How Valeriy Lobanovskyi's appliance of science won hearts and trophies by Jonathan Wilson 2011/05/12

 あきれるほど長い間、捕獲を逃れたその雄鶏にとって最もよく知られているゲームですが、25年前の今月(5月)、カップウイナーズカップ決勝でのアトレティコ・マドリードに対するディナモ・キエフの3対0の勝利は、ヴァレリー・ロバノフスキーのサッカー理論が最高潮に達した試合でした。

 特に2点目の圧倒的なカウンターアタックは、ロバノフスキーマシンの流れるような美しさを示しました。Vasyl Ratsが左サイドを進み、2人の選手を引き付け、インサイドのIhor Belanovにボールを渡します。Belanovはツータッチし、センターバックが彼の進路を閉じるために横に動いたとき、彼はちらっとも見ずに、右のVadym Yevtushenkoへボール置きました。彼は1歩前進し、彼の進路を閉じさせるためにフルバックを内側へ引き付け、それからオーバーラップしたOleh Blokhinへ本能的にボールを右にフリックしました。彼はそのパスに駆け寄り、ゴールキーパーがラインから離れると、彼の頭上へボールを打ち上げました。そのゴールは、迅速でシンプル、衝撃的なほどに組織的なもので、ロバノフスキーがフットボールでこうあるべきと主張していたすべてのものです。

www.youtube.com

 ウクライナで4-1で勝利する前にオランダで2-1で敗れた第1ラウンドのユトレヒトにぐらついた後、ディナモは大会中、最高でした。ウニヴェルシタテア・クライオヴァとの第2ラウンドは合計5-2、準々決勝ではラピード・ウィーンに9-2、準決勝ではデュクラ・プラハに4-1で下しました。彼らはすべてのホームレグを少なくとも3ゴール差で勝ち、1985年と1986年にソビエトリーグで優勝しました。17年前、ロバノフスキーが亡くなってしまったのは悲しいことです。

 ロバノフスキーは、彼が新たな高みへと引き上げたプレッシングゲームの偉大な先駆者、ヴィクトル・マスロフと最終的に仲たがいした個人主義の、才能のある左ウィングでした。彼らの関係の崩壊のきっかけは依然として論争が続いています。(マスロフが当時作ったと言う人もいます。)フライトが遅れた後、気難しいロバノフスキーが昼食時にhorilkaを飲んでいた。他には試合結果の整理に関与するのを拒絶した。原因が何であれ、プレーヤーとコーチが決して目を合わせなかったのは、主に当時の彼らのゲームに対するコンセプトが非常に異なっていたためです。

 ロバノフスキーはいつも強烈に強情な人間でした。彼は22歳のときに、ディナモを待望の初の最高峰リーグのタイトルに導きましたが、チームメイトのOleh BazylevychとVladimir Levchenkoと共に建設産業科学研究所へのお祝いの訪問が意図されていたことが明らかにしたように、一般的な祝い事には冷めた態度をとりました。

 「はい、私たちはリーグで優勝しました」。キエフの科学者であり、長年アマチュアフットボール選手であったVolodymyr Sabaldyrは、興奮した祝賀会の面前で彼が言ったことを思い出しました。「でも、それがどうしたのですか?時々、私たちはひどいプレーをしました。私たちよりもひどいプレーをした他のチームよりも多くのポイントを獲得しただけです。理由がないので、賞賛を受け入れることはできません」。Sabaldyrは、何十年にもわたってキエフの夢であったことを達成した気持ちを彼に尋ねました。「実現した夢は夢ではなくなります」とロバノフスキーは答えました。「科学者としてのあなたの夢は何ですか?あなたの学位は?あなたの博士号は?あなたの博士論文は?」「たぶん」Sabaldyrは答えました。「実際の科学者は、科学の発展に貢献することで自分の足跡を残すことを夢見ています」。「そこにあなたの答えがあります」。

 その会話が、分析的で合理的な精神がすでに働いていたことを示唆してることを物語っています。1939年に生まれたロバノフスキーは、ソビエトの偉大な科学の時代に育ちました。ソビエト連邦が最初の原子力発電所を開き、スプートニクを宇宙に送ったとき、彼はティーンエイジャーでした。そして、キエフ自体はソビエトのコンピュータ産業の中心でした。ソ連で最初の人工頭脳学研究所は1957年に開設され、自動制御システム、AI、数学モデリングの世界的リーダーとして認識されました。現代のPCの初期のプロトタイプが開発されたのは1963年のことです。

 ロバノフスキーがキエフ工科大学で熱工学を勉強している間、コンピュータの可能性と、ほとんどすべての分野で可能なアプリケーションが明らかになりつつありました。それは刺激的で、新しく、ロバノフスキーが技術的楽観主義の精神にとらわれるのに大きな驚きではありませんが、それでも葛藤が残りました。彼のプレーヤーは、面白く、ドリブルし、トリックを作りたがりました。彼のトレーニングは彼を体系的なアプローチに駆り立てました。

 結局、統計学者のAnatoliy Zelentsovとパーティーで偶然会った後、後者が勝りました。彼にとってフットボールは、22の要素(11の要素からなる2つのサブシステム)が、定義された領域(ピッチ)内で移動し、一連の制限(ゲームの法則)の支配下になるシステムとなりました。もし、2つのサブシステムが等しい場合、結果は引き分けになります。もし、どちらかが強ければ、それらは勝つでしょう。ロバノフスキーが最も魅力的であると感じた側面は、サブシステムが特異性の影響を受けやすいことでした。サブシステムの性能は、それを構成する要素の性能の合計よりも大きくなりました。それは、ロバノフスキーが見たように、フットボールは工科大学で教えられている人工頭脳学の技術の適用にうってつけであることを意味しました。彼は、フットボールは、個人が、個人間の連合や連携には及ばないと結論付けました。

 「戦術的な進化について話しているとき」と、ロバノフスキーとZelentsovは彼らの著書「トレーニングモデル開発の方法論的基礎」に書いています。「私たちが最初に心に留めているのは、対戦相手が私たちのプレイスタイルに適応できないような新しい行動方針を模索することです。対戦相手が私たちのプレイスタイルに適応し、カウンタープレイを理解した場合、新しい戦略を見つける必要があります。それがゲームの弁証法です。あなたはそのような方法で前進し、敵にミスを強いるような幅広い攻撃オプションを押し進めなければなりません。言い換えると、対戦相手にあなたが望む状態を強いる必要があります。そのための最も重要な手段の1つは、プレーエリアのサイズを変えることです」。

 他国では、特にオランダにおいて、同様の結論に達していました。違いは、ロバノフスキーはマスロフが直感的に実装した戦術の論理を認識し、第一原理からハードプレッシングスタイルを支持するようになったことです。ドニプロ・ドニプロペトロウシクでの目覚ましい4年間の後、彼はディナモに移り、初年度に5つのリーグタイトルと1975カップウイナーズカップを獲得しました。

 それでも、フットボールの一部は常に科学を超えています。運が悪かったり、プレーヤーが体調を崩したり、コーチへの信頼を失ったりします。それはロバノフスキーのソビエトポルトガルの敗北で到達できなかったユーロ84の予選で起こったことでした。唯一のゴールはボックス外で受けたファウルのペナルティからでした。彼がディナモに戻り、彼らが10位で終わったとき、ロバノフスキーの育成法に疑問を抱くようになりました。ディナモミンスクスパルタク・モスクワのより個人主義的なスタイルが際立つようになりました。しかし、ロバノフスキーは彼の科学に自信を持ち続けました。 「道は常に道のままです」と彼は言いました。 「それは日中、道であり、夜間、道であり、夜明け中、道です」。

 リヨンでの決勝戦、特にBlokhinのゴールは彼の正当性でした。彼はソビエトで最も成功したマネージャーとなり、その後ウクライナの歴史となりました。