U Zagreb sam došao da pomognem prijateljima 2020/01/06

www.vijesti.me

NKインテル・ザプレシッチのベンチのゼリコ・ペトロビッチ(ヨーロッパのメジャーリーグフース・ヒディンクマルティン・ヨル、アヴラム・グラント、ディック・アドフォカート、およびルート・フリットのアシスタントを務め、ポルトガル、オランダ、日本、UAEブルガリアで監督を務めた珍しい経歴のコーチ)

「私は友人を助けるためにザグレブに行くつもりです」。ユーゴスラビア元代表チーム、セビージャ、PSV浦和レッズetc..でプレーしたモンテネグロ人コーチはいいます。

ペトロビッチは、30年後にザグレブに戻ってきました。1990/91シーズンにブドゥチノスト・ティトーグラードを出た後、ディナモのジャージを着ていたからです。

しかし、彼はディナモではなく郊外のクラブに来ています。ザプレシッチはクロアチアの独立以来、エリートのほぼ不可欠なメンバーでした。

人気のある「イノシシ」は、有名なクロアチア代表チームのメンバーであるルカ・モドリッチエドゥアルド・ダ・シルバ、ヴェドラン・チョルルカ、そして昨シーズンモンテネグロ元代表プレーヤーのマルコ・ブルザノビッチとマルコ・ブクセビッチがかつて着用していたチームです。

ペトロビッチの目標は生き残ることです...

「私が30年近く家族関係にあり、 ブドゥチノストでプレイしている間に出会った私の素晴らしい友人たちは、数日前にクラブのリーダーシップを引き継ぎ、破産から救いました。ボテフ・プロヴディフと私の状況を知っていたにもかかわらず、彼らは私を招待してくれました。私は彼らを助け、スポーツプロジェクトの一員になることを受け入れました」。昨年10月に契約を一方的に解約した前クラブのブルガリア・ボテフとFIFAで裁判中のペトロヴィッチは言います。

インテルは13ポイントでの8位であり、後方にいるイストラとヴァラジュディンより1ポイント上。1チームは直接降格し、1つはサバイバルの入れ替え戦に行きます...

「鍵は生き残ることです。私はお金のためにザプレシッチに来たわけではありません。もしお金に興味があれば、家にいてより良いオファーを待つか、アフリカからの依頼を受け入れたでしょう。素晴らしい友人たちと一緒に仕事をすることを楽しみにしており、良い仕事をするために最善を尽くします」。