Tužba: Željko Petrović traži pomoć FIFA u sporu sa Bugarima 2019/11/30

www.vijesti.me

訴訟:ゼリコ・ペトロビッチブルガリア人との争議でFIFAの助けを求めている。

 ペトロビッチは4か月とリーグカップベスト12で解雇され、PFCボテフ・プロヴディフの獲得ポイントは9だった。
 モンテネグロ人コーチであり、かつて有名なサッカー選手だったゼリコ・ペトロビッチは、ブルガリアのボテフに対してFIFA当局に訴訟を起こし、ボテフは今月中旬に契約を一方的に終了した。

 ブルガリアのメディアによると、ペトロビッチはクラブの経営陣と何度か話をしたが、合意には至っていない。

 彼は2年間の契約を結んでいたので、クラブはその契約で保証されたすべての収入を彼に支払う義務があります。

 53歳のペトロビッチにとって厄介な状況は、彼がオランダ市民としてボテフと契約を結んだことであり、そのため彼の訴訟は欧州連合の法的行為の拠点にもなっている。

Louis van Gaal’s possession obsession risks blunting Manchester United’s edge by Jonathan Wilson 2015/8/27

 マンチェスター・ユナイテッドは試合を支配しているかもしれませんが、ブルッヘの試合はさておき、ゴール前の失敗はマネージャー批評に燃料を与えました。

「心配なのは」と土曜日にマンチェスター・ユナイテッドニューカッスルに引き分けた後、ルイ・ファン・ハールは「相手を支配しなければならないということだ」と述べました。彼はチームが得点に失敗したことを気にしませんでした。そして、ウェイン・ルーニーが効果的でなかったにもかかわらず、別のストライカーにサインする大きな衝動を全く感じていないどころかむしろ幸せそうでした。なぜなら彼は、「3回、我々はベターなチームだ...今日、アストンヴィラ戦、トッテナム戦。トッテナムに対してはそれほどでもなかったが、ヴィラ、ブルッヘ、そして今日、我々がゲームを支配した」と主張したからです。

 実際、トッテナムはシーズン開幕はわずかに多くのポゼッションを持ち(53%から47%)、より多くの枠内シュートを放ちましたが、それ以外はファン・ハールが正しいです。(ここでは、ストライカーの状況について嘘をついていなかったら、という仮定があります;それは可能ですが、疑念を抱かせるのは、世界観が非常に特異な人は、演技を見分けることが難しいと感じることです。特に彼がダウンフォールのパロディーを通して純粋にコミュニケーションすることを選んだときは)

 ポゼッションとシュート数が基準である場合、ユナイテッドはスパーズに対してほぼ同等のゲームをし、今シーズン、他に4つのゲームを支配しました。彼らは2試合で7つのゴールを入れクラブブルッヘを突破したにもかかわらず、リーグに戻ってからは3ゲームで2ゴール、そのうち1つはオウンゴール、もう1つはディフレクションです。土曜日のチャンスの優位性はユナイテッドが大抵、勝っていたのは事実ですが、ファン・ハールが問題であると認める前に、どれくらいの間、そのような優位性を活用するのに失敗し続けなければならないのだろうかと思います。水曜日のベルギーでは非常に流暢でしたが、ユナイテッドがプレミアリーグでそれを作り出すまでは疑問が残るでしょう。

 今のところ、ファン・ハールはファンマ・リージョの考え方についての説明を喜んで繰り返します。「あなたを豊かにするのはゲームであり、結果ではありません」と彼はThe Blizzardの第1号でシド・ロウに語りました。「結果はデータです。出生率が上がります。それは豊かさですか?いいえ。しかし、それをもたらしたプロセスは?それは豊かさです。充足感はプロセスからもたらされます」。

 「結果ではなく、ゲームについて議論します。結果は議論の余地はありませんよね。月曜日の朝にユーロのために新聞を購入しますか?結果のリストのためだけに?あなたは、試合の終了間際のフットボールスタジアムに行き、スコアボードを見て帰りますか?あなたは90分試合を観ます。それはプロセスです」。

 見事なツラの皮の厚さで、自身の正しさを確信しているファン・ハールにとって、結果などの詳細は、(今のところ)無関係です。重要なのは、得点不足(または過剰)ではなく、プロセスです。彼にとって、ゴールを決めて試合に勝つのではなく、ゲームに勝ってゴールを決めます。彼は試合を変えることができる個人の才能の瞬間を心配していません。彼が望んでいるのは、そのような気まぐれな輝きの瞬間の影響を最小限に抑えられる程度に中盤を支配することです。中盤でのコントロールゲームに勝つと、ゴールが生まれます。

 これは、ジョゼ・モウリーニョが4月に酷評したアプローチです。(ただし、彼は表面的にはアーセナルについて話していましたが、実際には彼の強迫観念であるペップ・グアルディオラについて話していました。)「時々、私は未来について自問します。サッカーの未来は、ゴールのない美しい緑の芝生で、ボールを所有しているチームが試合に勝つかもしれません。人々がスタイルとセンスを分析する方法は、ゴールをピッチから外すことです」。

 これの興味深い側面は、今回に限りフットボールの哲学をめぐる議論において、モウリーニョヨハン・クライフが同じ側にいることに気づくことです。彼らは正しいプレー方法については意見が分かれるかもしれませんが、ファン・ハールのやり方が間違っていることに同意します。モウリーニョにとって、チェルシーが4月のホームユナイテッド戦に1-0で勝利を収めた後に明らかにしたように、ファン・ハールはポゼッションについてあまりにも気にしており、結果については十分ではありません。クライフにとって、ファン・ハールのトータルフットボールのバージョンは過度に機械化されており、70年代前半に彼のチームが到達したレベルに達するには、あまりにボールを失った場合に起こることについて心配しすぎています。

 「アヤックスの10番は」、 Henry KormelinkとTjeu Seeverensは、The Coaching Philosophies of Louis van Gaal and the Ajax Coachesで、「…相手を追いかけて模範を示さなければならない」と書いています。ファン・ハールは、その役にデニス・ベルカンプ、次にロブ・アルフレンを使いましたが、彼の理想は常に勤勉なヤリ・リトマネンでした。「アヤックスがポゼッションを失うと」、KormelinkとSeeverensは、「彼はすぐに守備のタスクを実行し、アヤックスのポゼッション中は、セカンドストライカーとしてセンターフォワードのそばに現れる適切な瞬間を伺います」と続けました。

 問題は、ファン・ハールの手法が完全に吸収されるまで、フォワードプレイヤーを抑制できることです。特に、アドナン・ヤヌザイは、ボールを失ったら自分に何をすべきかを自問するかのように、急に前進するのをためらいます。時には、フルバックをやらせたくてたまらない衝動を抑えるのに悪戦苦闘しているように見えたプレーヤーに、10年の間、イギリスのサッカーで最も自然に守備的なフォワードを与えられていたのはルーニーで、その役割をやらせるのは奇妙に思えます。ルーニーはいつもその役割に快適そうだったにもかかわらず、どういうわけかセンターフォワードとしてプレーする事を求められています。a)彼の爆発性が散逸し始める前;b)クロスに特化したチームでプレーするとき;c)水曜日のアウェークラブブルッヘ戦;

  クライフは、ファン・ハールのトータルフットボールの解釈に心を動かされなかった唯一の人物ではありませんでした。70年代前半の偉大なアヤックスのウィンガーだったシャーク・スワルトは、90年代のカウンターパートであるフィニディ・ジョージマルク・オーフェルマルスが2人のディフェンダーに直面した場合、常に後方を確認するやり方に唖然としました。「私はボールを味方のディフェンスに戻さなかった、決して!」スワルトはブリリアントオレンジでデイビッド・ウィナーに語りました。「信じられない! しかし、それがファン・ハールのシステムだった。殆ど眠たい試合だった。テレビでは『アヤックスのポゼッション率が70%です』と言っていた。それが何だというんだ?創造性が無くなってしまった」。

 パウル・ブライトナーはファン・ハールバイエルンについて同様の懸念を表明しました。「バイエルンの伝統的なスタイルをこのハイポゼッションゲームに入れ替えましたが、プレイヤーのポジションに関しては柔軟性が全く無く、誰もが自分のエリアに硬く留まる必要がありました」。彼はPep ConfidentialでMarti Perarnauに語りました。「試合によっては、80%のポゼッションを手に入れましたが、実際のリズムやペースはありませんでした。30分後、アリアンツ・アレーナの全員がこの絶え間ないパスの展示にあくびをしていました。私たちのゲームはうまく実行されましたが、非常に、非常に予測可能です...基本的なアイデアは健全でした。欠けていたのは、スピードと定期的なリズムの変化でした」。

 スワルトとブライトナーは、チャンピオンズリーグの決勝戦に到達した側を批判していたことは言うまでもありません。彼らの懸念は、ファン・ハールのやり方の有効性よりむしろ、美学に関するものでした。けれども今シーズンのユナイテッドは、双方が口にしている不毛さが明らかになっています。

 おそらく、時間の経過とともに彼を支持するパーセンテージは下がり、コントロールはゴールをもたらすでしょう。ーおそらく水曜日がその始まりか、あるいはプロセスをチャージするための魔法を呼び出すことができる新しいストライカーにサインがされるでしょう。しかし、現時点では、支配への欲求は主に抑制を生み出しているようです。

Interview Louis van Gaal: ‘I thought Manchester United could buy every player’ by Jamie Jackson 2019/06/03

 ガーディアンは、マンチェスター・ユナイテッドによる解任から3年後、ノールドワイクのグランドホテル ハイス・テル・ドゥインでルイ・ファン・ハールと膝を交えました。

ジェイミー・ジャクソン:マンチェスター・ユナイテッドは監督を3年間依頼しましたが、FAカップ決勝に勝利した翌日、彼らは方針転換し、さよならを言ったことに裏切られたと感じましたか?

ルイ・ファン・ハール:その瞬間、私は裏切られたと感じたよ。多くの人から聞いているのは、すでに12月、1月に決まっていたということだから、私は裏切られたと感じている。私は毎週[エグゼクティブ・バイス・プレジデント・エド]ウッドワードと話をした。12月に3回、酷い敗北を喫し、チャンピオンズリーグからも敗退したとき、私は彼と話をして、「あなたが私を解任することは理解できる」と言った。それから彼は「いいえ、決して私はあなたを解雇しない。自分を信じて。新聞を読まないで」と言ったんだ。私は裏切られたと感じてるが、現在は、翌年ウッドワードは私にさよならを告げることを知っていたので、更によく理解できる。市場には[ジョゼ] モウリーニョがいた。彼も非常に優秀なマネージャーであり、ウッドワードはマンチェスター・ユナイテッドモウリーニョ監督のトップ管理職を何年も確保しようと考えていたんだ。

ジョゼ・モウリーニョとの関係はどうでしたか?

 モウリーニョマンチェスターユナイテッドのマネージャーの椅子を望むことは想像できる。それは、私の意見では、イングランドで最高の椅子だからね。私がマンチェスター・ユナイテッドにサインする前、トッテナム・ホットスパーは私のリビングルームにいた。-Mr.レビィ。トッテナム・ホットスパーにもサインすることができ、妻にトッテナムの方がマンチェスター・ユナイテッドよりも優れたチームを持っていると言ったよ。しかし、私は挑戦のためにユナイテッドを選んだ。なぜなら、私は常にその国で一番のクラブの監督をしてきたからね!

モウリーニョに恨みはありませんか?

 何の恨みもない。

現在のマンチェスターユナイテッドの問題は何ですか?

 問題は、もちろん、マンチェスター・ユナイテッドが決してリフレッシュされなかったことから始まる。マネージャーであるとき、チームビルディングのプロセスを続けるために毎年リフレッシュしなければならないと思う。

あなたは選手たちを連れて来ることでリフレッシュさせようとしました。

 イエス、しかし、常に私が望む選手を獲得したわけではない。それが問題だ。ウッドワードがいて、彼の右腕は[企業経営の責任者] マット・ジャッジだ。ジャッジとはたまに会ったが、あまり多くなかった。そして、スカウトの責任者であった。それが構造だったが、常にウッドワードとジャッジに依存している。

彼らはあなたの助言を受け入れませんでしたか?

 マンチェスター・ユナイテッドは多くの力を持っているので、常にすべてのプレーヤーを買うことができると思った。どうやらマンチェスター・ユナイテッドには数人のプレーヤーに連絡できなかったようだ。理解できないが、そのようだった。

アンヘル・ディ・マリア、彼はあなたの選択でしたか?

 ディ・マリアは、7年前のAZでの私の選択だった。

彼はその時サインしませんでした。ユナイテッドのために彼が欲しかったですか?彼が来てくれて幸せでしたか?

 彼は創造的なプレーヤーだったので満足したが、リストには他のプレーヤーがいた。ディ・マリアは、英国のサッカー文化と気候に問題を抱えていた。事前に期待通りの選手かどうかはわからないし、そういった選手を購入することもできない。サッカーはチームスポーツであるため、知ることができない。

彼はどこでのプレーを望みましたか?

 私はいつもプレーヤーにどこでプレーしたいか尋ねる。彼にとって、それはウィング、ワイド、ほとんどが左サイド。アルゼンチン代表で彼は左でプレーする。そこから彼と一緒に始めた。彼は80mユーロのプレーヤーに期待できるレベルのパフォーマンスではなかった。ならば彼にとって別のポジションがより良いかどうかを確認しなければならない。私は彼を左ウインガー、10番、セカンドストライカー、そして右サイドでプレーさせた。私は彼に良いパフォーマンスをするチャンスをすべて与えた。

マンチェスター・ユナイテッドでの時間について後悔はありますか?

 ノー。彼らが私をクビする方法はひどいものだった。しかし私は、文化や、そこに住む人々、イングランドで過ごした時間が好きだ。多くのユーモアと常にマネージャーをサポートしてる。私は一緒に働いたすべての人たちを尊敬している。

在任中で最高の選手は誰ですか?

 [ダビド] デ・ヘアは素晴らしかった。

わかりました。フィールドプレイヤーは?

 これは重要なことであり、私はよく考えなければならない。[ルーク]ショーは順調にスタートしていたが、PSVから蹴り飛ばされた[ひどい負傷]。ショーは平均を上回っていた。[アンデル] エレーラは平均を上回っていた。彼はそれほどうまくいっていなかったが、彼の味方を鼓舞する姿勢とコーチングの質のために、彼はチームにとってより重要になった。全体的にデイリー・ブリントは、ビルドアッププレイをするための質の高い、私の最も一貫したプレーヤーだったと思う。[フアン] マタは質の高いプレイヤーでもあり、創造性に富んでいて、クリエイティブプレイヤーが非常に不足していたから、私は彼にとても満足していた。だから私たちはあなたの視点では「退屈なフットボール」をした。ボールのテンポを上げたり、より多くの縦パスを使用したりするほど多くのクリエイティブプレーヤーはいなかった。しかし、バスを駐車するよりも良かったと思っている。

 私たちはそこでプレーした[相手陣地を指して]。ほとんどの場合、対戦相手よりも優れていたが、相手がバスを駐車しているときは、創造的なプレイヤーが必要だ。だから、ディマリアと[メンフィス]デパイはクリエイティブプレーヤーであり、チームにはこれらの相手を打破するために少なくとも3~4人のクリエイティブプレーヤーが必要だ。

ウェイン・ルーニーについては言及していません。彼はそれまでに年を取りすぎていましたか?

 申し訳ないが、彼はピークを過ぎていた。しかしそれにもかかわらず、彼は私の最高の選手の一人だった。

ルーニーをキャプテンにするのは難しかったですか?彼は本当に唯一の選択肢でしたか?

 トレーニングセッションまたはピッチでのプレーヤーとしての彼のプロ意識については何も言えない。トレーニング、ピッチ、スタジアムの環境とそれ以外は異なる。外での生活をコントロールしたいから彼をキャプテンにした。

面白い。彼に責任を与えてから…

 私たちは全て上手くいったとは思わない。

あなたはユナイテッドがなぜたくさんのお金を持っているのかを理解しておらず、常にプレイヤーにお金を払わないと言いました。グレイザー家が支払いを望まなかったからでしょうか?

 分からない。ウッドワードはグレイザーズ家と話をする人間だ。グレイザーズ家とは、ゲームまたはトレーニングセッションに参加したときにのみ会話を交わした。ほとんどの場合、彼らはトップマッチに参加する。幸いなことに、これらのトップマッチの多くは勝利したし、リバプールとの対戦ではどのような場合でも勝利した。

完璧なテクニカルディレクターまたはフットボールのディレクターになるには何が必要ですか?

 まず、ゲームの知識、トレーニングの方法、準備の経験、ユース育成、スカウティングが必要であり、ストラクチャーを考える必要がある。フットボールの世界で多くの経験が必要だ。テクニカルディレクターとして仕事をしているとき、名声を築き、それから大きなネットワークを持ち、いつでもそのネットワークを活用できる。

ユナイテッドがテクニカルディレクターになることに関心を持っているのは、リオ・ファーディナンドです。これについてどう思いますか?彼は明らかに良い選手でした。

 優れたプレーヤーだったとしても、優れたマネージャーでもなければ、優れたテクニカルディレクターというわけではない。それは多かれ少なかれ、[オーレ・グンナー]スールシャールや元プレーヤー、OBのネットワークで起こっていることだ。常に良い選択とは限らない。それは可能だが、常に良い選択とは限らない。

スールシャールが恒久的に仕事を与えられたことに驚きましたか?

 連勝でスタートしたが、彼がそれを手に入れたことにとても驚いた。

なぜですか?

 マンチェスター・ユナイテッドは、経験のあるマネージャーを必要とする世界最大のクラブの1つであり、それは1つや2つのチーム、レベルの低いクラブでトレーニングを行ったマネージャーのことではないからだ。

ペップ・グアルディオラバルセロナBチームの監督をした後、バルセロナに直行し大成功しました。

 常に例外があり、彼は最高レベルのセントラルミッドフィールダーとしてプレーした。戦術的なオリエンテーションが必要なポジションで、彼は私のチームのキャプテンだった!

あなたはフットボールをプレイするという哲学を持っています。あなたのアヤックスバルセロナ、AZ、バイエルンミュンヘンです。ユナイテッドは持っていますか?

 私が仕事を引き受けたとき、私たちはマンチェスター・ユナイテッドのプレイシステムや哲学について決して話さなかった。

それは驚きですか?

エス。他のクラブとは異なっていた。私は常にそれについて話した。

アヤックスチャンピオンズリーグを勝ち取ったとき(1995年)、チームとしてプレーすることが鍵でしたか?

 私のチームはすべて本当のチームだ。ユナイテッドもチームのようにプレーしたと思う。既に解雇されていて、まだそのフットボールをプレイしている選手に、或いはこちらが望むプレイスタイルでプレイしてる選手にインスピレーションを与えることができる…私たちは常に同じシステムをプレイしたが、対戦相手に依存しているため、別のアクセントも備えていた。

空白のキャンバスがある場合、ユナイテッドを整理するにはどれくらい時間がかかりますか?

 問題は、それほど多くの時間を要求できないことだ。そして、ファンもそれを許さない。スールシャールもそう。彼らは彼が元プレーヤーであるにもかかわらず結果を求めるだろう。フットボールの世界では任務を成し遂げなければならない。しかしながら、元プレーヤーであれば、常により多くの信用を持っている。

ユナイテッドのような、これらの大きなクラブで成功することはほとんど不可能ですか?最初の記者会見を覚えています。あなたは基本的に「このクラブは商業的すぎる」と言っていました。

 あなたがそれを覚えていることを嬉しく思うよ。マンチェスター・ユナイテッドの組織構造を変える必要があると思う。なぜなら、サッカー部門と商業部門のバランスが正しくなく、商業部門に傾いているからだ。

それはどういう意味ですか?

 私が経験したことは、シーズン前にアメリカに行かなければならず、短時間で多くの試合をしなければならないということだ。それは良い商業的計画だが、フットボールマネージャーとしての私には最適ではない。私を除いて誰もが幸せだった。なぜならアメリカではすべてに勝利したからね。しかし、リーグでの最初の試合は敗北だった:スウォンジー。それはすべてのプレイヤーがへとへとだったからだ。そのように始めなければならないのは良いことではない。

 選手のスカウティングにおいて、私の意見では、マンチェスターユナイテッドには、最高のプレーヤーを提供する組織がない。それから選手の育成では、マンチェスター・ユナイテッドの育成がとても良いとは言えない。何人のプレイヤーが昇格した?

 マンチェスター・ユナイテッドには、素晴らしいパフォーマンス部門があり、それは医師の指導の下にある。しかし、このパフォーマンス部門には、経験豊富なテクニカルディレクターの指導も必要だ。その部門は、ファーストチームだけでなく、若者の育成にも集中的に使用する必要がある。そうすれば、若い選手たちはマンチェスター・ユナイテッドの哲学でより多くの教育を受け、ファーストチームへの大きな一歩は遥かに簡単になる。これらはテクニカルディレクターが発展させなければならない重要な側面だ。
 私はマンチェスター・ユナイテッドのマネージャーとして、シティ、トッテナムチェルシーアーセナルの選手の質が優れていると考えた。私に何ができる?私たちは攻撃していた。私たちは守備をしていなかったし、プレイヤーのレベルに合わせた戦術的な解決策を探していた。たとえば、私たちはスペースを誘発していたが、それはイングランドでは新しいものだった。6か月前[ユルゲン]クロップも目からうろこが落ちただろう。なぜなら、以前の彼は常にプレッシングしていたから。

スペースをどのように誘発するのですか?

 [アンソニー] マーシャルと[マーカス] ラッシュフォードのスピードによって、すぐプレッシングするのでなく、少し下がるによって、バスを駐車するのではなく、ミドルラインに下がり、そしてそれからディフェンダーを自陣のハーフウェイに置くことによって、スペースを誘発しようと試みた。プレイヤーのレベルが低いため、以前はAZでのみこれを行った。もちろん、プレイヤーのクオリティに適している。あなたはそれを理解しなければならない。私は最高のプレーヤーのクオリティを持っていなかったため、攻撃するシステムを実行できなかった。例えば、リバプールが絶えず攻撃しなければならないとき、彼らは問題を抱えている。例えば、マンチェスター・シティよりも大きな。

なぜですか?

 サラー、フィルミーノ、マネはアグエロ、サネ、スターリングよりも大きなスペースが必要であり、シティのデ・ブルイネ、ダビド・シルバフェルナンジーニョ、ベルナルド・シルバによるミッドフィールドでの創造性はより高いため、小さなスペースでプレイできる。それがシティがチャンピオンである理由だ。

あなたが指導したお気に入りのプレイヤーを教えてください。最高ではないが、一緒に仕事をして楽しんでいたプレイヤー。

 [ルイス]フィーゴ。彼は勝者だ。彼はトレーニング、ピッチ、ゲームで常にそこにいた。ルイス・エンリケ。この種のプレイヤーたちは私が最も好むプレイヤーだ。なぜなら彼らは非常にオープンというだけでなく、勝者であり、ピッチで会話ができる。

あなたのキャリアの中で最高の思い出は?

 フットボールで最もエキサイティングな瞬間はベンチではなかった。アムステルダムの運河沿いにあった。チャンピオンズリーグで優勝。それは素晴らしかった。運河沿いの百万人以上の人々、窓からは高齢の人々。素晴らしい。

The Question: Why is the back three resurgent in Italy? by Jonathan Wilson 2012/02/22

 フットボールにおけるすべてのことは(戦術的に言えば)相対的であることを考えると、おそらく真に死ぬことはないでしょう。それらの有用性を失い、意識から消え、休眠状態のように見えるプレイシステムとスタイルは、ゲームから忘れ去れるを待って、意気揚々と再び導入できるようになります。長い間、3バックでプレーすることは終焉したように思われましたが、火曜日の夜のチェルシーに対するナポリの勝利は、より広範な復活の一部に過ぎませんでした。

 フォーメーションの衰退の理由は理解できます。2人のストライカーシステムに対して、3人のセンターバックのうち2人はマーカーとして機能し(マンツーマンシステムでは厳格な方法で、ゾーンシステムではより柔軟に)、余った1人がルーズボールを拾い、ポゼッション中であれば中盤へ前進しました。ただ、2人のストライカーシステムが1人のストライカーシステムに屈したため、2人のマーカーとスペアマンというよりかは、チームに1人のマーカー、スペアマン、余分な選手が残されました。仮に対戦相手が4-3-3または4-2-3-1でプレーする場合、ウィングバックを深く押し込む事で、中盤で数的優位の効率性を保証しました。1つのフォーメーションが他のフォーメーションより優れているわけではありません。特定の組み合わせでは、ある戦術が他の戦術よりも勝つ傾向があるというだけです。

 スリーバックの復活がイタリアで始まったことは偶然ではありません。一部は文化的遺産に関係しています:60年代半ば、ヨーロッパのサッカーは分裂しました。大まかに言えば、北方と西方はフラットな4バック、プレッシングゲーム、オフサイドトラップ、一方、南方と東方はリベロ、マンマーキング、スペアマンを選びました。アリゴ・サッキが登場し、キリストが金貸しを神殿から追い出すようにオーソドックスな戦術ボードを覆すまで、それは残った方法でした。サッキはプレッシングと4バックの価値をイタリアに伝えましたが、Gianni Breraのレッスン(The Blizzard issue 2のJames Horncastleの記事を参照)は、一世代で学ぶことはできません。イタリアのフットボールは、中央のエリアに3人の守備的な選手を置くことに心地よさを感じます。

 4バックでプレーしたときでさえ、中央を固めたいという願望は明確でした。:昨シーズンの狭い4-3-1-2はイタリアではほとんどデフォルトでした。それは、中央の密集でスペースを捜し求めるというセリエAにおける一連の魅力的な戦術バトルを意味しました。ヨーロッパでは、相手がボールを側面の広大な空いているアウトストラーダにシンプルに移動させたため、問題が発生しました。それはギャレス・ベイルによる孤立したマイコンの腹裂き刑の背後にあり、(誰かが彼にリフトを与えることだけを考えていたならば、または誰かがタッチライン際で彼の前に立っていたらならば、彼はそのタクシーを必要としなかったかもしれません。少なくともベイルのスピードを落としたため、彼は全速力でフルバックに近づけなかったでしょう)サン・シーロでのミラノに対するトッテナムの印象的なパフォーマンスの背後にあり、準決勝でシャルケ04によるインテルの究極の破壊、(その時のハンス・サーペイ内田篤人の有触れたフルバックの2人はその道の第一人者の様でした)の背後にありました。

 国内的には、リーグの狭い空間での試合は、幅を用いてプレーしたチームの繁栄を意味しました。ウイングバックを用いたのはナポリウディネーゼだけでなく、たとえば、チェゼーナも。チェゼーナは7ポイント上がって期待を上回りました。今シーズンの結果は、狭さに対する反応でしたが、典型的にはイタリアのものです。ウイングの流入ではなく、3バックが再び突然、流行になりました。

 1月のある週末に、セリエAの20チームのうち11チームが3バックでした。理由は心理的に一貫しています:3-4-3は幅を提供しますが、3バックは2人のスクリーニングミッドフィルダーによって保護されたままです。90年代後半のトレンドを真似た、しばしば7バックに破壊され、4-3-1-2で行われていた方法で効果的な配置を行える、3トップでさえ、クラブは膨大な人員の流入の必要なしに、そのシステムに移行できることを意味します。

 とはいえ、3バックがすべて同じというわけではありません。高く押し上げ、プレッシングを行い、そしてオフサイドを試みる4バックのように動作する3バックがあります。-マルセロ・ビエルサがアルゼンチンとチリとプレーしたやり方で(彼は今シーズンアスレチックで目まぐるしく4バックに戻ったが)後に、bielsista back threeと呼ばれたもの。それは、例えば、ジャン・ピエロ・ガスペリーニの下ジェノアが(インテルでは失敗した)プレーした方法です。

 それから、より一般的に採用された、当然のことながらそれほど急進的でない、アルベルト・ザッケローニウディネーゼミランで用いたのを思い起こす、3バックシステムがあります。ナポリは奇妙なハイブリッドです。彼らはプレッシングができ、高く押し上げることができ、時にはビエルサ側のように見えますが、デフォルトモードのときはギョクハン・インレルワルテル・ガルガノが3バックの前を巡回しながら深い位置をとり、非常に才能のある3トップに向けてできるだけ素早く前に出すためにボールを奪おうとしています。

 1人のセントラルストライカーを置いてプレイするチェルシーのようなチームに対しては、そうでなければ余分になる選手が、効率的に追加のスペアマン、つまり中盤から駆け上がってくる相手を捕まえる別の役割になります。相手の中盤が数的有利なら、それならそれでかまいません。ナポリは相手のポゼッションが支配的かどうかは特に気にしません。問題は腕を伸ばした位置に相手を置き、容易なチャンスを未然に防ぎ、そして不意を突くことです。そのため、ナポリの記録は、ボトムよりもトップチームに対するほうがはるかに優れています。セリエAの上位7チームのミニリーグでは、相手が主導権を握ることを望んでいるため、2位になります。

 そして、それはもちろんセカンドレグを控えてるチェルシーにとって恐ろしいニュースです。このナポリは決して難攻不落ではありません。彼らはセットプレイの影響を受けやすく、3センターバックであっても、極めて静かだったディディエ・ドログバに対しては気楽からは程遠く見えました。フアン・マタを中央へ配置したことは彼らを混乱させ、前半の彼の2度の動きは、最初にラミレス、そしてブラニスラフ・イワノビッチの深い位置からのランに上手く利用されたチャンネルを創り出しました。

 しかし、このナポリのカウンターは壊滅的です。昨夜の後半、イバノビッチが前進し、左サイドバックのファン・ズニガを深く押し込んだことは、チェルシーが約15分の間に5つの適切なチャンスをもたらした一連のプレッシャーに貢献し、エゼキエル・ラヴェッツィは彼の背後のスペースに着きカウンターを窺いました。彼は最初のチャンスを棒にして引きずりましたが、エディンソン・カヴァーニがダビド・ルイスのスリップを利用した後、3つ目のゴールを加えました。イバノビッチは戻ることができませんでした。

 これが、チェルシースタンフォードブリッジに戻った試合で直面する問題です。彼らはイニシアチブをとる必要がありますが、彼らはまさにそれをしたいチームに対してイニシアチブをとらなければなりません。

Arrigo Sacchi’s cultural revolution

spielverlagerung.com

 

 1990年代初頭、イタリア代表チームは紛れもない危機的状況でした。戦術的な問題を解決するため、イタリアサッカー連盟は国内サッカーの秘密兵器に頼りました。:アリゴ・サッキ

 その元ミランのコーチは、1991年に自国でのワールドカップに勝つことができなかったアゼリオ・ヴィチーニに取って代わりました。デビュー戦となったノルウェーとの引き分けは、EURO1992の本大会進出資格が決定的に終わったことを意味しました。しかし、サッキの本当の目標は、スクアドラアズーラ(Squadra Azzurra)を再建することでした。そして長期的には、1994年のワールドカップで成功することでした。

 そのような状況で、サッキはパオロ・マルディーニアレッサンドロ・コスタクルタフランコ・バレージで構成されるミランでお馴染みの中軸に依存していました。一方、1993年のFIFAワールドプレイヤーオブザイヤーであるロベルト・バッジオは、攻撃の要と考えられていました。確かにミラン時代のオランダ人選手のクオリティを欠いてはいましたが、彼はバッジオと2人のロッソネリ、ロベルト・ドナドーニダニエレ・マッサーロを含む、まとまったシステムに取り組むことができました。システムは当然のことながら、1980年代後半にミランがプレイしたシステムと非常によく似ていました。

 しかしながら、サッキは、彼が国際的な成功をさせたクラブであるACミランからのプレーヤーたちを好むと主張する批評家をかわさなければなりませんでした。インテルのウォルター・ゼンガとジュゼッペ・ベルゴミサンプドリアロベルト・マンチーニユベントスジャンルカ・ビアリは、最終的にはワールドカップのメンバーにはなりませんでした。サッキは彼ら全員と対立していました。

 別の解釈:彼は100%信頼できるプレイヤーのみを指名しました。明確な良心をもって、サッキは彼らがどんな状況でもプレッシングの強度を維持することに頼っていました。彼はボールに獲るための明確な貪欲さ、そしてさらに重要なことは、90分間の試合でゲームを支配する意欲を求めました。

 ブラジルとの決勝戦に最終的に到達したことがサッキのステータスを支え、それゆえ彼の手法が注目を浴び正当化されました。

 さらに、選手に毎日の基礎練習をさせる以上のことをし、彼は多才であることを証明しました。彼はチームを殆ど見ることができず、インターナショナルブレイク中にしかチームと一緒に仕事をすることができませんでした。さらに、ノミネートされた選手はクラブのコーチの影響下にありました。それにより、サッキはスタイルを変えざるを得なくなりました。彼は独断的な意見を教えることができませんでした。彼は、これまで以上に、同情的な教師として存在しなければなりませんでした。

 彼のよく知られているドライトレーニングやプレッシングエクササイズは、ワールドカップ直前のトレーニングキャンプでのみ適用できました。その時まで、サッキはすべてのトレーニングセッションと戦術オプションを入念に準備しました。彼は2年以上にわたって考えられるフォーメーションを考えました。彼は細心の注意を払って、彼のチームにとって問題となったさまざまなタイプのプレーヤーを観察しました。

 彼とアシスタントたち(元プレイメーカーのカルロ・アンチェロッティを含む)は、ワールドカップキャンペーンを巧みに計画しました。イーストラザフォードで行われたオープニングゲームでアイルランドに負けた後、キャンペーンは大惨事になるおそれがありましたが。イタリアはノルウェーとの接戦を制し、メキシコと引き分け、グループ3位の最高チームの1つとして第2ラウンドに進出しました。

 彼らはそれから、ナイジェリアを劇的に打ち負かしました。88分、ロベルト・バッジオが同点ゴールを決め、その後、延長戦で決定的なゴールを決めました。(ペナルティスポットから)さらに2回、スペインとブルガリアに2-1で勝利し、決勝へ進出しました。パサデナローズボウルスタジアムで行われた最終戦は、ぺナルティーシュートだけで誰が新しい世界チャンピオンになるかが決まった、低調な試合でした。

 シルヴィオ・ベルルスコーニ首相は、勝利した場合、サッキに内閣での起用を約束しました。その後、サッキはバレージマッサーロバッジオの政治キャリアを台無しにしたと冗談を言いました。ドゥンガロマーリオなどを主軸としたブラジルは、ワールドカップで4回目の優勝を果たしました。

 1994年にイタリアが成功の鍵となった要素は何だったのでしょうか?サッキは、本質的にはっきりとした4-4-2の構造(ミラン時代よりも流動的でしたが)を好みました。流れによっては、チームは4-1-2-3でプレーしました。

 サッキは10人のフィールドプレイヤー全員をラインとチェーンのシステムに関与させました。ロベルト・バッジオは、彼が使い方を理解している、ある程度の自由を享受していました。ストライカーは時折、相手のラインの間のゾーンに降りて、マンマーカーの間でボールを受けました。バッジオは、前線の位置にいるパートナーにパスを出すか、或いは駆け上がったウィンガーへスルーパスを出す事で攻撃を直ぐに委ねました。

 中盤で指揮を執るバッジオの、中央からのパス分布はサッキによるこれらの2つのスケッチに類似していました。マンマーカーを振り切ることを想定しているので、ウィンガーは斜めのルートを走るべきです。それとは別に、ボールに近い8番がオープンマンとして機能するために(サッキの草稿のほとんどは、右サイドのオープニングパスを示していました)、より深い位置にいることが明らかです。

 したがって、バッジオの動きは、柔軟なフォーメーションスキームを生成しました。彼は中盤で、トレクァルティスタの役割と8番ポジションの間をうろつきました。イタリアの2次攻撃の一部として、彼はよく相手のバックラインの背後に上がり、深い位置でボールを受けるオプションを提供しました。

 時々バッジオは、マッサーロまたはジョゼッペ・シニョーリとポジションをスウィッチしました。そのような驚きの効果は、彼らの奥の手でした。さらに、プレーヤーを絶えずシフトすることにより、サッキはフォーメーション内で自動的にダイナミズムを作成し、相手の陣地に入るときのスペースを増加させました。

 高温は毎試合、彼らを限界まで追い詰めました。サッキはボールを奪い返そうとするとき、最初のプレッシングフェーズとしてハイプレスを計画していましたが、時折、超攻撃的なプレッシングをあきらめざるを得ませんでした。

 このようにして、4-1-4-1を使用した超攻撃的なプレッシングが見られるはずでした。ボールに近いウィンガーの前への動きが、中盤からの後追いの走りによって継続したプレッシャーの波を創り出しました。

 その場合、イタリアのチームは十分に試行された4-2-4フォーメーションとかなり慣習的なチェーンメカニズムに戻り、さまざまな機会を利用して相手のビルドアップを妨害し、結果としてコレクティブな変形はスムーズに進みました。

 逆行する動きの過程で、4-3ブロックは通常の4枚2ラインの代替となる傾向がありました。単純な理由として、イタリアがいくつかの試合で前線で攻撃している2人のウイングのスピードを使いたかったということです。彼らは中央で迎撃させようとしました。(守備フォーメーションは44ヤードの幅内でなければなりませんでした)そしてその後、素早く自由なコンビネーションプレイをするために狭い4-3ブロックの密接な連係を利用することを目指しました。

 イタリアのコンビネーションプレイは、ワールドカップで広く過小評価されていました。たとえば、デメトリオ・アルベルティーニなどの技術的に優れたセントラルミッドフィルダーは、ショートパスとミディアムロングパスのバリエーションに鑑識眼を持ち、三角形を作成したり正確なレイオフパスで、着実なスペース獲得を供給しました。さらに、イタリアはリズムを高く保ちました。慎重な攻撃は1994年のチームには適しませんでした。

 そのバージョンでは、左サイドバックが攻撃を開始します。短いカールの後、彼の前の選手はリバウンドパスを提供します。一方、左の攻撃的ミッドフィルダーは下がります。その後、彼は目の前のストライカーにボールを渡します。これらのジグザグパターンには、狭小化したスペースからボールを運ぶことになっていた中央の6番も含まれていました。その間に、右のミッドフィールダーは右ウィングのゾーンを通過します。これにより、戦術的なトリガーメカニズムは、攻撃的ウィンガーがライン間のゾーンに押し進むか、バックラインの背後に走ることを確実にします。

 サッキサイドはかろうじてクリーンシートをキープしていました。彼らはゴールを増やしました。結果として彼らの攻撃は、素早いワンツーやレイオフパスの範囲で相手を倒すことにさらに挑戦しました。

 彼らのディフェンスに関する限り、サッキは永久にラインナップを変更しなければなりませんでした。オープニングマッチで重大なミスを犯しましたが、経験豊富なバレージは、それでも力強いリベロ式のタワーでした。しかし、彼は2試合目で半月版を負傷しました。そのため、サッキは暫定キャプテンのマルディーニを中央に移動しなければなりませんでした。左右のサイドバック両方、彼はより攻撃的なタイプのプレーヤーをフィールドに入れたため、最終的にスリーバックは非常に珍しくなりました。

 ぎりぎりのタイミングで、バレージはブラジルとの決勝戦に戻ってきました。イタリアのディフェンスは、120分間岩のように堅固でした。サッキは手品のように4-4-2の様々な形を引き出しました。守備的に、3人のボールに近いミッドフィールダーがウィングゾーンに向かって移動し、短いチェーンを作りました。

 局所的に、アズーリはスペースをできる限り強く絞ったが、チームの残りのメンバーはゆるい配置のままでした。その結果、サッキのチームはブラジルの素早いクロスオーバーパスに強いように見えました。ボールがあるサイドから別のサイドに移動した後、ボールに向かって移動して堅実な守備隊形を再作成するには、イタリアは多くのヤードをカバーする必要はありませんでした。実際、ボールから遠いサイドにいたプレーヤーは、むしろ隙間を埋めたり、中央でゾーン指向を保つことができました。

 1対1で苦労することもありましたが、イタリアのディフェンダーは才能のあるブラジルの攻撃に対してクリーンシートを保ちました。残りは歴史です。イタリアのスーパースターであり、サッキの最高の希望であるロベルト・バッジョは、最後の決定的ペナルティを失敗しました。

 アリゴ・サッキのキャリアは、国際トーナメントで無冠です。ワールドカップの2年後、ラ・ナショナルは1996年のヨーロッパ選手権のグループステージを突破できませんでした。イタリアのナショナルコーチとしての彼の時間は終わりました。サッキの次のキャリアも成功によって損なわれはしませんでしたが、ミランアトレティコで期待はずれの月日の後、マエストロはタオルを投げました。

 「今日強調されることは、あなたがどれだけうまく働いているかではなく、結果です。1日に高層ビルを建てることはできませんが、小屋を建てることはできます」。サッキは後に、今日の移り変わりの激しいビジネスの特徴についてコメントしました。

Who REALLY invented the pressing game ? and why it works by Uli Hesse

 1934年、トーマス・パトリック・ゴーマンという名前のスポーツライターから転向したコーチがアイデアを出しました。大昔から、チームはボールを所持していないときは自然な衝動に従っていました。彼らは攻撃から自分達のゴールを守るために後ろへ引きました。ゴーマンは、彼らが反対のことをしたとしたらどうなるのだろうか?と考えました。彼らが一気に前に押し出して、そもそも攻撃を仕掛けることさえできないほどの圧力を敵にかけたらどうだろうか?

 ゴーマンはフォワードに、後ろから組み立てようとしている相手に積極的にチャージするように言いました。フォワードの1人は、相手のゴールに近いボールを所持しているプレーヤーにチャレンジし、もう1人は、パスレーンをブロックするようにしました。それからゴーマンはディフェンダーに、慌てて出したパスのインターセプトフォワードによって張られた網を何とかして通した相手のパスをブロックするため、前へ出て中盤にポジションをとるように指導しました。

 選手達たちは頭をかきました。それは自殺行為に思えました。もし誰か1人がタスクに失敗した場合、相手の前にオープンフィールドを残します。そして、たとえすべてのプレイヤーが任務を遂行できたとしても、軽快で技術的に鋭敏なディフェンダー陣は、一連の素早い短いパスでプレスから逃れることができました。ゴーマンがどのようにチームを納得させたかはわかりません。恐らく軽快で技術的に鋭敏なプレイヤーはディフェンダーにならない傾向があると言ったのでしょう。

 チームが新しい戦術を理解するのに時間がかかりました。彼らは次の5試合のうち4試合を失いました。しかし、その後何かがクリックされ、ゴーマンのチームはマシンに変わりました。「私たちは圧力をかけ相手を参らせました」と、47歳のカナダ人は説明しました。3日前、彼のチームは初めてリーグに勝ちました。

Forechecking

 このリーグの名称はナショナルホッケーリーグで、チーム名はシカゴブラックホークスでした。アイスホッケーのコーチが戦術に与えたタイトルは「Forechecking」でした。彼は記者団に次のように語った。「フォワチェックでチャンピオンシップを勝ち取りました。ブラックホークスは敵のゾーンから後退する代わりにフォワチェックし続けました。システムは予想以上にうまく機能しました」。

 80年後、ゴーマンの革新は、イングランドサッカーのほぼ全員が口にします。- forecheckingだけではありません。最近誰もが話しているのは「pressing」のことです。この戦術的策略が突然大流行した理由はかなり明白です:マウリシオ・ポチェッティーノユルゲン・クロップペップ・グアルディオラは、それぞれトッテナムリバプールマンチェスター・シティプレミアリーグで大きな効果を発揮しており、それぞれがプレッシングついて話すのが好きです。あまりはっきりしていないのは、彼らが話していることの正確な性質です。

 2015年10月に彼らのチームがホワイトハートレーンで出会う前に、ポチェッティーノは、自身のプレッシングゲームは、クロップがブンデスリーガボルシアドルトムントで用いたものとは異なるものであり、それはアルゼンチンが「ミディアムブロック」と呼んだものだと言いました。

 しかしながら、ドイツ時代のクロップはある特定のプレッシング形態とのみ密接に関連しています。ゲーゲンプレッシング-または文字通りカウンタープレッシングです。問題がさらに複雑なのは、帰国したクロップの仲間のコーチの多くは、ポチェッティーノのシステムをプレッシングではなく「フォアチェッキング」と言っていることです。話がややこしいので、あなたはハリー・レドナップに共感できるでしょう。かつて戦術的な傾向について見解を尋ねたとき、彼は嘲りながら「プレッシングに関することの全てはナンセンスです。新しいことではありません。成功するチームは全員がハードワークする必要があります」。

Old or new?

 レドナップの反論にはいくつかの真実がありましたが、ハードワークについてだけではありませんでした。プレッシングは、「守備シフトの配置」や「ピッチ全体のカバー」のこととは異なりますが、ほとんどの形式の戦術では、プレーヤーの多くの動きが必要です。ハリーが正しかったのは、それが新しいものではないと彼が言ったときでした。

 批評家たちはアイスホッケーでフォアチェックがどれほど効果的であるかを指摘していましたが、フットボールで同様のものを実装することは不可能に思えました。結局、フットボールには野手が2倍おり、プレー面積の長さはほぼ2倍、幅はほぼ3倍です。つまり、プレシャーを受けているディフェンダーには多すぎるほどの選択肢があることを意味します。(突進する相手の頭の上でボールを扱うことを含みます。これはアイスホッケーではできませんでした)

 それからスタミナの問題がありました。ゴーマンは、選手を交代させたり、ラインナップを変更したりすることで、数分ごとにプレイヤーに休息を与えることができました。フットボールのコーチにはこの特権はありません。

 1974年のワールドカップまで、ゴーマンの積極的なフォアチェックはトップレベルのフットボールにうまく移されませんでした。記録映像は、リヌス・ミケスルの伝説的なオランダが、相手が後方から適切に組み立てる時間を与えなかったことを示しており、彼らが望まない慌てたパスを試みるまで、敵に容赦なく圧力をかけています。1961年に亡くなったゴーマンが実際にそれを見ることができなかったことは残念なことでした。

Dutch innovators

 このオランダの息をのむようなスタイルは、「トータルフットボール」として歴史に刻まれてきましたが、ミケルス自身は別の用語を好みました。「これは私の表現ではないので、人々をトータルフットボールから遠ざけたい」と彼は西ドイツでのトーナメントの数年後に書きました。

 「私にとっては、自分のゲームを「プレッシングフットボール」と呼ぶ方が良いでしょう。これは、1974年にアヤックスとオランダ代表チームで作成したかったものです。ボールを持っていない時でさえ10人の野手全員が前進するベーシックゲームを作成します。私たちは常に前方へプレッシングします」。ミケスルは、特に1つのYouTubeモンタージュを気に入るでしょう。「トータルフットボールのハードプレス」というタイトルです。

www.youtube.com

 オランダのあらゆるものの権威である作家のデイビッド・ウィナーは、ミケルスのプレスを「群れを成して狩り、ハーフウェイライン上で守る」と印象的に定義しました。これは、YouTubeクリップに表示される内容の良い説明です。

 2人、時には3人のオランダ人選手がボールを持った男に向かって移動します。そのうちの1人は相手にアタックし、もう一方はそれぞれ相手のチームメイトをマークするか、どんな可能なボールの通り道もブロックします。このオレンジ色の壁が現れたときにボールを保持している不幸な人物は、ボールを相手チームのゴール方向へ蹴ることさえできません。オランダの最終ラインはハーフウェイラインに近いため、これはどんな相手もオランダの陣内はオフサイドであることを意味しました。

 この力強いがスマートで組織化されたフットボールは、突然どこから来たのでしょうか?ほとんどの人は、ミケルスがプレッシングゲームの創始者ではなかったことに同意します。彼のチームには極めて優れたプレイヤーたち、特に超攻撃的で勤勉なヨハン・ニースケンスがいたので、単にプレッシング初期バージョンを仕上げる立場にあっただけでした。

 ミケスル自身は次のように書いています。「ゲームを最大限にプレイするには、世界で最高の選手のうち少なくとも3人または4人が必要です。劣勢のチームは休んでいるうちに打撃を受け、これは大惨事をもたらす可能性があります」。

Off-field advances

 ほとんどの人は、フットボール選手の全般的なフィットネスが改善し始めたため、1960年代後半にプレスの種がまかれたことにも同意しています。ジョナサン・ウィルソンが戦術史、ピラミッドの反転で説明しているように、ボールを保持しているプレーヤーにそのような容赦ないプレッシャーをかけ続けることは、「ミッドフィールダーにほぼ一定の動きを要求するには、最高の体力が必要であり、プレッシングがなぜもっと早くに現れなかったのかを説明するかもしれない」。

 しかし、誰がフットボールのトミー・ゴーマンと呼ばれるべきかについては意見の相違があります。ウィルソンは、1964年から1970年の間、ディナモ・キエフを担当したロシア人監督のヴィクトル・マスロフがプレッシングゲームを発明したと考えています。

 多くのヨーロッパ大陸の人々は、オーストリアのエルンスト・ハッペルを創始者と見なしています。1970年、フェイエノールトを、オフサイドトラップとプレッシングゲームという2つの柱に支えられたシステムで、見事にヨーロピアカップ優勝へと導きました。ハッペルはその戦術と非常に密接に関連していたので、彼が亡くなったとき、あるオーストリアの新聞はこう書いています。「彼の棺の周りに人が押し寄せる事(pressing)は、彼が常に思い描いていたやり方でした」。

 誰がフットボールにおけるフォアチェックの実用バージョンを思いついたのかについて議論があり、それをプレッシングと呼ぶことにした一方で、私たちには、ある人がその用語を見出した場所についてはかなり良い考えがあります。–バスケットボールという名の別のアメリカの試合で。1950年代に開発された、ボールハンドラーにプレッシャーをかけることに基づく様々な守備システムがあります。例えば、ハーフコートプレスやフルコートプレスです。前者は、相手チームが自陣に入ったときにプレスを行うことを意味します。後者は、相手の陣内の端からプレスを開始することを意味します。

Different strokes

 フットボールにおいても同じです。プレッシングについて話すとき、ほとんどの人はミケルスのバージョンを意味します-相手のボックスの周りでプレッシャーをかけること。しかし、それは一つの異型にすぎません。

 「ピッチのあらゆるエリアでプレッシングゲームはプレイ可能です」。バイエル・レバークーゼンのU19コーチ、ピーター・ヒバラはFourFourTwoに話します。ヒバラは、この分野の専門家として高く評価されています。昨年、彼はドイツのマネージャーがコーチング資格を獲得するヘネス・バイスバイラーアカデミーに招待され、プレッシングを中心としたトレーニングセッションを開催しました。

 「相手チームのゴールに近い、ピッチの非常に高い場所でプレスをする場合、私はそのことを「フォワチェッキング」と呼びます」と、ヒバラは言います。「それから、ディフェンス、ミッドフィールド、オフェンスプレッシングがあります。ディフェンスプレッシングをする場合、後方に下がり、自分のペナルティーエリアの近くでのみボールにアッタクを開始します。アタックしなければなりませんが、それ以外はプレッシングを行いません」。

 「もちろん、他の守備戦略もあります。パスコースを塞ぐことや後方でプレーさせる事で満足できます。しかし、プレッシングとは、ボールにアタックすることによって、積極的かつ好戦的にポゼッションを獲得しようとする状況と瞬間のことを意味します。最終的に、プレッシングとは、コーチが手に入れたいピッチの正確な場所でボールを獲得することです」。

How high can you go?

 ディフェンス、ミッドフィールド、オフェンスプレスの他の用語は、ローブロック、ミディアムブロック、ハイブロックです。ポチェッティーノのクロップがドルトムントで「ミディアムブロック」を使用したと言ったことの意味は、単にブンデスリーガ時代はスパーズほど高い位置でプレッシングゲームを行わず、代わりに相手がミッドフィールドに進んでくるまで待っていたことを意味します。

 この主張は全く正しいものではありませんでした。ドルトムントは、主にチャンピオンズリーグでミディアムブロック(ミッドフィールドでプレッシング)を使用しました。チャンピオンズリーグでは一般的に、困難からから抜け出す方法を理解し、軽快で、速く、技術的に優れたチームと対戦するため、彼らは自身の能力を把握していました。彼らはよく、国内の試合でより劣った相手に対してより高い位置からプレスを行いました。

 プレッシングは、1960年代までさかのぼることができる非常に古いものであるにもかかわらず、なぜそれほど新しく見えるのでしょうか?たぶん、それは主に最近の進歩と革新のためです。

 ミケルスのプレッシングゲームのバージョンは、彼が指摘したように、素晴らしい選手たちが必要でした。- したがって、広くコピーされる可能性は決してありませんでした。しかし、1980年代に、ミランのコーチアリゴ・サッキ(かつてハッペルがハンブルグでコーチを行ったとき、トレーニングセッションを見ていた)は、現代のサッカーのテンプレートとなる「ボールオリエンテッドのディフェンス」として知られるアプローチを普及させました。これは、チーム全体がボールに向かってシフトし、ボールから遠く離れたゾーンで意図的に相手をマークしないままにすることを意味します。

 それ自体はプレッシング(積極的かつ好戦的にポゼッションを獲得しようとする)ではありませんでしたが、それはプレスにとって理想的な状態を作り出しました。サッキのシステムの結果、ポゼッション中のチームは急激に縮小するスペースで作動し、このゾーンでは常に数で圧倒されていました。いったんチームがボールオリエンテッドなディフェンスをマスターすると、プレッシングゲームをするために「世界で最高の選手のうち3人または4人」は必要なくなりました。

Rule changes

 おそらく大きな要因は、1992年にバックパスルールが導入されたことです。このルールにより、プレッシャーを受けたディフェンダーのための簡単な脱出ルートが削除されました。ボールを快適なゴールキーパーの腕に戻すことができなくなりました。同様に、1954年にNBAが24秒ショットクロックを導入したことが、バスケットボールのプレッシング増加をもたらしたと言われています。カチカチと時計が音を立てるときにボールを保持している相手に、プレッシャーをかけリスキーなパスを出させることは理解できます。困難から逃れるドリブルの間に貴重な時間を使い果たしてしまいます。

 最近では、ペップ・グアルディオラバルセロナ(サッキのミラン以来最も影響力のあるチーム)が、プレッシングゲームをまったく新しいレベルに引き上げました。古いフットボールの格言で、チームはあるモードから別のモードにスイッチする必要があるため、ポゼッションを失った後の最初の数秒が最も脆弱になると言われています。グアルディオラの論理的な結論は、これはポゼッションを獲得したチームにも当てはまるということでした。

 カタルーニャ人はその理論を実践しました。相手のボックスの周りのどこかでボールを失ったまさにその瞬間、チームとして積極的にプレッシングし始め、潜在的カウンターアタックの芽を摘みました。

 プレスは守備的尺度で定義されますが、(ボールを保持していないチームが実行するため)バルセロナのカウンタープレスは、攻撃的な戦略と呼ばれる可能性があります。なぜなら、チームがボールを取り戻した場合、危険なゾーンで、また前進し始めたばかりのディフェンスに対して起こる傾向があるからです。実際、特定の状況および特定のゾーンで、カウンタープレスを開始するために意図的にボールを手放すチームが間もなく現れるかもしれないと言う人もいます。

Hard graft on the training ground

 これは、クロップが有名になったプレッシングゲームの型の一つであり、2011年と2012年にブンデスリーガのタイトルを獲得するのに役立ちました。しかしながら、実装には時間がかかりました。他の形式のプレッシングを教える場合は、シフトの仕方やユニットとしてコンパクトに保つ方法をプレイヤーに伝えることができますが、カウンタープレスは言葉による指導だけでは教えられるものではありません。-練習が必要です。沢山の練習。

 2015年にドルトムントの冬季トレーニングキャンプ中にFFTがクロップと意見交換したとき、当時45歳だったクロップは次のように述べました。「衝動を訓練しなければなりません...ボールを失った直後にボールを獲得するポジションに移動するための。あなたは局面を教えるのではありません。衝動を自然な行動になるまで教えるのです」。

 クロップのチームの元キャプテン、セバスティアン・ケールは次のように説明しています。「初期段階では、選手はカウンタープレスを開始するための合図を与える必要があります。時間が経つにつれて、皆の感覚が研ぎ澄まされていくため、必要な合図はは少なくなります」。

 「この種のサッカーには特定のタイプのプレーヤーが必要です。ゲームは非常に激しくなるため、高度な戦術的理解を持っているだけでなく、走り続け、ボールを狩り続ける意欲を持つプレイヤーが必要です」。

 ヒバラは同意します:「プレッシングは激しい。荒々しく、多くのスプリントを伴います。そして、古典的なストライカーを説得するのは難しいかもしれません。彼は言うでしょう:「自分はゴールを決めるためにボックスの中にいるべきだ。相手を追いかけるのではなく」。

 しかしながら、すべての兆候は、将来において古典的な選手が減少するだろうということです。プレッシングゲームは根付き、進化するだろうということです。1934年にトミー・ゴーマンが他のチームがフォアチェックを使い始めるかどうか尋ねられたとき、彼は単に「彼らはやらなければならない」と答えました。

The question: Position or possession? by Jonathan Wilson

 スペインのティキタカの欠点は、チームがポゼッションをコントロールまたはポジションをコントロールできますが、両方行うことができないことです。

 ハーバートチャップマンが1907年にノーサンプトンタウンの監督であった時、ボールを支配するだけでは試合に勝つことができないことに気付きました。もっとも重要なのは、ボールをどこで、どのような状況で保持するかです。したがって、彼は自陣深くに構え、前方に目を向け、相手の後方のスペースを攻撃しようとしました。

 彼はカウンターフットボールの最初の理論家であり、その理論で彼はハダースフィールドアーセナルで大成功を収めました。彼のスタイルは人気がありませんでした。ファンの多くが単に彼が幸運だと考え、その他の人は臆病で、兎に角不適切、ゲームの精神への背信であるやり方だと考えました。チャップマンの啓示は今日もサッカーを形作り続けています。

 ユーロ2012でのグループゲームの最初のラウンドから明確なパターンが現れました。デンマーク対オランダ、ポルトガル対ドイツ、イタリア対スペイン、クロアチアアイルランドイングランド対フランス、ギリシャポーランドの前半。それぞれの試合は、一方の積極的なチームがゲームの主導権を取る形となりました。プレッシャーを吸収するコンパクトなラインで奥深くに構えているリアクティブチームは、相手を制限しようとし、カウンター攻撃またはセットプレイのいずれかから得点しようとしています。

 通常、特にクオリティが欧州選手権と同程度のトーナメントでは、ほとんどのチームがプロアクティブとリアクティブの中間のどこかに位置します。ここで注目すべきなのは、各チームがその役割をどれだけあっさりと受け入れているかです。

tiki-takaへの取り組み

 おそらくスペインとバルセロナのティキタカが原因です。その巨大な積極性に対して-守備的に使用された場合でも-相手は、後方に陣取りスペースを閉じようとする以外にできることはほとんどありません。バルセロナに挑戦しようとしたチームもいますが、エスパニョールやシャフタール・ドネツク、その他のチームなどが気がついたように、彼らは簡単に炎上しクラッシュする傾向がありました。チリは国際レベルで最も接近しました。2010年ワールドカップのコーチであるマルセロビエルサは、積極的なサッカーの大祭司です。彼らは、マルコ・エストラーダの退場にもかかわらずスペインを困らせました。チリの2-1の敗北が両チームに明らかになった時点でゲームは静かに終わりました。

 全ての守備的な表現をチェルシーのようなチームと説明されるのは耳障りかもしれません。 -コンパクトなラインで深く守備することは、4月よりずっと前から行われています- しかし、バイエルンミュンヘンバルセロナ(5つのヨーロッパのトップリーグのいずれにおいても1番目と2番目に高いポゼッションと前方へのパス成功の統計を持っている)という2つの非常に積極的なチームに対するチェルシーの戦い方は他の人の心の中にリアクティブなフットボールで成功する事ができるということを確信させたかもしれません。(ディフェンシブなフットボールカテナチオであると主張することは、多くの理由で等しく迷惑ですが、真の形のカテナシオはゾーンマーキングではなくマンツーマンに基づいており、このトーナメントのすべてのチームがゾーンでプレーしているという事実から始めましょう。)

 リアクティブにプレイしたチームが特にネガティブだったということですらありません。イタリアはかつてポゼッションにおいて非常に活発でした。デンマークの左サイドから襲い掛かるミカエル・クローン=デリは永続的な脅威をもたらしました。イングランドでさえ、少なくとも前半、彼らはフランス陣内で正正とボールを動かしました。過去2年間ではるかに積極的になったドイツが前回のワールドカップで示したように、リアクティブサッカーはスリリングになる可能性があります(実際、ドイツはもっと積極的になることを意図していたかもしれません。彼らが直面したオーストラリア、イングランド、アルゼンチンは馬鹿みたいに守備を行う相手であったため、後方で構え彼らを打ち破るのは理にかなっていただけです。)しかし、過去数か月にわたって明らかにされたのは、tiki-takaの欠陥です。つまり、チームがポゼッションかポジションのいずれかをコントロールできるが、両方を行うことができないということです。いや、むしろ、両方を行える保証ができません。

 これは、すべてのスタイルのプレイに弱点があるため、tiki-takaが終わったということではありません。しかし、数年間、それは無敵のようでした。1分間に25本のパスを中盤で回されたときに、できる事がありますか?ジョゼ・モウリーニョ監督のレアル・マドリードはプレスでバルセロナの落ち着きを失わせようとしましたが、4バックの後方にスペースを残しました。彼は台無しにしようとしましたが、バルセロナはいつ彼らがファールをしたかをレフリーに確信させることに精通していました。

 そしてついに、彼はインテル時代のはるかに劣ったやり方に戻りました。;大きな箱に入るやり方。チェルシーは、ボールがあなたを痛めつける。ただし、特定の領域でのみ。という原則に基づいて、さらに極端な方法でそれを行いました。イングランドはベルギーをほぼ完全に長期的な尽力で制限し、ギヨーム・ジレの25ヤードのハーフボレーがポストにぶつかった1つで逃げ切りました。フランス戦の成功率はやや劣りましたが、それでも主にロングショットだけに留まりました。;サミル・ナスリの努力の1つがポスト内側で発動するのに十分であったというだけです。

 アメリカは2009年のコンフェデレーションズカップでそれを行い、スペインに側面攻撃を与えました。本質的には、ジェイ・デメリットが空中でフェルナンド・トーレスを支配できるというギャンブルで、スペインの残りのフォワードとミッドフィールダーは本当に小柄すぎて脅威を与えることができませんでした。特にドイツが最終的にポルトガルを突破したときはヘッダーからでした:マリオ・ゴメスが持っている才能の1つは彼の空中戦の強さです-そして強力なセンター-フォワードは相手が非常に用心深く守備をするときの武器です。

不確実性の原理

 本来、哲学を確立するチームは、2つの極点の間の点を選択する必要があります。ボールをコントロールができる場合、対戦相手が許可する範囲でのプレーを強制されます。一方、ディフェンシブサードに人を敷き詰めペナルティボックスを守る決断をしだ場合、恐らくほとんどボールを見ないことを受け入れなければなりません。前者は積極的であり、後者は反応的です。プロアクティブなサイドは、相手からボールを遠ざけて循環させることで守備ができます。;リアクティブなチームは、相手を引き付け、背後のスペースを突くことで攻撃します。リヌス・ミケルスアヤックスアリゴ・サッキミランペップ・グアルディオラバルセロナは明らかに積極的でした。チャップマンのアーセナルエレニオ・エレーラインテルロベルト・ディ・マッテオチェルシーは明らかに反応的でした。ほとんどのチームは両極端の間のどこかで妥協を選択します。

 「素晴らしいチームはすべて、ピッチとボールをコントロールしたいという同じ特性を持っています」とサッキは言いました(そして彼に質問をしてくれたパオロ・バンディーニに感謝します)。「それから、プレーヤーは、いつマークを離したほうが良いか、いつスペースを占有するべきかを知る必要があります。そして、基準点は相手ではなく、チームメイトであるべきです。サッカーは非常に複雑です。攻撃を仕掛けているときは、適切な距離を保ち、適切なタイミングを取り、マーカーを振り切るための適切な方法が必要です。あなたがこれを持ち合わせていない場合、あなたが作り出すフットボールは調和することはありません。フットボールは、調和しているチームのためのスポーツです。多くの場合、チームはまったくチームではなく、単なる集団です。そして、彼らは一緒に動くのに苦労します」。

 「欲望はあるかもしれませんが、それだけでは十分ではありません。グループをチームに変える魔法はプレーです。攻撃フェーズと守備フェーズの両方に全員を含めなければならないプレーのシステム。この文脈では、最も近い人が最も多くのソリューションを持っているということは明らかです。そしてクローズとはコンパクトなチームを意味します。守備フェーズでは、10メートルのランニングは20メートル、30メートル、40メートルのランニングのように消耗することがないため、エネルギー消費量が少なくなります」。

 「チームは最初にそこへ到達します。プレスを適用でき、より多くの共同作業ができるため、落ち着きます。また、攻撃フェーズでは、誰でも移動できるため、多くの選択肢があります。これが非常に有機的なチーム、十分な理解を持つチームと集合的なチームの違いです。、、、多くのチームにはソリストがいますが、これらは調和を壊します。バルセロナにはソリストがいませんし、私たちにはソリストがいませんでした。アヤックスにもソリストがいませんでした。私たちにはチームと、チームのために、ビッチ全体で、ゲーム全体のためにプレーする選手がいました」。

 もちろん、優れたリアクティブなチームもユニットとして守備を行います。彼らはまた調和を持っています。サッキが示唆しているように、偉大なプロアクティブなチームは偉大なリアクティブなチームよりも優れていることがあるかもしれません。(もちろん、あなたが偉大さをどのように定義するかに依存します:例えば、リアクティブなサイドであるジュゼッペ・ヴィアーニのミランは、サッキのミランの1つに対して3つのスクデットを獲得しましたが、ゲームの歴史について鋭敏な感覚を持っている人でもあまり愛されていません。)

 そして、サッキは偉大なチームについて話しています。彼のミランマルコ・ファン・バステンルート・フリットが自陣の20から30ヤード以内まで下がってディフェンスすることができたかもしれないが、それは守備が破られ一連のショートパスでプレイすることを強いられたとしても、ボールを失わない技術に熟練してるためです。ロイ・ホジソンイングランドまたはモーテン・オルセンデンマークは、おそらく当然、よりシンプルでより直接的なものを求めています。

 もう1つのポイントは、確かに、攻撃フェーズで必要とするオプションの少なくとも何人かはフォワードでなければならないということです。バルセロナチェルシーとスペイン対イタリアの両方で、ゴールから30ヤードの位置でボールを受け取ったプレーヤーが、横または後方のパスしかできなかった多くの例がありました。必要なことは、プレーヤーがボールラインを超えてより深いところから爆走することです。それこそが、セスク・ファブレガスチェルシーに対してペナルティを勝ち取った方法であり、彼が正にイタリアに対してゴールを決めた方法です。一方、フェルナンド・トーレスの投入は、スペインの調和にはあまり役に立たなかったかもしれないが、少なくともダニエレ・デ・ロッシが守ろうとしたため、イタリアを確実に混乱させました。

 皮肉なことに、もちろんプロアクティブな側にとっては、リアクティブな相手のハーモニーに大きな混乱を引き起こすため、自身のハーモニーを乱すプレイヤーを投入する方が良いかもしれません。一方で、クリス・ワドルは、おそらくボビー・ロブソンがクラブレベルのようにさまようのではなく、むしろ自分の位置を保持するように彼に繰り返し指示したときのイングランドでの自分の日々を思い出し、イングランドは「非常に形を保っていた」とコメントしました。-言い換えると、彼らは、創造的であるにはあまりにも柔軟性に欠けていた。

 それは、すべてのチームがとらなければならないバランスです。サッカーは絶対ではなく、相対のゲームです。戦略は、利用可能なリソースだけでなく、直面する相手(および気候条件やピッチ条件などの外部要因)によっても決定されます。イングランドがそれほど柔軟性に欠けていなければ、彼らは得点する可能性が高かったでしょうが、彼らはさらに敗北を認める可能性が高かったかもしれません。スペインがトーレスを-或いはついでに言えばフェルナンド・ジョレンテを-早めに投入した場合は、自らのポゼッションをコントロールするリズムを混乱させた可能性がありますが、得点しやすくなったでしょう。それが、バルセロナやサッキのミランなど、理想を妥協せずに最大限追求する側がとても記憶に残る理由でもあります。それは非常にまれで非常に困難です。時としてビエルサ(そしておそらくグアルディオラアーセン・ベンゲルも)の感覚は、彼が原理主義という点においても理想主義的であり得るということです。

 ハーモニーは重要ですが、それは相手のハーモニーに関してのみです。