Tužba: Željko Petrović traži pomoć FIFA u sporu sa Bugarima 2019/11/30

www.vijesti.me

訴訟:ゼリコ・ペトロビッチブルガリア人との争議でFIFAの助けを求めている。

 ペトロビッチは4か月とリーグカップベスト12で解雇され、PFCボテフ・プロヴディフの獲得ポイントは9だった。
 モンテネグロ人コーチであり、かつて有名なサッカー選手だったゼリコ・ペトロビッチは、ブルガリアのボテフに対してFIFA当局に訴訟を起こし、ボテフは今月中旬に契約を一方的に終了した。

 ブルガリアのメディアによると、ペトロビッチはクラブの経営陣と何度か話をしたが、合意には至っていない。

 彼は2年間の契約を結んでいたので、クラブはその契約で保証されたすべての収入を彼に支払う義務があります。

 53歳のペトロビッチにとって厄介な状況は、彼がオランダ市民としてボテフと契約を結んだことであり、そのため彼の訴訟は欧州連合の法的行為の拠点にもなっている。