたので、更によく理解できる。市場には[ジョゼ] モウリーニョがいた。彼も非常に優秀なマネージャーであり、ウッドワードはマンチェスター・ユナイテッドモウリーニョ監督のトップ管理職を何年も確保しようと考えていたんだ。

ジョゼ・モウリーニョとの関係はどうでしたか?

 モウリーニョマンチェスターユナイテッドのマネージャーの椅子を望むことは想像できる。それは、私の意見では、イングランドで最高の椅子だからね。私がマンチェスター・ユナイテッドにサインする前、トッテナム・ホットスパーは私のリビングルームにいた。-Mr.レビィ。トッテナム・ホットスパーにもサインすることができ、妻にトッテナムの方がマンチェスター・ユナイテッドよりも優れたチームを持っていると言ったよ。しかし、私は挑戦のためにユナイテッドを選んだ。なぜなら、私は常にその国で一番のクラブの監督をしてきたからね!

モウリーニョに恨みはありませんか?

 何の恨みもない。

現在のマンチェスターユナイテッドの問題は何ですか?

 問題は、もちろん、マンチェスター・ユナイテッドが決してリフレッシュされなかったことから始まる。マネージャーであるとき、チームビルディングのプロセスを続けるために毎年リフレッシュしなければならないと思う。

あなたは選手たちを連れて来ることでリフレッシュさせようとしました。

 イエス、しかし、常に私が望む選手を獲得したわけではない。それが問題だ。ウッドワードがいて、彼の右腕は[企業経営の責任者] マット・ジャッジだ。ジャッジとはたまに会ったが、あまり多くなかった。そして、スカウトの責任者であった。それが構造だったが、常にウッドワードとジャッジに依存している。

彼らはあなたの助言を受け入れませんでしたか?

 マンチェスター・ユナイテッドは多くの力を持っているので、常にすべてのプレーヤーを買うことができると思った。どうやらマンチェスター・ユナイテッドには数人のプレーヤーに連絡できなかったようだ。理解できないが、そのようだった。

アンヘル・ディ・マリア、彼はあなたの選択でしたか?

 ディ・マリアは、7年前のAZでの私の選択だった。

彼はその時サインしませんでした。ユナイテッドのために彼が欲しかったですか?彼が来てくれて幸せでしたか?

 彼は創造的なプレーヤーだったので満足したが、リストには他のプレーヤーがいた。ディ・マリアは、英国のサッカー文化と気候に問題を抱えていた。事前に期待通りの選手かどうかはわからないし、そういった選手を購入することもできない。サッカーはチームスポーツであるため、知ることができない。

彼はどこでのプレーを望みましたか?

 私はいつもプレーヤーにどこでプレーしたいか尋ねる。彼にとって、それはウィング、ワイド、ほとんどが左サイド。アルゼンチン代表で彼は左でプレーする。そこから彼と一緒に始めた。彼は80mユーロのプレーヤーに期待できるレベルのパフォーマンスではなかった。ならば彼にとって別のポジションがより良いかどうかを確認しなければならない。私は彼を左ウインガー、10番、セカンドストライカー、そして右サイドでプレーさせた。私は彼に良いパフォーマンスをするチャンスをすべて与えた。

マンチェスター・ユナイテッドでの時間について後悔はありますか?

 ノー。彼らが私をクビする方法はひどいものだった。しかし私は、文化や、そこに住む人々、イングランドで過ごした時間が好きだ。多くのユーモアと常にマネージャーをサポートしてる。私は一緒に働いたすべての人たちを尊敬している。

在任中で最高の選手は誰ですか?

 [ダビド] デ・ヘアは素晴らしかった。

わかりました。フィールドプレイヤーは?

 これは重要なことであり、私はよく考えなければならない。[ルーク]ショーは順調にスタートしていたが、PSVから蹴り飛ばされた[ひどい負傷]。ショーは平均を上回っていた。[アンデル] エレーラは平均を上回っていた。彼はそれほどうまくいっていなかったが、彼の味方を鼓舞する姿勢とコーチングの質のために、彼はチームにとってより重要になった。全体的にデイリー・ブリントは、ビルドアッププレイをするための質の高い、私の最も一貫したプレーヤーだったと思う。[フアン] マタは質の高いプレイヤーでもあり、創造性に富んでいて、クリエイティブプレイヤーが非常に不足していたから、私は彼にとても満足していた。だから私たちはあなたの視点では「退屈なフットボール」をした。ボールのテンポを上げたり、より多くの縦パスを使用したりするほど多くのクリエイティブプレーヤーはいなかった。しかし、バスを駐車するよりも良かったと思っている。

 私たちはそこでプレーした[相手陣地を指して]。ほとんどの場合、対戦相手よりも優れていたが、相手がバスを駐車しているときは、創造的なプレイヤーが必要だ。だから、ディマリアと[メンフィス]デパイはクリエイティブプレーヤーであり、チームにはこれらの相手を打破するために少なくとも3~4人のクリエイティブプレーヤーが必要だ。

ウェイン・ルーニーについては言及していません。彼はそれまでに年を取りすぎていましたか?

 申し訳ないが、彼はピークを過ぎていた。しかしそれにもかかわらず、彼は私の最高の選手の一人だった。

ルーニーをキャプテンにするのは難しかったですか?彼は本当に唯一の選択肢でしたか?

 トレーニングセッションまたはピッチでのプレーヤーとしての彼のプロ意識については何も言えない。トレーニング、ピッチ、スタジアムの環境とそれ以外は異なる。外での生活をコントロールしたいから彼をキャプテンにした。

面白い。彼に責任を与えてから…

 私たちは全て上手くいったとは思わない。

あなたはユナイテッドがなぜたくさんのお金を持っているのかを理解しておらず、常にプレイヤーにお金を払わないと言いました。グレイザー家が支払いを望まなかったからでしょうか?

 分からない。ウッドワードはグレイザーズ家と話をする人間だ。グレイザーズ家とは、ゲームまたはトレーニングセッションに参加したときにのみ会話を交わした。ほとんどの場合、彼らはトップマッチに参加する。幸いなことに、これらのトップマッチの多くは勝利したし、リバプールとの対戦ではどのような場合でも勝利した。

完璧なテクニカルディレクターまたはフットボールのディレクターになるには何が必要ですか?

 まず、ゲームの知識、トレーニングの方法、準備の経験、ユース育成、スカウティングが必要であり、ストラクチャーを考える必要がある。フットボールの世界で多くの経験が必要だ。テクニカルディレクターとして仕事をしているとき、名声を築き、それから大きなネットワークを持ち、いつでもそのネットワークを活用できる。

ユナイテッドがテクニカルディレクターになることに関心を持っているのは、リオ・ファーディナンドです。これについてどう思いますか?彼は明らかに良い選手でした。

 優れたプレーヤーだったとしても、優れたマネージャーでもなければ、優れたテクニカルディレクターというわけではない。それは多かれ少なかれ、[オーレ・グンナー]スールシャールや元プレーヤー、OBのネットワークで起こっていることだ。常に良い選択とは限らない。それは可能だが、常に良い選択とは限らない。

スールシャールが恒久的に仕事を与えられたことに驚きましたか?

 連勝でスタートしたが、彼がそれを手に入れたことにとても驚いた。

なぜですか?

 マンチェスター・ユナイテッドは、経験のあるマネージャーを必要とする世界最大のクラブの1つであり、それは1つや2つのチーム、レベルの低いクラブでトレーニングを行ったマネージャーのことではないからだ。

ペップ・グアルディオラバルセロナBチームの監督をした後、バルセロナに直行し大成功しました。

 常に例外があり、彼は最高レベルのセントラルミッドフィールダーとしてプレーした。戦術的なオリエンテーションが必要なポジションで、彼は私のチームのキャプテンだった!

あなたはフットボールをプレイするという哲学を持っています。あなたのアヤックスバルセロナ、AZ、バイエルンミュンヘンです。ユナイテッドは持っていますか?

 私が仕事を引き受けたとき、私たちはマンチェスター・ユナイテッドのプレイシステムや哲学について決して話さなかった。

それは驚きですか?

エス。他のクラブとは異なっていた。私は常にそれについて話した。

アヤックスチャンピオンズリーグを勝ち取ったとき(1995年)、チームとしてプレーすることが鍵でしたか?

 私のチームはすべて本当のチームだ。ユナイテッドもチームのようにプレーしたと思う。既に解雇されていて、まだそのフットボールをプレイしている選手に、或いはこちらが望むプレイスタイルでプレイしてる選手にインスピレーションを与えることができる…私たちは常に同じシステムをプレイしたが、対戦相手に依存しているため、別のアクセントも備えていた。

空白のキャンバスがある場合、ユナイテッドを整理するにはどれくらい時間がかかりますか?

 問題は、それほど多くの時間を要求できないことだ。そして、ファンもそれを許さない。スールシャールもそう。彼らは彼が元プレーヤーであるにもかかわらず結果を求めるだろう。フットボールの世界では任務を成し遂げなければならない。しかしながら、元プレーヤーであれば、常により多くの信用を持っている。

ユナイテッドのような、これらの大きなクラブで成功することはほとんど不可能ですか?最初の記者会見を覚えています。あなたは基本的に「このクラブは商業的すぎる」と言っていました。

 あなたがそれを覚えていることを嬉しく思うよ。マンチェスター・ユナイテッドの組織構造を変える必要があると思う。なぜなら、サッカー部門と商業部門のバランスが正しくなく、商業部門に傾いているからだ。

それはどういう意味ですか?

 私が経験したことは、シーズン前にアメリカに行かなければならず、短時間で多くの試合をしなければならないということだ。それは良い商業的計画だが、フットボールマネージャーとしての私には最適ではない。私を除いて誰もが幸せだった。なぜならアメリカではすべてに勝利したからね。しかし、リーグでの最初の試合は敗北だった:スウォンジー。それはすべてのプレイヤーがへとへとだったからだ。そのように始めなければならないのは良いことではない。

 選手のスカウティングにおいて、私の意見では、マンチェスターユナイテッドには、最高のプレーヤーを提供する組織がない。それから選手の育成では、マンチェスター・ユナイテッドの育成がとても良いとは言えない。何人のプレイヤーが昇格した?

 マンチェスター・ユナイテッドには、素晴らしいパフォーマンス部門があり、それは医師の指導の下にある。しかし、このパフォーマンス部門には、経験豊富なテクニカルディレクターの指導も必要だ。その部門は、ファーストチームだけでなく、若者の育成にも集中的に使用する必要がある。そうすれば、若い選手たちはマンチェスター・ユナイテッドの哲学でより多くの教育を受け、ファーストチームへの大きな一歩は遥かに簡単になる。これらはテクニカルディレクターが発展させなければならない重要な側面だ。
 私はマンチェスター・ユナイテッドのマネージャーとして、シティ、トッテナムチェルシーアーセナルの選手の質が優れていると考えた。私に何ができる?私たちは攻撃していた。私たちは守備をしていなかったし、プレイヤーのレベルに合わせた戦術的な解決策を探していた。たとえば、私たちはスペースを誘発していたが、それはイングランドでは新しいものだった。6か月前[ユルゲン]クロップも目からうろこが落ちただろう。なぜなら、以前の彼は常にプレッシングしていたから。

スペースをどのように誘発するのですか?

 [アンソニー] マーシャルと[マーカス] ラッシュフォードのスピードによって、すぐプレッシングするのでなく、少し下がるによって、バスを駐車するのではなく、ミドルラインに下がり、そしてそれからディフェンダーを自陣のハーフウェイに置くことによって、スペースを誘発しようと試みた。プレイヤーのレベルが低いため、以前はAZでのみこれを行った。もちろん、プレイヤーのクオリティに適している。あなたはそれを理解しなければならない。私は最高のプレーヤーのクオリティを持っていなかったため、攻撃するシステムを実行できなかった。例えば、リバプールが絶えず攻撃しなければならないとき、彼らは問題を抱えている。例えば、マンチェスター・シティよりも大きな。

なぜですか?

 サラー、フィルミーノ、マネはアグエロ、サネ、スターリングよりも大きなスペースが必要であり、シティのデ・ブルイネ、ダビド・シルバフェルナンジーニョ、ベルナルド・シルバによるミッドフィールドでの創造性はより高いため、小さなスペースでプレイできる。それがシティがチャンピオンである理由だ。

あなたが指導したお気に入りのプレイヤーを教えてください。最高ではないが、一緒に仕事をして楽しんでいたプレイヤー。

 [ルイス]フィーゴ。彼は勝者だ。彼はトレーニング、ピッチ、ゲームで常にそこにいた。ルイス・エンリケ。この種のプレイヤーたちは私が最も好むプレイヤーだ。なぜなら彼らは非常にオープンというだけでなく、勝者であり、ピッチで会話ができる。

あなたのキャリアの中で最高の思い出は?

 フットボールで最もエキサイティングな瞬間はベンチではなかった。アムステルダムの運河沿いにあった。チャンピオンズリーグで優勝。それは素晴らしかった。運河沿いの百万人以上の人々、窓からは高齢の人々。素晴らしい。