Viktor Maslov: the pioneer of the 4-4-2 who took pressing to a new level by Rahul Warrier 2018/08/16

 フットボールは、多様な哲学とその背後にいる立案者によって定義されます。すべての成功した戦術について、その発想の背後には誰かがいます。このスポーツには、それ以前の影響が散らばっていて、21世紀までに、すべての新しいスタイルは実際には新しいものではなく、古いものの修正です。

 進化は人生の本質的な部分であり、フットボールは20世紀にはこれまでになく速く進化しました。その進化形は芸術作品になるかもしれませんが、そのルーツを忘れてはなりません。モダンゲームの主なイノベーターの1人はヨハン・クライフですが、偉大なダッチマンに先立つ、革命的な重要人物がいます。

 有名なフットボールのイノベーターたちの階層の中で、1人の名前がしばしば見落とされています。ヴィクトル・マスロフは、今日私たちが知っているように、この美しいゲームの先祖の1人であると主張することができますが、ロシア人に起因する信用の欠如が非常にあります。彼の遺産は彼の後継者たちよりも勝っているのかもしれません。彼の後継者の一人であるウクライナ人、ヴァレリー・ロバノフスキー、彼のディナモ・キエフでの成功は彼とマスロフの間の多くの共通の特徴の1つです。フットボールソビエトのイノベーターへの余地があるかどうかに関係なく、マスロフは遥かに多くの実績を残した失われた立役者の1人です。

 マスロフは1910年、ヨーロッパの風景が国境の移り変わりと紛争に支配されていた時代に、ソビエト連邦で生まれました。プレーヤーとしての彼の出世は安定しており、1930年にRDPK・モスクワに加入しました。数年後、彼は分割された都市を横断し、トルピード・モスクワに移籍しました。そこは彼がしっかりミッドフィールダーとしての名を刻んだ場所で、1942年までとどまり、首都での彼の時間の内、3年間にわたってをキャプテンを務めました。

 第二次世界大戦が母国でエスカレートし始めたので、彼は1942年に引退しました。しかしながら、マスロフの遺産の中心は彼のプレイヤーとしてのキャリアではありません。ピッチでの控えめな成功期間は、ベンチでの彼の時間の先駆けであり、それは彼の遺産も競技自体も明確にすることになります。

 彼が引退したときにトルピードを引き継ぎましたが、その後に続いたのは大部分が退屈な6年でした。1948年に解任されたとき、彼は清掃人からニュースを知りました。彼は、トルピードの後、7つのシーズンで3つのクラブ間を行き来し、困難さを理解しました。しかし、しばらくの休息の後、トルピードに戻ってきて、そのときに成功の種が蒔かれました。

 マスロフが最高レベルで本領を発揮し始めたので、4年間で1959-60年にはリーグのタイトルと2つのカップを獲得しました。その後2年間、SKAロストフ・ナ・ドヌに移り、1966年にソビエトトップリーグで有名な準優勝に先立ち、堅実なチームの構築を開始しました。1964年にディナモ・キエフが監督の依頼をした時、彼の努力はついにエリートによって認められました。

 サッカーのフォーメーションは数十年にわたって流行り廃りがありますが、1960年代は変わりませんでした。ビセンテ・フェオラのブラジルは、1958年のワールドカップで優勝しました。これは、2つのワイドウイングを誇る独特の4-2-4フォーメーションで、世界が理想的なシステムと見なしたモデルです。ソビエトは同じフォーメーションに目を向け、その使用の先頭にナショナルコーチ、ガブリル・カシャリンがいました。クラブコーチも同様に先例にならいましたが、1962年のワールドカップでのパフォーマンスは戦術の変動の側面を反映しています。カシャリンの後、コンスタンティン・ベスコフは、結果がまちまちであったとしても、4-2-4のポテンシャルを維持し続けました。

 ブラジルの成功を考えると、その信念は完全に見当違いではありませんでしたが、イノベーションは何が機能するかを見て、それを改善することから生まれています。マスロフは多数派に従うつもりはなく、4-2-4を採用する代わりに、両ワイドウィングをミッドフィールドに入れることを選びました。4-2-4は1人のウィンガーが3人目のミッドフィールダーになるまで後退しましたが、マスロフは革新的にもう1人のウィンガーも後退させました。その際、彼は4-4-2を形成し、世界中の中盤を数で上回りましたが、同時に彼のチームの創造性を妨げませんでした。ジョナサン・ウィルソンの言葉、「4-4-2は最初にマスロフによって発明された」。

 彼はフォーメーションを、その一部の合計よりも大きい集合体のために組み合わされた個々の役割のシステムとして見なしていました。ウィングは今やワイドミッドフィールダーであり、フルバックの前のスペースで働くという責務を果たし、彼ら自身がプレーに参加することを促されました。彼の伝統的なフルバックに対する攻撃的責務の導入は、彼らへの二重の責務の始まりでした。

 中盤には、4バックをカバーする守備的選手がいましたが、ポゼッション中は高度なプレイメーカーがいました。マスロフはボールを動かし続けるやり方を好み、マンマークを廃止しゾーンを支持しました。しかしながら、とりわけ何をおいても、彼がボールを保持しないやり方であることが、決定的な要因でした。彼の時計仕掛けのシステムは、プレーヤーに相手に与えるスペースを制限させ、ボールをピッチの高い位置で勝ち取りました。それは今やプレッシンングとして知られています。そして彼のシステムは彼ら自身のギャップを閉じるのと同時に相手にプレッシャーをかけるのに十分でした。

 当時、スポーツではプレッシングが広く普及してきました。ホッケーでは、トーマス・パトリック・ゴーマンがフォアチェッキングの概念を導入しました。その場合、フォワードは波のように押し寄せ、ポゼッション中の相手に積極的にプレッシャーをかけさせ、スペースを削減し、パスレーンをブロックします。時間はかかりましたが、最終的に成功しました。何よりも、システムが完全に機能するには、マシンのようなシステムが必要です。ホッケーからフットボールフォアチェックを移すことは不可能であるように見えましたが、多くの違いを考慮に入れると、それは最終的には成功しました。

 マウリシオ・ポチェッティーノユルゲン・クロップなどは、今日のクラブにプレッシングシステムを導入しましたが、この戦術の本質は数十年前にさかのぼります。一部の人はリヌス・ミケルスを信用し、他の人は1970年にヨーロピアカップで優勝したエルンスト・ハッペルのフェイエノールトを最高の成功と評価しています。マスロフの影響が認識されていまいが、あるいは単に修正主義者にとって忘れられていようが、それは信用に値します。

 4-4-2は、最初の祖先に関係なく、現在、モダンゲームの定番です。彼の戦術はロマン派から批判されたかもしれませんが、それは間違いなく効果的でした。それは守備と攻撃の適切なバランスを維持し、トランジションを実行するためにより多くの選手を中盤に置きました。それはフットボールが個人の輝きへの依存よりも効率的なシステムに向かって動くことを確実にしました。

 後にロバノフスキーに大きな影響を与えたであろうマスロフのイノベーションには、完全に新しい戦術が含まれていましたが、それはトレーニングとリカバリーへ重点を置くことを作り上げた事でした。プレッシングの登場が1960年代のフィットネスレベルの向上と一致したことは当然のことです。(持続的な期間にわたってハードにプレッシングするには、フィットネスが最高でなければなりません)マスロフは激しいフィジカルトレーニングを導入しましたが、彼は栄養と回復にも注意を向けました。これは今や世界中のクラブでは定番ですが、当時はそうではありませんでした。

 イギリスのフットボールの決まり文句の1つは4-4-2フォーメーションですが、それ自体は、1966年のアルフ・ラムジー政権下でのスリーライオンズ唯一のワールドカップの勝利からの引用です。そのフォーメーションでの彼らの成功は、このシステムの全国的な採用につながり、英国(幅広いイギリス人)のゲームとのつながりをもたらしました。それはまた、実際にマスロフが数年前にその使用を考案していたときに、ラムジーが誤ってその先駆者として認められた理由でもあります。当時の冷戦の緊張を考えると、ラムジーが4-4-2を自分で考案したのかもしれませんが、マスロフが最初だったのは間違いありません。

 多くの先人たちと同じように、ロシア人は時代を先取りしていましたが、それが常にトロフィーや称賛に変わるわけではありませんでした-少なくともすぐには。中盤のおかげで、ディナモ・キエフは1966年から1968年までの3年間連続でリーグに勝利し、ソビエトトップリーグのバワーがモスクワからキエフに移行しました。

 マスロフのピッチ内外における集団的精神の支持は彼を際立たせるものであり、プレーヤーとスタッフとの定期的な話し合いを伴い彼のやり方の鍵となる部分です。彼は試合前にチームを集め、プランについて話し合い、途中で彼らの考えを尋ねました。そのような信頼は、彼がチーム中心の戦術を実行する上で不可欠でした。そのため、感じのいいマスロフがお祖父さんとして知られていたことは、おそらく驚きではありません。それは、彼が時代に忘れられた理由でもあります。

 マスロフも名目上の4-4-2よりさらに推し進めた可能性があります。自由に流動的でお互いに交換可能な側面は、彼が最終的に考えていたものであり、彼自身の人生の間に実行することができなかったものでした。しかし、それが最終的にロバノフスキーのディナモでの成功の土台となり、最終的にはミケルスとクライフの下でのトータルフットボールとなりました。

 ジョナサン・ウィルソンはピラミッドの反転で、マスロフを偉大な先駆者として提示し、その引用の1つが際立っています。「フットボールは飛行機のようなものです。 速度が上がると空気抵抗も増えるので、ヘッドをより効率化する必要があります」。来るべきストライカー不足に対する彼のヒントは、フットボールが翌年以降にたどるであろう道の正確な予測でした。

 彼は最終的に1970年にディナモがリーグで7位に落ちたときに解任されました。彼は控え選手の不足を救済されませんでした。そしてワールドカップに敗れた選手たちはすべての面でチームに影響を与えました。彼のクラブでの影響力に新鮮味が無くなっているかもしれませんでしたが、代わりがいない状態での解任は不快なものでした。彼はアララト・エレバンの監督になる前トルピードに戻り、国内カップを勝ち取りましたが、それまでに彼のキャリアは下降線をたどりました。彼は最終的に1977年5月に67歳で亡くなりました。

 ゾーンマーキングやアグレッシブなプレッシングなど、マスロフが開拓したコンセプトは、そのロシア人自身が想像していなかったやり方でモダンゲームを形作るようになりました。彼はすべてを考案し、彼の有名なディナモは母国の伝承です。しかし悲しいことに、ロバノフスキーの功績により彼は脚光を浴びなくなりました。

 皮肉なことに、かつてマスロフに拒絶されたプレーヤーが、最終的にコーチとしての彼の輝きを失わさせることになります。ロバノフスキーのゲームに対するビジョンは科学を中心に展開し、地元の物理科学研究所の学部長であるアナトリー・ゼレンツォフ教授とのパートナーシップを確立しました。彼らの偉業はディナモ・キエフをマスロフによって達成されたものよりも先に導きましたが、原則は同じままでした。

 組織的なスタイル、栄養と回復に重点を置くこと、そしてハイプレッシングの理想形はウクライナ人によって採用され、彼に名誉を与え、ディナモを世界的に有名にしました。以前のコーチとは異なり、彼は時代によって制限されませんでした。戦術的な革新と自由な思考でゲームを満たしました。彼らは冷ややかな関係を保ちましたが、彼らはソビエトの巨人のままであり、それぞれが彼ら自身の能力で成功を収めました。

 マスロフは時代に忘れ去られ、彼のイノベーションは40年以上にわたるスポーツの急速な進化によって失われましたが、彼の才能の証は、彼が開拓した4-4-2フォーメーションが今日でも使用されているという事実にあります。それは、常に1番のチームが、創造的な理想と十分に実用主義的であることを結び合わせることを目指す、フットボール選手の世代を形作りました。それが、ヴィクトル・マスロフが大切にすべきレジェンドである理由です。