The Dutch Secret to Football Tactics: Field Hockey by Pablo Mendoza

 2014 FIFAワールドカップの期間中、オランダのコーチであるルイ・ファン・ハールの下には、コーチングスタッフに元プロのフィールドホッケー選手が2人いました。「長年振り返ってみると、フィールドホッケーがオランダの試合に大きな影響を与えたと言えるでしょう」と、元オランダのスター、エドガー・ダービッツは語りました。

 ホッケーでは、すべてのプレーヤーが同じように難なくボールを保持しなければならないため、シームレスにポジションを切り替えることがスポーツの重要な戦略の1つとなっています。これらの特徴は、クライフが率いるチームが、ボール支配、素早いパスムーブ、そしてノンストップの動きでファンを魅了した1970年代から、オランダのサッカーの基本的な特徴でした。

 オランダの女性ホッケーチームの元コーチであるマーク・ランマーズは、トータルフットボールとして知られるようになった革命的なスタイルは、その国のホッケー場にルーツがあると言っても過言ではないと言います。「当時のオランダのホッケーは、スピード、創造性、そして個人スキルがすべてでした。彼らは絶えずポジションを入れ替えました」と彼は言いました。「オランダのホッケーは多くの革新をもたらし、フットボールはそこから学びました」。

 オランダのフットボールは、フィールドホッケーからより直接的な教訓を得ています。おそらくトータルフットボールの最も過激な側面であり、トップレベルのホッケーの証となって久しい、「プレッシング」という戦術は、フィールドの高いで圧力を掛ける事によって、ターンオーバーとインターセプトを狙う、相手チームにフィジカルコンタクトによる制限をかけることです。

 ホースト・ウエインは、数世代のオランダのサッカーコーチがインスピレーションを求めてこのスポーツに注目しており、加えてクライフがアムステルダムアヤックスでコーチをしている間、オランダのホッケーチームの試合に定期的に立ち会ったと述べました。「彼は試合を楽しむためだけではありませんでした」とウエインは言いました。「彼は見たものを何でも取り入れ、チームに適用しました」。ホッケーのピッチからインスピレーションを得たのはオランダだけではありません。2006年、ドイツサッカー連盟は、元ナショナルホッケーのコーチであるベルンハルト・ピーターズを技術コンサルタントとして任命し、ユースの体制を全面的に見直しました。

 別の人々は戦術的革新のためにフィールドホッケーに注目しています。1978年のワールドカップの前に、アルゼンチンコーチ、セサル・ルイス・メノッティは、パキスタンのホッケーチームが開催したトレーニングキャンプに参加し、彼のウイング、ヴィルトゥオーソ(virtuoso)プレイは、当時の世界を支配する側にしました。3か月後、メノッティのアルゼンチンは世界チャンピオンに輝きました。「彼はパキスタンの用いたパストライアングルとギブアンドゴーの組み合わせに非常に興味がありました」と、米国男子ホッケーチームの元コーチ、シブ・ジャグデイは語りました。「彼はアルゼンチンがワールドカップで優勝した後、彼らに感謝状を送りました」。

 フットボールの歴史において、ファン・ハールほどホッケーに魅了されたコーチはいないかもしれません。オランダ代表チームのコーチは、2つのスポーツの間に存在する戦術的なクロスオーバーを非常に確信しており、オランダのコーチングスタッフに2人の元ホッケー選手がいます。