Italy Crashes England's Homecoming, Caps Remarkable Turnaround to Win Euros BY ,JONATHAN WILSON JUL 11, 2021

 ワールドカップを逃してから4年も経たないうちに、イタリアはヨーロッパのチャンピオンに輝き、大きな進歩を遂げた2つの特徴的な側面が決勝でのイングランドのタイトルを打ち消しました。


https://youtu.be/_wFkp5Cicwo


LONDON — Penalties, again. 


 際立った新時代のすべての話、すべての研究、すべての計画、すべての気分の変化、結局それは、ガレス・サウスゲートのイングランド2つの非常にありふれた失敗であることが判明しました。(ディフェンスの位置が深くなる傾向、そしてPK戦で決めることができない。イタリアは、同じトーナメントで2回のPK戦に勝利した、欧州選手権の歴史上で最初のチームとなり、2度目の欧州チャンピオンに輝きました。そして1968年以来初めて、1-1の引き分けに続くPK戦で3-2の勝者でした。イタリアがワールドカップへの出場権を逃してから4年も経たないうちに、マネージャーのロベルト・マンチーニと彼のチームは驚くべきことを成し遂げました。


 イングランドの選手たちが悲しげにピッチを歩き回り、同情的な拍手を受け入れたとき、ウェンブリーのウェストスタンドでは、イタリアのファンが慎重に2つのセクションに分かれ、 (イタリアからバブルに入った人、そして英国に拠点を置く人。)大いに祝福しました。マンチーニのチームは34試合で無敗になりました。これは、あと1試合でナショナルレコードであり、2018年のワールドカップに出場するためのプレーオフスウェーデンに勝てなかった2017年後半には考えられないことです。2007年にイタリアのU-21で新ウェンブリースタジアムで最初の試合に出場したキャプテン、ジョルジョ・キエッリーニにとって、これは並外れたキャリアのフィナーレです。(確かではありませんが、彼はユーロの後に代表を引退すると予想されています。)


 若きゴールキーパーのジャンルイジ・ドンナルマがトーナメントの選手に指名され、イングランドの最後の2つのペナルティと準決勝のスペイン戦での決定的なペナルティを止めたことで、それは正当化されたように見えました。しかし、際立つのは、準々決勝のベルギー戦前半のロメル・ルカクに対するセーブでしょう。彼はまだ22歳です。12歳先輩であるレオナルド・ボヌッチは、イタリアに新しい命を吹き込んだ同点弾を叩き込むだけでなく、ハリー・ケインをほぼ一晩中沈黙させました。クラブと国の両方の素晴らしいパートナーであるキエッリーニと一緒にホテルに隔離された6週間を過ごした後、彼らは家族と一緒に休暇を過ごすことになります。しかし、ベテラン若手の努力を超えて、何よりも、これはマンチーニにとっての勝利でした。

 イングランドが敗北を受け入れることにも前向きな点がありますが、プレーヤーやスタッフに関係する問題だけでなく、他の古い問題が頭をよぎりました。ピッチ外のイベントが目立ちました。 地下鉄ウェンブリーパーク駅からスタジアムまで続く広い大通りであるオリンピックウェイは、午後の早い時間から満員になりました。キックオフの4時間前、地面はこぼれたビールで溢れ、割れたガラスや缶が散らばっていました。ボトルとトラフィックコーンがランダムに空中に投げ出されていました。キックオフの約2時間前に、セキュリティの最前線が侵害されたという最初の報告がありました。

 チケットを持っていない数百人がスタジアム周辺に到着しました。COVID-19の制限により、20,000席が空いたままになっていることを好都合に、多くの人が侵入したことは明らかでした。スタジアムの通路でも、喧嘩が起きたり、石などが投げられたりして、明らかに不快な雰囲気でした。スチュワードを突破した大規模なグループの急増は、どれほどの多くの人がチケットを持っていなかったかを示唆しました。主要なスポーツイベントを主催することに慣れている国にとって、これはコントロール不能であったことを表しています。そして、イングランドにとっては、そのサポーターの要素が依然として手に負えないほど問題を抱えていることを思い出させました。(愚かで、攻撃的で、酔って、暴力的。)


  ピッチではコントロールが、ガレス・サウスゲートのすべてのトーナメントの最優先の目標でした。彼はスペインのようにイタリアに対してポゼッションを支配することが望めないことを受け入れているようで、ドイツ戦と同じように3-4-3でセットアップし、イタリアのフルバック(特にエメルソン・パルミエリ)をチェックするために割り当てられたウィングバックと共に、常に3バックを保護するダブルピボットを確保することを目指しました。ただウィングバックは特別なアングルの攻撃をもたらすこともできます。キーラン・トリッピアーからポスト後方へフィニッシュの為に移動を開始したルーク・ショーへのクロス。それによってもたらされた開始2分のイングランドの攻撃。

 この早い段階で、イングランドはゲームをコントロールしようと試み始めました。 これはニューイングランド、サウスゲートのイングランドです。その形に自信があり、その戦術的アプローチに自信があります。 しばらくの間、それは機能しました。 しかし、ゆっくりとニューイングランドはオールドイングランドになりました。ボールはクリアに機能しませんでした。前方に強く蹴られ、イングランドはどんどん深くなっていった。イタリアはますますコンパクトになり、最終的にゴールがやって来ました。ボヌッチがコーナーに続くスクランブルでライン上のボールを押し込みました。


  サウスゲートはすぐに形を4-3-3に戻し、ゲームは再びイーブンなりました。しかし、PK戦になることについては、ある種の必然性がありました。理論的には、それは細心の注意を払うプランナーであるサウスゲートに適しているはずですが、マーカス・ラッシュフォードとジェイドン・サンチョを特別にPKキッカーとして投入したので、3分のインジャリータイムのアナウンスはひどくショックだったに違いありません。突然、イングランドはその場凌ぎのラッシュフォードをライトバックにした、ルーズな4-4-2でゲームをプレイしなければなりませんでした。


 しかし、それは奇妙でした。 ラッシュフォードとサンチョの両方がPK失敗という事実もそうでした。 計画通りに事が進むこともありますが、19歳のブカヨ・サカが決定的な最後のキックをしたという事実についても疑問がありました。ただ、ラッシュフォードのペナルティがポストに当たらず、大きく跳ね返るのではなく入った場合は、おそらく他の2つも、より少ないプレッシャーの下で得点した可能性があります。

 その失望にもかかわらず、イングランド代表チームは、サウスゲートが引き継ぐ前よりも明らかにはるかに良い立場にあります。打ちのめされるような恥ずべき瞬間は全くありませんでした。むしろ、人々が信仰を失い且つ愛している、意識の中心であり且つ末梢の、代表チームを奇妙に減退させた失敗の蓄積がありました。


 英国の物語は、「スリーライオンズ」の歌で表現されているように、かつての壮絶な失敗についてのものでした。1970年、西ドイツに3-2の敗北。1986年、ディエゴマラドーナの2ゴール。1990年と1996年、PK戦で(西)ドイツに敗北。1998年のデビッド・ベッカムのレッドカード後のアルゼンチンとのペナルティ戦でのオペラのような敗北。2004年のポルトガル戦でのウェイン・ルーニーの中足骨骨折。しかし、変わりました。


 イングランドは退屈になりました。 ほとんど気づかれずにトーナメントから消えました。ブレグジット国民投票で英国が欧州連合を離脱した4日後、ユーロ2016でのアイスランドへの敗北で最悪の状態に達しました。一部の人はそれを屈辱として描写しましたが、それは英国式のやり方に染まった傲慢さを反映しているだけでした。アイスランド4年間改善を続けており、遠地点にありました。イングランドは衰退の一途をたどっていました。 問題は、それが1回限りのショックではなかったことです。やってきたのは敗北でした。


 イングランドサッカーは再建が必要でした。 しかし、何年もの間、抜本的な改革についての話がありました。もはや誰も信じていませんでした。それらはまさにイングランドが行ったことでした。予選を通過し、期待が膨らんだトーナメントに到着し、パフォーマンスが低下し、敗退し、レビューを行い、その繰り返し。しかし、2010年ワールドカップの困惑、イングランドがグループフェーズで、はるかに賢く、如才ないドイツによって41で打ち負かされた悲劇の後に制定された改革が身を結んだことが判明しました。


 エリートプレーヤーパフォーマンスプランは2011年に導入され、アカデミーの構造を合理化しました。3年後、世界9カ国を調査したイングランドDNAプロジェクトが始まりました。英国のゲームの強みの感覚と併せて、それらの調査結果を使用し、バートン・オン・トレントにあるナショナルトレーニングセンターコーチングセンターであるセント・ジョージズ・パークで教えられるスタイルを策定しました。何年もの間、クラブの試合に夢中になっていたイングランドは、全国のユースサッカーを特に真剣に受け止めていませんでした。そして2017年には、U-17U-20両方のワールドカップで優勝しました。サンチョ、フィル・フォーデン、ドミニク・キャルバート=ルーウィンがこれらのチームに所属していました。素材はそこにありました。


 その時までに、サウスゲートは代表チームのマネージャーになりました。(本質的に手違いで最高の英国の伝統では、彼は偶然の英雄であり、アイスランド戦の大失敗の後にロイ・ホジソンの後任に任命された(冷静に考えてみると)あまり明確に暴露されていない新聞記事の煽りを受けて、辞任を余儀なくされたサム・アラダイスの時のU-21のコーチでした。

 しかし、サウスゲートはDNAプロジェクトの一員でした。 彼は理解していました。クラブのアイデアを押し付けようとしませんでした。彼は雰囲気を根本的に変え、メディアとのチームの関係を改善することに取り組み、前の世代を弱体化させたクラブ派閥の提案に厳しい態度で臨みました。

 マンチェスターシティ対リバプールの試合の直後、ラヒーム・スターリングが食堂でジョー・ゴメスと衝突したとき、サウスゲートは彼を外しました。

 彼はタフになるのに十分な大きさのチームを持っていました。フォーデンとメイソン・グリーンウッドが昨年アイスランドCOVID-19プロトコルに違反したとき、彼らを外しました。しかし同時に、彼は選手を外部の脅威から保護する事もしました。ブルガリアモンテネグロで選手が人種差別を受けたとき、サウスゲートはプレーを再開する前に選手とその問題について話し合いました。これらの会話は、政治家からの批判、ボリス・ジョンソン首相とプリティ・パテル内務大臣からの支援の欠如、そして英国サポーターの一部からのブーイングにもかかわらず、ひざまずくポーズ「Take a Knee」につながりました。

 その結果、イングランドは自分自身の利益以上のものを表し、チームは互いの親交を明確に享受しています。膨らませた虹色のユニコーンが浮くプールで戯れる選手の写真は、その一体感を簡潔に表しています。代表の責務はもはや面倒な雑務ではなく、その結果、この世代ではシャツの重さはそれほど重くないようです。

 同時に、サウスゲートはユース育成改革の恩恵を享受しています。イングランドは現在、フランス、スペイン、ドイツ、イタリアに続き、ユース育成を効果的に産業化しています。浮き沈み、休閑期などの時間がたくさんありますが、供給は今でははるかに一貫しているはずです。プレミアリーグは、かつてはイングランド国籍を持っている選手が30%しかいないために問題と見なされていましたが、今では世界で最も優れたフィニッシングスクールと見なすことができます。


 敗北は、プロセスを無効にするという進歩の感覚を終わらせるものではありません。イングランド18か月でワールドカップの挑戦者になるはずです。フランスが行ったように、それはより大きな賞を獲得するためのインスピレーションとしてユーロの決勝戦のホームでの敗北を使用することができるでしょう。


 イタリアはその旅を、考えられていたよりもはるかに速く、より迅速に行いました。60年ぶりにワールドカップに出場できなかったことは、考えられないことでした。セリエAが低迷している感覚もありました。ユベントスが支配的で、9連覇を達成しましたが、これは決して健全な兆候ではありません。2010年のインテル以来、イタリアのチャンピオンズリーグ覇者はいませんでした。そのジョゼ・モウリーニョのチームの消耗戦は、弱者の勝利のように感じられました。それには時代の終わりの感覚がありました。ペップ・グアルディオラに触発された press-and-possess 革命以前の古いやり方の最後の歓喜の声でした。

 マンチーニ自身は荒野にいました。  2012年にマンチェスター・シティをシェイク・マンスールの所有下で最初のリーグタイトルに導いた後、彼のキャリアは低迷しました。彼は次のシーズンの終わりに、ウィガンとのFAカップ決勝でタイトル死守失敗と敗北によりシティを去りました。ガラタサライでの仕事とインテルへの復帰はうまくいきませんでした。ゼニト・サンクトペテルブルクは奇妙な選択のようでした。 そして、イタリアの大きな恥は彼に素晴らしい機会を与えました。


 彼とルイス・エンリケは、クラブの管理に関して、トーナメントのどのコーチよりもはるかに優れた履歴書を持っていました。ですから、お互いが相対したときに、成功への道を切り開くことを目的とした、非常に質の高いゲームである、並外れた準決勝に出場したことは、おそらく驚くべきことではありません。それはマンチーニの勝利です。 彼はイタリアをクラブチームのように見せてくれました。彼の選手には一体感があり、ペースと相互理解を持ってプレーしています。


 イタリアのナショナルトレーニングセンターがあるコベルチャーノでは、将来には、固定ポジションの無い3人または4人の中心となる選手が含まれている可能性があるという話がたくさんあります。それはある意味でアリゴ・サッキの、プレーヤーは4つの要素に従って自分の位置を決定する必要がある、と言う格言です。(ボール、スペース、チームメイト、そして対戦相手もちろん、マンチーニの側はそのレベルの流動性のようなものではありませんが、それでも根底にあるアイデアへの影響はおそらく識別できます。これは、レオナルド・スピナッツォーラが、想定されるフルバックの位置から左下に向かって前方にチャージしたとき、特に当てはまります。ロレンツォ・インシーニェの内側に切り込むこともあれば、外側に鋭く進むこともあります。スピナッツォーラから置き換わったエメルソンが、同じレベルの相互理解を決して達成しなかったのは当然のことです。

関係を築くには時間がかかります。


 セリエAが変化する一方で、マンチーニとイタリアが現代のゲームでは非常に珍しいものを表しているという奇妙な感覚があります。(戦術的変化の先駆者である代表チーム。 ) 時間が限られているので、常に限界がありますが、マンチーニは新しいムードを獲得しました。これはまさに彼のチームです。過去のイタリアチームのようなはっきりとしたスターを欠いているかもしれませんが、首尾一貫した戦術的枠組みを持ち、哲学に賛同するひたむきな選手たちがいます。そして現代のサッカーでは、さらに重要です。 それはこのトーナメントで示されました。