The Question: Why are so many wingers playing on the ‘wrong’ wings? Jonathan wilson Wed 24 Mar 2010

 右利きの選手が左ウィング、左利きの選手が右ウイングでプレーする、逆足ウイングの戦術は広く普及し効果的になっています。 なぜでしょうか?


 フットボールはかつては簡単なゲームでした。 大男はセンターハーフセンターフォワードでプレーし、頑丈な男はディフェンダーでプレーし、聡明な男はインサイドフォワードでプレーし、少し聡明で頑丈な男と少し頑丈で聡明な男がウイングハーフでプレーし、素早い男がウイングでプレーしました。左利きが左サイド、右利きが右サイドでプレーしました。そして友達のいない人がゴールを守りました。


 80年後、それらはより複雑になりましたが、それは最近のゴールキーパーが人付き合いが苦手では無くなったという理由だけではありません。ウィンガーはしばらく姿を消し、ほとんど美術館の展示物のような高級品になりましたが、今ではあちこちに戻ってきており、逆サイドでプレーする傾向にあります。


 それをした人は常に一握りです。 たとえば、トム・フィニーは右利きの左ウィングとしてプレーした英国最高のフォワードです。その後、デニス・テュアール、クリス・ワドルマルク・オーフェルマルスロベール・ピレスのような逆サイドを好む選手が非常に効果的にプレーしました。


 しかし現在、これらのウイングはいたるところに居ます。バルセロナでは、ディエゴ・マラドーナ以来、おそらく最高の個人的才能を証明しているリオネル・メッシが、右サイドから彼の強烈な左足でカットインを行なっています。アリエン・ロッベンバイエルン・ミュンヘンのシーズンをほぼ同じように復活させました。クリスティアーノ・ロナウドは右利きの右サイドプレイヤーですが、左足が非常に強いため、彼も常に内側に移動してシュートチャンスを探しています。


 英国でも同じです。 アシュリー・ヤングは右利きの左ウイングです。 アダム・ジョンソンは左利きですがマンチェスター・シティの右サイドに衝撃を与えました。一方、右利きの左ウイングのクレイグ・ベラミーは、間違いなく今シーズンのベストプレーヤーです。ニコ・クラニチャールは左サイドでプレーしますが、右足を使いドリフトします。 ダミアン・ダフは彼のキャリアのほとんどを左サイドで過ごしましたが、フラムでは右サイドで成功しました。ウィガンでは、左利きのシャルル・ヌゾビアが右サイドでまともなシーズンを過ごしています。 スティード・マルブランクは、ここ数週間、サンダーランドの左サイドで貴重な体験をしています。代表レベルでは、ファビオ・カペッロ4-2-3-1を選んだとき、スティーブン・ジェラードが攻撃的MFの左で好まれるようになりました。では、なぜこの戦術はそれほど効果的であり、なぜ突然普及したのでしょうか?


The death of the traditional winger


 ほとんどの進展を予見したハーバート・チャップマンは、1925年のオフサイドルールの変更が2-3-5からW-Mへの移行を促す前でさえ、ウイングを疑っていました。1922年にFAカップで優勝し、3回連続でリーグタイトルを獲得した彼のハダースフィールドのチームは、タッチラインに沿って進むステレオタイプを避けたジョージ・リチャードソンとビリー・スミス2人のウイングが特徴でした。インサイドパスは、「ラインに沿って走り、ディフェンダーの勝ち目が91であるゴールマウスの前にセンタリングを上げるという無意味な方針」よりも、「それほど壮観ではないにしても、より致命的」であるとチャップマンは主張しました。


 チャンピオンシップのハットトリックをコンプリートしたチャップマンのアーセナルは、インサイドフォワードのアレックス・ジェームスの長く正確なパスを最大限に活用し、定期的に内側にドリフトするウイングを使うという意味で完全に現代的でした。彼らの成功にもかかわらず未だ、孤立した、ガニ股で、颯爽とDFを交わしクロスを上げるウィンガーのイメージが創造的な理想をもつ英国人には残っていました。おそらく、英国の中盤の激しさ、あるいは、秋以降、唯一の固い土地が広く発見されるという事実が、才能を必然的にサイドに押しやったことを意味しました。それは単なる郷愁だったのでしょう。


 第二次世界大戦の翌年すぐに、マシューズ、フィニー、レン・シャックルトン、ボビー・ラングトン、ジミー・ミューレン、ジョージ・ロブ、ジョニー・ハンコックス、チャーリー・ミッテンら英国のウィンガーが大開花しました。問題は、共産圏の社会主義フットボールが、英国の個人に焦点を当てる時代遅れのフットボールを証明していたのと同じように、彼らが出現したことでした。


 たとえば、1945年のディナモ・モスクワのマネージャーであるミハイル・ヤクシンは、マシューズを軽蔑していました。「集団プレーの原則は、ソビエトサッカーの指針となるものです」と彼は語りました。「選手は全般的に優れているだけでなく、特定のチームに適している必要があります。彼個人の資質は高いですが、私たちは集団フットボールを第一に、個人フットボールを第二に置いているので、チームワークが損なわれると思われる彼のスタイルを支持しません 」。そのメッセージを母国に持ち帰るには、1953年にホームゲームでハンガリー6-3の大敗が必要でした。これは、1953年のFAカップ決勝でのマシューズのパフォーマンスであるウイングプレーの遠地点と見なされてから6か月後のことです。


 しかし、オールドスクールのウィンガーにとって実際に行われたのは、W-Mシステムの3バックから4バックへのシフトであり、このプロセスは、1950年代にハンガリーソビエト連邦、ブラジルで始まり、1958年と1962年のワールドカップでのブラジルの成功後によって一般化されました。 W-M3バックはピボットで動作しました。攻撃側にとって理想的なのは、プレーを一方のサイドからもう一方のサイドにすばやく切り替えて、ディフェンダーを「振り向かせること」で、ウィンガーにディフェンダーが到達するまでにスピードで移動できるスペースを提供することでした。 ディフェンダーを追加するればその加速室はもうありません。


 1960年代半ばに、アルフ・ラムゼイとヴィクトル・マスロフが4-4-2(より正確には、どちらの場合も4-1-3-2)を開発したのはその認識でした。彼らのアイデアが定着するにつれて、ウィンガーはワイドミッドフィールダー、シャトラーとなり、クロスを上げることを期待されているだけではなく、守備的な動きも任せる存在になりました。1970年代の片側に偏った4-3-3は、まだウイングに近いものとして受け入れられますが、1980年代までに、4-4-23-5-2の優位性によって存在しなくなり、ますます希少になりました。  ヨハン・クライフが「サッカーの死」と表現したのは、それがウイングプレーを阻害するように作用したからです。


The reinvention of the winger


 4-2-3-14-1-2-34-4-2と競い合うようになったので、ウィンガーを導入することができました。ドリブルは、4-4-2がしばしば生み出すと思われる予測可能性を混乱させる方法であり、2人の守備的ミッドフィールダーの配置は、再びドリブラーの組み込みを可能にするプラットフォームを提供しました。しかし、なぜそんなに多くの人が、ウィンガーが、かつて行っていたゴールラインまで行ってクロスを入れるようなことをするよりも、内に向かうのを好むのでしょうか?もちろん、センターフォワード1人しかいないため、攻撃的なミッドフィールダーがゴールを決める必要があります(逆に、現在ワイドフォワードとして活動している多くの選手たちは、先の時代ではセカンドストライカーだった可能性があります)。特に、そのフォワードがフォルスナインとして機能する場合、ある程度、現代の直接性を説明します。しかし、最も致命的なクロスがゴールラインからのボールであったという考えを説明するのも難しいようです。もちろん、それは危険である可能性があり、彼が主張しようとしまいと、ゴールキーパーの心に疑問を投げかけます。しかし、一定の速度でインスインガーが蹴るよりも脅威となる理由はないようです(これを証明または反証する統計が存在するかどうかはわかりませんが、存在する場合は、リンクを投稿してください)。実際、直感的には、ファーポストへのボールは逸らすためには触る必要がありますし、誰も触れない場合はこっそり入ってしまうためより危険です。また、この種のゴールは過去10年ほどでより一般的になっているようにも感じます。それ自体がインサイド-アウトウイングの増加の結果である可能性があります。または現代のボールに与えることができるスピンの増加の結果かもしれませんし、あるいは、チームをさらに深い守備を強要するオフサイドルールの自由化の可能性さえあります。(プレーヤーが15ヤードよりも6ヤード離れたところから突入する場合、ファーポストに曲がるインスインガーのボールは明らかに危険です。ゴールキーパーが反応しなければならない角度と時間の両方の点で。)


 ワイドプレーヤーが中に入ることには他の利点があります。 一つには、ほとんどのサイドバックがまだ伝統的なやり方でプレーしていることを考えると、サイドバックを内へ連れて行くウイングは、彼の逆足(利き足ではない方)を攻撃しています。もう1つは、内をドリフトするワイドプレーヤーが、オーバーラップするサイドバックのためのスペースを開いていることです。アーセナルでのピレスとアシュリー・コールのリンクアップは、その初期の例でした。最近の例としては、クロアチアイヴァン・ラキティッチダニエル・プラニッチイングランドのジェラードとコール、そしてバルセロナのメッシとダニ・アウヴェスがあります。


 それから加速室の問題があります。サイドバックがワイドフォワードにしっかり付くと、彼はラインに沿って加速することができませんが、彼のより強い足で内側に切り込むことによって、対角線上にスペースを開けます。たとえば、メッシが先週シュトゥットガルトに対して最初の得点を挙げたのはその形です。彼が内に入ったとき、何をしようとしているのかはすぐにはっきりしましたが、4人のディフェンダーの最善の努力は、彼がシュートレンジに入るまでのテンポのために止めることができませんでした。0:40BARCA FAN - 'MESSI!! WHO IS THE BEST PLAYER IN THE WORLD??'Facebook · BARCA FAN2019/05/27


The two types of inside-out winger


 ワイドフォワードがドリブルするためにスペースを使わなければならないというわけではありません。たとえば、土曜日のバーミンガムに対するサンダーランドのダレンベントの2ゴール目は、0:55Sunderland 3-1 Birmingham City (20th March 2010)YouTube · Martin Taylor2021/02/05

マルブランクが、彼の利き足で前方へ角度のあるパスを出すスペースがあるインサイドを確認した為に生まれました。シーズンの初め、右でプレーしていたマルブランクは、遅すぎてアウトサイドでサイドバックを打ち負かすことができず後ろを向いていました。右足で内に入ったとき、彼はパドルが1つしかないカヌーに似て、ゴールから離れて常に円を描いていました。 左サイドに切り替えることは、スピードの無さがもはや問題ではないことを意味し、事実上、彼はワイドに活動するプレイメーカーになります。


 それは確かに、スパーズでクラニチャールとルカ・モドリッチが行っていた役割でした。彼らのケースは、プレイメーカーがまだ英国のゲームに収まる領域になります。しかし、ロナウドやベラミーなどの他の選手は、明らかにフォワードであり、ワイドでスタートします。ウェイン・ルーニーの空中戦の能力は、おそらくセンターフォワードが彼の最高のポジションであることを意味しますが、前のシーズンは彼もその役割を果たすことができることを示唆しています。


 そしてその間、プレイメーカーとフォワードの両方で、すべての年代にとって天才であるのがメッシです。マシューズ以来、ワイドプレーヤーがこれほど定期的にゲームにインパクトを与えたとは信じがたいです。(それでも、英国の専門家はウイングの素晴らしさを見るように条件付けられているのか、それとも見たいものを見ていなかったのだろうかと疑問に思います。)


 ワイドフォワードは止めることはできますが、ディフェンス側にとっては大きな変化が必要です。2007年のリバプールが行ったメッシへのアルバロ・アルベロアのマーキング・ジョブは、右利きのサイドバックを左サイドでプレーするようにスイッチすることがどれほど効果的であるかを示しています。


 しかし、ロナウドまたはメッシクラスのプレーヤーがシンプルにアウトサイドに向かい(バルサズラタンイブラヒモビッチを購入した理由は、実際、メッシがより頻繁にクロスを上げることを余儀なくされた場合、空中戦のプレゼンスを与えるためでしょうか?)、右利きの左サイドバックまたは左利きの右サイドバックのところでプレーすると、すぐにオーバーラップする能力が損なわれます。


 したがって、ワイドフォワードは戦ったりゴールを決めたりするのが難しく、プレイメーカーとして機能する事で、サイドバックを攻撃するためのスペースを作成します。出来ることはゴールラインまで行ってクロスを上げることだけです。


 逆足サイドバックは非常に強力な脅威のように思われ、真の難題はその存在が過去の時代に出現しなかった理由です。