Pioneering reds to the Reds: Why Jurgen Klopp's pressing is a perfect fit for the age Jonathan Wilson 2020/02/01

 フットボールの超資本主義時代の支配的なスタイルは、最もありそうもない場所にその起源があります。

 

 シュトゥットガルトの南東の森にあるオストフィルダーン近くの練習場。1983年2月、地元の6部ビクトリア・バックナングは、ルイト・スポーツスクールで冬を越しているヴァレリー・ロバノフスキーのディナモ・キエフと親善試合をしています。ヴィクトリアの若きプレイングマネージャーであるラルフ・ラングニックにとって、それは啓示的な体験です。ボールが外に出てスローインになると、ラングニックはディナモのプレーヤーをカウントします。すると彼らが余分なプレイヤーをピッチにこっそり入れたと半信半疑になります。実際にはそうではありませんでしたが、それはまるで余分に入れたかのように感じるプレッシングの凶暴さでした。そして、フットボールの戦術的発展に大きな影響を与えた種が植えられました。

 ディナモは繰り返しルイトにやってきました。現在、レッドブル社のフットボール開発部門責任者であるラングニックは彼らを研究し続けました。彼のキャリアが発展するにつれて、彼はゾーンマーキングとプレッシングの可能性に魅了されたコーチのグループの一員となりました。フットボールは個人の戦い、勇気、声のリーダーシップに関するものであるという信念が支配的であるドイツではラディカルな考えでした。

 アリゴ・サッキミランが大きな影響を与えました。本質的に彼の戦術理論を学んだ構造エンジニアのヘルムート・グロスは、ラングニックの親友となり、一緒にシュトゥットガルトのユースを使ってプレッシングを実装しました。

 フォルカー・フィンケフライブルクで目覚しい成功を収め、1995年にブンデスリーガで3位となり、バイエルンを5-1で破っています。経済問題は衰退をもたらし、フィンケは主に気難し屋として解雇されましたが、変革は徐々に醸成されました。

 ヴォルフガング・フランクは70年代にアイントラハト・ブラウンシュヴァイクのストライカーでしたが、彼の最大の影響はサッキでした。1995年9月に2部でもがくマインツのコーチに任命されたとき、彼はイタリアの手法の適用に着手しました。

 それはハードで、退屈な作業であり、ポジショニングを学び、練習場で事前に準備されたパターンのウォークスルーでした。「しかし、」チームのセンターバックユルゲン・クロップは言いました。「もしフリットファン・バステンミランでそれを学ぶ必要があるなら、私たちはそれに同じように耐えることができると思った」。

 クロップはそれらのアイデアを新たな高みへと引き上げ、過去の最高の日がプレッシングゲーム(ただし、現代バージョンとは色合いがまったく異なる)に基づいていたクラブ、リバプールにたどり着きました。彼の、ダイナミックでアグレッシブな、プレッシングのバージョンは現在、卓越した戦術モードであり、ペップ・グアルディオラでさえ進化を促しました。彼のバルセロナでのプレッシングとポゼッションのフットボールはこの発展の基礎を築きました。

 アントニオ・コンテからエリック・テン・ハフ、マウリシオ・ポチェッティーノからジョルジェ・ジェズス、クリストフ・ガルティエからホルヘ・サンパオリまで、最高レベルのほとんどすべての人が現在、強く、高いプレスをしています。プレッシングゲームを発展させるブンデスリーガで教育されたコーチたちの世代が存在します。:RBライプチヒのコーチとしてラングニックの後継者であるユリアン・ナーゲルスマンは最も目立ちますが、グループにはドイツのリュシアン・ファーヴルとマルコ・ローゼ、そしてラルフ・ハーゼンヒュットル(ライプチヒでのラングニックの2度の期間の間にやってきた)、イングランドのダニエル・ファルクとトーマス・フランクも含まれます。

 ドイツは、長い間プレッシングに抵抗してきたようですが、みたところ、十ぱ一からげに採用しているようです。新しいことに興奮し、先入観がないため、新しい高みに引き上げることができます。しかし、トップレベルのヨーロッパのフットボールがどのように進化したかという点では、最近のパターンは珍しいです。

 トレンドを追跡しようとすると、過度に単純化される危険性が常にあります。戦術の発展は直線的ではなく、刺激を受けた個人と同様に、さまざまな力(経済、科学、文化)の影響を受けます。しかし、本質的には弁証法的なものが存在します。

 あるチームが特定の方法でプレイし、他のチームはそれをコピーし、他のチームはそれと戦う方法を考え出し、その新しいモードは対抗する方法が見つかるまで覇権的となり、それからゲームが再び変化します。

 これは循環的なものではありません。一つは各ステップが以前の知識に支えられており、外的な発展(たとえば、フィットネスを改善するための栄養素や、分析を改善するためのコンピューターテクノロジーの飛躍的発展)によって新たな可能性が開発されているためです。

 しかし、トップレベルのヨーロッパのフットボールの支配的なモードが攻撃と守備の間で揺れ動いているように見えた時期がありました。レアルマドリードベンフィカの個人の自由な形態はカテナチオに取って代わり、それはトータルフットボールに取って代わられ、そしてそれから何年にもわたる英国支配のプラグマティックなプレッシングに取って代わりました。

 グローバリゼーションが定着し、チャンピオンズリーグの到来が現代のスーパークラブの時代に向けて動き始めているため、その少し後の状況は不鮮明です。しかし、それでも、パラダイムはそのままの状態を保持しています。:サッキのアグレッシブなプレッシング、それに続くより慎重なマルセロ・リッピのスタイル、そして4-2-3-1の登場、それからジョゼ・モウリーニョラファエル・ベニテス、2004年のユーロでのギリシャの勝利による消耗の最後の時代の前にドリブラーの再導入。この高いインテンシティのトランジションの時代の前に、グアルディオラとパスの勝利があったときから。

 これはパターンを破壊します。これは、別の攻撃モードに続く攻撃モードです。そしておそらくそれが起こっているのです。おそらく、興奮を生み出す商業的義務と、スーパークラブの国内支配およびよりオープンなゲームを奨励するために設計されたさまざまな法制度の変更が相まって、守備的な衝動が弱まる世界を生み出しました。

 しかし、その認識の範囲内で、攻撃的/守備的の分割は常に誤解を招く、道義的に含みのある用語であることを認めるのは価値があるでしょう。たとえば、ルイ・ファン・ハールは「攻撃的」という用語を単にボールを持っているという意味で使用する傾向がありますが、彼のポゼッションベースのスタイルを不毛だと考える人はたくさんいます。または、2010年のワールドカップについて考えてみましょう。このとき、ヨアヒム・レーヴカウンターアタックのドイツは、ビセンテ・デル・ボスケのポゼッション主体のスペインよりも明らかにスリリングでした。

 これはプレッシングのパラドックスです。ボールを勝ち取ろうとするとき、それは常に守備的であると見なされてきたカテゴリに分類されますが、それでも相手の内部の形やリズムに反応する方法は非常に積極的です。

 言い換えれば、テレビ視聴者に絶え間ないエンターテインメントを要求する世界にとって、守備、スリリング、ダイナミック、衝撃の完璧な形です。そして、それはおそらく、すべての最大のパラドックスです:フットボールの超資本主義時代の支配的なスタイルは、明白な共産主義の指導者の下にあるソビエトのチームに触発されたことです。