Louis van Gaal’s possession obsession risks blunting Manchester United’s edge by Jonathan Wilson 2015/8/27

 マンチェスター・ユナイテッドは試合を支配しているかもしれませんが、ブルッヘの試合はさておき、ゴール前の失敗はマネージャー批評に燃料を与えました。

「心配なのは」と土曜日にマンチェスター・ユナイテッドニューカッスルに引き分けた後、ルイ・ファン・ハールは「相手を支配しなければならないということだ」と述べました。彼はチームが得点に失敗したことを気にしませんでした。そして、ウェイン・ルーニーが効果的でなかったにもかかわらず、別のストライカーにサインする大きな衝動を全く感じていないどころかむしろ幸せそうでした。なぜなら彼は、「3回、我々はベターなチームだ...今日、アストンヴィラ戦、トッテナム戦。トッテナムに対してはそれほどでもなかったが、ヴィラ、ブルッヘ、そして今日、我々がゲームを支配した」と主張したからです。

 実際、トッテナムはシーズン開幕はわずかに多くのポゼッションを持ち(53%から47%)、より多くの枠内シュートを放ちましたが、それ以外はファン・ハールが正しいです。(ここでは、ストライカーの状況について嘘をついていなかったら、という仮定があります;それは可能ですが、疑念を抱かせるのは、世界観が非常に特異な人は、演技を見分けることが難しいと感じることです。特に彼がダウンフォールのパロディーを通して純粋にコミュニケーションすることを選んだときは)

 ポゼッションとシュート数が基準である場合、ユナイテッドはスパーズに対してほぼ同等のゲームをし、今シーズン、他に4つのゲームを支配しました。彼らは2試合で7つのゴールを入れクラブブルッヘを突破したにもかかわらず、リーグに戻ってからは3ゲームで2ゴール、そのうち1つはオウンゴール、もう1つはディフレクションです。土曜日のチャンスの優位性はユナイテッドが大抵、勝っていたのは事実ですが、ファン・ハールが問題であると認める前に、どれくらいの間、そのような優位性を活用するのに失敗し続けなければならないのだろうかと思います。水曜日のベルギーでは非常に流暢でしたが、ユナイテッドがプレミアリーグでそれを作り出すまでは疑問が残るでしょう。

 今のところ、ファン・ハールはファンマ・リージョの考え方についての説明を喜んで繰り返します。「あなたを豊かにするのはゲームであり、結果ではありません」と彼はThe Blizzardの第1号でシド・ロウに語りました。「結果はデータです。出生率が上がります。それは豊かさですか?いいえ。しかし、それをもたらしたプロセスは?それは豊かさです。充足感はプロセスからもたらされます」。

 「結果ではなく、ゲームについて議論します。結果は議論の余地はありませんよね。月曜日の朝にユーロのために新聞を購入しますか?結果のリストのためだけに?あなたは、試合の終了間際のフットボールスタジアムに行き、スコアボードを見て帰りますか?あなたは90分試合を観ます。それはプロセスです」。

 見事なツラの皮の厚さで、自身の正しさを確信しているファン・ハールにとって、結果などの詳細は、(今のところ)無関係です。重要なのは、得点不足(または過剰)ではなく、プロセスです。彼にとって、ゴールを決めて試合に勝つのではなく、ゲームに勝ってゴールを決めます。彼は試合を変えることができる個人の才能の瞬間を心配していません。彼が望んでいるのは、そのような気まぐれな輝きの瞬間の影響を最小限に抑えられる程度に中盤を支配することです。中盤でのコントロールゲームに勝つと、ゴールが生まれます。

 これは、ジョゼ・モウリーニョが4月に酷評したアプローチです。(ただし、彼は表面的にはアーセナルについて話していましたが、実際には彼の強迫観念であるペップ・グアルディオラについて話していました。)「時々、私は未来について自問します。サッカーの未来は、ゴールのない美しい緑の芝生で、ボールを所有しているチームが試合に勝つかもしれません。人々がスタイルとセンスを分析する方法は、ゴールをピッチから外すことです」。

 これの興味深い側面は、今回に限りフットボールの哲学をめぐる議論において、モウリーニョヨハン・クライフが同じ側にいることに気づくことです。彼らは正しいプレー方法については意見が分かれるかもしれませんが、ファン・ハールのやり方が間違っていることに同意します。モウリーニョにとって、チェルシーが4月のホームユナイテッド戦に1-0で勝利を収めた後に明らかにしたように、ファン・ハールはポゼッションについてあまりにも気にしており、結果については十分ではありません。クライフにとって、ファン・ハールのトータルフットボールのバージョンは過度に機械化されており、70年代前半に彼のチームが到達したレベルに達するには、あまりにボールを失った場合に起こることについて心配しすぎています。

 「アヤックスの10番は」、 Henry KormelinkとTjeu Seeverensは、The Coaching Philosophies of Louis van Gaal and the Ajax Coachesで、「…相手を追いかけて模範を示さなければならない」と書いています。ファン・ハールは、その役にデニス・ベルカンプ、次にロブ・アルフレンを使いましたが、彼の理想は常に勤勉なヤリ・リトマネンでした。「アヤックスがポゼッションを失うと」、KormelinkとSeeverensは、「彼はすぐに守備のタスクを実行し、アヤックスのポゼッション中は、セカンドストライカーとしてセンターフォワードのそばに現れる適切な瞬間を伺います」と続けました。

 問題は、ファン・ハールの手法が完全に吸収されるまで、フォワードプレイヤーを抑制できることです。特に、アドナン・ヤヌザイは、ボールを失ったら自分に何をすべきかを自問するかのように、急に前進するのをためらいます。時には、フルバックをやらせたくてたまらない衝動を抑えるのに悪戦苦闘しているように見えたプレーヤーに、10年の間、イギリスのサッカーで最も自然に守備的なフォワードを与えられていたのはルーニーで、その役割をやらせるのは奇妙に思えます。ルーニーはいつもその役割に快適そうだったにもかかわらず、どういうわけかセンターフォワードとしてプレーする事を求められています。a)彼の爆発性が散逸し始める前;b)クロスに特化したチームでプレーするとき;c)水曜日のアウェークラブブルッヘ戦;

  クライフは、ファン・ハールのトータルフットボールの解釈に心を動かされなかった唯一の人物ではありませんでした。70年代前半の偉大なアヤックスのウィンガーだったシャーク・スワルトは、90年代のカウンターパートであるフィニディ・ジョージマルク・オーフェルマルスが2人のディフェンダーに直面した場合、常に後方を確認するやり方に唖然としました。「私はボールを味方のディフェンスに戻さなかった、決して!」スワルトはブリリアントオレンジでデイビッド・ウィナーに語りました。「信じられない! しかし、それがファン・ハールのシステムだった。殆ど眠たい試合だった。テレビでは『アヤックスのポゼッション率が70%です』と言っていた。それが何だというんだ?創造性が無くなってしまった」。

 パウル・ブライトナーはファン・ハールバイエルンについて同様の懸念を表明しました。「バイエルンの伝統的なスタイルをこのハイポゼッションゲームに入れ替えましたが、プレイヤーのポジションに関しては柔軟性が全く無く、誰もが自分のエリアに硬く留まる必要がありました」。彼はPep ConfidentialでMarti Perarnauに語りました。「試合によっては、80%のポゼッションを手に入れましたが、実際のリズムやペースはありませんでした。30分後、アリアンツ・アレーナの全員がこの絶え間ないパスの展示にあくびをしていました。私たちのゲームはうまく実行されましたが、非常に、非常に予測可能です...基本的なアイデアは健全でした。欠けていたのは、スピードと定期的なリズムの変化でした」。

 スワルトとブライトナーは、チャンピオンズリーグの決勝戦に到達した側を批判していたことは言うまでもありません。彼らの懸念は、ファン・ハールのやり方の有効性よりむしろ、美学に関するものでした。けれども今シーズンのユナイテッドは、双方が口にしている不毛さが明らかになっています。

 おそらく、時間の経過とともに彼を支持するパーセンテージは下がり、コントロールはゴールをもたらすでしょう。ーおそらく水曜日がその始まりか、あるいはプロセスをチャージするための魔法を呼び出すことができる新しいストライカーにサインがされるでしょう。しかし、現時点では、支配への欲求は主に抑制を生み出しているようです。